経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2019年09月16日

【ホテル・旅館のレストランの経営課題について】レストラン営業を休止し、テナントを募集しようと思っても厨房のリニューアルが必要

レストランが、赤字が続いているため営業休止。それは、簡単にできると思いますが、その物件をテナントして活用しようとした場合、30年以上使っている店です。客席は、補修程度で済むかもしれませんが、厨房はリニューアルが必要です。冷蔵庫や冷凍庫も買い換えないと使えない状態です。

そうすると、その改修費用をどうするかです。テナント入店を希望される方が、費用を出されれば良いですが、出されない場合、ホテル・旅館が負担しないといけません。

しかし、改修費用をかけて、その費用分が回収できるでしょうか?

ホテル・旅館の経営が厳しい場合、再投資はしない方が良いです。

レストランが空きスペースになったとしても、何もしないことが最適な戦略になる可能性があります。

キャッシュアウトしない経営方針の場合、しかたないです。

後は、経営の状況を考えて、判断すること。

赤字のレストラン営業、これは見直す必要があります。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:40| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ビジネスホテルの経営課題について】朝食の提供を止めると宿泊に影響するか?

まず、レストランが黒字になったことがない。赤字が続いている。撤退した方が、ホテル全体としては利益が出る。

ところが、レストランを止めると、朝食の提供ができなくなります。そこで、朝食をどうするか悩まれます。

朝食、1日何食出ていますでしょうか?

平均20食以下の場合、撤退しても良いのではと思います。平均20食ということは、10食しか出ない日もあるということです。

また、近くにコンビニエンスストアがあるなら、積極的にそちらを利用していただくようにおすすめすることもできます。

朝早くから朝食のためだけに出勤してもらう。これは、本当に非効率です。

時代が大きく変わっています。朝食はホテルで食べるから、コンビニの商品で済ますになっています。

それに、今後、朝食の出数が増えることがないでしょう。

どこかで決断が必要な気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 07:39| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

【ホテル・旅館の経営課題】大きな庭は作らない

好調な時は良いですが、窮状に陥ると固定費の圧縮を行わないといけません。

大きな経費は何か?
それは、庭の維持費です。庭は、年数回、手入れをする必要があります。その金額は、なんと数百万円です。

ところが、止めたいところですが、止めると庭が汚くなり、清潔感がなくなります。従業員が手入れをしても、専門家のようにはいきません。

そうすると、最初から、庭など作らなければよかったということになります。

フロントやロビーの生け花も同じです。何も言わないと、数日で花屋さんは取り換えてくれます。しかし、こちらも1週間で数十万円です。

また、フロントやロビー、各部屋の絵などもリースのところが多いですが、こちらの金額も大きいです。カットできるところは、カットした方が良いです。

これらすべて社長が決めたことだから、手つかずになっている場合が多いです。

社長案件でもメスを入れる。

経費のかかる経営を見直す。

これが、大きな課題です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 04:33| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

【ホテル旅館・飲食店のおせち料理の販売方法について】おせち料理専門のブログ型ホームページ

さて、お盆明けは、おせち料理の販売がスタート。同時に、営業もかけられると思います。

しかし、毎年、そのやり方で売上は伸びているでしょうか?
最後は、社員が買取というようなことがないように戦略を見直す必要があります。

例えば、ネットでもっと売ることを考えませんか?
ホームページの一角におせち料理を載せても売れません。
理由は、「おせち料理 地域名」でグーグル検索してもひっかからないからです。

それを実現するためには、おせち料理専用のブログ型ホームページが最適です。料金も20万円からなので、普通のホームページを作るよりも安く、SEO対策万全です。

また、ブログで作っているため、記事投稿は無限にできます。やればやるだけ成果が出ます。

おせち料理を売るなら、ブログ型ホームページがおすすめです。弊社で制作を行っておりますので、興味のある方は問い合わせ下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 07:28| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

【ホテル旅館のレストランの立て直しについて】おいしい担々麺づくり

なぜか、ホテル旅館では、担々麺がよく出ます。喫茶・軽食コーナーでも、担々麺がメニュー表にあれば注文されます。

それも、1,000円を超えても出ます。ホテルの担々麺はおいしいというイメージがあるのでしょうか?

今、町中の飲食店でも担々麺を提供する店が増えています。だから、人気なのでしょう。

売上が下がって、あれこれと迷っておられるなら、おいしい担々麺で勝負されてはいかがでしょうか?

担々麺で評判を取り、売上をV字回復させる。これも一つの方法です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:14| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

【ホテル旅館のランチについて】ランチの売上が低いなら喫茶コーナーだけにする

小さな軽食レストラン、いつもどうするか迷います。

月商はいくらですか?
黒字になっていますか?黒字になったことがありますか?

赤字が続いていて、黒字転換が難しいようであれば、他の方向性を考えないといけません。

人を削減して、喫茶コーナーとしてだけ活用するという方法もあります。

軽食やスイーツを作ると人件費がかかります。それに、いつも店に人が張り付いていないといけません。

黒字が前提であれば、見直された方が良いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 06:09| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホテル旅館のランチについて】原価割れのランチメニューづくり

ランチの価格を周りの飲食店に合わせる?
それだけで、効果はあるでしょうか?

何かもっと集客効果があるものを行わないと、ジリ貧になって行きます。

例えば、一品だけでも原価割れのランチメニューを作って下さい。それを目玉に集客を図り、利用率を上げます。

これくらいのことをしないと、回復しません。わざわざ行ってみようというものがないと来店していただけません。

思い切った策、それが必要です。

平均江原価主義で並べられたメニューでは、面白くないです。

売上が下がっているなら、これくらいのことを考えて下さい。

ホテル旅館で、ランチは大事な部門です。

そこで人気を取らないと、他の部門にも影響します。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 04:53| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

【ビジネスホテルの方のメール相談より】ホテル稼働が悪く、売上が立っていない。朝食をどうするか?

ホテルの稼働率が悪い場合、他の部門を伸ばそうとしても難しいです。理由は、部門別損益で、宿泊部門が一番利益率が高いからです。

だから、まずは稼働率を上げること考えないといけません。キャンペーンや企画を打ち、集客を図って下さい。

それと、当然、他の宿泊施設の価格を調べること。

さて、朝食は?
朝食は、稼働率が上がらないと、伸びません。
それと、近くにコンビニエンスストアがあると、宿泊客の利用率は上がりません。

また、朝食で伸びているところは、近隣の地元客が利用されています。それだけ、魅力のある朝食だということです。

もし、そのような朝食を提供できないのであれば、朝食は撤退した方が良いです。

このような判断基準でお考え下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:09| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

【ホテル・旅館の集客アップ戦略について】ベルギーワッフル食べ放題!

空きスペースがあるのにもったいない。何かできないか?

当たるのは、スイーツの食べ放題です。

以前行ったのは、ベルギーワッフルの食べ放題です。店内告知だけなのに、朝から行列。

1時間当たりの組数と席を予約制にしましたが、夕方まで予約でいっぱい。

そのため、次回の食べ放題の日まで予約が埋まりました。

ワッフルの機械は、粉を販売されているところが貸してくれます。また、焼き方も簡単です。レシピ通りにやればOKです。

ただし、デザート感覚のワッフルだけでは、お客様が飽きてしまいます。食事系のワッフルも作ること。

できれば、30種類くらいは欲しいです。

ベルギーワッフル食べ放題で人気を取る。

それが、次のブライダルや宴会につながっていきます。

常にお客様が入っている状態を作って下さい。

それが、繁盛への道です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 07:50| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

【ホテル・旅館のレストラン改革】どんな業態が良いか?

どのホテル・旅館でもレストラン部門は大苦戦です。赤字のところが多いです。

居酒屋や日本料理店でも売上は上がりません。

さて、何が良いか?

まず、スペースは何坪くらいあります?
もし広い面積があるのであれば、焼肉食べ放題店が一番おすすめです。居抜きで入れて、月商1,000万超えが狙えます。

スペースが小さい場合でも焼肉店が良いです。

ステーキ専門店をよくされますが、高くてお客様は入りません。利用されません。

もし、焼肉食べ放題店に興味があるのであれば、弊社でご紹介可能です。

なぜか、ホテル・旅館のレストランには、焼肉店はないですが、飲食業界から見ると一番有利な商売です。

是非、検討されてみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 13:25| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

【ホテル・旅館の婚礼部門の撤退について】婚礼事業を撤退した後は、どうすれば良いですか?

赤字が続いていて、今後も黒字の見込みがない。そのため、婚礼部門は撤退されます。

ところが、撤退すると、空きスペースができます。

それと、もう一つ、調理人がそんなにいらなくなります。婚礼と言えば、料理です。大量の料理を作る職人の方をどうするかです。

単純に婚礼部門からの撤退だけだは済まない課題があります。

でも、人件費はかなりカットできますので、経営的には良くなります。

ただし、今後どうするかです。空いたスペースで新たな事業をするか、賃貸スペースで収益を上げるか、何か考えないといけません。

これらのことも含めた撤退計画が必要です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 09:03| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

【ホテル・旅館の婚礼部門について】利益は出ないし、ミスが多くクレームが多い

ホテル・旅館の婚礼部門、どうするか?いつも相談があります。

まず、部門別損益を出すと、婚礼部門は赤字です。それに、立て直しや黒字化が非常に難しいです。

それに、元々ミスが多い仕事のためクレームが多いです。

だから、今以上に組数が増えると、さらにミスが増える可能性があります。

本当に婚礼部門は非常に難しいです。

また、婚礼部門を撤退すると、地元の評判が下がる。そのため、徹底ができないというところもあります。

しかし、無理をして何十年も赤字続きでは、見直した方が良いかもしれません。

婚礼はマーケットが下がっています。

後は、決断だけ。

さて、どうされますか?


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 11:19| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

【地方都市のホテル・旅館内レストランの改革について】なぜ、○○食堂にしないのか?

ついつい、高級路線に進んでしまいます。そのため、客数が少なく赤字。

ホテル旅館を意識し過ぎのような気がします。

売れている店は、地元の方の利用が多いです。

地元を意識して店を作った方が良いです。

例えば、○○食堂というような業態にする。そうすると、安いのではというイメージがあり、入店しやすいです。

普通は嫌、どこにもないような店を作ろうとすると失敗します。

気取らない、誰でも入れる店。それが、一番良いです。

黒字化は、そこにかかっています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 06:35| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

【地方都市のホテル・旅館内レストランの経営について】ステーキハウスは閉店したが、1階の喫茶店は大繁盛

ホテル・旅館だからと言って、高級店が当たるというわけではないです。

やはり、繁盛するのは庶民的な業態です。

朝食とランチは、いつも満席。

それを目指した方が硬いような気がします。

今、日本全国のホテル・旅館内レストランが苦戦されています。

高級を捨てるという選択が良いのかもしれません。

ホテル旅館価格になっている店では、厳しいような気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 14:15| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

【地方都市のホテル旅館の中華料理について】中華部門を置くかどうか?

婚礼や宴会では、中華料理人気です。特に海老メニューが人気。

さて、和食・洋食部門はあるが、中華部門をどうするか?

中華部門を作っても、喫茶コーナーや軽食で少し出るくらいです。部門を設けても利益は出ないでしょう。

それと、本格的に中華料理はあまり出ませんし、期待されていません。

コストのことを考えると、和食・洋食の料理人の方に、簡単な中華メニューを覚えていただき、提供するのが良いです。

どこも中華部門が重荷になり、廃止されるところが多いです。

それと、厨房はできるだけ分けないこと。一つになって頑張るのが良いです。

中華なくてはならないですが、大きくしないように注意して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 04:55| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

【ホテル・旅館の再生・立て直しについて】地下のレストランをどうするか?

なぜ、地下にレストランを作ったのか?
地下では、ランチは厳しいです。

それに、宿泊客の方が利用されるような価格ではないです。

そうすると、宴会専用になります。

ところが、赤字で黒字化が難しいという数字が出た場合、どうするか?

閉鎖?それも考えないといけません。

広くて、大きい地下のレストランは、本当に使い道がないです。

使わない方が利益が出るなら、一考の余地ありです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 04:51| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

【地方都市の40室以下のビジネスホテルの経営課題】朝食をどうするか?

40室で、単純に1日どれくらいの方が朝食をご利用になられていますか?

3割を切っているというところもあります。

近くにコンビニエンスストアがあると、そちらを利用されます。そのため、館内の自販機の売上も減っています。

朝食のために、朝早く2名のスタッフが出勤。これでは利益が出ません。

思い切って、朝食を止めることも考えないといけません。

簡単なおにぎりやパン等に絞るという方法もありますが、それでも人の手がかかります。

昔とは、利用の仕方が変わってきています。

決断が必要かもしれません。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 16:48| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホテル・旅館の再生・立て直しについて】宿泊部門以外の赤字部門をどうするか?

宿泊部門は、赤字になっていない。なっていてもほんのわずか。

ところが、宿泊部門以外はどの部門も赤字。
それに、立て直しを図っても黒字にはならない部門まである。

数字だけ言うと、単純に宿泊部門だけにするというが妥当です。しかし、それを行うと空きスペースができてしまいます。

また、ブライダルなどまで止めてしまうと風評が心配です。

でも、返済余力を考えると決断が必要です。

黒字化が無理なら、撤退もやむを得ないです。

だからこそ、第三者の診断が必要です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 16:41| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

【ホテル・旅館のレストランについて】和食・洋食があるが、両方利益が出ていない場合、どうやって立て直すか?

和食と洋食を一つにまとめて下さい。

そうすると1店舗空きができます。その店は、テナントとして貸して下さい。

これで、グッと効率的になり。賃料収入もあります。

無駄に店を持たないこと。

縮小することも考えて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:50| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホテル・旅館のレストランについて】和食・洋食で店舗が別、厨房も別になっている

なぜ、和食・洋食で分けて、店舗を別にするのか?

客席部分は分けて、厨房は和食・洋食が共用できるような店づくりをすべきです。

冷蔵庫等は共通で使えば良いです。

それに、厨房スタッフは、客数に応じて、どちらにもスタッフが入れるようにすると、効率的です。

厨房は一つで、店の顔だけが異なる。

これができると、人件費はぐっと下がります。

理想の店の形、診断して欲しいという方は、弊社まで問い合わせ下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:46| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする