経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年11月21日

【コンサルティングメニュー:営業研修】営業担当者の教育だけでなく仕組みづくりや夢や目標が描けることができるものへ

営業マン教育ができていない。
営業の仕組みができていない。
営業ツールができていない。
というような悩みがあり、相談があります。

普通は講師の方から営業のあるべき論を学ばれると思います。ところがそれでは業績に変化がないです。何も変わっていなくて、ただ話を聞いただけになっています。

もう一歩踏み込んで、業績が変わる、社員の意識が格段に変わるようなものにしたいのですがと社長はおっしゃいます。

そうだと思います。研修を行うだけで業績が上がったり、社員のやる気が出るなら皆さん実施されていると思います。問い合わせがあるということは、何か不満に思っておられるからです。

特に、営業数字だけを追いかけるだけの研修では厳しいと思います。
結果が出た場合、どうなるのか?
そこまで詰めて研修を行った方が良いのではと考えます。

例えば、以下のようなものを同時に作る必要があると思います。
1.予算の作り方・考え方
2.営業マンの人事考課・評価制度・キャリアプラン
3.営業担当者の給与体系

また、研修を受けるだけでなく、研修から以下のものが見えてこないと本当の意味での研修になっていません。
1.自分の生活を豊かにする
2.夢と目標が見える
3.会社がもっと好きになる
これらを上手に伝えながら、仕組みを作り上げて行くことが理想です。

それと、今後必要なものがあります。
1.新しい営業方法を考える
2.ネットを使った営業を考える

だから単純に営業研修を行うだけでは成果は上がりません。もっと深く考え、今何が自社に必要なのかを見極めることが大事です。

研修を実際される前に、もう一度企画内容を見直されてはと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:営業研修
posted by ノムリエ at 11:38| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

【株式会社武内コンサルティングの料金体系について】面談後の見積もり提示させていただいております。

よくホームページを見たのですが、料金はどうなっていますかというお電話をいただきます。

誠に恐縮ですが、どのようなテーマ・内容なのか、現状はどうなのかを面談・ヒアリングさせていただいた後に見積もり提示させていただいております。

ただし、講演や勉強会などテーマ・内容、人数が決まっておられる場合は、講演時間に応じての料金を即答させていただきます。

また、現場の実行支援、企業再生や、店舗の立て直しにつきましては、どれくらいのボリュームの内容なのかメールや電話では測りかねますので、できれば一度訪問させて下さい。そこで具体的なお話をおうかがいさせていただいた上で企画書を提示させていただきます。

それでも簡単な見積もりが必要でございましたら、過去の他社事例から作成してものを送らせていただきます。

尚、初回の面談につきましては無料ですので、お気軽にお使い下さいませ。後、できましたら弊社から貴社までの交通費のみ請求させて下さい。

電話・メールの場合、以下のような情報をご準備いただけましたら幸いです。
1.依頼内容(困っていること、支援協力して欲しいことなど)
2.業種・業容(どのような事業を行っておられるのか?)
3.企業規模(売上高・従業員数等)
4.希望するコンサルティング料(気を使われず、おっしゃって下さい)

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:料金体系
posted by ノムリエ at 08:19| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

★経営改善支援プログラム 【社内一体化の推進で経営改善を行うプログラム】 〜責任感ある行動が取れる人材づくり・自分で考えて動ける人材づくりを目指します〜

★経営改善支援プログラム 【社内一体化の推進で経営改善を行うプログラム】
〜責任感ある行動が取れる人材づくり・自分で考えて動ける人材づくりを目指します〜

★社内一体化の狙い
社内がガタガタしいていて、同じ方向を向いていない。
部も個人もバラバラ。
会社という組織における一体感がない。
そういう時は社内の一体化が必要です。

社員からの不平不満を聞くだけでなく、会社としての方針・方向性を出すことも大事です。会社としてあるべき姿、未来像が必要です。会社が迷っているとますます悪くなって行きます。

★社内一体化の対象者
社内一体化を進めるに当たっては、2つのことを同時に進めて行きます。一つは、社長および幹部の方と一緒に会社の骨格を作って行きます。もう一つは、社内でプロジェクトチームを組んでいただき、社内の諸問題の解決に当たります。

★社内一体化プログラム
ステップ1 調査診断 期間:約1カ月
1.社内アンケート
2.従業員の面談・面接(個人orグループ)
3.幹部の面談・面接
4.社長面談

ステップ2 発表会 約1カ月後
1.アンケート内容の報告
2.プロジェクトチームの結成

ステップ 実行・実践 約半年〜1年(毎月2〜3回各会議を実施)
1.幹部会議の実施
2.プロジェクト会議の実施

★社内一体化の目指す成果
1.就業規則や会社の決めごと
2.給与規定(基本給設定のための賃金テーブル他)
3.昇給・昇格規定
4.皆が納得する業績連動型の賞与・報酬規定
5.やる気の出る人事考課表
6.目標の見えるキャリアプラン表
7.役割が明確な新組織図
8.目標管理シート(会社目標・部門目標・個人目標)
9.仕入・受注に関するルールづくり
10.在庫整理・在庫の圧縮
11.総務・経理の役割と仕事の明確化
12.月次決算書が早く出る仕組みづくり
13.資金繰り表が早く出る仕組みづくり
14.社内業務の効率化
15.経費の削減
16.社内のマナー改善
17.整理整頓の徹底
18.モノを大事に使う癖付けとその意味
19.自社のあるべき社員像
20.人が育つ部下育成
21.面接・面談の仕方
22.自主的に集まって行う会議・ミーティング

★経営支援料・依頼条件など
ご興味がおありの方は、まず電話かメールをいただけましたら幸いです。
金額面等の見積りにつきましては、訪問させていただきお話をお伺いさせていただいた上で作成・提出させていただいております。

★弊社よりひとこと
社員がやる気を持って、自らの手で改善・改革を行わない限り、期待する成果や結果は出ないのではと思います。

この仕事をさせていただいていると、社内一体化の大切さがよくわかります。
私は推進役&議長として会を取りまとめさせていただき、各種規定づくりと現場チェックの役目を担わせていただいています。

1年後の成果物に大きな期待をかけられるよりも社員が変わって行く姿を楽しみに実践されることをおすすめいたします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:一体化
posted by ノムリエ at 13:22| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★研修プログラム 【中堅社員向け研修】一流のビジネスマンになるための研修〜会社に貢献できる人材育成のための研修〜

★研修プログラム 【中堅社員向け研修】一流のビジネスマンになるための研修
〜会社に貢献できる人材育成のための研修〜

★研修の狙い
経営で売上や規模以上に大事なものは、規律のある会社づくりと考えています。
特に、社長は、規律のない人が出て来るのが一番嫌!売上以上にかなり気にされています。だからこそ、世の中の常識、業界常識をしっかりと理解し、会社に貢献できる人材を育てる必要があります。

★研修の対象
中間管理職の方、役職者、急成長が期待される若手社員

★研修プログラム
第T章 一流のビジネスマンになるための33カ条  約2〜3時間
1.【教育の要諦】能力が高い人ではなく響く人を育てよう!
2.【プロの仕事術】3ヶ月後に何をしなければならないか見えている
3.【自分との約束に勝つ強い意志を養う訓練】なぜ大手企業ほど予算に対する意識が高いのか?
4.【成長する条件】自分に嘘をつかない人
5.【伸びる人・成長する人の特徴】できそうなことの中からは新しいアイデアは出ない
6.【業績アップの壁を破るコツ】自分で壁を作らないこと
7.【社員教育の現場報告】やりたいことを自由にやっていいんだよ!と言われるのが一番の苦手?
8.【伸びる店や伸びる人の特徴】悔しいという思いが成長につながる
9.【良い会社の定義】自分で考えて動いてくれる社員がいる
10.【社会人としての成長の証】肩書きが人を作るのではなく、良い仕事が人を作る
11.【年を取ってから生きて来る若い時の財産】非常識な数をこなしたかどうか?
12.【成功する人・伸びる人の生き方】自分で上限を絶対に設けない
13.【基礎はできている人が壁を破るコツ】伸びるためのきっかけを自分で見つけていますか?ライバルはいますか?
14.【3年後、目に見えない努力で差が付く】減った残業時間を何に使いますか?
15.【良い仕事ができるコツ】書かされるのではなく、自分から書いておきたいと思うようになること
16.【プロの仕事眼】大きな広い視野でジャッジできる自分を作ること
17.【一人前への条件】飽きる壁を超えること
18.【生涯学習のすすめ】卒業してからどれだけ勉強したかで人生は決まる!
19.【できる人の仕事術】仕事をしない日を作る
20.【自分が勉強するより難しいこと】人に教えること・理解してもらうこと
21.【プロの仕事術】自分で考えて自分で責任を持って実行する
22.【自己成長の鍵】出張中の移動時間の使い方で将来が決まる
23.【本物のプロの仕事術】能力があっても仕事が好きでないと、良い仕事はできない?
24.【成功する方の自己研鑽】営業が終わってからが俺の時間
25.【当たり前の仕事が人を育てる】単純作業にこそ差が生まれる
26.【職人気質から脱却が大事】自分でやってしまう
27.【社長から期待されていること】自分で考えて何か一工夫する
28.【部下育成の要諦】「お前が3倍成長しろ!」という意味
29.【店長の一番大事な仕事】自分が変わること
30.【独自性のある店づくり】マニュアルで決められたことしかしない店は伸びない?
31.【店長3年目が一番危険な理由】自分に負けていませんか?
32.【店舗における躾マーケティング】店舗の補修・修繕は誰がするのか?
33.【ちょっと気になる話】清掃を外部委託して社員教育は大丈夫なのでしょうか?

第U章 一流のビジネスマンづくりの実践法  約1時間
34.【社員教育の時代変化】明るい修行で楽しく学べるものがおすすめ!
35.【成果が期待できる研修方法】育って欲しい人が育つ研修へ
36.【社員育成のコツ】中小企業が3年間で一流社員を作る方法

★講師料・依頼条件など
受講される方はは何名でもOKです。人数・金額等はご相談ください。
半日、1日研修もございます。
講演時間につきましてもご希望の時間をおっしゃっていただけましたら、御社に合ったプログラムを作成させていただきます。

★講師よりひとこと
なぜコンサルタントが行うかと言いますと、社長はもうすでに何万回と話して来ておられます。それでもまだまだだと感じておられるため、外部の第三者の方から一般的に伸びている会社はどのようなことをしているのかを教えて欲しいと思っておられるからです。

でもそうおっしゃる社長の会社はかなりできておられるのも事実です。ある程度のレベルはクリアされています。しかし、それでは満足されず。さらに良い会社にしたいという願望があるようです。

規律のない会社は、景気に左右されやすく、数字も崩れやすい傾向があります。何か起こると、数字に影響しやすい体質になっています。何か少しでも気付かれたならば、早めに手を打たれた方が良いと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 09:00| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

★研修プログラム【2012年進化版】「飲食店 できる店長を作るための研修」

★研修プログラム【2012年進化版】「飲食店 できる店長を作るための研修」
〜店長がやる気を出し、店を上手く管理し、数字を上げてくれるようするための研修です!〜

★研修の狙い
店長を鍛えれば売上は上がる!良い店になる!という法則は、今も昔も同じです。ただし、今の世の中の時流に合わせた考え方、行動の仕方を身に付ける必要があります。細かい経営数値の話はしません。今からすぐにできる現場の話が中心です。
繁盛店や伸びている店の店長は何をやっているのか?それがズバリわかります。

★研修の対象
店長・店長候補の方、管理職の方、リーダーさん
※できれば、社長や奥さんも一緒に参加して下さい!
(研修の各項目ごとに自社ではどれをどうやって今後進めるのか、研修会場で決め、指示を出されるのが一番のおすすめです!)

★研修プログラム
第T章 行動編 時間:30分〜1時間程度
1.【できる店長の秘密】業績が悪い時の店長の行動は?
2.【飲食店活性化手法】飲食店が朝礼で売上を上げる方法
3.【飲食店・部門長の仕事】自主的に集まる
4.【業績アップのきっかけ】自分の店と思う
5.【飲食店が繁盛し続けるためのコツ】毎月テーマを設けて実行する

第U章 店舗運営編 時間:1〜2時間程度
6.【見逃してはならない店舗評価の注意点】一番怖いのはマニュアルを無視した店舗
7.【売上を上げる朝礼術】3日経つと元に戻ってしまうのですが、何か良い方法はないですか?
8.【気持ちの良い店づくり】5分前に開店できる店?
9.【飲食店で原価率が高い店の対策】棚卸は規則でやらない、原価を下げるためにやる
10.【飲食店で利益の出る店】人時売上高を基準にしているかどうか?
11.【優秀な飲食店の店長の条件】様々なお客様に対応できる人
12.【店舗の業績を上げるヒント】二番手を育てると店の売上が上がる理由
13.【クレーム発生率の高い店の特徴】自分で何でもやる店長
14.【店長の大事な仕事】クレームからスタッフを守ってあげる
15.【不況期に大事なこと】笑わせる!
16.【飲食店におけるサービスルール】3分ルールって何?
17.【繁盛飲食店になるには?】当たり前のことの癖付け
18.【飲食店 店長の仕事】常連さんに何かサービスをしたい、して欲しい!
19.【飲食業の原価を下げるコツ】残物を計る
20.【飲食業:粗利低下の原因】失敗・ミスを減らせ!
21.【飲食店のロス低減策】オーダーミスをなくせ!
22.【できる店長の仕事】暇な時の仕事、雨の時の仕事は考えていますか?準備していますか?
23.【飲食店の回転率を上げる経営】冷蔵庫の回転率を上げる
24.【効果的なクレーム処理の方法】クレーム処理ミーティングはいつやるのが理想でしょうか?
25.【店舗における躾マーケティング】店舗の補修・修繕は誰がするのか?

第V章 自己改革編 時間:30分〜1時間程度
26.【店長教育が大事な理由】店長がダレると売上は下がる
27.【店長3年目が一番危険な理由】自分に負けていませんか?
28【店長の一番大事な仕事】自分が変わること
29.【店長の仕事】店長とは自分の力で付加価値を付けることができる人
30.【伸びる店や伸びる人の特徴】悔しいという思いが成長につながる

第W章 志 編 時間:30分〜1時間程度
31.【副店長から店長に昇格するために必要なもの】できる副店長とは?
32.【店長から独立できる人・できない人】お金を貯めていますか?
33.【飲食業を目指す方々へ】夢や目標に日付を振ろう!
34.【社長から期待されていること】自分で考えて何か一工夫する
35.【店長の条件】理想の店長は独立心旺盛の方
36.【できる人の仕事術】仕事をしない日を作る
37.【スーパーバイザーの条件】能力以上に、下から信頼されていること

★講師料・依頼条件など
受講生は何名でも可能です。人数・金額等はご相談ください。
半日、1日研修もございます。
講演時間につきましてもご希望の時間をおっしゃっていただけましたら、御社に合ったプログラムを作成させていただきます。

★講師よりひとこと
ちょっと店長を鍛えて欲しい!世の中のことを教えて欲しい!
なおかつ、業績が上がるように指導して欲しい!
というご要望から、現場の実践的な話を中心に構成しております。
一方的な話だけでなく、現場での問題点を上げていただきながら、改善策を見つけて行きます。

ご質問・ご相談はこちらからお願いします。
電話での問い合わせ・相談希望の方は、電話番号を明記の上、ご都合の
良い時間帯をご指定下さいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓
お問い合わせフォーム
ラベル:店長 研修
posted by ノムリエ at 08:39| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

【コンサルティングメニュー】開業支援相談・サポート 「武内さんの話を聞いてみたい!」という方へ

開業したいが、どうすれば良いかわからない。
また、どういう点に注意しておけば良いのか知りたい。
それと本や雑誌に書かれてある教科書的なことではなく、具体的に現場で起こっていることを知りたい。

または開業するところまでは行っていないが、相談に乗って欲しい。いろいろ話を聞いてから判断したい。

特に、今考えているビジネスが成り立つのかどうか?
売れるのかどうか?
不安だと思います。

プロの目から見てどうなのか、アドバイスが欲しい方はご連絡下さいませ。

例えば、
1.初期投資とランニングコストについて(どれくらいお金が必要か?)
2.人(店舗スタッフ)の集め方
3.お客様の集め方
4.物件の探し方
5.ネットの活用の仕方
6.売上目標の立て方(どれくらい売上が行くか?可能性は?)

その他何でも悩まれていることや思っていることをお話しいただけましたら、私の知っている範囲内のことであれば、ストレートにお伝えさせていただきます。

開業前でなくても開業したが思うように売上が上がっていないか方でもOKです。今後の対策についてアドバイスさせていただければと存じます。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:開業
posted by ノムリエ at 13:54| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

「飲食店 店長研修プログラム」のよくあるご質問の答えです。

質問1.「このテキストの内容で時間はどれくらい必要ですか?」

答え:だいたい4〜5時間です。半日は費やすことになります。
   企業様によっては、2〜3時間の2回コースにされるところもあります。


質問2.「講演の内容をこちらからお願いすることはできますか?」

答え:本内容をベースに組み立て直していただいても結構です。
   あるいは、テーマ・内容等をお知らせいただけましたら、ご希望に沿うような形のテキスト・内容を作らせていただきます。


質問3.「出張講師はお願いできますか?東京(地方都市)でも来ていただけますか?」

答え:日本中どこでも可能です。ただし、弊社が大阪にあるため、大阪から貴社までの交通費を講演料とは別に実額かかります。


質問4.「講演をお願いする前に打ち合わせのお時間はいただけますでしょうか?」

答え:こちらも大丈夫です。上記の質問同様、遠い場合は交通費がかかってしまいます。そのため遠方の方は電話やメールでの確認が多いです。


質問5.「料金はどれくらいかかりますか?」

答え:1日1回105,000円(消費税込)です。
ただし、交通費が別途実額かかります。


質問6.「何人から講演していただけますか?また、何人までこの料金ですか?」

答え:基本的には、何人でも結構です。ただし、1回当たりの料金は同じですので、最低3名以上の方が参加された方が得だと思います。

逆に参加人数が多い場合ですが、30名様までならこの料金でやらせていただいております。


質問7.「一度に全店長が集まるのは難しいため、同じ内容を2回に分けてお願いすることは可能でしょうか?」

答え:OKです。貴社のご都合に合わさせていただきます。


質問8.「どのような形にすれば、良い研修会になりますか?」

答え:社長や幹部の方、できれば総務経理の方も参加していただき、自社の出来ていない部分を再確認されるのが良いと思います。

また研修会の話を聞くだけでなく、今日から何をするのか、何を改善するのかをその場で決めることをおすすめいたします。


質問9.「会場はどのようなところが良いですか?」

答え:私的にはどこでも構いません。店舗でも社長のご自宅でもOKです。
   極力、経費のかからないように、営業の妨げにならないようにして下さい。


質問10.「何か他にアドバイスがあればよろしくお願いします」

答え:店長や店長候補でなくても伸びそうな方、やる気のある方は参加された方が良いと思います。必ず力が付くと思います。


ご質問・ご相談はこちらからお願いします。
電話での問い合わせ・相談希望の方は、電話番号を明記の上、ご都合の
良い時間帯をご指定下さいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓
お問い合わせフォーム

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 16:20| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

【コンサルティングメニュー】5人以上集まっていただき勉強会開催!

よく個別相談ではなく、勉強会をして欲しいという依頼があります。どう頼めば良いのかわからない。問い合わせの仕方がわからないとおっしゃいます。

正直、個別相談では料金が高いため、まずは勉強会で話を聞いてから判断したい。話の内容から自分でできそうであれば、自分でやってみたい。自分でできそうでなければ頼みたいという方がおられます。

それに、個別に経営支援や相談する前に、一度専門家の方の話を聞いてみたい。
あるいは勉強会形式でいろんな話を聞いてみたいという方もおられます。

とりあえず勉強会をお考えの方は、私で良ければご連絡下さい。

人数ですが、できれば5人以上の方が集まって下さい。料金のこともありますので、極力大きな負担のないようにしたいためです。
※必ずしも5人以上でなくても結構です。

同業種の方だけでなく、異業種の方の集まりでもOKです。
同じ目的、同じ方向性で頑張っておられる方なら、良いと思います。

それで話の内容は?
1.業種業界動向
2.これからの対策
3.特に、大きな経費をかけずに集客を図る方法
その他、講演内容につきましては、ご希望をおっしゃって下さい。

できれば集客というところにテーマを絞りたいと考えています。売上不振の理由は、客数減です。コスト削減を行ったとしても限界があります。自店でできること、あるいは商店街や街を挙げて取り組むことなど課題はたくさんあると思います。それをどう改善して行くかが大事です。

対象業種は?
以下は、私の得意業種です。
1.流通業(小売業)
2.飲食業
3.ネット戦略(初心者向け)

講演&質疑応答のパターン
1.私からの一方的な講演のパターン
2.テーマ・内容に沿って質疑応答、議論するパターン
3.講演時間と店舗診断に分けるパターン
(講演時間:2時間+各店舗診断)
パターンも柔軟にお決めください。

有意義な勉強会を開催したいと検討中の方は、一度ご連絡いただけましたら幸いです。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:勉強会
posted by ノムリエ at 16:03| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

【役員研修のすすめ】新入社員研修はあるが役員研修はなぜないのか?

役員だけでなく部課長クラスでも良いと思います。会社の中核を担う方の研修はなくても良いのでしょうか?

十分、知識も経験も持っているのでやらなくても良いとお考えなのでしょうか?

あるいは、ベテランで年配の方が多いので、研修と銘打つとプライドを傷つけるため控えておられるのでしょうか?

会社の中核を担う方が力を発揮しないと会社は良くなりません。業績も上がりません。

正直、新入社員研修に経費をかけるなら、役員研修や部課長研修にかけた方が業績アップにつながると思います。

それと役員研修の目的は、スキルアップではないです。それはもう済んでいる話です。

大事なのは役員の方々に集まっていただき、今後の会社の経営について練ること、方向性を出すこと、改善・改革プランを作成することです。

だから何かを勉強するものではないです。勉強ではなく成果を出すためには何が必要で、どうすれば良いかを決める場にすることが大事だと考えています。

また成果物としては、経営計画書やアクションプランなどを一緒に作成させていただきます。

伸びている企業は、このような研修・会議を毎年、定期的に開催されています。別に決算期に合わさなくても、暇になる時期に時間を取られても良いと思います。柔軟に日時は設定されてはいかがでしょうか?

世の中では、4月前になると新入社員研修の企画の話が出てきます。どういう研修をすれば良いのか議論が交わされます。ところが、現実的には新入社員研修の出来と成長度は一致しません。私もそうですが、何年も経つと忘れています。基礎的なことを教えてもらったかなぁというくらいです。

新入社員研修を軽視している訳ではないです。あった方が良いですが、それ以上に力を入れられた方が良い研修があるのではということです。

役員研修の企画、立てられませんでしょうか?
そのことで役員が成長するだけでなく、会社も成長します。
会社が成長することが見える研修に時間と経費をかけられることをおすすめします。


★役員研修プログラム例

【事前準備:レポート提出】
1.社内の問題点・課題をピックアップ
 @会社全体のこと
A自分の担当部署のこと
2.業界動向、競合他社・他店の調査分析
 @業界動向についてどう考えているか?
 A競合他社・他店の動向はどうか?
3.自社の商品・サービスについて
 @現状の商品・サービスはどうすべきか?
 A新商品はどうすべきか?
4.会社の方向性はどうあるべきか?
5.優先順位の決定
 @すぐに着手しないないといけないもの
 A1年間という時間をかけて行うもの
※事前にレポートは提出していただき、とりまとめしておきます。
 出席者の方には、目を通して参加いただきます。

【必要経営数値データ】
1.過去10年の売上推移
2・過去10年の部門別売上高・粗利高
3.過去10年の従業員数の推移
4.過去3年の貸借対照表
※必要データも参加者の方には読み込んで出席いただきます。
 また、データ作成には経理の方や担当部門の方の協力が必要になります。

【研修会当日の内容】
1.各自のレポート発表(1時間程度)
2.レポート内容についての質疑応答(1時間程度)
3.経営計画書・アクションプランの作成(2時間程度)
4.これからの行動計画について

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:役員研修
posted by ノムリエ at 15:21| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

【営業戦略・実践サポート】あなたの知らなかった営業戦略があるかも?

苦戦の理由はどの企業、どの事業所、どの医院も同じです。営業を行っていないからです。

例えば、
1.本格的に営業を行ったことがない。
2.営業を行う業界ではないと思い、チラシや広告に頼っている。
3.あるいは、ホームページやブログを始めたが成果が上がっていない。
ここで止まっているところが多いです。チラシや広告などは反響率が物凄く落ちています。想定している新規顧客数を獲得できなくなっています。反響率を上げようと思えば今以上の経費がかかるとなると負担が増すばかり。

「何か良い方法はないですか?」と相談があります。
経営で大事なのは、新規顧客を獲得すること。増やすことです。
それも今までの自分の知識や業界常識の範囲内で考えていても壁を破ることはできません。

そこで、弊社では訪問コンサルティングをさせていただき、以下のような提案をさせていただいております。

【営業提案・サポート内容】
1.えっ!と思うような営業先の提案
2.お客様がピンとくる販促ツールの作成(専門用語は厳禁!!)
3.プロがやっているネットを使った告知方法(実は、コツがあります)
4.イベント&説明会企画の作り方・実施方法
5.メーカー協賛を活かした関連商品の販売
6.他社商品・サービスを案内することで集客をアップさせる方法

意外と常識の範囲内だけで考えておられる方が多いです。特に、販促とか営業ということを全面的にできないところほどこの傾向が強いです。

しかし、そういう業界ほど、誰もやっていないため成果が出やすいかもしれません。

お話をお伺いしている時にもハッ!と思うようなアイデアが出てきます。
同業者の方だけでなく、ベテランコンサルタントの過去の経験からアイデアを引き出されても面白いと思います。

ご興味のある方は、ご一報下さいませ。
少しでもお力になれればと存じます。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:営業戦略
posted by ノムリエ at 16:08| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

【コンサルティングメニュー】小さな飲食店の診断・提案

「一度診てもらいたい。話を聞いてみたい。」という方へのご提案です。

プロの方から見てどうなのか、健康診断と同じように自分の店も一度診てもらいたいという方が結構多いです。売上が下がっていることだけでなく、飲食業界はどこも苦戦中です。これからどうすれば良いかそれも知りたいとおっしゃいます。

でも店の営業もあり、短時間で店を診断して、これからやるべきことを提案して欲しい。それに小さな店なのであれもこれもやるのは無理。お金もかけることはできない。そんな状況であることを理解して欲しい。

また、これから店をやりたいという方もおられます。どのようなことに注意したら良いのか、どのような店にすると良いのか知りたいという方もおられます。

よくあるお問い合わせは、以下のような内容が多いです。
1.売上が下がっているので立て直しの方法が知りたい
2.名簿はないのですが、客数を増やす方法を教えて欲しい
3.あまりお金をかけずに店を直す方法を知りたい
4.あまりお金をかけずに効果の上がる販促企画を知りたい
5.店頭の看板や三角看板を作りたいのですがどのようなものが良いか知りたい
6.業界動向が悪く、今の業態のままで良いか不安なので、方向性を示して欲しい
7.人が少なくなり、立地が悪くなったのでどうすれば良いか悩んでいる

ただし、金額面が気になるとおっしゃいます。極力、低料金で診断・アドバイスさせていただきます。

お聞きになりたいことは、訪問当日までにまとめておいて下さい。

それと、定期コンサルティング支援を受ける前に、現状を把握し、それから判断、決断されたいという方も多いようです。いきなり定期コンサルティング支援を依頼するのではなく、客観的に見てどうなのか、どういう方向で行けば良いのかアドバイスが欲しいという相談がございます。

時間も1日中べったり滞在しなくても基礎的な数値と外部環境を教えていただけましたらアドバイスは可能です。

★時間:約3〜4時間くらいとお考え下さい

★必要資料:@現状お持ちの売上データ(月別のものと過去5年の推移)
      A競合他店の数と場所(地図があればベストです)
      B今まで行ってきた販促物

★目標・方針を明確にしておいて下さい
  例1.売上目標などの数値目標
  例2.今後どうされたいのか、希望・要望

★調査・診断とご提案内容の一例
1.店舗の方向性
2.競合店対策
3.店づくり(店頭・店内・その他)
4.販促企画(店外販促・店内販促・POPなど)
5.商品メニューチェック
6.メニューブック診断(グランドメニュー・サイドメニュー他)
7.ネットの活用について
8.その他

あまり難しいご提案はしません。大きなお金のかかるようなことも提案いたしません。今の店の状態で、できることをご提案させていただきます。

方向性が見えれば、後は自社で進められるか、外部の協力を得るかのどちらかです。できる自信がある場合は、まず自社で取り組まれてはいかがでしょうか?外部への依頼はそれからでも遅くないです。

ブログを見て一度、自社のことも診て欲しいとか、武内さんがどんな人か会って話を聞いてみたいという問い合わせがあります。お気軽に使って下さい。

少しでもお役に立てましたら幸いです。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:飲食店 診断
posted by ノムリエ at 23:00| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

【コンサルティングメニュー】ホテル旅館の再生・活性化なのにメニュー会議から始めるって本当ですか?

メニューの話は楽しいから、みんなが乗ってくれるからです。
いきなり現場改善や経費削減の話をすると誰も協力してくれません。おそらくその瞬間、敵だとみなされます。

楽しく、やる気が出るようなものから少しずつ変えて行くのが良いと思います。できる限りみんなを巻き込みながら成果を出すことが大切です。

客数を増やすためには、営業強化やネット戦略の見直しをした方が成果が上がりやすいように見えますが、何も変えていない状態でただ単に営業しても成果は出ないと思います。

大事なのは武器を作ることです。その一つの武器としてメニューの見直しを図ります。

施設そのものに手を入れようとすると大きなお金がかかります。それに投資した以上に売上が伸びれば良いですが、そんなに甘い時代ではないです。極力お金をかけずに改善・改革を進めるならばメニューを見直し、そこから営業をかけて行くのが良いのではと考えています。

それとリピーターづくりのためには、食事は大切だからです。お気に入りのホテル、お気に入りのお部屋になっていただければ良いですが、部屋で差別化しようとしても難しい面があります。やはり美味しい食事がリーズナブルでいただけるホテルというのは隠れた人気です。

朝食をどうするか?
夕食をどうするか?
宴会メニューをどうするか?
ブライダルのメニューをどうするか?
話し合いをしていても時間がすぐに経ちます。
それとメニューの話から現場改善の話に派生して行きます。

例えば、ブライダルのメニューの話し合いをしている際も1テーブルにビールをどれくらい出すのが良いのか議論になります。

昔は、お客様一人に対して大瓶1本を出す風習でしたが、今はあまりお客様は飲まれなくなっています。そこで1テーブル当たりの本数を決めるか、あるいは中瓶で対応できないかと検討し出します。

また、サービス係がお客様から「ビールを下さい。」と言われると、何度も足を運ぶのが嫌なため、大量に持って行く癖があります。それもルールを決めて出すようにすると、結果的に1組当たりのビールの使用量がかなり削減出来ています。

いつもメニューの話から入るのですが、現場で起こっている様々な問題の改善が自然にできるようになります。担当者の小さな気付きをどうやって引き出すかが鍵です。

このように上手く行くと、会議に出てくるのが楽しくなります。自分たちが主役であることを理解し出し、もっとこうやれば良くなるのではとアイデアがたくさん出ます。

会社やコンサルタントの押し付けではどんな良い改革案であっても会社は良くなりません。現場から出て来た案を上手に改善・改革に結び付けることが大事です。

大きな波風を立てずに改革を進めるにはメニュー会議からが良いように思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:48| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

【コンサルティングメニュー】2時間でわかる再建に向けた方向性提案

一度診てもらいたい。話を聞いてみたい。それから判断、決断されたいという方も多いようです。いきなりコンサルティングを依頼するのではなく、客観的に見てどうなのか、どういう方向で行けば良いのかアドバイスが欲しいという相談がございます。

それに再建という言葉を聞くと重たくなります。どれくらいの時間がかかるのか心配だと思います。

1日中べったり滞在しなくても基礎的な数値と外部環境を教えていただけましたらアドバイスは可能です。

★調査・診断の時間:約2時間(〜半日)
★提案内容:再建に向けた具体策の作り方・進め方
※ご希望の方は、事前に必要資料(過去5期分の決算書と現状の売上データ)をご準備お願いします。

提案・打ち合わせの出席者は、社長のみなのか、幹部の方も含めてなのかは、ご希望どおりにされて下さい。

方向性が見えれば、後は自社で進められるか、外部の協力を得るかのどちらかです。できる自信がある場合は、まず自社で取り組まれてはいかがでしょうか?外部への依頼はそれからでも遅くないです。

ブログを見て一度、自社のことも診て欲しいとか、武内さんがどんな人か会って話を聞いてみたいという問い合わせがあります。お気軽に使って下さい。

少しでもお役に立てましたら幸いです。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:再建
posted by ノムリエ at 16:15| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

【コンサルティングメニュー】出張講演・勉強会承っております。

コンサルティングは不安、費用がかかるのでは?
でも一度話を聞いてみたいとお考えの方は一度ご連絡下さいませ。

参加企業・店舗数はどれくらいからやっていただけますかというお問い合わせがありますが、何社・何店舗でもOKです。当然、何人からでもOKです。

コンサルティング費用を1件当たり安くするためにグループで話を聞きたいとか、診断して欲しいというのもOKです。

井の中の蛙にならないように、世間のこと、業界のことも勉強したいとお考えの方は是非、ご活用下さい。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:勉強会 講演
posted by ノムリエ at 21:20| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

【コンサルティングメニュー】飲食店の賃金制度の改定

人事考課表と店舗考課表をどのように活用されるかで評価の仕方が変わってきます。まず目的は何かのということを明確にすることです。それとうちの会社・店では、どのようにすれば給料が上がるのか、それがわかるように作ることがポイントだと思います。

給与や賞与に反映させるか、あるいは指導のための資料なのか?
個々人の人物評価だけなのか、あるいは店舗評価を加味するのか?

飲食店で難しいのは、売上が上がってもそれが店長やスタッフの力だけではない場合があるからです。例えば、社長や本部からの指示でチラシを撒いたり、メニューを改編したことが当たったりした場合、本人の力だけではないからです。それも売上が下がって大苦戦したい店が、社長や部長の指導の元、売上が急に上がるということがよくあります。個人の評価をどの程度まで行うのか難しい問題です。

それともっと難しい問題が潜んでします。それは、飲食店の場合、経営が安定しないからです。自社に問題がなくても食材の問題などで急激に数字が悪くなったりすることがあります。外部環境の影響を受けやすい業種です。また競合状況も激しく、新しい店が近隣にできると影響が大きいからです。

そうするとしっかりとした賃金テーブルなどを作成しても昇給昇格ができないということがよくあります。

相談案件で多いのは、しばらく給料を上げていないので、そろそろルールづくりを行い、公平で適正な給与体系にしたいというお話が多いです。でも私としては、気になるのが業績です。業績が安定していて、今後確かな成長が見込めるなら良いですが、先のことはわからないとなると心配になります。

一旦上げた給料は簡単に下げることができません。給料アップが会社の負担を重くし、経営が不安定になることの方が心配です。

実際の評価の場合もできれば人事考課と店舗考課は分けて考えられてはどうでしょうか?店舗考課も店舗に関するチェック項目と店舗数値を分けて評価された方が良いと思います。

また人事考課表や店舗考課表を活用するのではなく、適正な賃金にしたい。基本給や諸手当の整備・見直しをしたいという方もおられます。この場合も無理のない範囲内で見直すことが大事です。諸手当なども時流的には、単純化されシンプルになっています。

中小企業や小さなお店の場合は、業績が上がった時、売上・利益が上がった時に一時金として支給するのが良いと思います。会社の負担が大きくならないようにするためと従業員やスタッフが売上や業績を自分たちで上げない限り給料が上がらないのだと理解して欲しいからです。

でも何とか業界並みに賃金を見直したいという希望があると思います。そのためにも以下の点をもう一度確認されたからが良いと思います。
1.会社の業績見込み(今期から3年後まで)
2.人件費をどこまで上げることが可能か?(総額の人件費管理)
3.会社の方針・方向性(どんな人を高く評価するのか?)
4.役職別目標の給与(例えば店長になるといくらもらえるのか?)
5.賞与や報奨金支給のルールを明確にする
6.諸手当はどうなっているのか明確にする(できる限り単純にすることです)

賃金の支給方法を変えるということは、会社が大きく変わるということです。従業員やスタッフの方に説明が必要なのと、今以上に高い意識を持って欲しいです。

今すぐに変えたいという方もおられるかもしれませんが、少し余裕を持たれて計画的に賃金のことは変えられた方が良いと思います。

※簡易診断・相談も行っておりますので、お気軽に問い合わせ下さいませ。
「電話相談or訪問ヒアリングで、お悩み解決」
1.業績と規模に応じた理想の形のご提案
2.賃金改定計画書の作成・実施支援
3.賃金改定に伴う諸制度の提案作成から実施まで(例、人事考課表の作成)

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:賃金制度 飲食店
posted by ノムリエ at 06:40| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

【コンサルティングメニュー】飲食店の活性化方法:できるだけお金をかけずにメニューと販促企画の再整備

大きな投資はできない。それにいろんなことを改善するのは無理。まずは少しでも売上をアップさせたいという思いがあると思います。まずは、メニューと店頭や看板の見直しで売上を上げることが大事だと思います。

それと待っていてはお客様は来ません。何らかの販促活動が必要です。
例えば、以下のようなものの実績はどうたったでしょうか?
1.新聞折り込みチラシ
2.雑誌掲載
3.ポスティング
4.店頭でのビラ配り
5.ネットを活用した集客
6.携帯電話を活用した集客
7.金券配りの法人営業活動

店内企画も大切です。以下のようなものを行ったことはございますか?
1.常連客対象の企画
2.オーナーや奥様の友人・知人、親戚の方々向けの企画
3.一般客対象の店内企画
4.店内イベントの開催
5.街のイベントに合わせた企画
6.試食会・モニター会

費用のこともありますので、すべてのことを行うことは難しいです。立地環境や業態特性もありますので、やりたいこと、やってみたいことを選別して効果がありそうなものから実践されることが良いと思います。

それとメニューだけを改善したり見直しただけでは、お客様に伝わっていません。やはり何らかの販促企画が必要になってきます。予算と店舗規模に合わせて何か仕掛けることが大事だと思います。

売上を上げるには固定客へのアプローチが効果的ですが、それだけでは数字が上がらないため、新規顧客を獲得するための販促企画をどうやって打って行くかが鍵だと思います。

一度やってみたが効果がなかったというものも含めてもう一度見直してみませんか?

できるだけお金をかけずにメニューと販促企画の再整備。
少しずつ成果を上げて行くことが大事なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 09:27| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

株式会社武内コンサルティングの「コンサルティングメニュー」一覧

「お問い合わせや経営に関するご相談などはこちらから・・・」

1.経営相談

【コンサルティングメニュー】個別訪問相談

【コンサルティングメニュー】電話相談(企業再生の相談の場合)


2.実行支援

【コンサルティングメニュー】改善・改革・実行支援型の再生コンサルティング

【コンサルティングメニュー】武内コンサルティング流の数値計画書の作成支援

【コンサルティングメニュー】中小企業・個人店様向け人事諸制度の改革提案

【コンサルティングメニュー】人事労務強化のための面談ヒアリング

【コンサルティングメニュー】PTコンサルティングで社内問題の解決と業績アップを図る

【コンサルティングメニュー】「社内の一体化」という仕事


3.各種研修

【コンサルティングメニュー】講演会付き各店臨店&個別経営相談

【コンサルティングメニュー】飲食店 店長研修プログラム

【コンサルティングメニュー】現場実行支援型の店長研修&臨店&店長実地教育(1日コース:飲食店・小売店)

【コンサルティングメニュー】従業員の意識を変える研修(テキスト例)

【コンサルティングメニュー】医療系管理職研修&PT会議

【コンサルティングメニュー】新任役員向け役員心得

【コンサルティングメニュー】経理・総務向け教育プラン

【コンサルティングメニュー】業績が上がる・成果が見える目的別教育研修&プロジェクト会議(研修+PT会議の2セットがおすすめ)

※経営相談会は、「個別訪問相談」に変えて実施しております。ご希望の方は、左上部の「お問い合わせや、ご相談など」からメールを入れていただきましたらお返事させていただきます。
posted by ノムリエ at 17:00| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

【コンサルティングメニュー】講演会付き各店臨店&個別経営相談

よく講演会の依頼を受けますが、やり方は様々です。できればコンサルタントを上手に使われてはと思います。単に1時間、2時間の講演だけで終わるともったいないです。

講演は、業界動向や今後の戦略についての話が多いと思います。その話を聞かれて自社の今後の方向性のヒントにされると思いますが、さらにそこから自社の悩みについて相談されたり、店を見てもらわれることをおすすめします。

実際、講演でお伺いすると、その前後の時間が空きます。講演までの時間と、講演後の時間です。上手に活用される方は、その前後の時間がどれくらいあるのか確認されます。その空いている時間は、できれば各店の臨店や経営相談の時間に充てていただけませんかとおっしゃいます。

少し言いづらい面があるかもしれませんが、お願いされた方がお得です。講演前後を名刺交換だけの場にしていると時間が本当にもったいないです。

同じ業種であっても各社悩みは異なります。講演で世の中の動向を確認されたならば、今度は自社の戦略を組み立て実践することが大事です。

それも講演会や勉強会の会場で聞くことができないという場合が多いと思います。できれば来社して、ちょっと相談に乗って欲しいということもあると思います。

凄い事務局の方は、私の空き時間を確認されて、1件30分から1時間でスケジュールを組まれます。事前の予約制で、講演会に参加希望の方で、経営相談希望の方を募られます。

これくらい積極的にやらないと、成果は出ないのではと思います。話を聞くだけでなく、自社や自店に当てはめて、今後どうすれば良いのか、アドバイスを聞かれることが大事なような気がします。

講演会と個別経営相談が逆転する場合もあります。個別経営相談の希望者が多くて講演会の時間を極力少なくするしかないというような場合です。でもそれはそれで良いことだと思います。

講演会は集客が目的ではなく、良い話が聞けたというのでもなく、参加者の方の業績が上がることを目的としたいです。そのためにどういう形が良いのかを企画することが大切だと思います。

理由は、講演会の話だけを聞いて、業績アップにつなげられた方が少ないからです。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 06:25| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

【コンサルティングメニュー】経理・総務向け教育プラン

実際、経理・総務の教育を行って会社に何かプラスになるのでしょうかと思われている方も多いと思います。通常教育と言うと、社員教育か営業マン教育が普通です。逆に総務・経理に向けの教育というのはあるのでしょうかという質問・問い合わせがあります。

しかし、経理・総務を強化すると会社が効率化でき、成果を上げることができます。それに会社の中で一番大事な部署です。売上を上げるのではなく、利益を出そうと思えば経理・総務の改善・改革がおすすめです。

経理・総務では業務内容が決まっていますので、課題・テーマ、やって欲しいことを明確にすることが大事です。その課題やテーマは、会社側があらかじめ設定するのか、あるいはアンケートから出すのかどちらかです。どちらが良いという訳ではなく、会社の事情に合わせて考えられて下さい。

請求書や伝票の書き方などの基礎的な教育ではなく、経理・総務の目から会社を改善・改革するためのプロジェクト会議のようなものです。

日々問題点を抱えながら、いつか社長も交えて皆で集まって改善しないといけないと思っていることを会社のスキームに沿って実施するというようなイメージです。

例えば、課題・テーマの中には次のようなものがあります。
1.請求書を早く出す仕組みづくり
2.資金繰表を早く作る仕組みづくり 
3.未回収の理由と処理・入金の予定表の回収と意識付け
4.資材管理や備品管理におけるコスト削減
5.会社における各種基礎データの作成
6.お金の大切さの再認識(会社のお金も自分のお金も同じ)
7.残業時間や労働環境の見直し
8.各部署との連携状況
9.コンピューターの活用の仕方
10.社内のデータ管理体制

課題・テーマは、進めて行くとどんどん出てきます。意識の高いメンバーほど、たくさんの課題・悩みを抱えておられます。それを会社のルール・方針に沿って解決して行くようなイメージです。

最終的には、他部署との連携が大事になってきます。この会議の場にも他部署の方に参加をお願いすることもあります。

現実的には、営業マン教育を行ったからと言って、すぐに売上は上がりません。社員教育を行っても定着するのに1年はかかります。

でも経理・総務の教育会議を行うと翌月から会社が変わり、数字が良くなる可能性があります。

あたり前の会社、普通にできる会社、嘘のない会社を作るためには、経理・総務を強くする必要があります。そのことに気付いておられるからこそニーズがあるのだと思います。

会社の効率化は全社員からでもなく、営業からでもなく、経理・総務の強化からです。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:経理・総務 教育
posted by ノムリエ at 06:29| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

【コンサルティングメニュー】新任役員向け役員心得

部長の次の職であったり、上がりの職。あるいは過去の功績に対するご褒美の役職では少し寂しいです。今までの実績を評価されて役員になられたのだと思いますが、役員と社員では立場・考え方が違います。

役員になると会社をどうやって守って行くのかという視点が大事になってきます。自分や担当部署の業績だけでなく、会社の未来が見えるようにプランニングすることが大切です。また内部監査を行うような目で経営をチェックしないといけません。

今までの業務の延長線上ではないです。役員の本来の仕事は経営することです。
中小企業では、この区別ができていません。役員に名を連ねている方がおられても経営は実質社長だけがやっているということが多いです。

それと大事なのは、自分は役員として何で貢献するのかということです。あらかじめ社長や会社から役割を明確にしてくれていると楽です。例えば、あなたは営業担当の役員として頑張って下さいと言われれば、それを遂行すれば良い訳です。しかし、そのようなことは稀です。自分で探さないといけません。自分が役員として会社をどのように改善・改革して行くのか、その方針とステップを作ることが大事です。

でも実際には、役員になっても何ら仕事上変化がないと言うのが本音かもしれません。名刺の肩書だけが違っていて、営業しやすいと言ったくらいです。外部に対してはそれで良いかもしれませんが、会社にとってはそれではプラスになっていません。

根本的に、役員とは何なのか、どのようなことをするポジションなのかを上手に伝えて欲しいという依頼もあります。

会社を改善・改革しようと思えば、上から変わらないと変わりません。特に、役員の方々の意識と行動が変わらない限り、業績は上がらないでしょう。

そのため一概には言えませんが、以下のような講義依頼があります。一度。参考にしていただけましたら幸いです。

従業員の意識以上に役員の意識が変われば、会社は変わっていきます。

【講義内容例】
1.役員と社員の役割・仕事内容の違い
2.役員に求められているものは何か?
3.会社に何で貢献するのか?
4.活きた中長期経営計画書の作り方
5.改善・改革プランの作り方、上手な進め方
6.現在の理想的な組織づくりと将来に向けての組織づくり
7.教育のあり方、人材育成の進め方
8.従業員のモチベーションアップと情熱向上策
9.締まった会社にするための礼儀・マナー教育の進め方
10.起業規模・業績に応じた柔軟な人事諸制度の見直し方
11.資金繰り改善計画プランの作り方と進め方
12.役員規定・役員心得づくり

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


posted by ノムリエ at 06:11| コンサルティングメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする