経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年10月20日

【お米屋さんの経営課題】プチギフトが売れてるってご存知ですか?

2合・3合の小さな小袋米。ちょっとしたあいさつの時に使用します。引越しやリフォーム、転勤などの際にあいさつまわりをする時に持って行かれます。

お米ギフトを売ろうと思うと、ホームページを持って大掛かりな仕掛けが必要です。費用もかかります。

ところが、プチギフトなら、手詰めでもOKです。ちょっとしたパッケージや熨斗、巾着袋などを用意するだけで、できます。

後は、使ってくれそうなところへ営業をかけるだけ。

もう、お米屋さんが飲食店や業務店に営業をかけても取引してくれないでしょう。それだったら、プチギフトを作って新たな営業先を攻めた方が良いです。

プチギフトで新たな戦略を立てる。
これも大きな経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:05| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

【お米屋さんの経営課題】店頭精米専門店をおすすめしない理由

店頭精米+通常の5s・10sのお米の陳列が理想の形。

みなさん、店舗をリニューアルされ、店頭精米専門店に切り替えようとされます。
ところが、店頭精米専門にすると、どうなるのか現状をご存知ないです。

接客する際にも、搗き立てを何度も購入していただいた方が、おいしいごはんを食べることができますので、いつでも気軽に立ち寄って下さいとおっしゃいます。

しかし、現実には、今まで5s・10sを買っていただいていた方が。2s・3sになります。特に都会では、もう2s・3sが主流です。その上、徐々に足が遠のいて行きます。何ども店に来店するのが、面倒になるからです。

搗き立てにこだわり過ぎ。
かえって、購入容量が下がり、客単価が下がります。

5s・10sをメインに売っていた時の方が、売上が高かったというようなことが起こります。また、有機や無農薬などの自然農法米を全国から揃えるとロスが発生します。そういう高単価の商品は、飲食店・業務店では使ってもらえないからです。

昔のやり方のほうが良かった?
そういうことも起こります。

安易に店頭精米専門に変えると、売上が下がる可能性があります。
しっかりと戦略を立てて、切り替えられることをおすすめします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 06:20| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】お米屋さんは何が好きかで決まる

焼肉を食べないお米屋さんの店主。そのため、焼肉店でごはんが出るのをご存知ないです。だから、お付き合い先に焼肉店がありません。自分が好きな和食店しか得意先がないという状況です。

また、和食中心の生活をされているため、和食以外での外食もされたことがないようで、世の中の食事事情がわかっておられません。

例えば、喫茶店でもランチをされているため、お米はよく出ます。食堂やレストランでなくてもお米を使用するところはたくさんあります。

結局、このお米屋さんは、業務店の入札専門のようになっておられます。

幅広く食のことを知っていないと、営業にも行けません。

お米屋さんは何が好きかで決まるといのは、本当のような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 05:21| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

【お米の販売方法】キヌヒカリの売り方 〜ササニシキ似たタイプで安いお米〜

大阪では、ササニシキという品種のお米、姿を消しました。ほとんど見ないです。
特に、食品スーパでは、扱っていません。

逆に、食品スーパーを中心に新たに出て来ているのが、キヌヒカリです。作りやすく、農家の方への負担も少なく奨励されています。

ところが、キヌヒカリのお米、米袋パッケージに入って、それが売場に陳列されているだけ。これだけでは厳しいと思います。

キヌヒカリは、比較的ササニシキに似ていると言われています。そこで、ササニシキに似たお米でササニシキよりも安いというキャッチフレーズで売られてはいかがでしょうか?

粘り気の少ない、さっぱりしたお米。
こういうタイプのお米がお好きな方もおられます。

売れるか売れないかは、このキャッチコピーで決まります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:47| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米産地の戦略】おいしいお米はわかりますが、どんなお米でどの客層を狙っていますか?

今、食品スーパーなどに行くと、いろんなお米が並んでします。しかし、おいしいお米でひとくくりにされているような気がします。

お米ごとの特徴を明確に書いたPOPはないです。銘柄と価格だけです。

粘りや甘味などがどうなのか書いていません。冷めてもおいしい、粘りが少なくさっぱりした弁当向けのお米というようなものもないです。

産地も同様に、どんなお米でどの客層を狙っているのでしょうか?
売れれば何でも良いという感じで、とにかく営業する。
しかし、他の産地の米と差別化しない限り、選んでいただけません。

また、自分のところのお米が、どういう飲食店に合うのか?一般消費者の方のどういう好みの方に合うのか?それを研究する必要があります。

そうしないと、価格だけで判断されてしまいます。

数多くの銘柄出て来ていますので、見直す必要があると思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:米産地
posted by ノムリエ at 05:17| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

【お米ギフトを売る理由】高い米はギフトでないと売れないから

1s1,000円近くする米、店頭ではなかなか売れません。だから、みなさん敬遠して仕入れされません。

ところが、こういう高級米、ギフトになると売れます。お客様は、一番高い米をギフトで贈りたいと考えておられるからです。

ギフトは高い米を売るための一つのツールです。これを持っておかないと、高い米を売ることはできません。

また、安く売るのは簡単。どうやって高く売り、利益を取るかが大事です。

お米ギフトにチャレンジする。
これも大きな経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:02| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

【お米ギフトの売上が低迷する理由】お米ギフトも新商品づくり

止まっている・・・
売上が徐々に下がってきている。

調子が良かった店でも何か仕掛けたり、新商品を出さないと売上は下がって行きます。
一度作った完成度の高いホームページでも、新しい情報を出すことが大事です。

お米ギフトの新商品?
通常、どの業界でも新商品を出します。これを出さないと売上が伸びないからです。
新商品のすべてが順調に売れるわけではないですが、非常に重要です。

また、業界を活性化させるためにも、新商品が出て来て欲しいです。

お米ギフト、まだまだ伸びしろがあります。
新商品の開発、急務です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米ギフト
posted by ノムリエ at 06:18| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

【私がお米ギフトの講演依頼を受けていない理由】デザインの良いホームページが必要だから・・・

私がいくら良い話をしても、デザインの良いホームページがないと売れません。お米の場合、どこからでも仕入れることができるため商品そのものでは差が付かなくなっています。

だから、デザインの良いホームページを持っている方が、いろんな仕掛けをすると、さらに売れるようになります。

お米ギフト専用のパッケージを作られた方も売れなくて困っておられます。お米ギフトは基本的に店頭よりもネットの方が売れます。

だから、店にお金をかけず、ホームページにしっかりとお金をかけて成功されている方が出て来ています。

本気でお米ギフト売るなら、ホームページ制作会社を探さないといけません。
そこは、どうお考えでしょうか?

ホームページそのものの話をせず、仕掛けだけの話では実現が難しいです。

是非、ホームページのこと、検討して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:04| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

【お米屋さんの経営課題】商品開発とチャネル開発

白米・玄米を売るだけでなく、新たな商品が欲しいです。
一般消費者向けのお米と飲食店・業務店向けのお米以外の新たな客層が欲しいです。

これらを開拓して行かないと売上は伸びなくなっています。

いつもと同じお客様に同じお米をお届けする。これでは厳しいです。
何か考えましょう。

その一つが、お米ギフトです。まだまだ、本格的に参入しているお米屋さんが少ないです。

また、売り方も特別で、お米ギフトに合った売り方をしないと売れません。でも、面白いマーケットです。

法人向けのプチギフトも新たな営業先を開拓できます。

新商品を作って、チャネル開発をする。どの業界でも同じです。これをやって行かないと、マーケットが広がりません。

チャンスが巡って来ています。是非、チャレンジして下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 15:57| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

【お米屋さんの経営課題】ホームページのリニューアル

昔、ホームページが必要だと聞いて作った。ネットでお米を売る時代になったので作った。

ところが、売れていません。まず、お米をネットで売ろうと思えば、自社ホームページだけでなく、楽天やヤフーなどのポータルサイトに登録しないと売れないでしょう。でも、手数料は取られます。それが嫌なので、参加していない方も多いです。

今、ネットは進化しています。プロが作ったと思われる綺麗なデザインのホームページでないと見てくれません。

また、クレジットカード決済もできること。

店にお金をかけても売上が伸びない時代です。少しネットにお金をかけて、商品を売ることを考えられませんでしょうか?

ネットでは、白米・玄米以外に、お米ギフトやプチギフトがよく売れます。そちらに力を入れることも考えられます。

ホームページは、お店の顔です。そこを直さないと厳しいです。

それに、伸びるネットショップほど、ホームページのリニューアルをされています。

一度作ってそのままになっているホームページ、見直した方が良いです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:41| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米選びと消費者の好み】甘くないとおいしく感じない?

ミルキークイーンやそれに準ずる米に慣れたから?
粘りのあるお米は作れても、甘いと感じるお米は難しいと聞いています。

噛んで甘い米を追求する。
これも一つの課題のような気がします。

店頭のPOPにも、噛んで甘い米と明記したら売れるかもしれません。

新品種がたくさん出て来ていますが、特徴を明確にうたっていません。

お米も甘さを求める時代。

「甘いお米」キャッチコピーにはぴったりです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:甘いお米
posted by ノムリエ at 06:20| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

【お米屋さんの経営戦略】代替わりを機にネット販売を強化する

代替わりされた場合、何か新しいことにチャレンジすることが大事です。親から店を引き継ぎ、店頭の売上を上げようと思ってもかなり厳しいです。飲食店・業務店も営業してもなかなか取れません。

しかし、力を入れれば伸びるものがあります。それは、ネット販売です。

代替わりして、古い店はそのままで、ネット販売を強化されている方が増えてきました。

こういう代替わりの仕方が一つの理想形です。

そのためにもネットの勉強をして下さい。

ネットは、まだまだ可能性があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:52| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】冷めてもおいしい米よりも甘いお米

お客様が探しているお米は何か?

よく冷めてもおいしいお米というのをキャッチフレーズにされています。
でも、それって当たり前のことです。

それよりも口の中に含んで、甘く感じる甘味のあるお米、評価が高いです。

甘味がないと、味がしないと言われます。だから、噛んで甘いお米、大事です。探して下さい。

冷めてもおいしいよりも噛んで甘味があるお米の方がインパクトがあります。

ただし、そのようなお米を探すのはたいへんです。おそらく、価格も上がるでしょう。

でも、違いがはっきりします。

甘いお米でPR。それも課題のような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:42| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

【お米屋さんの経営課題】店を直すならホームページを見なおした方が良いのでは・・・

店を直して、売上は上がるでしょうか?
店頭精米にして売上は上がるでしょうか?
おにぎりや和菓子などを始めて売上は上がるでしょうか?

もう、店に投資する時代ではないのかも・・・

では、何をすれば良いか?どこへ投資すれば良いか?
今、どの業界でも言われているのは、素晴らしいホームページを作ること。
そこに投資することを考えて下さい。

そうすると、今度はネットで売る商品です。
白米や玄米では、もう他社・他店がやっています。

ネットで売るならお米ギフトです。
まだまだチャンスはあります。

ネットに投資する。
これが、今後のお米屋さんの経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 14:28| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんの経営課題】営業に行く

お米屋さんの売上が下がっている原因は?
それは、営業に行かなくなったからです。

昔は、飲食店の開店がよくあり、開店前に営業に行っていました。あるいは、1件ずつローラーをかけて営業などもされていました。

ところが、飲食店のピークが過ぎ、開店よりも退店が多くなっています。そうすると、必然的に営業先も少なくなり、新規開拓が極端に少なくなっています。

また、食品スーパーや大型量販店などでお米は安く売っているため、そちらで買われる店も増えました。

今どき、お伺い営業?
でも、営業しないと売上は伸びません。

そのためには、営業先を変えること。
新たな営業商品を作ること。

例えば、お米のプチギフトなどを開発し、リフォーム会社や保険会社などに営業する。
お米ギフトが、こういう使い方をされるようになっています。まだまだ、知らない方が多いです。

新たな営業先を見つけて、営業に行く。
それが、これからのお米屋さんの経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:51| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米ギフト専門の新品種の商品化】高い米はギフトで売る

特Aを取った新品種、普通の流通経路に乗せて売るだけでなく、もっと違った方法で売ることも考えても良いような気がします。

例えば、お米ギフト専門のお米として流通させる。お米ギフト用のパッケージやデザインを考え、商品化する。

一般消費者が家庭で食べるためのお米、あるいは飲食店・業務店向けのお米というのはありますが、ギフト専門に開発されたお米というのはないです。

特に、どうしても価格が高いお米、通常ルートでは売れません。1s1,000円を超えるお米になると、家庭で食べるには高過ぎます。ところが、ギフトでは高い方が売れません。

ハレの商品は、いつも食べることができない高級感が大事だからです。

目一杯、高い米を作って、ギフトで売る。
これも一つの戦略です。

生産の段階からギフトを意識して商品開発する。
さて、どこがやられるでしょうか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米ギフト
posted by ノムリエ at 06:16| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

【お米業界の時代変化(お米屋さん編)】次の戦略作り 〜店頭精米や有機米などのこだわりのお米はどこまで武器になっていますか?〜

昔は、店頭精米にすると、こだわったお米が食べたい方がたくさん来られました。やはり、お米は搗き立て!といった感じ。

さらに、そこに有機米などのこだわった製法のお米が加わり、ますます盛況。

ところが、食品スーパーや大型量販店へ行ってもほとんど搗き立てです。かなり回転率が良いようです。

そうすると、店頭精米も魅力が薄れています。それと、気になるのは、店頭精米に変えるとお客様の購入容量が減り、客単価が下がることです。都会の店頭精米店では、2s・3sが主流になり、5s・10sは売れません。

有機米についてもネット通販が出て来て、農家の方まで自分が作ったお米を販売されており、競争が激しくなり、差別化が難しくなっています。

さて、そうすると、お米屋さんの次の戦略は何でしょうか?
それを考える時に来ています。

例えば、おにぎりの販売。よく相談がありますが、1日100個売るのは難しいです。東京のような人口の多い立地でないと売れないでしょう。

飲食店はどうか?これもやられた方は、ほんのわずかです。飲食店は、物販と違い、一から立ち上げて繁盛させるのはもっと難しいです。

農作物や健康食品の販売も売上にプラスになるほどではないです。逆に、ロスが多くなる可能性があります。

そうすると、今できそうなものは?
一つはお米ギフトです。プチギフトも含め、まだまだお米ギフトは売れる要素を持っています。

頭の痛い悩みですが、次の戦略作り。
これが大きな課題となっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:お米屋さん
posted by ノムリエ at 12:52| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米業界の時代変化(お米屋さん編)】飲食店を攻めるから、次の展開へ

一時、お米屋さんは、小さな飲食店を攻めて、フォローするのが良いのではと言われた時代がありました。

ところが、小さな飲食店は、退店・廃業が多くなっています。逆に、新店というのは、本当に少ないです。また、後何年で止めると決めたおられる方もいます。

飲食店にも高齢化の波がやって来ています。

そうすると、お米屋さんの売上は減る一方。ある程度大きな飲食店やチェーン店などとお付き合いされているところは、今後大きくなる可能性が高いですが、町中の小さなお米屋さんは心配です。

何か新たなビジネスを考えないと厳しいです。

そこで、私が提案しているのは、お米ギフトです。この商品なら、お米屋さんも作りやすいです。

健康食品やこだわった食品は、なかなか売れません。売れ残って在庫になるだけ。

後継者の方がおられたり、後継者の方にバトンタッチしようとお考えの方は、是非、お米ギフトを考えてみて下さい。

お米ギフトのやり方はいろいろあり、奥が深いです。

ご興味のある方は、一度気楽にお電話下さい。

よろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:12| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さんからの経営相談】ネットを使わずにお米ギフトを売る方法はないですか?

あります。みなさん、お米ギフトというと、内祝いや各種お祝い返し、お中元・お歳暮をイメージされますが、それ以外の売り方も実はあります。

それは、プチギフトです。例えば、マンションのリフォームの際、ご近所様にごあいさつをする際の粗品。2合〜3合のお米がピッタリです。お米は、量が少なくてもいただいてうれしいものです。

リフォーム会社に限らず、こういったプチお米ギフトを使ってくれそうなところを探し営業に行って下さい。

もう、今の時代、飲食店・業務店に営業に行っても成果はないでしょう。ひっくり返るこもないです。

それだったら、新しいマーケットに挑戦した方が良いです。

それに、このようなプチギフト、お客様が喜んでいただければリピートがあります。内祝いなどはリピーターは少ないです。だから、お米ギフト購入の方にメルマガなどを送っても他の商品と違い効果がありません。

プチギフトは、ホームページはいりません。営業と手売りです。

是非、考えてみられて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:06| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お米屋さん向け講演依頼について】お米ギフトで売れる方法

お米ギフトに関しましては、研究済みです。いろんなノウハウを持っていて、今一番自信があります。

まだまだ、今から立ち上げても可能性があります。

店頭販売が下がっている、業務店も減っている。何かしないといけない。
そんな時、たまたまお米ギフトを見た。
しかし、売り方がわからない。

また、お米ギフトの売り方を専門のプロの方から話を聞きたい。

そういう方は、一度お電話下さい。

やり方、進め方をすべてお伝えしますが、できるかどうか、ご判断下さい。

お米ギフトは、まだまだ面白い商品です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:48| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする