経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2018年04月05日

【お米屋さんのブランディング課題】なぜ、お米屋さんに綺麗なホームページを持ったり、ブログを書いた方が良いと言っているのか?

業務店様・飲食店様は、今のお米や炊飯の仕方に満足していません。少しでもおいしいお米が欲しい。おいしい炊き方を教えて欲しいと思っておられます。

そこで、ネットで検索し、そういうことをアドバイスしてくれそうなお米屋さんを探されています。

特に、中堅クラスの食品メーカーや弁当・惣菜業の方などは、悩まれています。そういう方にヒットするようなブログを書くこと。

ほとんど誰もやっていません。だから、チャンスです。

ブログの書き方やブログの活かし方等、弊社が一番得意としている部分ですので、お気軽に問い合わせ下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 15:00| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】食品スーパーへ行く

昔は、仲卸というのがあり、みんなそれを狙って食品スーパーへ営業に行っていました。ところが、食品スーパーは、基本的に米卸と取引をし、米屋と取引するところが少なくなりました。一米穀店の米が、食品スーパーの棚に並ぶということは、ほとんどなくなりました。

そのため、食品スーパーへは行かなくなっています。特に、料理をしない方は、食品スーパーには行かれません。

ところが、食の時流を学ぶためには、食品スーパーへ行かないとわかりません。

また、コンビニエンスストアにも週何度も行って下さい。買い物しなくても、見るだけでも良いです。

精米して配達の繰り返しでは、世の中が見えてきません。

外食することも忘れないで下さい。家でしか食事をしなくなると、業務店が取れません。

良い意味で、町でお酒を飲むことも大事です。

動きが一旦止まると、何かをやるのが億劫になります。

気を付けて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 09:03| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】社長の好きな食べ物で決まる

麺類は食べない?
焼肉は食べない?
外食はしない?

好き嫌いが多い、お米屋さんは伸びません。自分が嫌いな食べ物を提供している業務店には、営業をかけないからです。

また、情報も入ってきません。できれば、好き嫌いがなく、何でも食べる人の方が伸びます。

それと、最近気になっているのは、外食をしないお米屋さんです。朝はパンを食べ、昼食・夕食は、店&家で食べる。

これが、普通の生活になってしまうと、外のことが見えなくなってしまいます。

家で済ませるというのは、サラリーマン家庭のこと。商売をしている人は、外へ出ないと経営は伸びません。人脈もできません。

伸ばすためには、どうすれば良いか、考える必要があります。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 05:17| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

【お米屋さん向けブログ記事作成代行サービス」について】弊社では記事作成代行からブログアップまで行っております

よく、武内先生がブログを書くように進められていますが、続きません。どうすれば良いですか?

また、業務店・飲食店向けには、どのような記事を書けば良いですか?
というような相談があります。

ブログ記事は、私が今まで書いた、業務店・飲食店向けのコンサルティング記事をそのままアップするだけなので、簡単です。

ただし、有料でブログ型ホームページを制作させていただき、ブログ記事に関する契約された方に限ります。

例えば、記事アップまで依頼された場合は、店の方は何もされなくても大丈夫です。

そこまで、お願いしますという方も増えています。ブログよりも、もっと大事な仕事があるなら、そちらを優先された方が良いです。

ブログの記事作成代行サービスに興味がおありの方は、お気軽に問い合わせ下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:18| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】プチギフトの法人営業

夫婦で話し合ってもなかなか新しいアイデアが出てこない。
しかし、何か新しいことをしないと売上が下がって行く。
また、業務店の新規開拓営業を行ってもひっくり返すことは難しくなっています。

何か良い知恵はないですかと相談があります。
まず、普通のお米屋さんがやっていないことを考えてみて下さい。業務店・飲食店への営業は、どのお米屋さんもやっています。

逆に、やっていないのは、法人営業です。法人向けにプチギフトの営業をかけて下さい。小容量の商品ですが、数が多いです。また、反応が良ければ、リピートしてくれます。

お米ギフトの場合は、リピートはほとんどないですが、プチギフトはリピートしますし、社内や各営業所に拡散して行きます。

よく、もう営業をかけるところがないとおっしゃいますが、プチギフトであれば、いくらでも営業をかけるところはあると思います。

そのためにも、プチギフトを作り、パンフレットを作って下さい。

誰もやっていないことをやる。
これが、最高の戦略です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:23| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】コラボ企画を考える!

コラボしてくれそうな店がない?
これでは、困ります。一声かけると、乗ってくれそうな店はないですか?

今、流行っている企画は、このコラボ企画です。いろんな店・企業とタイアップした企画を考えてみて下さい。

例えば、飲食店様に期間限定で、最高の米を提供してもらったり、ごはん食べ放題をやっていただく。

土鍋教室や料理教室の開催など、いろいろアイデアが出てくると思います。

自分から動かないと良くないです。白米・玄米の販売だけでなく、こういう企画を売るということも考えてみて下さい。

そうすると、幅が広がって行きます。逆に、声がかかるかもしれません。

お米屋さんの次の課題は、コラボ企画です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:33| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

【お米屋さんのネット戦略】業務店開拓のためのブログ型ホームページ

一般消費者向けのホームページというのは、よくあります。ところが、業務店向けのホームページというのは、あまりないです。

ネットが普及し、新店オープンに合わせて米を探す場合、ネット検索されます。もう、電話帳で調べるという方はいません。

そうすると、業務店・飲食店向けにネット対策を考える必要があります。

そこで、弊社ではSEOや検索に強いブログ型ホームページを提案しています。単なるホームページとは違い、ブログの記事を投稿しながら、上位検索を目指します。

ただし、記事はビジネスに関するだけです。日記は、厳禁。有名人や芸能人でない限り、他人の日記は読まれないからです。

そうすると、今度は、毎日記事が書けないという悩みが発生します。その悩みも解消します。私が記事代行を行います。

ブログで、お米屋さんを援護射撃です。

業務店を攻めたいのなら、ネットを強化すること。これが、鉄則になっています。

ブログ型ホームページに興味がある方は、お気軽に問い合わせ下さい。

ネットで地域一番のお米屋さんになることをおすすめします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:51| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

【お米屋さんの経営課題】「業務店様に搗き立てのお米をお持ちします」と言わない方が良い理由

店頭で、一般消費者の方に搗き立てを販売するのは、イメージが良いです。ところが、業務店様に、お電話いただいてから精米し、搗き立てをお届けしますと言うと、矛盾が起こります。

業務店様に搗き立てをお届けできるくらい、暇だと言っているのと同じだからです。普通、売れているお米屋さんは、電話がかかって来てから1件1件精米してお届けるというのは、無理です。

一方、飲食店様もこのことをよくご存知です。なぜ、搗き立てを持って来れるのか?と思われます。

忙しく見えることも大事です。忙しくて、繁盛しているお米屋さんの方が安心です。

搗き立てがアダにならないよう注意した方が良いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:01| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんと喫煙の問題】喫煙しているお米屋さんは、業務店・飲食店、出入り禁止

これは、よく飲食店様から言われます。店内・厨房内は、完全に禁煙にしているのに、喫煙者の業者が入ってこられると困る。だから、喫煙しているとわかる業者の方は切るそうです。

毎日、炊飯してごはんチェックされているお米屋さんは、喫煙はされません。従業員にも喫煙しないように指導されます。

タバコを吸わない方は、少しでもタバコの臭いがすると、わかられます。

喫煙しているだけで、切られるというのは悲しいです。

でも、食に携わっている方が、喫煙しているというのは良くないです。

ピュアなの状態で、食べものをチェックする。それが、基本です。

タバコの臭いが付いた人がお米を運んでいるというのは、問題です。

改善された方が良いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米屋さん 喫煙
posted by ノムリエ at 05:13| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

【お米屋さんのSNSの活用の仕方】ごはんメニューの投稿

まず、自分で料理を作ってアップする。例えば、カップライスなど流行っています。ごはんものの料理を作り、それをアップすると反響があります。

どうしても白米や白ごはんでは、見た目がよくないです。それに、見たいという情報ではないです。

お米屋さんの社長は男性の方が多いです。料理というのは縁遠いものになっています。だから、奥様の協力が必要かもしれません。

また、自分で食べ歩き、ごはんメニューをアップするというのも良いでしょう。

料理という切り口で、SNSに投稿しないと、「いいね」が増えません。

まだ、このようなことをやられているお米屋さんは、非常に少ないです。

だから、チャンスです。是非、やってみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 07:24| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】人脈を広げる

売上が低迷している方は、孤立化しています。人脈が広がっていないため、新しい情報が入ってきません。

昔、地方都市から、大阪・京都へ頻繁に来られるお米屋さんがありました。激戦区の大阪でいろんな勉強をされ、今では米卸にまでなっておられます。

自県内では、情報が入って来ない場合、外へ出るべきです。それと、素晴らしい人と出会うこと。それで、人生は変わります。

売れていない時は、少しでも外へ出て人と会って下さい。そうしないと、改善策が見つかりません。

常に電話で情報交換できる仲間を持ち、暇があったら電話をする。これも伸ばすために大事なことです。

人脈が広がれば、売上も上がって行きます。意識して人脈を広げられた方が良いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 05:38| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

【お米屋さんの経営課題】中身で勝負のお米ギフト

デザインやパッケージに凝ったお米ギフト、流行っています。ただし、この手の商品はネットを使った販売しないといけません。ネットは無料と思いがちですが、ネットには様々な費用がかかっています。

ホームページ制作費やホームページ管理のランニングコスト、ネット広告等。意外とコスト高です。店頭で販売する方が手間がかからず、低コストで商品づくりができます。

そのため、ネットで販売されているお米ギフトは、店頭販売の米よりもかなり高い価格が付いています。

ネットで売れれば良いですが、売れなければ、さらに広告を出す必要があり、ますます利益率は下がって行きます。

それよりも中身がしっかりとし米をギフトにする。例えば、新之助など、最初から紅白のパッケージで綺麗です。紅白なので、縁起が良いです。そういう商品をギフトとしても販売すれば、コストはかかりません。

さらに、ネットは使わず、店売りで売るという方法もあります。業務店向けの新規開拓営業と同じように、この新之助ギフトを営業して売ってくるのです。当然、営業先は業務店ではありません。各法人を回るのです。

この法人ギフトの開拓、これから狙い目です。どこもやっていなからです。

コストをかけず、お米ギフトを売る。

みなさん、お米ギフトは、包装資材を考えたりやネットを使わないと売れないと思っておられますが、違う方法もあります。

まだまだ、チャンス有りです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 11:32| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

【お米屋さんの経営課題】値上げをお願いすると切られる・業務店を減らす

ここ3年くらい、玄米の価格が上がっています。そのため、どれくらい上がっているのか、新聞記事を切り取ったり、正式な文書で「値上げのお願い」などを作り、業務店に営業に行かれます。

ところが、高い評価を受けていない場合、値上げのお願いをすると、切られます。「他のお米屋さんを探します」と言われます。

そうやって、値上げ交渉をして、どれくらいの件数が切られたでしょうか?

切られた業務店数、それを営業して新規を取るのは難しいです。10件でも切られると死活問題です。

余程、自信のある米屋でないと、値上げはピンチを招きます。

どこも価格競争です。特に、米や少しでも安い方が良いというのが、業務店様のお考えです。

だから、切られる可能性があるのなら、値上げはしない。
値上げのお願いをしてもs当たり10円〜20円にとどめる。
それくらいが、良いような気がします。

値上げのお願いしをして、業務店を急激に減らし、経営が危うくなるということだけは避けた方が良いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 09:35| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】なぜ、米袋の真空パックを検討するのか?

鮮度を保つという意味だけではないです。鮮度保持ができるのであれば、納品数を増やすことができます。そうすると、配達回数が減ります。

配達回数が減ると、物流コスト・人件費を抑えることができます。ここが一番のミソです。

配達回数が半減すれば、コストカットに大きく影響します。

ただし、真空パック用の設備を入れると、投資がかかりますので、どれくらいで回収できるか、計算する必要があります。

真空パックのエージレスが気になるという方もおられますが、大きな目で見るとコストカットのメリットの方が大きい場合もあります。

一度、損益分岐点や回収金額などを算出してみて下さい。コストカットにつながるもの、経営では大事です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 09:31| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【私が「新之助」のお米ギフトをおすすめする理由】間接費や包装資材費がかからず、ほとんど店頭販売と同じ価格で売れる

お米ギフトは、包装資材競争のようになっています。変わっていて、目に付くデザインでないと買っていただけない。そのため、どんどんエスカレートしています。

そうすると、必然的に包装資材費がかかります。また、米を精米するだけでなく、お米ギフト用の手間のかかる包装をしないといけないため、人件費がかかってきます。

そのため、お米ギフトは店頭で販売している白米や玄米よりも価格を高く設定されています。

お米の通常価格を知っている消費者から見ると、少し高いなぁと思われるかもしれません。

一方、新之助は、最初から米袋が紅白のため、そのまま使えます。オリジナルの米袋やデザインの場合、開発コストがかかりますが、それが必要ありません。化粧箱だけ用意し、そこに商品を積めれば良いだけです。

この差は、大きいです。低コスト(化粧箱・熨斗等)でお米ギフトを作ることができるというメリットがあります。

今のところ、こういうことができるのは、新之助だけです。

今からでも遅くはないです。新之助のお米ギフト、研究・検討されてみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 08:47| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんからの経営相談より】お米ギフトを始めたいのですが、どうすれば良いですか?

デザインの良いホームページでネットを使って売るのが理想です。ただし、このホームページ制作、数百万円はかかると思って下さい。また、ネット広告を出したり、ポータルサイトに加盟したりすると、さらにお金がかかります。

また、売れなかったり、販売手数料を取られたりして、利益が出ていないという現実があります。

ホームページなど、かなりの投資をしたのに、回収できていないということが起こっています。

自社ホームページだけで売るのは、かなり厳しいです。

そこで、お米ギフトを月間そのくらい売りたいですか?
今の売上に少しでもプラスアルファで良いというのであれば、簡単な方法があります。

新之助を使って、お米ギフトを作ります。新之助の米袋が、紅白のため、たいへん人気です。ギフトに十分使えます。後は、化粧箱と熨斗、メッセージカードを準備するだけです。

店頭で新之助ギフトを展示し販売します。さらに、業務店などにチラシを作成して、この新之助ギフトを手売りします。

さらに、このチラシを置いてくれる店を探し、置いてもらいます。当然、売れたら販売手数料をお支払いします。

では、なぜ新之助を使うかですが、お米ギフトの場合、詰め合わせが売れるのはわかっていますが、作るのが面倒だからです。できるだけ、数が少ない方が楽です。

それに、新之助は、他の米よりも格段に食味が良いです。新潟県産の米でもあり、評価が高く、ブランディング可能です。

新之助のお米ギフトブーム、来て欲しいです。誰でも簡単に作れるお米ギフトです。
是非、作ってみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 05:20| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

【お米屋さんコンサルティングの現場より】生き筋が見えていない

伸びているお米屋さんは、生き筋が見えておられます。何で勝って行くか、何で売上を上げて行くかが明確です。

ところが、売上が下がっているお米屋さんは、生き筋が見えていません。何で勝って行くのか迷っておられます。

お米屋さんと言っても、事業内容が異なります。得意な部分も違います。

だから、コンサルティングさせていただく場合は、この事業内容を棚卸させていただき、どこで売上を上げて行くのかを診断します。

周りの状況も考えながら、勝てそうなものを探します。

時には、すべてのもので売上が下がっている場合もあります。非常に厳しい状況の中で、どう絵を描いて行くか?

必ず、生き筋、見つけて下さい。

それが見えないと、改善策が打てません。

生き筋、重要になっています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 13:55| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米ギフトの売り方】ネットにばかり頼らず、パンフレットを持って営業。あるいは、代理店を作る。

お米ギフトは、ネットやホームページで売るというイメージがありますが、それだけでは弱いです。いろんなポータルサイトに加盟してもネットだけでは売上を伸ばすのが難しくなっています。

綺麗なお米ギフトのパンフレットを作り、それを持って営業に回る。法人関係なども回って下さい。お米のプチギフトなどは、まだまだ需要が伸びる可能性があります。

さらに、お米ギフトを売ってくれる代理店のような店などを探して下さい。パンフレットを置かせていただくだけでも良いです。

地元の方にまず、お米ギフトを知っていただくことが大事です。

意外と、手売りをされていませんが、これが最も効果のある方法です。

自分の足で売ってくる。これも考えてみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米ギフト
posted by ノムリエ at 10:13| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんのコンサルティングで困っていること】業務店が減った、売上が下がったのでアドバイスが欲しい

業務店が減った、売上が減ったので、何とかして欲しいと言われるのが、一番困ります。業務店の売上を上げるのは非常に難しいからです。

業務店向けのお米の開発、あるいは新たな仕入れを行わず、今のままで売上を伸ばすのは難しいです。営業をかけても、おそらく価格競争に陥ってしまいます。

何か別の切り口で攻めないと、話に乗ってくれないと思います。

例えば、お米ギフトを持っていると、その話から攻めて行くことができます。

プチギフトなど、業務店・飲食店でなくてもリフォーム会社や工務店など今まで全くお米とは無縁だったところに営業をかけることができます。

ごはんを食べなくなった。米の消費量が落ちていると言っても、こういうマーケットはまだまだあります。そこを研究して、伸ばす方が良いです。

また、業務店を伸ばすのであれば、仕入れを変えて、同一県内では扱っていないような米を探すこと。それか、ブレンド技術を磨いて、オリジナルブレンド米を提案できること。

何か他店とは違うことが言えないと、取ってくれないでしょう。
壁は大きいですが、それが課題です。

業務が減って、最盛期の何分の1かになっているお米屋さんを立て直すのは、厳しいです。新たな視点で考える必要があるような気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:38| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

【お米屋さんの販売戦略】レトルトカレーに合うお米を開発する

大阪は、カレー専門店がどんどん出店しています。本格的なインドカレーが多いです。

でも、カレーの波は、お米屋さんにとっては好都合です。お米がよく売れるようになるからです。

特に、注目すべきことは、カレーをルーから家庭で作る場合とレトルトカレーの需要が逆転し、レトルトカレーが伸びているそうです。

そうすると、レトルトカレーに合う米というのも開発の余地有りです。どういうお米がレトルトカレーに合うのか?そういうお米を作って話題を提供するだけでも面白いと思います。

また、そういう商品をSNSでつぶやくと、反響が少しずつ上がって行きます。

お米屋さんしか知らなかった、レトルトカレーに合うお米、是非、紹介して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 12:25| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする