経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年05月01日

【地方都市のホテル旅館の飲食店の経営課題】弁当強化・仕出し料理への参入

町中の飲食店は大苦戦中です。特に、居酒屋の売上が低迷しています。好調なのは、安いメニューを提供している大手チェーンです。

地方都市のホテル旅館の飲食店も苦戦されています。何とか立て直しを図ろうとされますが、なかなか上手く行っていません。

一方、伸びているホテル旅館では、弁当を強化されています。施設内で飲食するだけでなく、テイクアウトもできるようになっています。弁当の需要、年々高まっています。どういう展開を行うか検討する必要があります。

また、弁当の次は仕出し料理をなさっておられます。すでに、ホームページなどで告知をされています。

しかし、仕出し料理を行うのであれば、新聞折り込みチラシを年最低2回は打つ必要があります。

仕出し料理専門店は、この新聞折り込みチラシで集客を図っていますが、ホテル旅館でチラシを入れるところは少ないです。でも、この方法が一番効果があります。

秋のお彼岸に向けて今からチラシを作成する。
撒く時期は、お盆が最適です。家族や親族が帰ってきて、相談するからです。

これから、弁当・仕出し料理のマーケット狙う店は増えて行くでしょう。
どうするか、考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 08:36| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

【ホテル旅館のSNS課題】ドライブコースを投稿する

意外とネット上で人気なのが、ドライブコース。車や旅行が好きな方は、必ずチェックされています。

ホテル旅館も自館のことを投稿するだけでなく、こういう近隣のドライブコースを投稿することも考える必要があります。

お客様のニーズは何か、それを考えることも大事です。自分流でいくつもドライブコースを作り、少しでも目に付くようにし、集客アップを図る。

単に観光地をアップするだけでなく、ドライブコースも考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 05:19| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

【ホテル旅館の再生・立て直し】料理の評判はどうですか?

一番気になるのは、料理の評判です。決算書や申告書には、料理の評価は書かれていません。しかし、料理の評判が良くないと、利用していただけません。

まず、地元宴会に強いホテル旅館を作るべきです。そこから、口コミで広がって行きます。
宿泊客用の朝食やレストランに至るまで、食事がおいしかったとネット上に書き込みがあるくらいが理想です。

数字の改革以上に料理の改革、それをどうやって具体的にすすめるかが鍵です。
時には、調理長を交代させる。外から調理長を呼んでくることも考える必要があります。

メニュー一新。
そこから再生・立て直しがスタートします。

意外と料理は大きな経営課題です。
どういう改革を進めるか、このことも想定しておいて下さい。
posted by ノムリエ at 12:06| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

【ホテル旅館の経営課題】会議室のお試し利用

「会議室の利用料金、1回(初回)無料(飲食代・弁当代別途)」
会議室を一度、無料で利用してもらう。ただし、飲食を必ずしていただくことが条件です。

利用していただかないと、前に進みません。利用後も担当者の方にどうだったのか、お聞きし修正することが大事です。

また、この企画をSNSでアップして下さい。利用していただいた方の声も載せて下さい。

敷居を低くし、無料で利用していただき、広げて行く。
それが、最も良い戦略です。
posted by ノムリエ at 05:32| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

【ホテル旅館の経営課題】会議室の利用を増やす

会議室はあるが、利用されていない。綺麗な部屋で落ち着くのに、予約が入っていない。

もったいないです。ホームページなどに料金が記載されていますが、それだけでは厳しいです。

利用者を増やすには、おいしい弁当を出すこと。弁当が人気になれば、自然と利用者は増えます。また、会議室の利用は、宣伝のためとお考え下さい。

だから、弁当の原価も50%超え。それくらい、魅力のある弁当を出して下さい。

弁当がおいしければ、宴会につながって行きます。すべての商品・サービスで利益を取るのではなく、戦略的な商品・サービスも考えること。

町中では、弁当の人気が高まっています。弁当がおいしいという評判のホテル旅館を作る。これも大きな経営課題です。
posted by ノムリエ at 06:36| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

【ホテル旅館の経営課題】調理場の指導教育と一体化 〜給料を上げて欲しいと言ってきたら?〜

意外とホテル旅館の調理場担当の方から、給料を上げて欲しいという話、多いです。もし、給料を上げてくれないのであれば辞めてやるといった雰囲気があります。

そうすると、社長は慌てられます。もし、調理場の人が辞めると大きな痛手で、代わりを見つけるのがたいへん。

でも、まず調理場の仕事をどこまでできているか評価する必要があります。料理を作るだけが調理場の仕事ではないです。新メニューやコース料理の企画、既存メニューのリニューアルなどやることはたくさんあります。

また、できているホテル旅館では、調理場の人でも空いている時間は営業に行かれます。

だから、調理場の仕事一覧を作って、指導教育することが大切です。

それと、調理場というのは、人の入れ替わりが激しい職場です。もしものことも考えて、社長はいろんなところに声をかけておいて下さい。

一人の給料を上げると、みんな同じように上げて欲しいと言ってきます。それだけの余裕はありますか?

給料を上げる前に、業績を上げること。
業績が上がれば、給料が上がるということを教えて下さい。

会社と調理場が一体化していないとホテル旅館経営は上手く行きません。
注意して下さい。
posted by ノムリエ at 09:46| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

【地方都市のホテル・旅館の経営課題】異業種交流会を開催する

各地で異業種交流会が行われています。必死になって参加されている経営者の方もおられます。今の事業に限界を感じられ、新しい出会いを求めておられます。

ホテル・旅館では、スペースはあります。料理も提供できます。だから、やろうと思えば、異業種交流会はできると思います。

さらに、お付き合い先の金融機関の協力を得たり、各士業の先生方のお力を借りるという方法もあります。

異業種交流会が盛んになれば、地域活性化のお手伝いをすることにもなり、イメージがアップします。

場所やスペースはあるのに、開催しないのはもったいないです。

是非、異業種交流会の開催、検討してみて下さい。
posted by ノムリエ at 10:07| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

【地方都市のホテル旅館のコンサルティング】調理場・厨房と会社が一体化していない。ガタガタしている。

どうも調理場・厨房と上手く行っていない。会社の意向や方針を伝えても、独自で進めている。社長も調理経験者ではないため、グリップが効いていない。また、給料を上げて欲しいと言ってきている。

しかし、実際には、売上は徐々に下がっていて、何か対策を打たないといけない。でも、そのような危機感はなく、いつも通り仕事をしているだけ。

書面で何か報告というものもなく、原価計算などもやっていない。これでは、売上は下がって行きます。どこかで、しっかりと区切りを付けること。

そのためには、どのような立て直し策があるか、社長と一対一で話をさせて下さい。

ホテル旅館にとって料理は大事です。そこで良い評判を取らないと、業績は回復しません。厨房改革、それが最も大きな課題です。
posted by ノムリエ at 15:17| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

【地方都市のホテル旅館の人件費の見直し】料飲部・厨房の方の人件費の見直し

意外と地方都市のホテル旅館の人件費調査を行うと、びっくりするような給料になっている場合があります。

フロントや他の部門の方の給料は安く、料飲部だけ格段に高くなっています。売上に比例していれば良いですが、徐々に給料が上がり今の状態になっています。

特に、調理長の給料、適正かどうか気になります。

どういう仕事を各人が行っていて、給料・手当をいくら出しているのか、社長と確認して行きます。また、同時に世間の相場もお伝えします。

ホテル旅館の人件費が高い理由の一つが、社員対応が多いということです。町中の飲食店では、店長とサブの方が社員で後はパート・アルバイトさんです。

そういう仕組みづくりも考えないといけません。

これから、どういう体制で行くのが良いか、それを調査しアドバイス・提案しています。

もし、給料面に関して相談してみたいという方は、お気軽に問い合わせ下さい。
posted by ノムリエ at 11:34| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

【地方都市のホテル旅館の経営再建・立て直し】1日会議・打ち合わせを行います

会議・打ち合わせスケジュールは以下のようになります。
1.社長・女将との打ち合わせ
2.幹部会議
3.営業会議
4.宿泊会議
5.宴会会議
6.ブライダル会議
7.レストラン・飲食店会議
※金融機関との打ち合わせ

ホテル・旅館の場合は、事業内容が多岐に分かれているため、それぞれの部門の会議が必要です。各々の部門を黒字化させる。そのために、会議で詰めて行きます。

当然、部門後に宿題が出ます。それを次回訪問時までに行い、報告をいただきます。
時には、毎週訪問という場合もあります。それだけ急を要しているからです。

また、このような会議体系が存在せず、ただ単に営業しているだけというところが多いです。経営は、会議体系づくりからとも言われます。

だから、まず会議体系をビシッと作ること。
再建は、そこから始まります。
posted by ノムリエ at 10:07| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

【ホテル旅館の経営課題】社内勉強会を行っていない

窮状に陥っているホテル旅館。
立て直しが必要なホテル旅館。

実態調査を行うと、原因がわかってきます。なんと、社内勉強会を行っていません。手元の仕事をこなすだけで、教育する場がありません。

また、会議などもなく、予約を受けてお客様をお迎えするだけ、これでは厳しいです。一流の人材になるための教育を行う。これが課題です。

忙しいからと言って、教育する時間を設けないと人は成長しません。業績悪化もここにあるように思います。

だから、立て直しに入る時は、この教育と会議体系を作り、実施して行きます。当然、講師は私です。

1年で、人材になっていただくための教育を施す。
単に売上を上げるだけでなく、教育のことも考える。
それが、再生の近道です。
posted by ノムリエ at 15:12| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホテル旅館のブライダルの立て直し】原価計算を細かく出す

原価計算、行っていますか?
月別だけでなく、お客様別にも出して下さい。
これをやらないと儲かっているのかどうかわかりません。

また、在庫管理はされていますか?
例えば、ローソクなどお客様の数よりも少し多めに発注するため、いつしか半端の在庫が増えています。

意外とブライダルの半端な在庫、多いですので要注意です。販売できそうなものは、売店などで販売する。販売できないものは、在庫処理が必要です。

次に、実際にブライダルに関わった人の時間管理を行って下さい。ブライダル担当者以外の方が、ちょっとお手伝いした時の時間もカウントして下さい。

そうすると、意外と経費がかかっており、儲かっていないというのがわかります。

イメージやブランド力のためだけにやるのではなく、経営としてどうなのかを見極めること。そのためにも、細かく原価計算をすることが大事です。
posted by ノムリエ at 09:43| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

【仕事で利用するお客様が多い民宿の経営課題】料理がおいしいこと

民宿というと、一般的には観光客をイメージしますが、実は仕事で利用されるお客様を中心に営業されている民宿もあります。

同一エリアで何十件も同じようなスタイルで営業されています。それだけ、ニーズがあるのでしょう。

そういう民宿を調査すると、予約の入る民宿の特徴がわかりました。建物や施設の充実度よりも料理で決められるお客様が多いです。

だから、料理がおいしいところから埋まっていきます。

ところが、ある程度の夜定食は出せるが、凝ったものは出せない。一流料理人やシェフのようなものは提供できない場合、どうするか?

プロの方が通う料理教室のようなところで腕を磨く。
あるいは、腕の良い調理人を雇用するということも考えないといけません。

家庭的な料理。確かに良いかもしれませんが、お客様はそれを超えるものを期待されています。

だから、おいしいと評判の民宿は、いつも満室。
この課題をクリアしないと繁盛しません。

本当に大きな経営課題です。
posted by ノムリエ at 13:22| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【地方都市のホテル旅館の立て直し】レストランの売上が低いのですが、どうすれば良いですか?診ていただきアドバイスしてくれませんか?

何十年も経営してきたレストラン、徐々に売上が下がっている。メニューも変わっておらず、昔のまま。店長や調理人の方も変わっていない。

どこかで線引きをして、一度見直す必要がある。そう感じておられる方、多いです。
特に、調理人の方を変えずに、本当に立て直しができるのか、それを教えて欲しいとおっしゃいます。

店を見せていただき、メインメニューなどを試食させて下さい。
メニュー表なども見せて下さい。

その上で、どういう立て直しの方法があるか、提案させていただきます。

難しい局面の場合もあります。自社運営でなく、委託や貸すという方法も考えてみるというのも一つの方法です。

1日訪問させていただけましたら、アドバイスさせていただきます。
posted by ノムリエ at 11:05| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

【地方都市のホテル旅館の1日訪問コンサルティング】方向性を出して欲しい

売上が徐々に下がっている。ピーク時の〇分の1。
これからどうすれば良いか?
今後、経営して行く上での方向性を示して欲しい。

そういう依頼があります。1日、お話をお伺いできれば、方向性をご提案させていただきます。基礎資料も見せて下さい。

また、1日宿泊していただき、診断して欲しいという方もおられますがOKです。

老朽化し、補修・改修、耐震工事が必要になっている場合、投資をすべきかどうか迷います。客数アップに直結するわけではないですし、難しい判断です。

調理場の従業員も高齢化が進み、新しい風を吹かせないと新規客が増えない。

いろいろ頭の痛いことがあると思いますが、一度事業を棚卸し、見直すことが大事です。有意義な1日を作って、改善・改革を図りましょう!
posted by ノムリエ at 07:12| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

【地方都市のホテル旅館の経営課題】ビアガーデンが開催されるまえに早割チケットを販売する

ビアガーデンが成功するかどうかは、早割チケットの販売数でわかります。もうすでに営業担当の方が販売されているところもあります。

ここで数字を読むことが大事です。

それと、営業してもなかなかチケットが売れない場合、お客様から意見を聞いて下さい。
・価格が高い
・料理数が少ない
・ドリンクが少ない
・客席が良くない
・料理の中身に不満がある
・名物料理がない
・イベントがない
・トイレが遠い
・接客サービスが良くない

これらは、ほんの一部ですが、お客様が何か不満に持っておられるかもしれません。
成功しているところは、前年度利用された方が必ず早割チケットを購入されています。

だから、このできていない部分の改善を図ること。それと今なら間に合います。大幅な修正も考えてみて下さい。
posted by ノムリエ at 09:37| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

【地方都市のホテル旅館の経営課題】メルマガはよく来るが、宿泊の情報に偏っている

メルマガを見るのは、過去に宿泊したことのある方が中心となるため、宿泊情報ばかりです。

レストランや宴会、ブライダルの情報なども流されてはいかがでしょうか?

レストランや飲食店の新メニューや季節メニュー、見てみたいです。

それと、ネット上では、ちょっとしたことで売上につながる場合があります。メルマガに流した情報をSNSに流すということもできます。

宿泊稼働率を上げるだけでなく、様々な部門の売上を上げることを考える。
メルマガの使い方も考えた方が良いと思います。
posted by ノムリエ at 05:33| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

【地方都市の小さなホテル・旅館の営業の立て直し】フロントの男性社員の方、外回りの営業していますか?

窮状に陥る原因は、外回りの営業をしていないこと。電話やメールでの予約を待っているだけ。あとは、ポータルサイトの更新とメルマガの配信を行っているくらい。

これでは、厳しいです。営業部というのがないため、余計にそういうふうになっています。

誰かが営業に行かないと業績は上がりません。世の中には、稼働率が95%を超えているホテルもあります。それは、社長や役員の方が、毎日外営業で宿泊予約を取ってきているからです。

外回りの営業や電話営業を行うこと。それを説明し、実践に移していくことから立て直しは始まります。

特に、トップ営業も大事です。社長が営業に出れば、決まる確率も上がります。また、社長が動くことによって社員の意識も変わってきます。

そのためには、まず営業リストを作成すること。過去に利用いただいた方のところへ営業をかける。

チャックアウトが終わったら、掃除をして、チェックインまでの時間は、営業に専念する。それが、理想のあり方です。

営業癖をどうやって付けるか、大きな課題です。
posted by ノムリエ at 05:31| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

【ホテル旅館の宴会場の全面禁煙】どこまで影響があるか?

行政が全面禁煙を進めているところもあります。観光誘致のためらしいですですが、地元宴会が心配です。

特に、地方都市では地元宴会は、大きな柱です。自由に食事ができるため、人気です。

大きなホテル旅館では、喫煙ルームというようなところがありますが、宴会中にたばこを吸うために席を外すというのは、あまり良くないです。

また、喫煙ルームを持っていない場合は、外などで吸うことになります。

たばこが吸えないのなら、食事をしたくないという人が出てきたらたいへんです。何らかの対策が必要です。

また、予約が入った時に、どこでたばこを吸っていただくか、それを説明する必要があります。

実際、全面禁煙でどうなるか、わかりませんが、今から考えておく必要があります。
posted by ノムリエ at 05:24| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

【地方都市のホテル旅館の経営課題】稼働率を上げるために大幅値引きで販売

最近よくポータルサイトやメールで大幅値引きされた商品を見ます。どんなに内容が充実していても、価格が一番大事です。

お客様から見て高いなぁ。これでは、利用できないと思われると予約は入りません。折角、作ったプラン利用者が0では稼働率が上がりません。

ホテル旅館では、稼働率が最も重要です。部門別損益で見ても宿泊部門の粗利率は高いからです。ホテル旅館全体の利益率を上げるには、宿泊部門の売上を上げることが効果的です。

だから、値引きしてでも宿泊利用者の数を増やすことを考えないといけません。

特に団体客ではなく、個人のお客様を増やして行くこと。そのためには、いろんなサイトに企画を告知したり、SNSなどで特別な情報を流すことが大切です。

また、他館がいくらで販売しているのかもチェックして下さい。
posted by ノムリエ at 05:30| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする