経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年11月15日

【お米屋さんの経営課題】親の時代の売上を超えた後継者の経営手法

昔は良かった。そういうお米屋さんが多いです。
食管法が改正される前後は、本当に凄い売上でした。ところが、そこから徐々に売上が下がり、ピーク時の半分以下になっています。

しかし、その中でも、親の時代の売上を超えているお米屋さんがあります。

何をされたのか?
実は、ネットを強化されています。全く、ネットを今までやっておられなかったところもあります。

店頭売上、飲食店・業務店向け売上、これから伸ばすのは、たいへんです。

視点を変えて、若い方にしかできないネットをされませんでしょうか?
これからは、ネットは必須です。ネットをやった方が、大きな成果を出す可能性があります。

ネットを考えて下さい。
後れを取らないように気を付けて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 08:31| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

【お米マーケットの活性化策】棚田ブームを活かす  

ダイエットのため夜は、ごはんを食べない?
全く、ごはんを食べない人まで出て来ています。

しかし、最近、棚田がブームになっています。棚田がインスタ受けするらしく、その写真を撮りに行かれるそうです。

なるほど・・・
棚田の写真から、実際のお米に誘導すると面白いかもしれません。

棚田で作られたお米。
貴重です。それに、なかなか食べることはできません。

観光という視点からも取り組んではいかがでしょうか?

まだまだ棚田、火が付きそうです。
来年が、楽しみです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:棚田
posted by ノムリエ at 06:56| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

【お米屋さんの経営課題】土日の昼間に勉強会開催

昔は、よく夜に勉強会をされるところが多かったです。19時とか、19時30分にスタート。2時間ばかり勉強会を行い、その後は飲み会・食事会。

精米をしたり、配達をして、頭も体も疲れた状態で参加。
これで、勉強会で習得したことを、明日から実行できますでしょうか?

まず、飲み会・食事会を最初からスケジュールに入れないこと。
真剣に学ぶ場として開催すること。
日時は、土日の昼間。夜は、絶対にやらない。

それと、必須のものがあります。それは、パソコン・タブレット・スマホの持ち込みです。今は、これがないと勉強会ができません。

本当に明日から活かすことを前提に開催されてはと思います。

皆の顔を見て安心する?
仲間意識が強いのも良いですが、勉強会は改善・改革のアイデアを習得する場に変えられた方が良いです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 06:35| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

【お米屋さんの経営課題】「地域名 オープニングスタッフ募集 飲食店」で検索して営業先を見つける

昔、紙媒体の募集広告を見て、新規営業先を探されていたと思います。ところが、今は、スマホで募集ページを検索して応募する時代です。

だから、「地域名 オープニングスタッフ募集 飲食店」で検索して営業先を見つけて下さい。

特に、「オープニングスタッフ募集」というのがミソです。ネットでは、こういう言葉で募集をかけています。

オープニングスタッフ募集とうことは、事業拡大するか、新規出店のどちらかです。チャンス有です。

闇雲に営業をかけても労力を使うだけ。もう少し、効率的に考えて下さい。

営業は、営業先リストづくりからです。

是非、1件でも受注・成約に結びつけて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:24| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

【特A米の売り方】お米ギフト専用の米として売る

折角、特Aを取ったのに、売れていない。ほんの少しだけ、マスコミに取り上げられただけ。そこで、止まっています。

テレビCMを使っても、なかなか売上が伸びません。また、売るための戦略が昔と同じです。そうすると、今でも新規に特Aを取ったお米がどんどん出て来ているのに、差別化できません。

また、特Aを取ると弊害も出てきます。価格が上がります。そうすると、末端の売場では価格が高いと思われ購入されません。飲食店や業務店でも使えません。

結局、売り先がなく、在庫が増えます。

そこで、一つの案ですが、特A米をお米ギフト専用米として売り出します。ただし、パッケージやデザインに費用はかかります。

あるいは、お米ギフトに力を入れている米穀店にお願いして、販売してもらうか、パッケージをお借りして販売する。

お米ギフトでしか販売していないお米。そういうのもあっても良いと思います。

違う角度から、販売戦略を練る。これが、大事です。

詳しい話を聞いてみたいという方は、お気軽に問い合わせ下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:41| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

【生産者・農家の方で何とかお米を売りたいとお考えの方へ】持ち込み米ギフトを検討されてみて下さい

どこへ行ってもお米が余り、どうやって販売すれば良いか、悩んでおられます。

例えば、安く売るのは簡単。市場価格よりも安く引き取ってもらうことはできます。しかし、それでは、折角、育てたお米が可愛そうです。

できれば、少しでも高く売りたいというのが本音です。お米を高く売る方法が一つあります。それは、お米ギフトとして販売します。お米ギフトは、やや高めの価格でないと売れません。安いと、モノが悪いというイメージがあるからです。

でも、生産者・農家の方は、おいしいお米は持っていてもパッケージなどをお持ちでないです。そこで、お米ギフトの綺麗なパッケージをお持ちのお米屋さんに相談し、精米して綺麗なパッケージに入れて商品にしてもらいます。

結婚式の引き出物など、ご親族の方が丁寧に愛情を込めて作られたお米が入っているギフト。いただいた方は、感動されます。

余ったお米、米の通常ルートではなく、こういう売り方もあります。

是非、検討されてみてはと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 14:13| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

【米マーケットの拡大策】冷蔵庫の野菜室に最低2タイプのお米を保存していただく

おにぎりに合うお米と夕食のおかずに合うお米は、タイプが異なります。

しかし、一般家庭では、お米は1種類。なくなったら、購入するという習慣が身に付いています。

でも、朝はおにぎりに合うお米を炊く。夜は、おかずに合うお米を炊くというのが、理想です。

だから、常に2種類以上のお米があれば、最高のごはんを食べることができます。

このことをもっと世の中に広めるべきです。

そうすると、お米のマーケットが拡大します。

料理に合わせてごはんを楽しむ時代。

お米が1種類では、寂しいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:
posted by ノムリエ at 14:19| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】おいしい味噌・おいしいレトルトの味噌汁を提案できる

お米屋さんのお米がおいしいのは、当たり前。ごはんがおいしく感じるのは、味噌汁がおいしいことが条件です。

お米屋さんで味噌を扱うのは、難しいですが、おいしい味噌を提案することはできますか?
私が住んでいる町では、味噌専門店がなくなりました。だから、味噌を買おうと思えば、食品スーパーで買うしかないです。

それと、最近、レトルト味噌汁が大人気です。かなりおいしくなっています。そのため、お米屋さんでも扱うところが増えています。

お米を売ろうと思えば、味噌汁を提案しよう!
これも考えてみて下さい。

お米屋さんは、おいしい味噌汁を食べているのだろうなぁとお客様は思われています。接客の際などに、ちょっとおいしい味噌汁をお伝えする。それが、繁盛米屋の条件です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 06:30| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

【お米屋さんの経営課題】プチギフトが売れてるってご存知ですか?

2合・3合の小さな小袋米。ちょっとしたあいさつの時に使用します。引越しやリフォーム、転勤などの際にあいさつまわりをする時に持って行かれます。

お米ギフトを売ろうと思うと、ホームページを持って大掛かりな仕掛けが必要です。費用もかかります。

ところが、プチギフトなら、手詰めでもOKです。ちょっとしたパッケージや熨斗、巾着袋などを用意するだけで、できます。

後は、使ってくれそうなところへ営業をかけるだけ。

もう、お米屋さんが飲食店や業務店に営業をかけても取引してくれないでしょう。それだったら、プチギフトを作って新たな営業先を攻めた方が良いです。

プチギフトで新たな戦略を立てる。
これも大きな経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:05| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

【お米屋さんの経営課題】店頭精米専門店をおすすめしない理由

店頭精米+通常の5s・10sのお米の陳列が理想の形。

みなさん、店舗をリニューアルされ、店頭精米専門店に切り替えようとされます。
ところが、店頭精米専門にすると、どうなるのか現状をご存知ないです。

接客する際にも、搗き立てを何度も購入していただいた方が、おいしいごはんを食べることができますので、いつでも気軽に立ち寄って下さいとおっしゃいます。

しかし、現実には、今まで5s・10sを買っていただいていた方が。2s・3sになります。特に都会では、もう2s・3sが主流です。その上、徐々に足が遠のいて行きます。何ども店に来店するのが、面倒になるからです。

搗き立てにこだわり過ぎ。
かえって、購入容量が下がり、客単価が下がります。

5s・10sをメインに売っていた時の方が、売上が高かったというようなことが起こります。また、有機や無農薬などの自然農法米を全国から揃えるとロスが発生します。そういう高単価の商品は、飲食店・業務店では使ってもらえないからです。

昔のやり方のほうが良かった?
そういうことも起こります。

安易に店頭精米専門に変えると、売上が下がる可能性があります。
しっかりと戦略を立てて、切り替えられることをおすすめします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 06:20| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】お米屋さんは何が好きかで決まる

焼肉を食べないお米屋さんの店主。そのため、焼肉店でごはんが出るのをご存知ないです。だから、お付き合い先に焼肉店がありません。自分が好きな和食店しか得意先がないという状況です。

また、和食中心の生活をされているため、和食以外での外食もされたことがないようで、世の中の食事事情がわかっておられません。

例えば、喫茶店でもランチをされているため、お米はよく出ます。食堂やレストランでなくてもお米を使用するところはたくさんあります。

結局、このお米屋さんは、業務店の入札専門のようになっておられます。

幅広く食のことを知っていないと、営業にも行けません。

お米屋さんは何が好きかで決まるといのは、本当のような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 05:21| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

【お米の販売方法】キヌヒカリの売り方 〜ササニシキ似たタイプで安いお米〜

大阪では、ササニシキという品種のお米、姿を消しました。ほとんど見ないです。
特に、食品スーパでは、扱っていません。

逆に、食品スーパーを中心に新たに出て来ているのが、キヌヒカリです。作りやすく、農家の方への負担も少なく奨励されています。

ところが、キヌヒカリのお米、米袋パッケージに入って、それが売場に陳列されているだけ。これだけでは厳しいと思います。

キヌヒカリは、比較的ササニシキに似ていると言われています。そこで、ササニシキに似たお米でササニシキよりも安いというキャッチフレーズで売られてはいかがでしょうか?

粘り気の少ない、さっぱりしたお米。
こういうタイプのお米がお好きな方もおられます。

売れるか売れないかは、このキャッチコピーで決まります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:47| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米産地の戦略】おいしいお米はわかりますが、どんなお米でどの客層を狙っていますか?

今、食品スーパーなどに行くと、いろんなお米が並んでします。しかし、おいしいお米でひとくくりにされているような気がします。

お米ごとの特徴を明確に書いたPOPはないです。銘柄と価格だけです。

粘りや甘味などがどうなのか書いていません。冷めてもおいしい、粘りが少なくさっぱりした弁当向けのお米というようなものもないです。

産地も同様に、どんなお米でどの客層を狙っているのでしょうか?
売れれば何でも良いという感じで、とにかく営業する。
しかし、他の産地の米と差別化しない限り、選んでいただけません。

また、自分のところのお米が、どういう飲食店に合うのか?一般消費者の方のどういう好みの方に合うのか?それを研究する必要があります。

そうしないと、価格だけで判断されてしまいます。

数多くの銘柄出て来ていますので、見直す必要があると思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:米産地
posted by ノムリエ at 05:17| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

【お米ギフトを売る理由】高い米はギフトでないと売れないから

1s1,000円近くする米、店頭ではなかなか売れません。だから、みなさん敬遠して仕入れされません。

ところが、こういう高級米、ギフトになると売れます。お客様は、一番高い米をギフトで贈りたいと考えておられるからです。

ギフトは高い米を売るための一つのツールです。これを持っておかないと、高い米を売ることはできません。

また、安く売るのは簡単。どうやって高く売り、利益を取るかが大事です。

お米ギフトにチャレンジする。
これも大きな経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:02| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

【お米ギフトの売上が低迷する理由】お米ギフトも新商品づくり

止まっている・・・
売上が徐々に下がってきている。

調子が良かった店でも何か仕掛けたり、新商品を出さないと売上は下がって行きます。
一度作った完成度の高いホームページでも、新しい情報を出すことが大事です。

お米ギフトの新商品?
通常、どの業界でも新商品を出します。これを出さないと売上が伸びないからです。
新商品のすべてが順調に売れるわけではないですが、非常に重要です。

また、業界を活性化させるためにも、新商品が出て来て欲しいです。

お米ギフト、まだまだ伸びしろがあります。
新商品の開発、急務です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米ギフト
posted by ノムリエ at 06:18| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

【私がお米ギフトの講演依頼を受けていない理由】デザインの良いホームページが必要だから・・・

私がいくら良い話をしても、デザインの良いホームページがないと売れません。お米の場合、どこからでも仕入れることができるため商品そのものでは差が付かなくなっています。

だから、デザインの良いホームページを持っている方が、いろんな仕掛けをすると、さらに売れるようになります。

お米ギフト専用のパッケージを作られた方も売れなくて困っておられます。お米ギフトは基本的に店頭よりもネットの方が売れます。

だから、店にお金をかけず、ホームページにしっかりとお金をかけて成功されている方が出て来ています。

本気でお米ギフト売るなら、ホームページ制作会社を探さないといけません。
そこは、どうお考えでしょうか?

ホームページそのものの話をせず、仕掛けだけの話では実現が難しいです。

是非、ホームページのこと、検討して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:04| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

【お米屋さんの経営課題】商品開発とチャネル開発

白米・玄米を売るだけでなく、新たな商品が欲しいです。
一般消費者向けのお米と飲食店・業務店向けのお米以外の新たな客層が欲しいです。

これらを開拓して行かないと売上は伸びなくなっています。

いつもと同じお客様に同じお米をお届けする。これでは厳しいです。
何か考えましょう。

その一つが、お米ギフトです。まだまだ、本格的に参入しているお米屋さんが少ないです。

また、売り方も特別で、お米ギフトに合った売り方をしないと売れません。でも、面白いマーケットです。

法人向けのプチギフトも新たな営業先を開拓できます。

新商品を作って、チャネル開発をする。どの業界でも同じです。これをやって行かないと、マーケットが広がりません。

チャンスが巡って来ています。是非、チャレンジして下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 15:57| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

【お米屋さんの経営課題】ホームページのリニューアル

昔、ホームページが必要だと聞いて作った。ネットでお米を売る時代になったので作った。

ところが、売れていません。まず、お米をネットで売ろうと思えば、自社ホームページだけでなく、楽天やヤフーなどのポータルサイトに登録しないと売れないでしょう。でも、手数料は取られます。それが嫌なので、参加していない方も多いです。

今、ネットは進化しています。プロが作ったと思われる綺麗なデザインのホームページでないと見てくれません。

また、クレジットカード決済もできること。

店にお金をかけても売上が伸びない時代です。少しネットにお金をかけて、商品を売ることを考えられませんでしょうか?

ネットでは、白米・玄米以外に、お米ギフトやプチギフトがよく売れます。そちらに力を入れることも考えられます。

ホームページは、お店の顔です。そこを直さないと厳しいです。

それに、伸びるネットショップほど、ホームページのリニューアルをされています。

一度作ってそのままになっているホームページ、見直した方が良いです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:41| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米選びと消費者の好み】甘くないとおいしく感じない?

ミルキークイーンやそれに準ずる米に慣れたから?
粘りのあるお米は作れても、甘いと感じるお米は難しいと聞いています。

噛んで甘い米を追求する。
これも一つの課題のような気がします。

店頭のPOPにも、噛んで甘い米と明記したら売れるかもしれません。

新品種がたくさん出て来ていますが、特徴を明確にうたっていません。

お米も甘さを求める時代。

「甘いお米」キャッチコピーにはぴったりです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:甘いお米
posted by ノムリエ at 06:20| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

【お米屋さんの経営戦略】代替わりを機にネット販売を強化する

代替わりされた場合、何か新しいことにチャレンジすることが大事です。親から店を引き継ぎ、店頭の売上を上げようと思ってもかなり厳しいです。飲食店・業務店も営業してもなかなか取れません。

しかし、力を入れれば伸びるものがあります。それは、ネット販売です。

代替わりして、古い店はそのままで、ネット販売を強化されている方が増えてきました。

こういう代替わりの仕方が一つの理想形です。

そのためにもネットの勉強をして下さい。

ネットは、まだまだ可能性があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:52| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする