経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年02月24日

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】とんかつ定食は伸びているか?

実は、ここ数年、とんかつ市場が伸びています。とんかつは、シニア層にとっては憧れのメニュー。やっぱり人気です。

それと、家で揚げ物をしない家庭が増えたため、とんかつは外食で食べるという方が増えています。

さらに、とんかつチェーン店が増え、とんかつ定食が500円など安くべられることも魅力の一つです。

さて、サービスエリア・パーキングエリアでは、とんかつ定食の伸びはどうでしょうか?カツ丼やカツカレーも出ていますでしょうか?

地産地消で、ブランド豚を使うという方法もありますが、それでは価格が高くなります。

安く提供するためには、外国産の豚肉を使用する必要がありますが、揚げ方やソースなどを研究し、おいしいものを作ることはできると思います。

市中で伸びているものが、伸びているかどうか、それもバロメーターの一つです。
とんかつ定食で人気を取る。これも時代に合った、一つの戦略です。
まだまだ、伸びるでしょう、だから、とんかつ定食のリニューアル考えてみて下さい。

【食品小売業の棚卸対策】棚卸の後、売場をどうするか?

2月末は、棚卸のため、定休日にされる店が多いです。年1回の大きな実地棚卸。営業しながらやられるところもありますが、1日休んできっちりやった方が、誤差が少なくなります。

さて、この棚卸、終わった後はどうされますでしょうか?
今までと一緒?

棚卸をした後は、商品を入れ替え、売場を作り直すこと。そのための棚卸でもあります。

新鮮な売場になってお客様をお迎えする。大事なことです。

それと、棚卸と同時に清掃も力を入れてやること。このことも忘れないで下さい。

棚卸は、いろんな意味で重要です。
3月、好ダッシュができるように準備して下さい。
posted by ノムリエ at 08:45| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【業績低迷の原因と対策】社長!社員の仕事内容チェックしていますか?

社員を信じて、仕事をしてもらっている。一見、良いように見えますが、内容や中身はどうでしょうか?

やっていますという報告だけで信じてしまう。しかし、やっているのであれば、少しでも成果が出ているはずです。

業績が低迷して初めて、社員の仕事内容をチェックし、甘かったことに気づかれます。小さな会社ほど、社長が社員の仕事内容を知ることが大事です。

一人一人に課題を与え、スキルアップを図ること。
教育することを怠ると、会社は伸びません。

もう一度、社員の仕事内容チェックされて下さい。
posted by ノムリエ at 06:51| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サービスエリア・パーキングエリアの経営課題】忙しい時の対応法をもう一度確認する研修

どんな研修を行えば良いですかという相談がよくあります。
売上を上げることを期待するのであれば、忙しい時の対応法をもう一度確認する研修が良いです。

サービスエリア・パーキングエリアの繁忙期は、市中の店と違い、本当に忙しいです。その時の対応次第で売上が大きく変わります。

だから、繁忙期前に研修を行い、どういう顧客対応をすれば良いか、指導教育することが大切です。

お客様が多くなったら、レジ係を増員する。
店頭の商品を積み上げる。
レジ回りに売れ筋商品を置く。
スナックコーナー・レストランもなるべく一つのメニューに集中するように値引き販売などを行う。
等々、確認事項はたくさんあります。

それを一つずつ教えて行くこと。繁忙期の対応、それで売上は大きく変わります。
早めに研修を行うことをおすすめします。

【食品スーパーの販売戦略】魚の切り落とし

肉の切り落としはありますが、魚の切り落としはないのでしょうか?
でも、最近たまに売場で見るようになりました。

ロスを少なくするためにも、魚の切り落とし、もっと作るべきではと思います。刺身などの切り落とし出るはずです。

切り落としで惣菜を作るのは難しいので、そのままパックして店頭に並べてはどうでしょうか?

意外と、こういう商品の方が人気で、よく売れます。

利益率を上げるためにも、商品化することが大切です。
posted by ノムリエ at 05:17| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする