経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年06月23日

【民宿経営の課題】焼肉ざんまいの民宿

焼肉ざんまいの旅館というのは、存在します。
焼肉をお腹いっぱい食べて、温泉やお風呂に入る。最高のおもてなしです。

民宿と言うと、新鮮な魚介類をイメージますが、肉でも良いのではと思います。

それと、町中では焼肉食べ放題が大人気。

また、焼肉は匂いが付くという理由で、家庭ではやらない。焼肉店に行く時も服装を考えてしまう。

ところが、民宿の場合、お腹いっぱい食べて、風呂に入ることができます。匂いは、そこで綺麗に洗い流すことができます。

焼肉民宿というアドバルーンを上げるというのも一つの方法です。人気が出れば、観光客だけでなく、地元の方も利用されるようになります。

焼肉をやってみる。
あるいは、新規にこういう焼肉民宿をされる方が出て来るような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:57| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【地方都市の旅館ホテルの経営課題】地元の方の利用率を上げる

宿泊部門が一番利益率は高いです。しかし、それ以上に大切なものがあります。
それは、地元の方の利用率です。

地元の方が利用しない旅館ホテルというのは、寂れて行きます。

常に、目線は地元客です。地元宴会や婚礼、レストランなどを利用してくれる方を増やすこと。

地元客が増えれば、館内も活気づいてきます。また、信用力も上がり、ブランディングできます。

宿泊客でドン!と売上を上げる。これは、もう昔の戦略です。

地元客をどうやって増やして行くか、それを考え、戦略に仕立て上げることが大事です。
館内が地元客でいっぱいになることが、理想です。
もう一度、一つ一つ見直すべきです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 06:15| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

【地方都市の旅館ホテルのコンサルティングの一例】旅館ホテルのコンサルティングは他の事業よりも時間がかかる

例えば、1回訪問すると、以下のような会議・打ち合わせを行います。通常、多くても3つくらいの部門に分かれているといますが、旅館ホテルは、多岐にわたります。だから、1日で終わりません。2日かけてコンサルティングを行う場合もあります。

それに、各会議・打ち合わせが1時間以内で終わるとも限りません。そのため、訪問前に、スケジュール、カリキュラムを時間を切って作っていただきます。

それもトイレ休憩しか取らず、朝から夕方まで続きます。
でも、これをやることで改革が進んで行きます。

自分たちだけでは、なかなか変えれないものです。
他社事例などを聞きながら、あるべき姿に変えて行くことが大事です。

ご興味のある方は、お気軽に問い合わせ下さい。
よろしくお願いします。

★ある1日のコンサルティング例
1.社長・トップ面談・会議
2.幹部会議or役員会議

3.各種会議
@宿泊
A地元宴会
B婚礼
Cレストラン
D喫茶
Eフロント
F外営業
G売店
H自販機・按摩器他のサービス
I清掃
JWebやネット、SNS

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:54| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

【ホテル旅館のレストラン経営】どんな店・業態が良いですか?

いつもよく相談があります。普通は、洋食店や中華店、和食、居酒屋などが多いと思います。しかし、どれももう一つでパッとしていません。

ホテル旅館のレストランで黒字化させるというは大きな課題です。最初から黒字化を目指すのであれば、最適な業態は焼肉店です。どんな方のも焼肉店をおすすめしています。

理由は、焼肉店の場合、客単価が高いことと宴会が取るのが魅力です。人気店になれば週末は満席です。また、焼肉店のランチも人気で何回転もします。

ただし、設備投資がかかるのと、ダクトをどうするかです。立地上、ダクトの設置が難しかったり、地域住民の方に迷惑がかかる時があります。

それでも他の業態とは、売上が全然違います。

焼肉店を経営しているホテル旅館はほとんどないです。焼肉店にリニューアルされたホテル旅館もないです。

でもあれば面白い展開ができるような気がします。
焼肉店経営も一度検討されてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:11| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

【旅館ホテルの経営課題】社長が部屋出しから食堂形式に決断した時

幹部の方と一緒に食事調査。
料理そのものには問題なし。おいしくいただきました。
料理の提供方法もOKです。

ところが、仲居さんに、
・この刺身の魚は何ですか?
・おいしい地酒はありますか?
・この周辺で行った方が良い観光地はありますか?
等、いくつか質問しましたが、何も答えることができません。
接客していただいたのは、ベテランの仲居さんです。

社長や幹部の方はガックリ。ベテランの仲居さんでもこのレベルです。
だから、今から教育をしてもすぐには改善はできない。

それだったら、思い切って食堂形式に変えようと決断されました。
食堂形式の方が、人件費はかからず、それに熱々を提供できます。
片付けなども楽になります。

接客サービスの改善、レベルアップは、時間がかかります。
世の中では、「おもてなし」という言葉が流行っていますが、そう簡単なものではないです。

現実を見て、判断する。
それが経営では大事です。

是非、将来に向けて、良い決断をされて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 14:53| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

【旅館ホテル経営の課題】社長!料理長に強く言えていますか?

旅館ホテルの社長は、元々、調理人ではないです。調理士資格を持っておられる方は少ないと思います。

そのため、調理場については、任せっきり。神聖な場になっています。
神聖な場というのは、暗黙の了解で口出しできなという意味です。

ところが、そうなるといつしか不正が起きます。業者とつながり、良からぬことが起こってきます。

また、発覚しても見て見ぬふりをする方もいます。理由は、注意すると、調理長はじめ、調理人全員が総上がりするかもしれないと思っているからです。

でも、そのような状態で健全な経営ができるでしょうか?

良い旅館ホテルの条件の一つが、社長が料理長に強く言えること。厳しく指導できることです。これが、できないと改善改革は進みません。

社長も調理場や厨房の中に入って、一緒に料理作りをするくらいが良いです。
調理場は本当に難しいですが、そこにメスを入れないと立て直しはできません。
是非、注意して、甘く見られないようにして下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:43| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

【地方都市の旅館ホテルの経営課題】ブランド食材に頼らないメニュー作り

ブランド食材を使うとわかりやすいです。集客しやすいです。
しかし、原価はかなり上がります。原価が上がるということは、価格が上がります。
そうすると、地方都市では通用しない価格になっています。

みなさん、どうされているのですか?と相談がありますが、繁盛しているところほど、ブランド食材に頼っていません。

調理の腕を磨く、最高の料理を提供されています。
地元の食材を使うという程度で、それ以上のものを追いかけておられません。
これも商売では大事なことです。

また、必ずしもブランド食材を使うと集客・売上アップにつながるということはないです。

逆に、頼らずにどういうメニューを提供するかを考えて下さい。

経営という面で考えると、それが最も大切です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 10:50| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

【旅館ホテルのブランディング戦略】女将さん不在の旅館ホテル経営?

女将さんは、旅館ホテルの顔です。どんなに優秀な男性支配人がいても、お客様は女将さんを見て評価されます。

それが、不在と言うことは、ブランディングが厳しくなります。

女将さんでブランディングする。それが、一つの戦略です。

しかし、元々、女将さんを置かないという旅館ホテルもあります。施設や料理・お風呂などで満足していただく、そういう考え方かもしれませんが、やはり人のふれあいが大事です。

逆に、女将さんがブランディングできているところは、抜き出ています。

また、若女将の指導教育、精進が未来を決めます。

女将さん不在ということがないように、もう一度組織体制を見直した方が良いです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 12:09| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【老舗旅館ホテルの立て直し】料理は手作り 〜一流の料理人を呼んできても売上は上がらない〜

やはり、立て直しは料理からです。ところが、会議で出て来るのは、東京や大阪・京都などから一流の料理人を呼ぼうという案が出てきます。

有名料理人、有名シェフ、本当の来てくれるでしょうか?
それと、報酬の問題もあります。かなりの金額が必要です。また、おそらく一人ではこられないです。部下と一緒にチームで来られるのが普通です。

そうすると、物凄く人件費負担が大きくなります。そのため、今の何倍も集客しないと、黒字にならないということが起こります。

それに、一流調理人の味が、受け入れられるかどうかは未知数です。特に、地元宴会などは心配です。

では、立て直しを行っている旅館ホテルが大事なのは何かと言うと、料理は手作りです。現状のスタッフで知恵を出し合って、考えること。この壁を超えないと、いつも人任せになってしまいます。

自分たちの手でおいしいものを作る。評判を取る。
何か一つでも人気の料理ができてきたら、そこから変わって行きます。

逆に、今の料理人の方が、一流料理人・有名料理人になって下さい。
それが、一番良い戦略です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:24| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

【由緒ある旅館・ホテルの立て直し】老朽化という問題 〜料理で挽回しよう!〜

フロントは綺麗だが、部屋は古い。また、それをお客様の声として、よく上がってきます。しかし、全館改装はできません。それに、旅館ホテルでは大きな問題を抱えています。

それは、耐震工事です。一般的には、大震災後、耐震工事を行って済んでしますが、旅館ホテルは手つかずです。

老朽化が激しく、耐震工事だけでなく、立て直しが必要な場合もあります。営業を止めて、改装するだけの余裕もないです。

さて、現実的な対応策ですが、部屋は直せません。直すとすると、料理です。料理の印象がよければ、評価も違ってきます。

ただし、今までのような料理ではなく、サプライズがあること。えっ!こんなの食べたことがないというような料理であったり、提供方法になっていること。

普通の旅館ホテルが提供しているレベルでは良くないです。もっと斬新なアイデアで、料理を組み直してください。

旅館ホテルもインスタで写真がアップされる時代です。
映える料理、是非、挑戦して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:25| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

【地方都市のホテル旅館の朝食改革】朝ラーメンはできないか?

朝食を食べてくれない。近くのコンビニエンスストアで買って来られている。

このままでは、徐々に朝食の売上は下がって行くでしょう。何か思い切った改革が必要です。

例えば、朝ラーメンはどうでしょうか?
一部の地域では大人気です。

朝ラーメンを提供できるなら、1日通して提供できるはずです。おいしければ、ランチ客も増えます。

昔は、ホテル旅館内で夜だけラーメンの提供をしているところがありましたが、町中においしいラーメン店でき、〆はそちらに行かれるようになっています。もう一度、おいしいラーメン作りを見直すべきです。

また、ラーメンでなくてもうどんという方法もあります。うどんとおにぎりの朝定食。
食べやすく、うどん好きの方にはたまりません。

朝食改革、必要な気がします。
それもドラスティックに・・・

これもホテル旅館の大きな経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 09:51| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

【地方都市のホテル旅館の経営課題】町一番のランチの繁盛店を作る

ランチ重要です。ランチで繁盛すれば、人が集まります。そうすると、それが今度は地元宴会やブライダルにつながって行きます。

人をどうやって集めるかが大きな課題です。だから、ランチに力を入れて下さい。

町中の飲食店に負けないくらいランチを売る。
ランチを食べるなら○○○のホテル旅館が良いという評判を取って下さい。

ただし、高級感があり、価格の高いものは敬遠されますので要注意。どちらかというと、庶民的なメニューの方が良いです。

ランチで評価を上げて行く。飲食店と同じ手法ですが、これが大事です。

ランチ売上をどうやって上げて行くか、早急に考えてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 05:22| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

【地方都市のホテル旅館のレストラン繁盛の条件】担々麺がおいしいこと

東京のホテルでは、人気の担々麺が数多くあります。なぜか、ホテルというと担々麺です。
ちょっと豪華なラーメン。そんなイメージがあるのかもしれません。

ところが、地方都市へ行くとまだまだそんなに爆発的には人気が出ていません。しかし、こういう人気メニューを作る、育てるというのも大事です。

単品メニューで人気が出れば、集客効果抜群です。

担々麺がおいしいホテル旅館。
そういっていただけると最高です。

担々麺の研究、必要な気がします。
posted by ノムリエ at 08:24| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

【ホテル旅館の経営課題】ブライダルのブログを丁寧に書く

雑誌広告に集客を頼っている。何とか、そこから脱却したいとみなさん考えておられます。しかし、何もせずに口コミだけで増えて行くということはないです。フェアも当然開催さらえていますが、それだけでは情報発信が弱いです。

ズバリ!ブライダルのブログを担当者が書くこと。挙式を挙げられた方に了解を得て、見てみたくなるような記事・写真を投稿して下さい。

どういう理由でここを選んだのか?
実際に挙式を行ってどうだったか?
どこが良かったか?
どういうことをして欲しいか?
等々、いろいろ書くことはあると思います。

また、挙式までのストーリーや現場で苦戦していることなども書いて下さい。

ブログで集客を図る。
これも今後の大きな課題です。
posted by ノムリエ at 08:32| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

【ホテル旅館の経営課題】耐震工事を行っていない。その費用がない。

どのホテル旅館も再投資する余裕がないです。特に、耐震工事は大きな問題です。築数十年の老舗旅館の場合、もう建て替えるしかないというところもあります。そうすると、数年は閉館です。

しかし、金融機関からの借入があり、それはできない。だから、営業を続けているというところが多いです。

金融機関も頭の痛いところです。もし、耐震工事を行っても客数が増え、売上が上がるかどうかはわかりません。

現状の借入にさらに再投資した分の借入が増え、さらに資金繰りは悪化します。

さて、どうするか?
関係者も交えての相談が必要になってきます。

本当に頭の痛い悩みです。
でも、いつかその時が来ます。
posted by ノムリエ at 10:26| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

【地方都市のホテル旅館の飲食店の経営課題】弁当強化・仕出し料理への参入

町中の飲食店は大苦戦中です。特に、居酒屋の売上が低迷しています。好調なのは、安いメニューを提供している大手チェーンです。

地方都市のホテル旅館の飲食店も苦戦されています。何とか立て直しを図ろうとされますが、なかなか上手く行っていません。

一方、伸びているホテル旅館では、弁当を強化されています。施設内で飲食するだけでなく、テイクアウトもできるようになっています。弁当の需要、年々高まっています。どういう展開を行うか検討する必要があります。

また、弁当の次は仕出し料理をなさっておられます。すでに、ホームページなどで告知をされています。

しかし、仕出し料理を行うのであれば、新聞折り込みチラシを年最低2回は打つ必要があります。

仕出し料理専門店は、この新聞折り込みチラシで集客を図っていますが、ホテル旅館でチラシを入れるところは少ないです。でも、この方法が一番効果があります。

秋のお彼岸に向けて今からチラシを作成する。
撒く時期は、お盆が最適です。家族や親族が帰ってきて、相談するからです。

これから、弁当・仕出し料理のマーケット狙う店は増えて行くでしょう。
どうするか、考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 08:36| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

【ホテル旅館のSNS課題】ドライブコースを投稿する

意外とネット上で人気なのが、ドライブコース。車や旅行が好きな方は、必ずチェックされています。

ホテル旅館も自館のことを投稿するだけでなく、こういう近隣のドライブコースを投稿することも考える必要があります。

お客様のニーズは何か、それを考えることも大事です。自分流でいくつもドライブコースを作り、少しでも目に付くようにし、集客アップを図る。

単に観光地をアップするだけでなく、ドライブコースも考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 05:19| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

【ホテル旅館の再生・立て直し】料理の評判はどうですか?

一番気になるのは、料理の評判です。決算書や申告書には、料理の評価は書かれていません。しかし、料理の評判が良くないと、利用していただけません。

まず、地元宴会に強いホテル旅館を作るべきです。そこから、口コミで広がって行きます。
宿泊客用の朝食やレストランに至るまで、食事がおいしかったとネット上に書き込みがあるくらいが理想です。

数字の改革以上に料理の改革、それをどうやって具体的にすすめるかが鍵です。
時には、調理長を交代させる。外から調理長を呼んでくることも考える必要があります。

メニュー一新。
そこから再生・立て直しがスタートします。

意外と料理は大きな経営課題です。
どういう改革を進めるか、このことも想定しておいて下さい。
posted by ノムリエ at 12:06| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

【ホテル旅館の経営課題】会議室のお試し利用

「会議室の利用料金、1回(初回)無料(飲食代・弁当代別途)」
会議室を一度、無料で利用してもらう。ただし、飲食を必ずしていただくことが条件です。

利用していただかないと、前に進みません。利用後も担当者の方にどうだったのか、お聞きし修正することが大事です。

また、この企画をSNSでアップして下さい。利用していただいた方の声も載せて下さい。

敷居を低くし、無料で利用していただき、広げて行く。
それが、最も良い戦略です。
posted by ノムリエ at 05:32| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

【ホテル旅館の経営課題】会議室の利用を増やす

会議室はあるが、利用されていない。綺麗な部屋で落ち着くのに、予約が入っていない。

もったいないです。ホームページなどに料金が記載されていますが、それだけでは厳しいです。

利用者を増やすには、おいしい弁当を出すこと。弁当が人気になれば、自然と利用者は増えます。また、会議室の利用は、宣伝のためとお考え下さい。

だから、弁当の原価も50%超え。それくらい、魅力のある弁当を出して下さい。

弁当がおいしければ、宴会につながって行きます。すべての商品・サービスで利益を取るのではなく、戦略的な商品・サービスも考えること。

町中では、弁当の人気が高まっています。弁当がおいしいという評判のホテル旅館を作る。これも大きな経営課題です。
posted by ノムリエ at 06:36| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする