経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年07月11日

【お米屋さんのグループの立て直し】私の新しい提案についてこれますか?

グループや会はあるが、機能していない。それに発足当時と同じで、何も変わっていない。

そこで、武内先生、カツを入れて下さいと相談があります。

もうかなり年配の方もおられます。私の提案についてこれるか心配になります。
なぜかと言いますと、今はネットやSNSを使う時代です。それができないと厳しいからです。

さらに、ブランディングができるかどうか?ブランディングできる商品を持っているかどうか?

また、究極の目的は、炊飯コンサルタントになることです。ノウハウを蓄積し、堂々とコンサルタントと言えること。理由は簡単。お米屋さんの売上の大半が、飲食店・業務店だからです。

こういう話をさせていただくことになりますが、果たしてどこまで理解され、どこまで実行できるでしょうか?

昔の発想を捨てて下さい。
全く違った角度からの新しい提案をさせていただきます。
それができないと、未来は厳しいです。

是非一度、グループの立て直し、考えてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米屋さん
posted by ノムリエ at 06:02| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米専門店の原点】ブランディングできる米を探す

マスコミやテレビであまり取り上げていない幻の米を探す。それが、大きな課題です。生産量が多く、大手量販店や食品スーパーなどで販売されている米では、ブランディングや差別化は難しいからです。

日本中で新品種が開発され、また米業界に活況が戻っている感じがします。ところが、売り方、宣伝の仕方が今一つで、消費者に伝わっていません。

こしひかりを超える米、もうたくさん出て来ているような気がします。

後は、それをどうやって売って行くか?

一つの方法は、数多くのモニターさんに食していただき、SNSに投稿してもらうこと。昔は、アフィリエイターというブログ投稿専門の人がいましたが、今は気軽にSNSに画像を投稿することができます。

売り方も研究する必要があります。チラシでは弱いです。ネットやSNSを使って売る方法を考えないといけません。

また、SNSがあるおかげで、こういう幻のお米を売って行くことができます。

後は、米探し。もう一度、原点に戻ってお米を探すことが大事です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:34| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

【お米屋さんの経営戦略】量販店・食品スーパー米銘柄でない銘柄のブランディング

量販店・食品スーパー米銘柄とは、量販店・食品スーパーでよく売れる米のことです。どうもこの銘柄が固定化してきているような気がします。

だから、新品種や新たに特Aを取った米でも量販店・食品スーパーでは、なかなか売れません。大阪などでは、やはり、こしひかり系が強いです。おそらく、仲卸されている方なら、薄々感じておられると思います。

また、最近人気の出て来ている、つや姫やゆめぴりかなども、パッケージデザインを消費者が覚えてしまい、そのパッケージの商品を買うという傾向が強くなっています。だから、このような銘柄の商品も量販店・食品スーパー米銘柄になる可能性が高いです。

産地としては、広く知っていただき、少しでも販売量を伸ばそうとされたのだと思いますが、
価格が下げ止まっています。

希少な米で価値が高く、やや高めの価格のお米をブランディングして行く。それが、今後のお米屋さんの課題だと考えています。

スーパーでは、扱っていないお米。
そこに、専門店の魅力があります。
それに、そういうお米の方が、ブランディングしやすいです。

そうすると、米専門店は、チャンスです。
ブランディングできそうな銘柄米を見つける。扱う。
そういう視点で、見直す必要があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:23| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米業界の世代交代と課題】SNSを使いこなせる

米業界のコンサルティングを始めてから、もう28年になります。ところが、最近様変わりしたように感じます。

玄米や白米を販売する昔ながらのお米屋さんから、新しい取り組みを行っているお米屋さんが出て来ています。

何が変わったかと言いますと、やはりネットです。お米屋さんもネットを活用してビジネスをする時代です。そのことに、いち早く気付かれた方は、ビジネスを広げられています。

特に、SNSを使いこなせるかどうか?ホームページを持っているお米屋さんは多いですが、SNSの活用は、どの業界よりも遅れています。

逆に、使いこなせる方はチャンスです。

弊社でも提案しているのは、このSNS戦略です。SNSを使って、ネット上で一番になること。それを目指しています。

年配の方には、ネットやSNSは厳しいと思います。息子さんや後継者に方に、是非やるように声をかけて下さい。

このまま、SNSをやらないでいると、物凄く大きな差が付いてしまいます。

世代交代というのは、単に経営者が変わるというだけでなく、ビジネスのあり方も変わっているような気がします。

ラベル:米業界 SNS
posted by ノムリエ at 06:10| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

【お米専門店の経営課題】こだわりのお米でブランディング

スーパー・量販店と同じことをしていても伸びません。逆に、負けてしまいます。

また、消費者の動向が大きく変わっています。それは、安くておいしいお米を求めておられる方と、こだわりのお米を求めておられる方と二極化しています。

そうすると、お米専門店はこだわりのお米で攻めるのが良いです。しかし、店頭に並べているだけでは売れません。

どうするかと言いますと、SNSを使ってブランディングを行います。具体的には、ブログなどでこだわりのお米について投稿します。あるいは、お客様の声などもアップします。

そうすると、徐々に認知されて行きます。これが、さらにブランディングにつながっていきます。

自店のお米について、ネット上で語ったことはありますか?
それが、これからの米専門店の大きな課題です。

おいしい米なのに売れない。
それは、語っていないからです。
是非、ネット上でこだわりのお米を育てて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 06:21| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米卸の経営戦略】なぜ焼肉FCチェーン店に加盟しないのか?

もう20年以上前の話です。ある地方都市の米卸さんから、相談がありました。米は将来的に消費量が減り、苦戦する可能性が高いので、今から新規事業を考えたいとおっしゃいます。

その当時、焼肉ブームが来る前でしたので、焼肉FCチェーン店をおすすめしましたが、結局されませんでした。

しかし、今現在、焼肉チェーン店は絶好調です。焼肉店は、ごはんがよく出ます。他のどの飲食店よりもごはんはよく売れます。だから、米卸さんにとっては最高の業態です。

また、お米の品質もグレードの高いものを提供し、評判を取ることができます。

今でももったいないなぁと思っています。ごはんがよく出る業態にチャレンジする。それも一つの大きな課題です。

お酒がよく出る業態から、食事中心の業態へと人気が変わっています。
まだまだ、チャンスがありそうです。

飲食業態の研究、大事なような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:40| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米専門店の経営戦略】お米屋さんでしか買えないこだわりの逸品を売ろう!

食品スーパー・量販店で販売されているお米の銘柄は限られています。珍しい品種のお米は売れません。だから、余計にそうなっています。後は、価格が安くなっているかだけ、だから面白くないです。

お米専門店は、食品スーパーや量販店で売られている銘柄と同じ銘柄のものに力を入れない方が良いです。世の中で売れていると言っても価格が全然違います。それに、同じことをしていては差別化できます。

お米専門店の良いところは、独自ルートでおいしいお米を仕入れることができることです。一般消費者にまだ認知されていないような幻のお米もあります。そういうお米をブランディングしながら売って行く。それがお米専門店の使命です。

特に最近、新品種のお米があちこちで出て来ています。そういうお米にいち早く目を付け、自店の顔になるように育てることです。

どのお米にもストーリーがあります。それをお客様に伝えながら売って行くというスタイルが理想です。

こういうこだわりの逸品がないと、普通のお米屋さんになってしまいます。スーパーでは扱っていない品種のお米、そこに魅力を感じます。

また、お米は生産者が大事というお客様もおられます。そういう生産者の方も大事にされ、消費者に伝えて行く運動がお米屋さんの役割です。

お米はどこでも買えるから、ここでしか買えない米がある。
そういうふうに変化しています。

こだわりのお米、是非、強化して行って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:31| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

【お米屋さんの経営課題】お付き合い先の飲食店様・業務店様の提供されているごはんのグラム数、ご存知ですか? 〜ごはんコンサルタントになろう!〜

お茶碗1杯の価格と容量。ごはんメニューのごはんの価格と容量、すべて知っておくべきです。

例えば、ある飲食店様の小ライス・中ライス・大ライスの容量と価格。
ある弁当店のごはんの量。
ある寿司店のシャリの量。

さらに、寿司店では、ランチ・ディナー・宅配でシャリの量と握り方が違います。

もうそうすると、ごはんコンサルタントです。
それくらい、知識を持っておいた方が良いです。

どうしても玄米・白米の目利きの方に行ってしまいがちですが、ごはんの研究をもっとすべきです。

お米に詳しいだけでなく、ごはんに詳しいお米屋さん。
それを目指すのが良いと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:00| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

【お米屋さんの経営課題】お付き合い先の飲食店様の金券・クーポン券を店頭に置くか店主が配る

お付き合い先の飲食店様を応援する。それが、自店の売上に跳ね返ってきます。

飲食店様などに了解を得て、その店の金券やクーポン券を店内に置いて下さい。あるいは、一般消費者のお客様のところなどへ配達に行った時に配ってあげて下さい。

あの店へ行くと、繁盛飲食店の金券やクーポン券がもらえるとなると、集客効果も上がります。

自店の商品を売ることを考えるだけでなく、お付き合い先の方のサポートをすることも考えてみて下さい。

そうすると、繁盛飲食店様とのお付き合い数が多いところほど有利です。でも、それが店の力です。

強い飲食店様とお付き合いできているかどうか、それがお米屋さんの経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:30| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

【お米屋さんの経営課題】当たる新米セールの企画について 〜お付き合い先の繁盛焼肉店様の金券をプレゼント〜

新米セール時に、何かお客様にプレゼントしたい。しかし、毎年やっているので、少々ネタ切れ。武内先生、何か良いアイデア下さいと相談があります。

普通は、キッチングッズなど女性は喜ばれます。重宝されるものだからです。でも、これも飽きられてきています。

さて、何が良いか?
私だったら、お付き合い先の繁盛焼肉店様の金券をプレゼントします。
金額は、ズバリ!1,000円券!進呈。

えっ!1,000円も・・・粗利が取れない・・・
事情を焼肉店様にお話しし、半分は負担してもらって下さい。
だから、お米屋さんの負担は実質500円です。

なぜ、1,000円か?
今の時代、それくらいプレゼントしないと喜ばれません。また、1,000円の金券の場合、必ず財布に入れてくれます。もったいないからです。

これで、焼肉店様の集客・売上が上がれば、万々歳です。
そうすると、焼肉店様のお米の使用量も増え、お米屋さんも潤います。

焼肉で攻める。
これが、最高の戦略です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 14:00| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】年間販促スケジュールづくり

お米屋さんは、新米祭りか年末にセールを組むくらいで、あまり毎月企画を打つということをされません。それが、他の小売店との大きな違いです。

普通は、毎月何か企画を打ち、集客アップを図ろうとします。ところが、お米屋さんは、それがないです。米一本で商売をされている方は、その傾向が強いです。

売上の大半を飲食店・業務店が占めているため、店売りに力が入っていないという場合もあります。

しかし、経営という視点で考えた場合、毎月何かやっているという状態を作り、注目を浴びること。また、それがSNSなどに投稿され、拡散すると売上は上がって行きます。

また、企画を考え、実行すると、前向きになりやる気も出てきます。

一番良くないのは、何もせず、いつも同じ状態で待っていること。

もうすぐ、新米がスタートしますが、その後の企画も考えてみて下さい。

商売は、企画が大事。そこで差が付きます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:39| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

【お米屋さんの経営課題】あなたの店に新米基準はありますか?

新米シーズン。いよいよ九州のお米から出回って行きます。さて、あなたのお店は、新米はどこからがスタートですか?

もう一部には、九州の新米は扱わないとうお米屋さんが増えています。新米は、定番のお米の新米だけ。新米シーズンだからと言って、あえてどこよりも早く新米を扱うということをされなくなっています。

早めに一般のお客様や飲食店様・業務店様に、新米のことをお伝えされた方が良いです。

そうすると、地域にもよりますが、新米セールはいつからでしょうか?
今から計画を立てておいて下さい。

高級炊飯器が出て来て、またごはんが注目されています。
ごはん好きにはたまらないシーズンがやって来ます。

新米で売上を伸ばす!
そのためにも今からの準備が大切です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 06:14| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

【お米屋さんの経営課題】原価を下げるための相談に乗るのではなく、食味を上げるための相談に乗る

原価を下げるためのお手伝いをされますか?

少し、本筋がズレているような気がします。お米屋さんが、飲食店様・業務店様に対して、アドバイス・提案する内容で最も大事なのは、食味を上げること。おいしいごはんにすることです。

原価をそのまま下げるのではなく、今の原価でさらにおいしいお米の提案をさせていただきますというのが良いような気がします。

原価を下げる相談に乗ると、際限がないです。
いつしか、そのお客様も離れて行く可能性が高いです。

食味を上げるプロ。それが腕利きのお米屋さんです。

是非、打ち出し方を間違わないようにして下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:09| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】今からでも間に合いますか?売上を上げる方法はありますか?ズバリ!女性目線で店・ネットを作り直して下さい!

お米屋さんへ行くと、なぜか男性店主の方が接客されます。本当にお米に詳しくて、丁寧なので良いのですが、食の世界で男性というのは珍しいです。酒販店の場合は、男性がぴったりですが、お米屋さんの場合、やや違和感があります。

そこで、店を女性視点で見て、良いなぁという店づくりにする。
店内も女性の方が好みそうな、小物を飾る。
イートインまで行かなくても喫茶コーナーなどを設け、ゆっくり座っていただく。
商品も女性の方が好みそうなものを集める。

次に、ネットです。ホームページも女性向けにして下さい。固い米おやじが登場するようなサイトでは、逃げられてしまいます。

ブログも女性が書いているとわかるような内容や書き方にする。

そうすると、今までのお米屋さんのイメージとは全く異なった店になります。

後発なんで心配?という方もおられます。
しかし、上記のことを実践しているお米屋さんはないです。
だから、チャンスです。

女性がやっているお米屋さん。
それができるかどうか、そこにかかっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:59| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】ごはんメニューのレシピ公開

お米屋さんの店主・オーナーは、ほとんどが男性。奥様が、前に出るというようなことは、あまりないです。控えめな方が多いです。

しかし、食に関しては、女性の方が関心が高いです。お米屋さんで、手つかずになっているもの。それは、ごはんメニューのレシピです。

産地情報や農業体験も良いですが、それ以上にごはんメニューの方が大事です。例えば、ネットでアクセス数を増やそうと思えば、レシピを投稿すること。

どうしても、玄米や白米に目が行き、メニューやレシピと言ったものにあまり関心がないように見えるくらいです。

だから、チャンスです!一発逆転を狙っている方は、ごはんメニューのレシピをどんどん作りアップして下さい。それで、ブランディングできます。

男性経営者の方、ピンと来ていますでしょうか?

今は、キッチンでタブレットを見ながら調理する時代です。レシピの大切さ、女性の方は深く理解されています。

是非、新しい動きにチャレンジしてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 09:10| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米の時流の変化】どこよりも早い新米から安定した味

もう、そろそろ新米が出てきそうですが、出ていません。昔は、どこよりも早く新米を出すことが一番の販売戦略でした。しかし、今は、新米に飛びつく人はいません。

新米だからと言って、飛びぬけておいしいというわけではないからです。それと、お客様は、自分の好みのお米を持っておられ、その米と比較すると、どうしても負けてしまいます。

だから、新米を特売するよりも、定番で人気のお米を特売にかけた方がよく売れます。

それに、最近のお米は食味が良いです。1年経ったお米でも味わいは変わりません。

そうすると、一番お気に入りのお米の新米がいつ出るか?
そこに興味を持たれています。

また、お米専門店などでは、どこの新米から販売をスタートするのか、それを告知することが大事です。また、どこよりも早く新米を販売しない店も出て来ています。そういう場合は、その理由を告知したり、説明すること。

新米戦線に異常ありです。
新米だからと言って必ずしも売れるわけではないです。
どういう販売戦略で行くのか、見直す時期に来ているような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:新米
posted by ノムリエ at 05:27| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

【飲食店・業務店に強いお米屋さんの経営課題】炊き方が悪いのか、炊飯器が壊れているのか、見分けることができる

おいしくごはんが炊けないと、飲食店様や業務店様から電話があります。すぐに飛んで行ってごはんの状態まず確認。次に、炊飯器をチェック・確認。

その時、炊き方が悪いのか、炊飯器が壊れているのか、見分けることができること。
これが、プロのお米屋さんの大事な仕事です。

お米屋さんは、売上の大半を飲食店様・業務店様で占めています。その方々から、流石にプロだ!と思われること。

だから、白米・玄米の研究だけでなく、炊飯に関する研究を深く行い、アドバイスができるようになって下さい。

また、炊飯器が置いてある周りを見れば、どんな米の炊き上がりになるか、想像ができること。これもプロの仕事です。

炊飯コンサルタントと言えるだけの力を付ける。
それが、大きな課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:08| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店・業務店に強いお米屋さんの経営課題】飲食店でも強いタイプの店を持つ

飲食店・業務店に強い?
それでは、インパクトが弱いです。

和食店に強い。
洋食店に強い。
弁当・仕出し料理店に強い。
等々、どういうタイプの飲食店・業務店に強いかを言った方が、インパクトがあります。

マーケティングで一番良くないのは、何でもできますという打ち出し方。
何でも屋さんは、便利なようで、強みがわかりません。

ただし、強みと言うからには、本当のそのタイプの店に合った米・ごはんを提案できること。さらに、ごはんで売上が上がった事例を作ること。

何が強いのか、そこで判断されています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:24| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店・業務店に強いお米屋さんの経営課題】少しでも大きなところと付き合いできる力を付ける

なぜ、こういうことを言うかといいますと、飲食業界は低迷しています。特に、個人店が大苦戦。廃業や撤退を考えておられる店が多いからです。

将来的にも個人店は少なくなって行くでしょう。そうすると、そういうところへお米を納品しているお米屋さんも売上が減って行きます。だから、考えないといけません。

白米・玄米だけの商売。効率的ですが、危険もはらんでいます。

自社の精米技術、オリジナルブレンド技術を高く評価してもらうこと。
特に、大手企業ほど、このオリジナルブレンドの研究が進んでいます。そういうところへアドバイスできるくらいの力が必須です。

後は、そのことをどうやって知っていただくかです。
口込みで広がって行けば良いですが、それだけでは弱いです。

オリジナル米開発コンサルタント、炊飯コンサルタントなどという表現で、アドバルーンを上げて下さい。

少しでも規模の大きいところお付き合いし、伸ばすことが大事です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:52| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】お米屋さんが肉祭り!

うちお米屋なんですが・・・という声が聞こえてきそうです。

しかし、世の中では、肉祭りの企画は大当たり。魚では集客が弱いです。だから、どこでも肉の企画で攻めています。

さて、お米屋さんがお米の企画を打っても当たるでしょうか?
お客様が飛びつく企画を打つことが大事です。

そうすると、うちは肉屋ではない!とおっしゃいますが、肉屋をやって下さいとは言っていません。一緒にコラボできる方を探して下さい。精肉店さんや焼肉店さん、あるいは肉料理が得意な飲食店さん、そういう方々と一緒になって企画を組むという意味です。

お米を売るだけの時代は終わっています。気づいて下さい。感じて下さい。

これから大事なのは、このようなコラボ企画です。
肉で何か企画を打てませんか?
最高の肉と、最高のごはんで企画する。

そういう発想を持たないと、夢がないです。
是非、チャレンジしてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:43| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする