経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年06月15日

【コンサルティングメニュー】個別訪問相談

まずはメールか電話で相談内容をお聞かせ下さい。

【問い合わせ相談のステップ】
ステップ1 メールで問い合わせ
ステップ2 電話相談
ステップ3 個別訪問相談

メールや電話で解決できるものもあれば、もう一歩踏み込んで改善・改革が必要な場合もあると思います。

経営相談&説明会に参加するよりも一度来て欲しい、そこで話を聞いて欲しい、相談に乗って欲しいという依頼が多いです。お気軽に申し付け下さいませ。

店を見て欲しいとか、決算書等の経営に関する帳票を見て欲しいという場合、弊社事務所にお越しいただくよりも密な話ができると思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 17:00| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

【コンサルティングメニュー】医療系管理職研修&PT会議

医療系の場合、単に収益を追いかけるのではなく、医療の質をどう高めるかという大きな課題があります。数字を追いかける以上に、個々人の仕事内容の質を高めることが必要となってきます。さらに学んだことをどうやって現場に活かすのかが大事です。

実際には、成果を上げるために研修だけでなく、有志の方に集まっていただきPT会議を行います。

研修は、参加者の方の学びの場とし、PT会議ではどうやって学んだことを具体的に実践に落とし込むかを議論し合います。

理由は、研修だけでは成果が上がりにくいからです。そのため研修とPT会議をセットで行います。そのためPT会議に参加いただく有志の方には大きな負担となりますが、自分を成長させる良い機会だと思われ、1サークル後には飛躍的に伸びておられます。

★研修時間:1回当たり約2時間
★PT会議時間:1回当たり約2時間
★研修・PT会議の期間:半年〜1年

【研修内容カリキュラム例】
第1回
1.管理職の要件
2.方針管理について
3.医療現場において「やってはいけないこと」
4.一般の社会としての常識・マナー
5.環境を変えるには言葉づかいから

第2回
1.就業規則の整備と運用にあたって
2.就業規則上の質問と課題について
3.院内における評価と処遇について
4.目標管理シートの実践方法

第3回
1.サービスの構造とマネジメントの「見える化」
2.結果オーライから必然的な結果へ
3.キャリアパスの導入へ
4.PDCAマネジメントサイクル
5.目標管理のPDCAサイクル
6.研修の種類と目的を明確にする

第4回
1.患者と医療サービス
2.医療サービスと患者サービスの分類
3.接遇改善について
4.SWOT分析とは?
5.患者様の権利宣言
6.定性目標と定量目標
7.バランススコアカードとは?
8.次世代リーダーの育成法

第5回
1.チーム医療
2.診療に携わるスタッフの関係例
3.コミュニケーションの形態例
4.予測のつく仕事と降ってくる仕事
5.優先順位の考え方
6.人事評価の3つの視点
7.管理職人事考課表例
8.職員に求められるコンピテンシー

第6回
1.3つの個人面接
2.生涯教育とは・・・
3.タイムマネジメント
4.書類管理のコツ
5.仕事管理


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


posted by ノムリエ at 16:34| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

【コンサルティングメニュー】中小企業・個人店様向け人事諸制度の改革提案

【皆様の悩み・相談内容例】
1.どのように給与を決めて良いのかわからない
2.給与の算定基準というものがない
3.能力に応じた給与体系にしたい
4.基本給のあり方を見直したい
5.手当類を整理し見直しを図りたい
等々あると思いますが、手順を踏んで進めることが大切です。

まず、抑えておかなくてはならない法関係をチェックすることです。それに企業規模に合わせた対策を取ることが大事です。大手企業のような仕組みやシステムを導入したからといって上手く行くかどうかは別問題です。無理をされずに、現状の力に合わせたものにすることが大事です。

今のような激変期では、業績が安定したり、成長するかどうかはわかりません。昇給昇格や賞与支給があることを前提として作ると会社にとっては厳しい状況を招くかもしれません。業績に応じて柔軟に対応できるようなものを作成されることをおすすめいたします。

それとご理解いただきたいのは、給与関係を整備・見直しをしたからと言って業績が向上する訳ではないです。あくまでの不整備だったものが整うということです。

それと注意された方が良いのは、何をしたいのかを明確に持っておくことです。その形に近づけて作成されることが良いと思います。教科書的な世間一般レベルではなく、やりたいことを明確にすることも大事です。

では、以下の点につきましてまずはチェックされてみて下さい。

【事前確認・チェック項目】
1.就業規則はありますか?
2.賃金規定はありますか?
3.基本給を算定するための賃金テーブルはありますか?
4.昇給・昇格の基準はありますか?
5.残業手当はきっちり支払っておられますか?
6.賞与は支払っていますか?何か算定基準はありますか?
7.こうしたいという希望や形のようなものはありますか?
8.誰が作りますか?(社長or人事担当者or従業員全員で)

【人事諸制度の改革の目的 〜何をどうされたいですか?】
1.能力に応じた賃金体系に変えたい
2.基本給や手当類をすべて見直したい
3.評価制度を導入して、個々の能力をチェック確認したい
4.社長の判断だけでなく、考課表を元にして評価・支給したい
5.能力給の中身を算定するための人事考課表を作成したい
6.業績と連動した給与体系を作りたい

【人事諸制度策定に当たっての希望はありますか?】
例1.システムはいらない
例2.大きな費用はかけたくない
例3.給与や賞与との連動は考えていない
例4.人事考課表を作成して運用したい
例5.役職ごとの仕事のあり方と業務内容を明確にしたい

【個人店・小規模の事業所の場合の注意点】
1.業績に応じて柔軟に変動できるように作成する
2.毎年、見直しを図り、徐々に良いものを作り上げて行く
3.決して無理をせず、企業力に応じたものを作成する
4.最低限必要なものから作成する(最初から完璧を求めない)
5.あいまいだったものを少しずつ明確にして行く

【作成期間】1〜3カ月
ステップ1:必要資料の提出チェック
ステップ2:社長及び担当者の方からのヒアリング
ステップ3:@人事考課表の作成・A給与の算定基準の作成
ステップ4:総額人件費の予測・確認
ステップ5:導入あたってのタイムスケジュールの作成・確認

とりあえず電話やメールで話を聞いてみたという方はお気軽に問い合わせ下さい。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


posted by ノムリエ at 16:08| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

【コンサルティングメニュー】PTコンサルティングで社内問題の解決と業績アップを図る

世の中にはこのような名前のコンサルタントの方は少ないか、いないと思います。PTコンサルリングとは、PT会議を中心に社内の諸問題を解決して行くという手法です。

なぜPT会議かと言いますと、すべてトップダウンで社長の一声で決めてしまうと、指示待ち社員を作ってしまいます。組織があったとしても組織が硬直化して動いていないということがよくあります。

社長はすべて答えや方向性をご存知であったとしても、ここは一つ我慢していただき、社員の方々から意見が出て来るのを待っていただきます。

大事なのは、社員の方から意見が出て来て、自分たちで会社を変えようとか業績を上げようという志です。この志がないと、過去と同じになってしまいます。社内活性化は社員が主人公になって初めて改善・改革が進みます。

だから社長にはご了承いただいてPT会議を進めて行きます。社長にも当然、出席をお願いします。ただし、議長は私が勤めさせていただきます。より客観的な目から進めるためにそうさせていただきます。

PT会議は、改善計画書や再建計画書を作成する際に立ち上げたり、業績アップや社内一体化という明確な目的を持って立ち上げます。

PT会議では、毎回宿題・課題が出ます。通常の業務に加えてこの宿題・課題がありますので参加者の方はたいへんです。でも一年もこれを繰り返し実施していると参加者の方はかなり力が付きます。

決算書の見方から、戦略の立て方・実践の仕方、コスト削減の仕方、業務フローの見直し、諸規定づくりなど様々なものが見えて来て、良い勉強になります。それも生の会社の経営の中で行いますので、力の付き方が全然違います。

また、意識の高い方はPT会議を糧にされて自己成長されます。凄いスピードで成長される方や見る視点が変わられたとわかるくらいの方も出てこられます。

本当にPT会議はおすすめの商品です。社長一人が動かれても限界があります。皆で問題点を解決しながらより良い出口を見つけて行くことが大事です。

是非、一度PT会議を検討されてはいかがでしょうか?
会社の成長以上に、社員の成長を期待することができます。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 12:00| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

【コンサルティングメニュー】売上アップのための焼肉店コンサルティングの内容

売上が低迷して来ると、すべてがダメなように解釈される方がおられます。しかし、低迷の要因が何なのかを明確にして対処することが大事ではと思います。

まずは以下の点を診断させていただきます。
判断基準1:企画販促を打つことで切り抜けることが可能かどうか?
判断基準2:メニューの変更を行わずに切り抜けることが可能かどうか?
判断基準3:大きな投資(店舗のリニューアル)をしなくても可能かどうか?
判断基準4:業態変更を行う必要があるかどうか?
判断基準5:移転を考えなくても良いかどうか?

その上で、以下のチェックを行わせていただきます。
1.競合店チェック(近隣に焼肉店や飲食店の繁盛店があるかどうか?)
2.店舗チェック(店舗の傷み、看板など誘導物の状況、店内のにぎわい度他)
3.メニューチェック(どのようなメニューを提供されているか?)
4.強み・弱みのチェック(自己分析と客観的な第三者の目でのチェック)
5.何か特徴があるかどうか?(量が多い、タレが美味しいなど何でも自慢できるものがありますか?)

また、以下のようなご質問もよくあります。
質問1:炭火にしないとダメですか?
質問2:ダクトの力を強めて臭い・煙を抑えないといけないですか?
質問3:一頭買いしないとダメですか?
質問4:和牛専門店にしないと大手に勝てないですか?
質問5:価格を上げたいと思うのですが、どうでしょうか?
迷われるのはわかりますが、一度低迷の原因を含めて整理してみられませんでしょうか。

何が正しいというのではなく、やり方は色々あると思います。オーナーがご自分で考えられている想定内の改善で売上アップが見込めるのか、あるいはもう少し踏み込んで改善を行わないといけないのかの判断が大事だと思います。

頭の中では何かしないといけないと思っていても、いざ何から直して行こうかと思っても整理できていない場合があります。

また、過去に一度やってみて上手くいかなかったことに関しては否定的になられると思います。そのようなものも含めて再度見直されることをおすすめします。

順序立てて物事を考えて行き、どこまでの改善が必要なのかを出して行くことが大切だと思います。

後は個々の改善点について、具体的にどこまで落とし込めるかです。
一度話を聞いてみたい、チェックして欲しいと思われる方はお気軽にお問い合わせください。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 14:37| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

【コンサルティングメニュー】電話相談(企業再生の相談の場合)

経営状態が厳しく、何らかの再生対策が必要であると感じられているが、社内で誰にも相談しておられず、できれば窮状であることを秘しておかれたい経営者の方は、一度お気軽にお問い合わせください。

お力になれるかどうかわかりませんが、知っている範囲の情報をご提供させていただきます。ただし、私も微力なため、得手不得手の業種業界がありますことをご了承ください。

本ブログの問い合わせ窓口より必要事項をご記入の上、返信して下さいませ。
その中に、メールアドレスか携帯電話番号をご記入いただけましたら、こちらからご連絡させていただきます。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:電話相談
posted by ノムリエ at 23:00| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コンサルティングメニュー】改善・改革・実行支援型の再生コンサルティング

再生コンサルティングは、PT会議が中心です。みんなで考えて、実現可能な経営体を作って行きます。数字を並べただけの改善・改革報告書は作りません。現場の数字は現場の方が一番よくご存知です。その方々の意見を尊重せずして再生はないと思います。

ただし、お金にまつわることは個人保証されている社長や役員の方々と相談させていただきます。資産の売却、債権放棄など、BSの整理のために必要なことは、社員の方の目に触れないところで整理して行きます。

社員の方々には目標を明確にして、自分たちが幸せになるプランの作成と実行に専念できる環境を作って行きます。

PT会議では、忌憚のない意見をいただき、改善・改革を進めて行きます。経営数値もPTメンバーの意見を尊重して作成します。甘い数値になっている場合は指摘させていただき、努力目標を設定してもらいます。

金融機関向けの報告書もPT会議で揉みながら作成して行きます。だから机上の空論ではない、地に足のついたものになります。それに自分たちの手で作ったものですから責任感が違います。

また金融機関向けの報告書を作成するためにPT会議を開いているのではないことを認識していただきます。報告書はあくまで現状の分析と今後の方向性を示すものであり、実際の実行については継続して行わないといけません。

概ね1〜3カ月で報告書は出来上がりますが、その後も継続してこのPT会議を開催して行き、軌道に乗せて行きます。報告書に書かれていることの実行支援をお手伝いさせていただきます。

実際は、金融機関への報告書を提出し認可されてからが勝負だと思います。再生0期で数値が少々良くなっても安心されずに、それをどこまで繰り返し行えるかです。

改善・改革は、調査分析や報告書の作成の良し悪しではなく、この実行支援の状況で成否が決まるような気がします。だから必然的に実行支援に力が入ります。クライアント様に了解をいただければ、調査分析と実行支援は同時並行で行い業績改善を図らせていただいております。

密室で経営数値を修正するだけの再生では意味がないと思います。社員の方々を巻き込んで、自分たちの手で再生するんだという意識を高めることが大事です。だからPT会議が主役になるように進めさせていただいております。


【再生支援の一例】

テーマ1:「事業性の診断」 
T.調査・診断=現状分析
1.面談ヒアリング
@社長面談ヒアリング → 今後の方向性およびあるべき姿と希望・要望
A幹部面談ヒアリング → 現況ヒアリング及び今後の方向性について
2.社内アンケート(現状の課題・問題について無記名で記入してもらいます)
3.数値データ分析
@営業に関するデータ分析
A人事労務に関するデータ分析
B諸経費に関するデータ分析
4.貸借対照表及び損益計算書のデューデリジェンス
5.資産価値評価の分析

U.提案1=生き残っていくためのビジネスプラン
1.伸びしろ(現業における今後の伸びしろはどの程度のなのか?)
2.あるべき姿(組織を含めた理想的な経営体系とは?)
3.損益分岐点を下げる(固定費・変動費カットの余力はあるか?)

V.提案2=実践策
1.売上・利益を伸ばすための戦略案の構築・実践
2.固定費を下げるための戦略案の構築・実践

W.金融機関向けの報告書の作成

=目次(例)=
【T.調査・診断】
1.会社の沿革
2.現状分析
3.窮境の原因
(1)外部要因
(2)内部要因
4.窮境原因の除去可能性と事業計画立案上の課題
(1)窮境原因の除去可能性
(2)事業再構築
(3)財務再構築
(4)今後の課題
5.SWOT分析
【U.実行支援】
6.再建計画の骨子 
(1)売上アップの根拠
(2)今後の方向性
@会社の方針
A事業の方向性
(3)実行すべき取り組み
@短期的(1〜3年)
A中長期的(3〜5年)
Bその他業務上の改善事項
(4)中長期経営計画書の作成
@経営戦略の構築
A再生へ向けてのビジョン・方針づくり
B数値計画
(5)再生に向けての実践策(業種・業界によって異なります)
@営業強化策
A原価率1%削減策
B販売費及び一般管理費1%低減策
Cメニュー構成の見直し
Dサービス力強化策
E各種会議・研修会等のスケジュール化
F教育プランの作成
G顧客満足度アンケート調査

テーマ2:「実行支援」主に上記のVの実行支援


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 12:43| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

【コンサルティングメニュー】従業員の意識を変える研修(テキスト例)

第一講座 世の中で成功されているビジネスマンの生き方・実践法
第二講座 質疑&応答(自分の悩みをぶつけ合う!なぜ殻を破れないのか?)
第三講座 まとめの話(今日からやるべきこと・すぐにやって欲しいこと)
第四講座 各人からの方針発表

※時間は、第一講座から第四講座までで概ね3時間程度です。

≪講座内容≫
1.自分との約束に勝つ
 @自分で決めたものは絶対に達成させる
 A約束を守れるという意味は、他人との約束の前に自分の心との約束を守ること
 Bスキルアップ・キャリアアップしている方は自分との約束に勝っている人
2.中小企業と大手企業との違い 
 @甘えをなくす、隣の芝は青く見えるもの
 A良い意味での心地よい競争意識を持つ
 B他社と自分を比較しない、伸びている人・成長している人と比較する
3.夢と目標を持つ 
 @何がしたいのか?
 Aどのような生活をしたいのか?
 Bどうなりたいのか?
4.最低限守らなければならないビジネスのルール
 @絶対に自社ではやってはいけないことを理解する
 A世の中の常識、業界の常識を理解する
 B会社の方針・方向性を理解する
5.貢献できる人間になる
 @会社のために貢献すること
 Aお客様のために貢献すること
 B仲間のために貢献すること
6.意識を変えるためには、行動を変えることが大事
 @業績が悪い時の行動法とは?
 A考えて仕事をすることはなぜ大切か?
 B結果だけでなくプロセスも大事にしているか?
7.仕事のあり方を変えてみる
 @ワンランク上の仕事をするには?
 A営業成績を上げるには?
 B良い人脈づくりをするには?
8.感謝する気持ちを持つ
 @会社・上司・仲間・親に感謝すること
 Aお客様・お得意先・関係先の方に感謝すること
 B感謝を言葉以外で何かやっていますか?
9.気付きのある生活
 @出社・出勤時の注意点
 A休日や休憩時間の使い方
 B就業時間後の時間の使い方
10.勉強癖を付ける
 @勉強する時間を作る
 A本を読む
 B手帳の使い方
11.まとめ
 @まず自分から変わろうと思っているか?
 A今の自分に満足せず、チャレンジしようとしているか?
 B自分が変わればどうなるかイメージできているか?


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 10:32| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

【コンサルティングメニュー】ビジネスマナー研修プログラム

以下、研修内容の一例です。
ご興味がございましたら、問い合わせフォームよりお願いいたします。

テーマ1.組織人・社会人としての基本 時間:30分〜1時間コース
1.会社とは何か? 会社の仕組みを理解しよう!
2.会社の目的は何か? 何で貢献するか、役立つか?
3.成功・成長のために必要なもの
4.成功の基本=鈍、根、信、仲間づくり
5.仕事の能率、効率  
6.力をつけよう    力=能力(30%)×意欲(70%)
7.信念の法則 自分はできるんだ!
8.組織人・社会人としての心構え 自由と責任・義務
9.客志向しよう! お客様の立場に立って考える
10.物を大事にする
11.道徳心ある行動をしよう
12.約束は絶対に守る

テーマ2 心構え 時間:30分〜1時間コース
1.出来るやつだと思われる身だしなみ
2.明るく健康的な態度と姿勢
3.好感の持てる挨拶・言葉遣い
4.不快感を感じさせない正しいおじぎの仕方
5.また会いたくなる接客基本用語
6.感じの良い名刺交換の仕方
7.良い笑顔の出し方
8.自分が使ったものは片付ける、元に戻す
9.誰が使っても良い状態にすること

テーマ3 良い仕事ができるための前準備 時間:30分〜1時間コース
1.メモ癖 手帳派?パソコン派?
2.良いものを持つ
3.連絡が取りやすいようにする
4.席の立ち方
5.休憩や食事の取り方
6.礼儀正しいと思われる動き方
7.職場に早く慣れよう!

テーマ4 客志向した仕事の仕方 時間:30分〜1時間コース
1.世の中の時流を知る、変化に気づく
2.お客様の立場にたって考える癖付け
3.クレーム処理の仕方、対処の仕方
4.成長は褒める癖付けから
5.予約は受ける時よりも断るときの方が大事
6.一歩譲ることを実践する
7.こちらからおうかがいする姿勢を持つ

テーマ5 できると思われる仕事の仕方 時間:30分〜1時間コース
1.「ハイ」の返事が大事!
2.頼まれごとはその場でチェック・確認
3.報・連・相・打・根の仕方
4.仕事の期限を絶対に守る仕事のやり方
5.その日の仕事は、その日に片付ける
6.また頼みたくなる仕事の受け方
7.プロの仕事は、結果がすべて!
8.自分の役割、期待されているものを知る

テーマ6 成功する仕事の仕方 時間:30分〜1時間コース
1.仕事の三段階を理解する
2.長所伸展法で得意なものを見つけて伸ばせ!
3.自分の視野を広げよう!
4.お金以外の次の目標は?
5.いい訳はしない、できない理由を探さない!
6.自分なりの夢を持とう
7.健康管理、自己管理能力が大事
8.仕事が楽しくなるモチベーションアップ法
9.困難に直面した時の対処法
10.上手なコミュニケーションの取り方と付き合い方

テーマ7 道徳マーケティングの実践 時間:30分〜1時間コース
1.あいさつをしよう!手でゴミを拾おう!
2.履物を揃える、心を整える
3.掃除の仕方・手順
4.自分の哲学を持とう!
5.外部の方への対応の仕方
6.お店・会社のルールを守る
7.道徳心を持とう!磨こう!
8.感謝す気持を持とう!
9.成功する人はどこが違うのか?


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


posted by ノムリエ at 11:02| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

【コンサルティングメニュー】飲食店 店長研修プログラム

主に飲食店様向けに実施させていただいております研修プログラムです。
全講座で約1日かけての研修となります。
ご興味がございましたら、問い合わせフォームよりお願いいたします。


テーマ1 飲食業の経営課題  時間:30分〜1時間程度
1.時流を知る、変化に気づく
2.人口減少化の経営課題
3.飲食業のおける今後の取り組み課題
4.店の立て直しの手順は?
5.黄金顧客づくりできていますか?
6.戦略や方針の立案のステップ
7.客単価アップの戦略とその具体的な方法
8.伸びている店や企業はどんなことをやっているのでしょうか?
9.効果のあるアンケートの取り方
10.顧客満足度について

テーマ2 店長として大事なこと 時間:1時間
11.仕事の三段階
12.若い従業員・スタッフに夢・目標を作ってあげる
13.店長の仕事・役割
14.職人から脱皮せよ!
15.上に立つ人の条件
16.組織・スタッフの考え方
17.指導の仕方
18.ロールプレイングの仕方
19.掃除の仕方
20.長所伸展法
21.成長志向の店の条件とは?
22.自分の視野を広めよう! 〜なんで絵画なんだ!〜
23.お金以外の次の目標は?

テーマ3 飲食業で知っておきたい経営数値 時間:1〜2時間
24.飲食店の店長ってどこまでの数値を見ればいい・・・?
25.数字の考え方
26.目標売上高の立て方について
27.中長期経営計画の策定から中短期の経営計画の策定へ
28.管理可能利益と損益計算書の考え方
29.年俸制への移行と成果給配分について
30.評価について
31.労働環境の整備
32.人の棚卸ってやったことありますか?
33.みんなの悩み!人材の雇用を考える
34.原価率・食材の見直し
35.活きたABC分析の方法

テーマ4 従業員教育について 時間:30分〜1時間
36.従業員教育の手順
37.プロの接客
38.優秀なトレーナーの条件
39.パート・アルバイトさんを30時間で即戦力化するプログラム
40.ワクワク楽しい雰囲気づくりのために・・・そのための一声
41.サービス力アップのためのチェック項目

テーマ5 今日から実践していただきたいこと 時間:1時間
42.自分の哲学を持とう!
43.気をつけていただきたいこと
44.誉めていますか?
45.予約を受ける時よりもお断りすることの方が大事
46.クレーム処理・予約の方への対応
47.叱ることができる人、叱ることのできる企業体質
48.お店のルールはマナー・道徳教育から
49.店長の夜の役割 ある夏のお疲れさん会でのこと・・・
50.閉店後の片付けをして、どれくらいの時間で帰られていますか?
51.あいさつをしよう!ゴミを拾う!
52.SV・幹部社員への道
53.頑張れ!店長・店長候補、中間管理職の方へ
54.道徳マーケティング
55.道徳について
56.道徳について 実践していただきたいこと
57.道徳について 実践編
58.SV(スーパーバイザー)と店長の違い
59.琴線に触れるサービス



Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 15:51| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

【コンサルティングメニュー】現場実行支援型の店長研修&臨店&店長実地教育(1日コース:飲食店・小売店)

「武内さん、うちの店長鍛えて下さい、教えてやって下さい!店も見て指摘して下さい」とおっしゃいます。依頼されるのはうれしいことですが、単に研修を行ったり、私が臨店して指摘をしただけでは効果がないと思います。

そこでどんなことをしているのかをお話させていただきます。
まず、鍛えて欲しいと思っておられる店長さんを選抜していただきます、人数は車に乗れる人数が店員です。多くても2〜3名くらいです。時には部長さんが同行されることもあります。

選抜された店長さんに運転していただきながら、抜き打ちで店のチェックに入ります。1店当たり長くて30分程度です。その店の店長さんに現場で改善点を指摘し、自分でメモを取っていただきます。メモを取った内容については、翌朝までに社長・部長にレポート提出です。そのレポートの項目もいつまでに誰がどのように改善するのかも明記することがルールです。

また車中に帰ると、今視察した店について打ち合わせです。これを数店繰り返します。徐々に店の見方やスタッフとの接し方が見えてこられます。業績を上げるためには何が欠けているのか、自分はこれから何をしなければならないのかということがわかってきます。

その後、店長会議です。各店を臨店してわかった改善点を報告させていただきます。その場で、今後どのような対策を打つのかを店長全員で打ち合わせします。

時間を空けない方が良いです。その日見たことをできる限りその日に伝えて、今からすぐに直した方が良いです。店はスピード感が大事です。

これがだいたい1日の行動スケジュールになります。

店長会議が終わると、手が挙がります。何かと言いますと、「武内さん、うちの店も見に来て下さい。それと一緒に同行させて下さい。」とおっしゃいます。自分や店を磨くために必死のようです。


社長は忙しく教える時間を取れないため、一般的な常識から業界で行われている普通のあり方について教えて欲しいと思われています。それに外部の第三者の方にいただいた方が効果があると判断されているからでしょう。

結局、1日コースを半年、1年間継続して行うことになります。
うれしいのは、半年後、1年後、昇進・昇格される店長さんが出て来ることです。ちょっとしたきっかけで自分を成長されます。

研修や会議だけ、臨店だけでは効果が薄いです。店長を引っ張り回すくらいでないと意識は変わらないと思います。

期待される成果は以下のようなものです。
1.店長の意識が変わる
2.店長の役割が見えて来る
3.店長の次の職が見えて来る
4.店のレベルアップが図れる
5.売上アップのための具体的な方策
6.接客力アップのための具体的な方策
7.在庫削減のための具体的な方策
8.経営数値が見えて来る(改善・改革でどこまで伸ばすことが可能なのか?)

もう一歩進むと・・・以下のような具体的なものまで改善が進みます。
1.日報の見直し
2.朝礼の見直し
3.シフト表の見直し
4.店内販促の見直し
5.店頭の店づくりの見直し
6.接客サービス力の見直し
7.クリンリネスの向上
8.正確な棚卸と在庫削減
9.スタッフの服装・声出し
10.会議体系・ミーティングのあり方
11.目標管理の徹底化
12.計数管理の力が付く
13.集客のための販促企画
14.原価(仕入)の見直し
15.備品管理の見直し
16.諸経費の削減の見直し

企業ごとに成果や改善点は違ってきますが、いろんなことが見えて来ることは確かです。後は優先順位と責任者を明確にしてスケジュール化することです。店長に負担が大きくなるかもしれませんが、これを超えない限り良い店、素晴らしい店長にはならないと思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 06:25| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

【コンサルティングメニュー】「社内の一体化」という仕事

なぜ社内の一体化が必要なのか、そのことから理解しないといけません。

会社として機能していない、組織として機能していない。それで業績が低迷しているというのは、商品・サービスだけに原因があるのではなく、社内で一体化していないことに原因がある場合が多いです。

ところがこのことは、明確な原因をつかみづらいです。同業他社と比べて、ただ何となく良くないのでは、変えないといけないのではと言った感じです。社長は、もうそろそろ一本筋の通った経営が必要なのではと思われています。

ただし、何をすれば良いのか、はっきりとした答えが見つかっていない状態です。

社内が一体化していないために業績が低迷しているということがよくあります。社長自らが皆から話を聞いたり、意見を聞けば良いのですが、なかなか言えないものです。

時には、会社に対して批判的な意見も言いたくなると思います。できていない部分が目に付くこともあると思います。それを直接他の社員にぶつけると人間関係がぎくしゃくしてしまって、さらに悪化するかもしれない。だから、みんなわかっていても誰も言い出せない状況にあるようです。

そこでコンサルティング依頼がやってきます。一旦膿を出してしまって、社内の風通しを良くし再スタートしたいという内容です。同時に社内の諸規定類の整備も行っていきます。

まず行うのは、全従業員の方との面談・ヒアリングとアンケート調査です。できる限り本音で語っていただきます。このときばかりは、批判的な意見もOKです。この時の問題・課題から解決策や青果物の優先順位を付けて行きます。

面談・ヒアリング、アンケートの結果を取りまとめ、社長にまず報告させていただきます。その後、幹部社員の方々に報告させていただきます。それから、プロジェクトチームの立ち上げです。

プロジェクトチームの方々にも会社の現状を報告させていただき、どうあるべきかをご提案させていただきます。そのためにまず自分の思っている意見を言い合える場が必要となってきます。その場がプロジェクト会議です。

ただし、自分の思っていることを言うだけなら会社の会議にはならないです。会社の方向性と目標数値を明確にした上で、現場の方に協力いただきたいテーマ、やれそうなテーマを決めていただきます。

また、会社として組織として運営するために就業規則の見直し、人事考課表の策定、キャリアプラン、給与体系の見直しまでメスを入れて行きます。それと職場環境を良くするための福利厚生なども意見をいただき、優先順位を付けて行きます。

会社の中の一員であることを自覚していただくと、徐々に皆の意識が変わり出します。そのことが一体化につながって行きます。

この会議を1年間くらい続けていると、どんどん膿が出てきて、それが改善・改革されて行きます。問題を出して向き合うことが大切です。それもできる限り従業員間同士でぎくしゃくした関係にならないように配慮することが大切です。

気が付くと以下のような成果(物)が出来上がっている場合があります。
1.就業規則や会社の決めごと
2.給与規定(基本給設定のための賃金テーブル他)
3.昇給・昇格規定
4.皆が納得する業績連動型の賞与・報酬規定
5.やる気の出る人事考課表
6.目標の見えるキャリアプラン表
7.役割が明確な新組織図
8.目標管理シート(会社目標・部門目標・個人目標)
9.仕入・受注に関するルールづくり
10.在庫整理・在庫の圧縮
11.総務・経理の役割と仕事の明確化
12.月次決算書が早く出る仕組みづくり
13.資金繰り表が早く出る仕組みづくり
14.社内業務の効率化
15.経費の削減
16.社内のマナー改善
17.整理整頓の徹底
18.モノを大事に使う癖付けとその意味
19.自社のあるべき社員像
20.人が育つ部下育成
21.面接・面談の仕方
22.自主的に集まって行う会議・ミーティング

社員がやる気を持って、自らの手で改善・改革を行わない限り、期待する成果や結果は出ないのではと思います。

この仕事をさせていただいていると、社内一体化の大切さがよくわかります。
私は推進役&議長として会を取りまとめさせていただき、各種規定づくりと現場チェックの役目を担わせていただいています。

1年後の成果物に大きな期待をかけられるよりも社員が変わって行く姿を楽しみに実践されることをおすすめいたします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 13:32| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

【コンサルティングメニューNo.1】業績が上がる・成果が見える目的別教育研修&プロジェクト会議(研修+PT会議の2セットがおすすめ)

今までの教育研修プログラムで成果が上がらない訳?
・会社から強制的に参加させられている
・社長が教育研修の必要性を感じて実施している(本人にはその意識はない)
・講師の一方的な話を聞くだけに終わっている
・1回教育研修を行っただけで、フォローする仕組みが出来上がっていない
・研修後の実践レベルでの活かし方が想定されていない

「教育を行うことによってどんな成果を期待されているのか?」
これをイメージ化することが大事です。成果が期待できないものに投資する訳には行きません。また、単に教育を行うだけでなく、社内の改善・改革につなげることが大切だと考えています。
単発で、意識改革のため、世の中の常識を伝えるために講師をお願いされることがありますが、理想は年間計画の中に落とし込まれることです。

調査・診断からスタートされることをおすすめします!
社内の現状分析を行わずに、ただ研修を実施しても成果は上がりにくいです。課題や問題を明確にし、それを改善・改革するために教育研修を活用するという進め方が良いのではと考えています。そのため、まず調査・分析から入らせていただいております。


ステップ1:調査診断

1.社長面談 社内の課題・問題の総点検と研修内容・進め方の確認
2.幹部面談 社内の課題・問題について面談・ヒアリング(各人1時間程度)
3.社員面談・アンケート
 @社員面談は数名でのグループ面談か個人面談です。(各々30分程度)
 (どちらを選択されるかは、会社の状況および社長の判断次第です。)
 A無記名式で社内アンケートを実施します。
 (テーマごとの課題について回答をいただきます。)

ステップ2:調査結果の分析・報告
1.社長・幹部・社員からの面談・ヒアリング内容のまとめ報告
2.社員アンケートのまとめ報告
※まとめにつきましては、すべて弊社にて取り行います。

この調査結果から、どのような研修が必要であり、何を改善・改革して行かなくてはならないのか、あるいはどのようなものを作成する必要があるのかを判断します。

調査分析の報告会につきましては、社長のみ、幹部社員以上、一般の社員にまで報告する場合など様々です。こちらも社長の判断を優先し、実施して行きます。


ステップ3:研修・PT会議実施前の準備
研修前に準備・整備する必要があるもの
@会社方針
A会社目標数値(部門別数値)
Bどんな会社にしたいのかを明確にしておく
C社員に期待するものを明確にする
Dできる限り会社数値を公表すること

必ず研修・PT会議の前に以下のことを明らかにすること
@目標数値を明らかにする(できる限りすべてのことを数値に置き換えること)
A成果物イメージを明らかにする


ステップ4:研修&PT会議の実施内容の決定
実施内容A:教育研修内容づくり(社長・幹部の方々と打ち合わせ)
@テーマ・内容の決定
A参加者の決定
Bスケジュールの決定
C日時・時間帯の決定(集まりやすく、業務に支障のない時間)
D研修後の活かし方についての確認
E改善状況のチェック・確認
※1回2時間までが理想です。それ以上は集中力が持続できません。時間よりも回数多く実施されることをおすすめします。

実施内容B:プロジェクト会議推進内容の決定
@改善改革・作成が必要なテーマ・内容の決定
A参加者の決定・リーダー推進役の決定
Bスケジュールの決定(集まりやすく、業務に支障のない時間)
C日時・時間帯の決定

ステップ5:具体的な進め方(実施内容のA・Bを同時並行的に進めます。)
研修は、世の中の常識を知る、業界常識を知る、スキルアップ、モチベーションアップ、数値管理・数値意識などのテーマが主となります。
PT会議では、研修で学んだことを実際の現場の改善・改革にまで落とし込みます。

成果のイメージ例
例1.会社の目標数値を達成!
例2.個々人の目標数値の達成!
例3.人事考課表の作成・運営!
例4.給与体系の見直し、キャリアプランの完成!
例5.アクションプランの完成!
例6.中長期経営計画書の完成!

★数字が達成できているか、成果物が出来上がっているか、それが大事だと思います。
注:通常イメージされているような研修体系とは異なっています。現場の実行支援の延長な位置付けで研修・PT会議を考えております。本文だけではわからない部分、見えてこない部分につきましては、ご興味のある方は、お問い合わせいただけましたら具体的なお話をさせていただきますので、お気軽に申しつけ下さいませ。


誠に恐縮ではございますが、費用につきましては、会社規模・社員数、調査診断期間、実践期間等によって異なってきますので、直接、お問い合わせくださいませ。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン



posted by ノムリエ at 15:52| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする