経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年01月29日

【就活面接のハイレベルな質問に対応する方法】あなたはうちの会社で何ができますか?

最近、面接時の質問内容が変わってきているみたいです。
入ってから何がしたいかよりも何ができるかを聞かれる。

「あなたはうちの会社で何ができますか?」
それを即答できないと高評価をいただけない。

でも実際にすぐに何かをさせてくれることはないと思います。しかし、もしも入社した場合、会社にプラスになるようなことができるかどうか問われます。

相当その会社のことを勉強しておかないと難しいと思います。的外れな答えをすると評価は下がります。それも一発勝負で決めないといけません。かなり緊張するのではと思います。前準備がかなり必要だと思います。

また、ピンポイントで、よく勉強しているなぁと思わせることが大事です。

会社の現状や業界動向を知らないと答えを導き出せません。もうそうなると、経営コンサルタントのレベルが必要かもしれません。

ちょっと意地悪な質問のようにも見えますが、考えて答えを導き出しているかどうか、きっちり筋の通った話をすることができるかどうかを判断されているのだと思います。

大事なのは、理論が破たんしていないこと。筋道が通っていて、しっかりとした内容になっていること。

新人が入ってすぐに即戦力になるほど甘い世界ではないです。それでも自分を売り込む力や可能性を聞き出したいと面接官は思っておられます。

そうすると何をすればそのような力が付くかです。それは社会人になってからも同じです。答えは、常に景気の話、経営の話、業界の話をすることです。

できれば同学年の仲間だけでなく、少し年上の先輩や社会人の方と話す機会を多く持つことです。自分の頭の中の世界を広げてくれるような人と会話をしていると人生が変わってきます。

友達も大事ですが、師はもっと大事だと言われます。ところがあまり年が離れていたり、超プロの方と話していると距離を感じると思います。できれば自分も頑張ればあの人のようになれるというくらいの方がベストです。そのような方を見つけて自分を鍛えることが就活に勝つ一つの方法かもしれません。

自分よりも少しレベルの高い方から学ぶ。
学生時代も社会人も同じような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:就活
posted by ノムリエ at 11:29| 就活に勝つ方法! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

「就活エリートの迷走」 豊田義博著 ちくま新書

就活を戦っている学生さんたちの現状がよくわかります。

学生がどんな悩みを抱えているのか、その疑問が見えて来るような感じです。

企業側の人事担当者の方にも必見の一冊だと思います。






Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 00:00| 就活に勝つ方法! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

【就活に勝つ!】アルバイト体験は採用面接で最強の武器になる!

アルバイト体験も大事な武器です。採用面接で活かされてはと思います。ただし、単にアルバイトをしていた話をしても相手は評価しません。もう少し視点を変えて、話されてはと思います。以下、少し事例を参考にしてみて下さい。

1.卒論の題材になったようなアルバイト経験
普通にアルバイトをして報酬いただいていたというよりも卒論のテーマにしようと思ったくらいの経験なら、どんなことを経験したのか採用面接者の方も身を乗り出して聞きたくなります。その際の考え方や分析の仕方など、論理的にも筋道が通っているかなど、判断材料として最適なものになります。

話の内容をアルバイトそのものの業務内容ではなく、客観的に分析したり、データを取ったりして自分の考えをまとめたことが、社会人になって活きてきます。経験を書面に落とし込むという作業が大事であり、評価しやすくなるからです。


2.ミスしたことや失敗経験
アルバイト経験でたくさんミスや失敗をして下さいという訳ではないですが、採用面接の準備のためと思って、過去にやってしまったミスや失敗を棚卸して下さい。それも頭の中にあるだけでなく、文章にして書き起こして下さい。

自分が直接起こしたミスや失敗でなくても、その会社や部署、店などで起こったことでもいいです。そのことをどう思い、どう考えたのか、そのプロセスを話せるように準備しておいて下さい。

ミスや失敗は誰にでもあります。そこから問題解決能力がどのくらいあるのか、採用面接者の方はそれを見極められようとされます。


3.人生修養の場となったアルバイト経験
最初から人生修養になるからと思ってアルバイトをされる方は少ないと思います。しかし、ひょっとすると、学校で授業を聞いている時間よりもアルバイトをしていた時間の方が長くないですか?

それは授業よりもアルバイトの方が楽しかったからですか、あるいはやりがいがあったからですか?何でも続けてやるということが一番大事です。飽きずに困難を乗り切れる力があるかどうかを判断されます。

自分のやってきたアルバイト経験に対して自信を持って話せるくらいの経験をされるのがベストです。できれば1年以上頑張って続けたアルバイト経験などが良いと思います。
 
 
4.家庭教師のような1対1でのアルバイトよりもチームや組織の中でアルバイトをした経験

会社や組織の中の一員として働くということは貴重な経験です。上司も年長者の方もいますし、アルバイトとしての後輩の方もいます。その中で、上手くやって行けるかどうか、それが大事なことです。

気を使ったり、人間関係が上手く行かないこともあると思います。でもそれが一番の勉強になります。

立場をわきまえながら、どういう行動を取ったか、どういうことが勉強になったか、何らかの気付きのあるような経験をされてはと思います。


5.お金を稼ぐため以外に、何らかの目的を持ってやっていたアルバイト体験
目的意識を持つことが大切です。お金のためというのではなく、自分がどうなりたいのか、そのためにどのようなアルバイトを自ら選んだのかが大事です。
お金以外の理由が何なのか、そこを採用面接者の方は聞きたがると思います。

自分なりにどんなビジョンがあったのか、どんな考えがあってそうしたのか、相手に響く一言が欲しいです。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


posted by ノムリエ at 14:19| 就活に勝つ方法! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

【就活対策のヒント】どんなアルバイト体験をしていると採用面接で話がしやすいか?

1.卒論の題材になったようなアルバイト経験
卒論のテーマ・内容にするくらいなら、必ず自分なりの分析と考え方が折り込まれているはずです。単純にレポートを提出したのではなく、言いたいことの結論に至ったプロセスまで話せるからです。また、卒論を書いたり、資料やデータを集めたりというのは貴重な体験になります。それもアルバイト先での体験を文章化、データ化する訳ですから、いつも頭の中に残っていると思います。

2.ミスしたことや失敗経験
採用面接であまり受けが良くないものは、成功したことです。人間は成功したことからよりも失敗したことから多くのことを学ぶと言われます。それに、聞く方にとって成功談は単なる自慢話にしか聞こえないからです。逆に良いのは、失敗談を話すこと。その失敗から自分は何を学んだのか、自分が変わったきっかけ、成長できたと思ったきっかけを話されてはと思います。自分でも失敗したことはいつまでも頭に残っていると思います。急に質問されたら、常に失敗した話から入ると話しやすいです。

3.人生修養の場となったアルバイト経験 
単に仕事をしてお金をいただいたというだけでなく、自分の生き方・考え方を変えてくれたアルバイト経験が理想的です。未熟な考えを持っていた自分が、あるきっかけから考えや行動が変わったとか、親の気持ちがわかるようになったとか、社会の厳しさがわかるようになったなど、身近なアルバイト経験で自分を変えてくれた経験を思い出して下さい。採用面接の際にもアルバイト経験の話になると、必ずこのことは聞かれます。採用面接で話しやすいというよりもすぐに話せるように前準備しておく必要があるものです。

4.家庭教師のような1対1でのアルバイトよりもチームや組織の中でアルバイトをした経験
どんなに優秀な家庭教師として成果や結果を出したとしても、おそらく採用担当者からは高い評価を得ないと思います。会社というのは組織として動きますので、その中で力を発揮してくれそうな人を採用しようとします。チームとまで行かなくても小さなお店で数名でも良いです。自分の役割は何か、またそのチーム・組織の目標達成のために自分はどう動いたのか、そのようなアルバイト体験をしていると、話がしやすく、評価も高くなります。

5.お金を稼ぐため以外に、何らかの目的を持ってやっていたアルバイト体験
アルバイト先でいくら稼いだかは採用面接では関係がないです。そのアルバイトを始めたきっかけや目的が何だったのか、思い出して下さい。特に、どんな目的でアルバイトをしていたのか、採用担当者にとっては興味があります。そのことをしっかり話せるとポイントが高くなるかもしれません。

将来の夢のためとか、資格取得のためとか、学生としての甘さを取り除くためあえて厳しいアルバイトを選んだとか、社会人になると経験できないものとか、親の仕事を手伝うためとか、自分なりの明確な目的を持ってやっていたアルバイト体験は、聞く方も興味をそそられますし、自分でも一番強調して話したくなるものです。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 14:27| 就活に勝つ方法! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

【就活を突破する方法】アルバイト経験を採用面接で活かそう!

会社としては、社員の方に永く勤めていただくことが、ローコスト経営につながります。募集採用費や教育費を抑えることができるからです。また、単に永く勤めていただくだけでなく、採用してからも良い人材となり将来の幹部候補性や管理職候補の方が欲しいと思っておられます。欠員募集のような数合わせの募集採用ではなくなっています。だから面接官の目も厳しくなっているのが事実です。企業も業績が厳しいため優秀な人だけを採用しようというふうに変わってきています。

では、どのような人が目に留まるのか?質問してみたくなるような人はどのような人なのか?を考えてみましょう。

学生時代というのは、会社としては余り高く評価はしていません。卒業される学校の名前に対しては評価されていますが、学生さん本人に対してはかなり厳しい評価です。悪く言えば、遊んでいたのではと思っておられるくらいです。

でもそれを覆すことができるのが、アルバイト体験です。アルバイト体験は社会を勉強するには、最適な方法です。ただし、アルバイトをしていましただけでは伝わりません。どのようなアルバイト経験をして、何を学んだか、そこで自分はどう変わったのかを表現しないといけません。

また面接官の視点で見ると、
・組織の中で生きて行けるか?
・協調性はあるか?
・どういう経験をした人で社会の中で耐えて行けるかどうか?
・鍛えると伸びそうか?
・あるいは自分の会社の社風に合いそうかどうか?
・どんなことがあっても3年間は頑張ってくれそうか?
というところを見られます。

だからこそアルバイト経験を語りながら、受験勉強以外に夢中になって頑張った経験やつらいことを耐える忍耐力のあるところを語って下さい。社会経験とまでは行きませんが、責任感ある行動・言動がアルバイトを通じて少しずつわかってきたこと、社会の厳しさを肌で感じ取ったことを素直に話されてはと思います。

苦労したこと、失敗したこと、悩んだことから何を学んだか、そこからどうしようと思ったかが大事です。また、自分が社員だったら、店長だったらどのような行動を取ったかも考えて下さい。この考えて行動できる人を社会では優秀な人と言います。

採用面接者の方は、考えてどのような結論が導き出されたのか、そのプロセスを聞きたいと思われています。そのプロセスこそがあなたの評価です。結果や成果は、まだまだ後からで大丈夫です。社会人1年生にそのようなことを期待していません。結論に至ったプロセスを簡潔にまとめて、そこから社会に出てどう活かしたいのかを語って下さい。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 14:57| 就活に勝つ方法! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする