経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年08月20日

【お米屋さんのグループ勉強会の課題】新しいテーマで話し合いをする

お米屋さんのグループ勉強会、20年前と変わっていません。ほとんどが、産地情報。これが一番大事なのはわかりますが、他の切り口での話はなくて良いのでしょうか?

だから、たまにお米屋さんが知らない新しい話をして欲しいという依頼があります。

気付いておられる方もいます。今のままの内容では、いつか厳しくなる。もっと新しいことを吸収しないといけない。

さて、新しい話を聞いて、動けますでしょうか?
頭では理解しても、そこから先へと進みません。

特に、ネットの活用法については、勉強された方が良いです。
飲食店・業務店向けの米が多くてもなさった方が良いです。

それと、自分たちで新しいテーマを見つけること。
それが大きな課題です。

会合が止まっている。そんな感じがします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 07:05| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

【お米ギフトが売れているかどうかの判断基準】銀行の方が使ってくれているかどうか?

意外な利用者。それは、銀行の方です。お米ギフトが流行る前から、お客様にお米を贈りたいので、何か小さな詰め合わせはできませんかとお越しになられます。

今では、どこでも立派なお米ギフトがありますが、昔からお米ギフトが売れる店は、銀行の方が使ってくれています。

暖簾があり、商品に信頼がある。融通が利く。オリジナルの商品を作ってくれる。
そういう店が贔屓にされ、いつしか銀行の方が使っていただいている売上が大きくなって行きます。

まだ、ホームページなどにお祝いギフトは各種載っていますが、銀行の方向けギフトというのは載っていませんが、作っても面白いかもしれません。

銀行の方が出入りしている店というのは、評価が高いという意味です。

少し意識して見られてはいかがでしょうか?

お米ギフトもお祝い以外のマーケットがまだまだ潜んでいます。そこを上手に扉を開けた方が伸びられるでしょう。

お米ギフト、さらに研究が必要です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米ギフト 銀行
posted by ノムリエ at 05:44| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

【お米屋さんの若手経営者の方へ】1993年の大不作の年を経験した人の話を聞く

1993年、あなたはいくつでしたか?
生まれていましたか?
もう家業に入っておられましたか?

若手の方で1993年を経験したことがない人が多くなっています。お父さんからもその時の話を聞いてみて下さい。

たいへんなことがあの時、起こりました。ところが、人は20年もすると忘れてしまいます。平成29年度産が同じようなことになるとは言いませんが、学ぶべきです。

1993年の大不作、1995年の食管法の改正で、米市場は大きく変わりました。

過去の大先輩が、大事な教科書です。
是非、学んで下さい。

私で良ければ、いつでもその時のこと、お話しさせていただきます。

3kao 1.jpg3kao 1.jpg
米猿百十オンラインショップは、こちらをクリック
 ↓↓↓↓
米猿百十
〒460-0026
愛知県名古屋市中区伊勢山2−7−5
TEL 052−265−5565
FAX 052−322−3485
営業時間 平日10:00〜18:00 土曜 10:00〜17:00
玄米だんごの販売時間 10:00〜17:00
定休日:日曜日・祝日
3kao 1.jpg3kao 1.jpg
posted by ノムリエ at 09:22| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米卸の戦略と対策】西日本の米の手配と準備

東北の大震災があった時、東京や関東一円の米卸が、リスクヘッジとして西日本の米も研究しないといけないとおっしゃっておられました。

確かに、関東では東北・北海道、新潟県が中心。西日本の米が出回ることはほとんどなかったです。

しかし、震災を契機に市場が変化しそうな感じがしました。でも、実際はどうでしょうか?
西日本の米を扱う方がリスクが高く、なかなか進んでいないようにも思います。

さて、平成29年度産の太平洋側の東北の作柄、気になります。平年並みとは行かないでしょう。おそらく何%かは落ちるでしょう。その落ち込み度合いによって市場は大きく変化します。

東京という大市場があるため、ほんの数%の違いが、大きな違いになって現れます。規模の大きい米穀店もたいへんだと思います。こればかりは、先読みできません。

ますます、今後、西日本の米をどうするか、大きな課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 07:58| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米業界の予測と対策】1993年の大不作の例より

あの時は、私もまだ若く、経験も浅かったです。まさか、あのような状況になるとは思ってもいませんでした。秋から年末にかけて米価が上がって行きます。最初は緩やかな上がり方だったのですが、年を明けると急に上がり出し、止まらなくなりました。1俵が8万円?10万円?この価格では手が出ません。

クライアント先のお米屋さんとは、1俵3万円までなら買いましょう。それ以上の価格になった場合は、手を出さないと決めていました。

年末から準備し2月初旬には仕入れ終了。それで、この年は何とか逃げ切りました。

今年もちょっと厳しくなるかもしれませんが、西はまだまだ順調なので、東が心配です。特に東京が心配です。莫大な市場を抱えています。少しでも生産量が落ち込めば影響は大です。

それと、もう一つ心配なのが、不作になると粒が小さく見た目が悪くなります。味や品質にも影響し、お客様からおいしくないという声が出ることです。そうすると、お米離れが進む可能性があります。

高くなって、おいしくないものは敬遠されます。それを何とかお米屋さんの腕と技術でカバーすることが大事です。

今からもしものことを考える?
それが経営です。

同じようなことが起こらないとは限りません。
常に、一歩先を考えて行動する。

また、こういう年ほど、産地情報が大切です。常に情報交換を行って下さい。

大きな変化がある時、大きな差が出ます。
慎重に迅速に動くことが大切です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:35| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

【お米ギフトの注意点】パッケージやデザインは可愛かったけど、お米はそんなにおいしくなかった

デザイン・パッケージ先行?
まずは、デザイン・パッケージでハッ!と思わせる。
それも一つの方法です。

ただし、どこもお米ギフトをやり出しています。そうすると、最後には中身の勝負になってきます。お米ギフトをただいた方からおいしかったという感謝の言葉がいただけるような商品でないと良くないです。

日本全国の有名産地の米を集めるだけでは弱いです。どこにも売っていないような幻のお米、そういうものの方が売れるような気がします。

この幻のお米を持っているかどうか、お米ギフトの鍵です。
詰め合わせでなくても、幻のお米単品やセットでもOKです。

綺麗なデザインを超えるお米。それが鍵です。
お米ギフトに合う米というのも探す必要があります。

いよいよお米ギフトは、信頼のおける中身で選ぶ時代になってきています。
注意して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:24| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米ギフトの売り方】お米ギフトは、ホームページで売ります

お米ギフトに関する講演依頼などがたまにあります。しかし、話を聞いていると、玄米や白米と同じような売り方を考えておられます。

お米ギフトは、ネットやホームページで売ります。店頭で売るのは厳しいです。全く売れないわけではないですが、ホームページが主流です。

また、素晴らしいデザインのお米ギフトを考えておられますが、それだけでは売れません。ホームページを持ち、更新して行かないと反響はないです。

そうすると、デザインよりもホームページの勉強をしないといけません。作っただけではなく、アクセスがあるようにSNSなども活用することが大事です。

お米の中身については、お米屋さんはプロなので大丈夫だと思います。しかし、ネットやホームページに詳しい方は、そんなにおられません。

でも、ネットの勉強をしないとお米ギフトは売れません。

それと、お米屋さんのホームページ、玄米や白米を売ることがメインのサイトになっていますが、どれだけ売れていますでしょうか?

ネットは、玄米や白米よりもお米ギフトが向いています。そのことも早く理解されて取り組まれた方が良いです。

お米ギフトの講演、いつしかホームページの講演になっています。
それくらい、ホームページが大切だとお考え下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:58| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

【生産者の方が大阪へ高級米の営業をかけても難しい理由】お米屋さんは飲食店用・業務店用の安い米を欲しがっている

高級米、大阪のお米屋さんに営業をかけても厳しいと思います。まず、高級米が店頭ではなかなか売れません。売るとしたらネットです。しかし、ホームページを持っているお米屋さんは少ないです。

それと、お米屋さんの本音は、飲食店用・業務店用の安い米です。この米をどうやって仕入れるかが鍵になっています。

そうすると、営業先や販売方法を見直す必要があります。ホームページで売るにしても単に一般家庭用に向けてサイトを作っただけでは、良くないです。それは、みんながやっています。

少し先を行っている方は、お米ギフトに特化されてホームページを作っておられます。産地ブランド・品種ブランドのある産地は、その戦略の方が良いです。ギフトに価格の上限はないないです。良いものは認められ、購入されるからです。

大阪という大きな市場で勝負したい。
その気持ちもわかりますが、もっと分析を行い、次の一手を打たれた方が良いような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:高級米 生産者
posted by ノムリエ at 07:58| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米の価格調査より】飲食店は1s300円が基準

一般消費者の方は、いろんなお米、いろんな価格のお米をお買い求めになられています。

ところが、飲食店では、まずは価格ありきで原価を少しでも下げようと努力されています。食品スーパーや量販店などに行くと安いお米がたくさんあります。

ズバリ!1s300円が基準かもしれません。10s2,980円以下のお米を購入される店が多くなっています。

お米屋さんも1s300円以下の米を作って納品するというのはたいへんです。安い米が底をつき、やりくりされていますが、今後どういう価格のものを納品して行くのか考えないといけません。

だから、1s○○○円以下の米はやらないと決めておられるお米屋さんもあります。安い米で勝負しても食品スーパーに負けるからです。

昔は、価格相応のお米が多かったですが、今は安い米でも食味が良いです。そのため、余計に脅威です。

これからは、価格以外のもので評価される。例えば、炊飯技術など、特殊な技術を持つことが大切なような気がします。

価格、ますますシビアになっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:米の価格調査
posted by ノムリエ at 05:56| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米産地向けの講習会の相談について】どんな話をしていただけますか?

米業界、米流通の本音の話をさせていただきます。普通の経営コンサルタントは違います。お米業界に精通した、業界のことを知っているコンサルタントです。お米業界には、お世話になって28年が経過。まさか、こんなに続くとは思ってもみませんでしたが、周りの方の助けによって米業界向けのコンサルティングを行っています。

さて、具体的には、どのような話になるのか?
まずは、大阪の米市場の話をします。
次に、お米屋さんが求めているお米はどういうものなのかをお話します。
さらに、産地のネットの活用法、SNSの使い方を説明します。
まだまだ誰もやっていないサイト作りがあります。(BtoB市場狙い)
また、産地直送のお米ギフトの進め方もあります。

特に気になっているのは、農家の方々は高級米へシフトしようとしていることです。高い米を作って売上を上げたいたいというのはわかりますが、売り先は決まってるでしょうか?お米も高級米については飽和状態です。そのような中で、どうやって作るかではなく、どうやって売るのかが大事です。

それと、お米屋さんと言うのは、飲食店や業務店にお米を販売する比率が8〜9割りあります。ほとんどが、飲食店用に米を販売されています。一般家庭は、ほんの一部なのです。そうすると、お米屋さんが求めている米と言うのは、飲食店用・業務店用の米です。

ところが、日本全国、安い米は品不足。大手飲食店でも苦労されています。今後ますます、安い米は少なくなるでしょう。

農家の方々の努力により、おいしい米ができ、一等米比率が高くなればなるほど、安い米が出回らないという悪循環に陥っています。

こういう点からも、どういうお米を作って行くのか考えないといけません。
また、販売ルートをネットを含め、いくつも持っておくことが大切です。

このようなことを本音で話しさせていただきます。
ちょっと面白そうな人だなぁと思ったらご連絡下さい。

日本一の米コンサルタントが今後のあり方について説明させていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:45| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

【お米屋さんの経営課題】「お米ギフト」という難問が解けた Part2

お米ギフトの研究を進めると、以下のようなことがわかってきました。

・お米ギフトは、ネットで売る。(店頭で売るのは難しい)
・ネットで売ろうと思えば、ホームページが必要。
・ホームページは、お米ギフトがトップページなっているか、お米ギフト専用になっている
・ホームページも買いやすいシステムになっている
・送料は無料
・お米ギフトには2パターンある(デザインギフトと中身重視ギフト)
・お米ギフトはお中元やお歳暮ではなく、お祝いやお祝い返しが主
・お米ギフトの容量は、5sや10gと言ったものではなく、価格優先

お米ギフトの難点と課題
・お米ギフトは、リピーターになりづらい
・お米ギフトのお客様は、他の商品には興味がない
・お米ギフト購入のお客様のメルマガ反響率が低い


そうすると、お米ギフトをネット上でどうやって売るかです。そこに力点を置いて考えないと売れません。

楽天やヤフーなどのポータルサイトに登録すれば、少しは売れるかもしれませんが、手数料・利用料が取られ、粗利は低くなります。

結局、自社ホームページでどうやって売って行くか、それを考える必要があります。
まだまだ、チャンスはあります。逆転の可能です。

お米ギフトの世界、極めてみませんか?

理由は、小さな米専門店や産地の米専門店で、規模が小さく、人をたくさん雇用していておらず間接費がかかっていない店の方が、安く提供できるからです。

大きくなると、コストがかかり、それを価格に反映させるか、大量仕入れでコストダウンを図らないといけません。いろんな設備を投入したり、ネット広告などにも費用をかけると、利益が出なくなります。

そこが、お米ギフトの落とし穴です。

小さい規模の方が、お米の中身が良くて、対応も丁寧で、任せて安心というふうに持って行けば、お客様から支持されるようになります。

規模を大きくしないこと。これもお米ギフトの課題であり、注意点です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 13:34| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんのホームページでの販売戦略】ホームページでは一般家庭用よりもお米ギフトが重要

ホームページと言うと、すぐに一般家庭用のお米の販売をイメージしますが、ホームページを開設したからと言ってそんなに売れません。

それに、一般家庭用の米は、楽天やヤフーなどのポータルサイトで買う方が多いです。

それよりもお米ギフトを売ることを考えた方が良いです。お米ギフトや米専門店で探されます。それも必ずネットです。

お米ギフトがトップページに来たり、充実していること。
お米ギフトを売るためにホームページを持つくらいが良いです。

後は、パッケージデザインと中身の米です。

それと、お米ギフトを強化されているところは、送料無料にされています。お米を買って、消費税がかかり、そこにさらに送料がかかると、最後にはびっくりする価格になります。

特に、お米ギフトの場合、容量(s)で選ぶよりも価格で選ばれます。だから、中途半端な容量に商品でも予算に合わせることが大事です。

表示されている価格に消費税がかかるだけ。何か所に贈ってもこの価格です。わかりやすいです。

一般家庭用のお米を売ろうと思えば、ポータルサイトで販売する方がやはり有利です。
それよりもお米ギフトをホームページで売る。これを考えてみて下さい。

ホームページも使い方次第。何でも売りたいでは、売れません。
ピンポイントに的を絞って、対策を打ったところが成果を出します。

お米ギフトの販売戦略、これからの大きな課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:06| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米ギフトのブランディング】有名デザイナーの名前でブランディング

例えば、東京の有名デザイナーに作っていただいたギフトパッケージというキャッチコピーがあると、反響が出ます。

デザイナーの方の名前がよく知られていれば、効果抜群です。おそらく、一度は見てみたいと思うでしょう。

それに、デザインが普通とは違い、プロの方が作ったんだと思うようなものになっています。

ただし、有名デザイナーの方にデザインしていただくと、お金がかかります。そこがネックです。

でも有名デザイナーでなくても、公募したり、学生さんに作っていただくというような方法もあります。

公募してデザインが決定するまでの過程などをSNSに投稿すると、反響が上がって行きます。

商品そのものだけでなく、デザインで語るという手法もあります。
それくらい、デザインは大事です。

是非、素晴らしいデザインのギフト、作って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:25| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

【特A米・高級米の産地の販売戦略】なぜ高級ブランド米を東京の飲食店から販売するのか?

米を売るというと、みんな東京の飲食店で扱ってもらうことを考えます。しかし、1s1,000円もするお米を飲食店では使えません。お米に関する原価が全く違っています。1s1,000円もする米をもし使用するのであれば、超高級店しかないです。それも、年間通して使ってくれるかどうかはわかりません。

お米専門店でもこの価格では、店頭では売れません。当然、お付き合い先の飲食店も無理でしょう。

そうすると、この高級米をどういうふうに売るかです。
一番高い米が売れる市場は、お米ギフトです。ギフトの場合、贈り先に失礼がないように最高のものを贈ろうとします。また、お米はいただいてうれしい商品です。

だから、徹底的にお米ギフト市場を開拓するのが良いです。

そのためには、パッケージデザインが重要です。それと、ホームページを使って売ること。
ネット専属の担当者も必要です。おそらく、その方の腕にかかっています。

飲食店は、高級食材を使用し過ぎると、原価が上がり利益が出ません。だから、違うジャンルで勝負した方が良いです。

高級飲食店が使用している。
これでブランディングなるでしょうか?

最高のお祝いギフト、お祝い返し。
そこを狙って勝負する。
その方が堅実だと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:38| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【産地の米生産者の方へ】産直お米ギフトという方法もあります

産直というと、一般消費者向けというイメージがあります。しかし、1s1,000円前後もするお米が、ぼんぼん売れるということはないです。

また、このような高額のお米は、お米屋さんの店頭でも売りづらい商品です。

そうすると、高額のお米は、どうやって売るか?
ズバリ!お米ギフトです。
ギフトになると、価格はグッと上がります。逆に、安いとギフト向きではないです。

後は、売りための仕掛けですが、ギフト用のパッケージの開発が必要です。それと、お米ギフト専用のホームページも必要です。

お米ギフト用に少し費用がかかります。でも、お米ギフトは、お中元・お歳暮ではなく、お祝いやお祝い返しがほとんどです。だから、年中商品です。

ホームページさえしっかりと持っておくと、様々な企画販促が打てます。

高いお米は、もうすでに決まったところで買っておられます。
しかし、ギフトとなると別です。

まだまだ、チャンスがあります。
補助金や助成金をいただきながら進めるという方法もあります。
是非、検討されてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 07:49| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【講演を聞くより数十倍効果のある方法】1対1で経営コンサルタントに指導を受けたことがありますか?

みなさん、講演で良い話を聞きたいと思っておられますが、それよりも数十倍効果のある方法があります。それは、1対1で経営コンサルタントに指導を受けることです。

全然違います。指導を受けるというのは、もう何かを変えてやるというのが前提です。最初は、かなりの宿題が出てきます。それを一つずつクリアすることで、強くなって行きます。

それと、大きな違いは、講演では話すことができない本音の話が聞けます。それを参考にしていただければ、伸びます。

だから、講演後にちょっと寄って欲しいというような依頼が来ます。折角、遠くから来ていただいているので、参考になることを教えて欲しいとおっしゃいます。

もう講演を聞くだけの時代は終わったような気がします。その後、どうするかです。主催者の方も講演後のことを考えて、企画された方が良いと思います。

また、一番先にコンサルティング依頼された方が、勝ちます。抜きんでます。
特に、ネットの場合、先にやった人が強く、逆転するのはかなり難しいです。

是非、一度はコンサルティング指導を受けてみて下さい。
新しい世界が見えて来ると思います。
誰よりも早く、チャンスをつかんで下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:48| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米ギフトの戦略について】デザインギフトと中身重視ギフト

お米ギフトの場合、大きく分けて2つあります。一つは、パッケージやデザインを重視したギフトです。普通、お米ギフトを販売する場合、こちらから参入される方が多いです。ネットなどの場合、見た目が大事だからです。

ところが、お客様はだんだんお米ギフト中身は何だろうと思うようになっています。

そのため、中身重視のお米ギフトも人気です。特に産地のお米専門サイトでは、お米のブランド力で売っています。これも一つの方法です。

本当においしいと言えるお米。
召し上がられた方がびっくりするお米。
それをギフトにしてお贈りする。
これが、今後大事なような気がします。

デザインで目を引くだけでなく、中身が本物。
他店ではなかなか手に入らないもの。
それをどうやって作るかです。

ちょっと、お米ギフトの様相も変わって来ているような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:36| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米ギフトだけのホームページ】ブランド力のある産地のお米ギフト専門店サイト

お米ギフトと家庭用米、どちらが売れますか?
ブランド力のある産地であれば、お米ギフト中心のサイト作りも有りです。

お米ギフトのネット通販専門店。これも面白い戦略です。
ただし、商品にブランド力がないと売れないでしょう。それと、サイト作りの費用がかかります。どこよりも綺麗で目立つものを作らないといけません。

また、ギフトの場合、複数の送付先を贈ることになりますので、そのことを想定したシステムづくりも必要です。

あれもこれも売りたいというのはわかります。しかし、消費者からすると、わかりやすいのが一番です。お米ギフト専門に特化し、反響を上げるという方法もあります。

お米ギフト専門の場合、扱い商品数は3点くらい。人気の高い銘柄の場合、それくらいで大丈夫です。

特Aを取った米がどんどん出てきていますが、今後このようなお米ギフト専門で売るという手法、考えないといけません。

まだまだ、チャンスはあります。お米ギフト専門店、増えそうな気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米ギフト
posted by ノムリエ at 05:22| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

【お米を買うなら個人店が良い理由】経営という視点でお買い得感を考えてみる

大概のお米屋さんが個人経営です。それも店舗兼住宅。1階が精米工場と店になっています。従業員さんは、数名程度。

この状態での経営が、お客様にとっては一番お得です。

本部費がなく、間接費も少なく、適正な利益率であれば、本当に安くすることができます。

逆に、会社組織が大きくなり、事務所も工場も店も別になれば、凄いコストがかかります。固定費を回収するだけでもたいへんです。そうすると、必然的に価格に反映し、少し高めの価格になります。

ただし、大量に仕入れたり、年間栽培契約などでコストを下げることはできます。しかし、この方法はリスクが伴います。綺麗に全部売れるとは限らないからです。少しでも歯車が狂えばたいへん。綱渡り状態かもしれません。

お米は大きな会社で買わない方がお得。
そういう触れ込みやキャッチコピーがあっても良いかも・・・・

もっと、個人経営の良さを消費者に知ってもらう。
これも大切なことだと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:個人店 お米
posted by ノムリエ at 07:32| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんのホームページ課題】飲食店様・業務店様用のページがない。充実していない。

お米屋さんのホームページを調査していると、あることに気付きました。それは、飲食店様・業務店様用のページがない。充実していないということです。

店売り100%の店であれば、一般消費者向けのサイト作りで良いですが、飲食店様・業務店様が売上の大半を占めている店が、同じようなことをしていても売上は上がりません。

しっかりと、飲食店様・業務店様用のページを作るべきです。あるいは、飲食店様・業務店様用のページがトップページに来ていても良いくらいです。

また、飲食店様・業務店様に対して、どのようなお米を提供するのか、それも詳述する必要があります。

まだ、どこもほとんどできていない状態です。だから、チャンスです。
日本一の飲食店様・業務店様用のページ、作りましょう!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 07:11| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする