経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年11月14日

【経営コンサルタントの大事な仕事】ワイン5本は何のため?オーナーの愚痴を聞く。。。?

昼間7時間、夜7時間。

計14時間。

朝10時からのスタート。

重要なのは夕刻17時からの7時間。

人には言えない悩みの解消の場。
それを自然と設けれるようになれると一人前とか。。。

経営者の方は孤独です。
誰にでも相談できる訳ではないです。

自分の思っていることをとりあえず全部聞いて欲しい・・・・

経営の話も最初はありますが、徐々に愚痴に・・・

話を聞いてあげることが仕事。
経営のことではないのでジャッジはしません。
ただ聞くだけ・・・うなづいているだけ?

愚痴をこぼしていただけるようになると信頼関係が築き上がった証拠です。
信頼する方にしか愚痴はこぼさないでしょう

一つ一つが納得のいく話。
簡単に処理できないからこぼされます。

でもそんな場を積極的に持ってほしいです。

コンサルタントの仕事は昼よりも夜が重要!
夜のお付き合いで良い悪いが決まります。

この夜の時間をどう活かすか?
それが翌日からの経営に敏感に関わってきます。

だから気を抜けません。
酔ったようで、酔ってないような・・・
ワイン5本は余りにも多すぎるのですが、悩みをすべて吐き出されるまでは、完治しないと腹をくくってお付き合いさせていただいています。

愚痴どんどん吐き出して下さい!
そこからがスタートです。

もう上っ面の経営数値分析や提案の時代は終わったような気がします。

本音でぶつかる!
そんな良好な関係を築いていきたいです。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


posted by ノムリエ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

【企業活性化の現場から】みんなで決める?合議制は通用するか?

今、決断、スピードの時代!
トップ率先が当たり前!

よく業績が悪くなってきたので、従業員の方の意見を聞いて立て直そうとされるところもあります。

社員の希望を聞く?
愚痴や不満ばかり出てきませんか?

それで大丈夫ですかと聞きたくなります。

大事なのは社長や幹部の方の決断です。
失礼かもしれませんが、従業員の声を聞いていてもしようがないです。

集中と選択で何をするか?
それを決めて実践することが大切です。

決定事項が良いか悪いかなんてだれもわかりません。
即決、即実行こそが大切です。

その癖付けができていないからこそ、業績が悪化しているのです。

だからトップや幹部の方の意思決定が大事なんです。

迷いがあるからこそ、従業員の声を聞いてみようとなります。
しかし、会社に不満のない従業員なんていません。
聞いていると、愚痴や不満がたくさん出てきます。そうすると収集がつかなくなります。

みんなの意見を聞こうなんていう生ぬるいものではないはずです。
経営は生き物です。決断とスピード上げませんか?

具体的には、トップと幹部の方の打ち合わせや会議の場を今以上に設けて、そこで業務を処理していくことです。

経営はトップで99.9%決まると言われます。
トップの迷いが数字に表れてきます。自分を強くして、良いジャッジができるようにしないと会社はおかしくなります。
経営者は孤独です。自分との闘いです。

そのためには決断を早くする癖付けが大事な気がします。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


タグ:合議制
posted by ノムリエ at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

【現場最新報告】棚卸ができない理由は?

棚卸ができる状況でない!

大掃除から始めませんか?

棚卸の前にキッチンを片づけない限り、
棚卸ができる状況ではないです。

よくスペースがないという話も聞きます。
本当にスペースがないのでしょうか?
整理整頓をやっていないのでスペースがなくなっていたのではないでしょうか?

できていないところはどこもこの調子です。

棚卸を毎月やっていないお店ほど、整理整頓ができていません。
はっきり言わせていただきますと汚いのです。
物があふれています。
食材以前に器や器具を整理しない限りなんともできません。

だから、1ヶ月に1回使用しないものは店外に出すことです。

食材の置場所を決めてください。

できているお店、綺麗なキッチンのお店に聞きました。
どうなさっているのですか?と・・・

月に1回、大掃除の日を決めて整理しているそうです。

ということは、棚卸をしっかりとできるようになるためには、
大掃除の日を決めて、綺麗にすることです。

またパートさんやアルバイトさんを雇用、面接する際に、
手の空いた時は掃除をして下さい。
と日頃から掃除をする癖を店に付けることです。

棚卸は、掃除癖から・・・

今一番気になっていることです。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


タグ:棚卸 大掃除
posted by ノムリエ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【現場最新報告】人が足りない?

どの現場へ行っても皆さん人が足らないとおっしゃいます。

ところが業績はどこも良くないのです。
そんな状態で人を入れたらどうなるでしょうか?
ますます業績は悪化します。

人が入ると効率化されるでしょうか?
否。
それは今の従業員の方が楽になるだけです。

売上が上がるのだったら人は入れます。
でもどの企業も人は入れません。
なぜなら、そんなことで売上が上がらないとわかっておられるからです。

業績の悪い現場ほど、人を入れて欲しいと愚痴を言われます。

数字でモノが言えるようにならないといけません。
それもお店を預かっている管理職の方なら尚更です。
一人当たりの売上などから算出して、業界平均と比較して、足らない、少ないと判断されたのなら良いでしょう。

しかし、ただ人が少ない、少ないとわめいているだけでは根本原因の追及になっていません。
本当は人が足らないのではなく、おそらく業務の進め方等が良くないから人が足らない状態になっていることが多いです。業務改善が必要です。
でもその具体的なやりかたをご存じないので、現場での人件費がかさみ、仕事量も増えるという悪循環に入っています。

逆に現場の方から「人が足りません。人を入れて下さい」という声が聞こえてきたら、業務改善のシグナルなど思った方が良さそうです。

当然、人は入れずに、業務の改善に当たって下さい。

社員のわがままや愚痴は、業務改善のシグナルです。
できる幹部の方は、この声を現場に活かされます。

社長のところにまで耳に入った時では、遅いです。
それまでに対処されることが理想では・・・



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


posted by ノムリエ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

【部下育成のコツ】自分がイキイキしていること!

間違っても教えてやろうとか、与えてやろうと思わないこと。

下の方はそんなことを期待していません。

上司気取りで立ち回ったところで何も変わりません。

人を変えようなんて思わないことです。
自分の奥さんや子供でもあなたの言うこと聞きますか?
自分の思うように子供が育ってますか?

人間には意志と環境があるため、成長は人それぞれです。

だとするとどうすれば良いのか?


自分が目一杯幸せになること。
イキイキとしていることです。

この前、ある銀行の支店長さんにこう言われました。
「武内さん、楽しそうですね。なんでぇ?」

そう言われても毎日、お客様のところへお伺いさせていただきいろんなお話が聞け楽しいです。繕っているわけではないです。

他人から楽しそうに仕事をしている、暮らしているところを見せるのが大事ではと思います。

イキイキしている上司のところに部下は集まります。
「今日、飲みに行こかぁ」ではなく、
「部長、今日一緒に飲みに連れて行って下さい。いろいろお話を聞かせて下さい」と言われたことはあるでしょうか?

部下に誘われる。部下が話を聞きたがっている。
人に好かれ、仲間からも慕われる一回り大きな人間を目指されてはいかがでしょうか。

部下を育成するのではなく、まず自分を磨くことの方が大事なような気がします。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



posted by ノムリエ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

【ネット通販戦略】米が売れている?

お米屋さんには悪いですが、ネットで米が売れるんです。

それもこだわったお米ではないんです。
不思議です。

新潟コシヒカリや有機や無農薬でもないです。

単なる普通のお米です。

近所のお米屋さんやスーパーで買っても良いのではと思うくらいの商品です。

最近よく耳にするのは、
主婦がお父さんに「お米買って・・・」と言うそうです。
昔は、近所のお米屋さんや郊外のショッピングセンターなどへ買いに行っていたのが、パソコン画面へ・・・

適当にキーワードを叩いたり、ショッピングモールへ入ったりしてお米を買われるそうです。お米を買うのは、お父さんの仕事のようです。

女性はパソコンよりも携帯電話の使用が多いです。
そこでお父さんの登場です。いつも会社でパソコンは叩いていますのでネット通販はお得意です。GoogleやYahooでの検索は、歯磨きと同じくらい日常的なことです。

では売れているお米は?
ズバリ!
10kg・5000円以下の普通のお米です。
それに送料・代引き手数料無料ならかなり有利です。

ネットでは何が起こるか予想がつきません。
最初、お米屋さんのネット通販のお手伝いをさせていただく際に、こだわった米や玄米、雑穀なんかが良いのではと予想していましたが、違った結果が出ています。

後発参入なので、かなりこだわっていないとダメなのではと思っていました。

しかし、普通の低価格の米も売れることがわかりました。
このことは、米は商品そのものの価値以上に、購買方法に魅力を感じた方が購買されているのだと思います。

つまり家庭にいて、お米がなくなった時に、明日の夕方着でお願いします。とメールがきます。宅急便ですから時間指定できます。重量物ですのでこんなに便利なことは実はないのです。

それで思ったのは、かなり素晴らしいサイトと商品を揃えないと米は売れないのではと思っていたのが、購買方法に特徴を出して売ることも可能だということです。

失礼かもしれませんが、お米にあまりこだわりがなく、でもなくてはならない方が便利なところから購入されるのは当たり前です。

商品そのものを差別化して商売をする方法もありますが、購買方法を差別化する方法もあります。

どうもこちらの方法を疎かにしてきたような気がします。
お客様の便利性や購買している状況を想像しながら、提案していかないと、自分のやり方や生活環境が普通だ、当たり前だと思っていると大きな落とし穴にはまるかもしれません。

お米自体にはこだわっていないが、お米を必要としている方へのアプローチ。
面白いマーケットがまだありそうです。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


posted by ノムリエ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

「試食させて下さい」 このコメントのみが問い合わせ窓口にありました。

昨日、このような内容の問い合わせがありました。

私がお手伝いさせていただいているお米屋さんのブログ型ホームページへの問い合わせです。

メール内容を調べてみると、名前・住所・電話番号・メールアドレスなどきっちりと入っています。

少しわかる気がします。

ネット上で綺麗な画面やいかにも美味しそうな内容やコメントがあると食べたくなります。

しかし、店頭では試食は可能ですが、ネット上ではちょっと・・・

でも折角、問い合わせがあったので何とか対応したいと考えておられるようです。手に触ったり、食べたりできない不安を解消すると、面白いマーケットがあるかもしれません。

例えば、お米の場合、いきなり5kg・10kgを購入するのは二の足を踏むと思います。お客様は、もうどんなコメントにも騙されなくなっています。

確かめてから買いたいという気持ちが強くなっています。

できるだけ、試食を実現させていきたいです。
サンプル配布を積極的に行うことも大事かもしれません。
負担が大きくても自信のある商品なら、送られてみてはと思います。そこから固定客になれば、こんなに安い販促費はないです。

あるいは送料のみ有料というのはどうでしょうか。。。

自社負担販促。

これが少しヒントになりそうです。
すべてがお客様持ち、お客様のリスクというのではなく、
自信があればすぐに送ってあげれば・・・

誰もやっていません。
だから面白いです。

即、決断!
検討しませんか?ではなく、
やってみませんか?


今こちらのお店で実施されていますのは、業務用のお米です。
内容はこんな感じです。

「業務店様へ!
業務用のお米のサンプル1kg
送料無料で送らせていただきます。
ご興味のある方は是非、お申し込み下さいませ」

詳しくはこちらからどうぞ・・・
    ↓
玄米、無洗米、お米のネット通販! 米屋赤井

参考にされて下さい。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



タグ:サンプル
posted by ノムリエ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

2月に何をするか?

景気は最悪。
株価も最悪。

どこの企業・店も苦戦中です。

例年になく今年の2月は悪そうな予感です。

2・8と言ってこの2月は1年の中で数字が悪い月です。

逆に調子の良い企業・店は、この悪い時の数字のへこみが他社、他店に比べて
少ないです。悪いところほど、この落ち込みが大きくなります。

では2月どう対処すれば良いのか?

2月に数字を上げるか?
3月に数字を上げるか?

現実的には、3月以降の準備期間に当てられてはいかがでしょうか?

特に低迷の理由を早急に見つけることです。
新しい仕掛けを企画することです。

できれば今までとは違ったやり方、取り組みを行うこと。

無理な急拡大よりも利益の出る体質へ。
減収増益でもOK!


昨日もクライアント先の方のところで打ち合わせをしていましたが、いろんなセミナーのパンフレットが昨年末から今年になって急に増えてきたという話をお聞きました。

みんな苦戦しているのだと思います。
しかし、チラシやパンフレット頼みでは経費がかかるばかりです。
それに反響率もかなり下がっていると思います。

チラシや紙媒体に頼らない集客方法を開発することが急務だと思います。

長期的には、人脈で商売をする、事業をするのが理想です。
このような方は、大崩れされません。


☆チラシなどの紙媒体からネットや携帯電話を使った販促に切り替える。
勇気はいると思いますが、いずれは携帯電話からのメール配信が一番効果が出てくると予想されます。新しい仕組みにチャレンジする時期かもしれません。

☆人脈作りを心掛ける
新しいお客様が増えていますでしょう?人脈の幅がと売上はイコールだと言われます。お付き合いの幅を広げていかないとよくないです。来店客の新規顧客ではなく、自分の周りの人脈づくりです。
これがあると新しい事業の話がきます。

☆新商品・新企画を出す
当たらなくても良いと思います。新商品・新企画を出すことに意味があります。
組織の活性化、社内の活性化につながります。新商品を出さないとどうしても企業や店は停滞します。それに3月は1年の中で一番、新商品・新企画が出しやすい時期です。

☆成果の上がっていないもの足を引っ張っているものを思い切って止める。
成果が出ていない、利益が出ていないものは止める。3年やって利益がでないなら止められてはと思います。区切りの年数をしっかりと持つことです。

☆中身の濃い、ミーティング・会議の実施
打ち合わせではありません。討論会でもありません。まず、止めることを即判断して実施に移すこと。今の課題を上げて、即改善すること。
ミーティング・会議は1時間以上やっても意味がないと考えます。ミーティング・会議では、決断・判断する場にされるのが理想です。業績が低迷しているときほど、ダラダラと愚痴が出てきて長時間やっているところが多々あります。

☆一人一人の意識を高めること
幹部の方からモチベーションを上げて、業務に真剣に取り組むこと。
過去の業績や成果は捨てて、今を見つめること。考えること。
従業員に今の状況を把握させて、身近で成果達成可能な目標を設定してあげて下さい。


目先の売上や成果を追いかける以上に、
事業内容そのものを見直されてはいかがでしょうか?

大ピンチなときほど、それができるチャンスです。

少々の改善では、3年後・5年後、また同じことが起こります。
大きく枠組みを見直すこともたまには必要です。

業績や事業内容よりも“活きた2月”にされてはいかがでしょうか?

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





タグ:景気
posted by ノムリエ at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

店名のコンセプトとは違うお店をネット上に出店する

リアル店舗と同じものをネット上に作っても面白くない。
違った切り口のお店をいくつも作った方が面白いかも???

通常は、リアル店舗の延長として、ネット上にお店を出店されているところが多いと思います。
商品分類もそのまま同じです。

それも良いですが、せっかくネットにお店を出されるのであれば、違った切り口やテーマで出店されても面白いのではと思います。

今お手伝いさせていただいている酒販店様のネットショップでは変わった切り口で商品分類を行っています。
今まで、楽天とYahooに出店されていました。普通のワインショップと同じように国別、地域別の商品が並んでいるお店です。
これでそこそこ売上げを上げられました。

それで今回は、違ったテーマ・コンセプトで立ち上げることにしました。
店名は、「今最高においしいお値打ちワイン、ネット通販のはない」です。

店名・企業名ではなく、お店のコンセプトを前面に出した名前にしています。

企画では、
「女性におすすめのワイン」
「がぶ飲みワイン」
のコーナーを作っています。

商品分類も500円以下、1000円以下、1500円以下、2000円以下、3000円以下と価格で切っています。オーナーからの希望ものあり国に関係なくリーズナブルなワインを中心に売っていきたいとのことで、このようにしました。

ひとつお気に入りのワインが見つかり、そこから1000円以下で何か商品を探そうとしたときに、この分類だと便利です。

おそらく今後、500円以下、1000円以下のワインが売れるのではと予想しています。

今年(2008年)の正月明けから本格的にスタートしました。
アクセス数が異常に多いです。
1日100件以上あります。

今までの楽天のお店やYahooのお店で買われていた方ではない方が、来られているようです。今までとは違った客層が取れこめそうです。

テーマやコンセプトを変えると違った顧客層を獲得することができます。

リアル店舗でテーマやコンセプトを変えて店を作るのは、リスクが大きく、経費がかかります。ネットはリスクもなく経費もそんなにかかりません。

時流の変化とともに店舗展開の意味合いが変化してきているのかもしれません。

ネット上で、商品は同じで自分がやってみたかったテーマやコンセプトのお店をやってみませんか?

ネットでは遊び心がないと面白くないと思います。
自分の夢ややりたいこと、実現されませんか?

それとテーマやコンセプト変えると意外なことが起こります。
通常の売れ筋ではない商品が売れます。
特にブログ型のホームページでは、記事として投稿したその商品が売れます。
上手に活用すると、在庫処分も行えます。

かわいい商品を一品ずつ、紹介するだけです。

それに本格的な話や情報を書いたり、裏話などを書きます。
接客時には話しきれないことを少し書くとアクセスが飛躍的に伸びるようです。

単に売上を上げることが目標ではなく、
違う意味合いを持たせた方が、自分のお客様も面白いのではと思います。

やりたいことを売上にする。
それがネット上のブログ型ホームページではできそうです。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ




タグ:ネット
posted by ノムリエ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

成果の上がったブログ型ホームページ最新報告

ご紹介させていただきます。(感謝)
クリックして下さい。
    ↓
☆今最高においしいお値打ちワイン、ネット通販の酒のはない

☆玄米、無洗米、お米のネット通販


昨年12月(平成19年12月)にご依頼のあったブログ型ホームページ作成1ヶ月後に成果が出始めました。

しかし、制作はまだ終わっていません。いったん完成という段階で、日々、追加更新しているためです。

通常のホームページは、作ると終わり、後はお客様が見にきてくれることを祈るだけ。
そこからメール会員を募集して、メールアドレスを保有し、配信するというパターンが多いと思います。


では、今回、このブログ型ホームページが成果を上げた理由を少し検証してみます。

【検証−1】メルマガとブログの違い
メルマガは固定客の方に配信しますので、1日3回以上配信すると嫌がられます。
ブログの利点は、1日何回更新してもOK!
お客様に迷惑がかかりません。
だから1日数回更新すると、ページビューが数百ページになっていました。
それにこれが続くと、単純にSEO対策されて、検索ワードで上位検索されやすくなります。

ホームページへのアクセスで1日100件もアクセスが


【検証−2】アクセスアップのブログで成果を出す
ブログがアクセスアップにつながる、反響率が高い、SEO対策になるというのはわかっていましたが、そこから成果につなげる、購買につなげれないか考えていました。
単純に言いますと、ホームページでの商品案内とブログでのアクセスアップの双方の利点を活かしたものが欲しかったです。
だから今回はブログのテンプレートの左側にショッピングカートを設定し、ブログ上で商品が購入できるものを作りました。
商品一覧からショッピングカートへ と
記事記入欄からショッピングカートへ飛ぶように設定しています。


【検証−3】運営管理の方法
「ホームページやブログができました。
今日から記事記入や更新ができますよ。これで完成です。よろしくお願いします。」
と言われても・・・
モノを売っているのではないと思います。
お客様(依頼主)は、商品を購入されたのではないのです。
お客様の希望・要望は、ネット上で商品を売れるようにしたい、成果を上げたいというのが本音だと思います。
作られたものを渡されても何の意味もありません。

大事なのは成果が上がるように全面バックアップ体制で臨むことです。
そのための一手段としてホームページやブログなどの道具があるのです。
道具を売っているだけでは成果は上がりません。
コンサルティングスキルを身に付け、経営をトータルに見て、ネット上の戦略を構築し、実践していくことが必要です。

だから、正直申しまして、私は自分が得意な業種、分野の方の仕事しか受けていません。受けれないのです。
いくらブログ型ホームページが成果が上がるからといってもその業種・業界のことを知っている方が、コンテンツを企画し、運営しないと無理だと考えているからです。

いい道具を持つよりもその道具を上手に活かせる方がいないと意味がないです。
プロの野球選手も道具が悪くてもホームランを打ったり、いいピッチングはできると思います。使い手の能力の方が道具より上です。

道具に頼ったネット戦略を構築するためあまり成果が出ないのだと思います。


【検証−4】完成した後のさらなるパワーアップのサポート
ホームページやブログもスポーツ選手と同じです。
今、アメリカの一流選手のトレーナーやサポートされる方は、選手一人につき15〜20人付いているそうです。
選手が主役なのは変わりないですが、そのサポート体制がないとよい成果が上がらないと知っているからです。

ホームページやブログも書き手や、企画を立案することだけが大事なのではなく、それ以上にサポートしてくれる方が大事です。
毎日、記事を書けばアクセスがあがりますよ。がんばって書いてみて下さい。
と言われても・・・
実は、今回このサポート体制が功を奏しました。
記事更新以上に、ピングやリンク、タグなどありとあらゆることをプロの方にバックアップしてもらいました。
そうすると、その裏からの仕掛けをした瞬間、アクセス数が飛躍的にアップし購入につながりました。
いくら良い記事を書いても限界があることがわかりました。

システムエンジニアのプロの方の仕事。

これが不可欠です。
成果の上がっていない方はどうもこの点が一番欠けている気がします。


【検証−5】依頼主との関係
依頼主と業者の関係でホームページやブログを作成、運営していると
成果は上がらないような気がします。

物を売り買いするだけの関係では、親身になった成果を上げようと両方とも思わないでしょう。

できれば、その依頼主の方の従業員やスタッフの感覚で、成果を上げるために最善の努力をする。そういう姿勢や関係が理想だと思います。

だから片手間ではできないのでは?

感情移入するくらい、親しい関係。
お互いが尊重しあい、気持ちの良い仕事がしたいものです。

まだスタート準備段階。

成果が上がり次第、ご報告させていただきます。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



タグ:ワイン
posted by ノムリエ at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

勉強しながら成果が上がる

これって理想だと思います。

なかなか勉強できる機会も少なくなっていると思います。
直接の仕事とは関係のない分野の勉強は、楽しいです。

通信講座やスクールに通って何かを習得する。
私も何かしたいと思っていました。
しかし、何をしようかと迷っていました。

ところが2年前からブログに出会いました。

最初はブログの記入・投稿で精一杯です。
とにかく、書くことに注力していました。
半年後、自分のブログはジャンルごとに3つになりました。

すごく楽しく、回りの方からのコメントなども入ってきます。
それで私のお客様にブログをすすめました。お客様とのツールの一つとして。
ブログに金券やクーポン券を付けると全く知らない方がそれをプリントアウトして持ってこられます。何らかの形で成果が出ています。
ところがこの時点で私は、さらに4つの他社ブログも代行して書いていました。

まずは、書くことにはなれました。

次のステップです。売るためにどうすれば良いのか?
ブログでモノを売る?
最初は、ブログにそんな機能を付けれること知りませんでした。

プロの方のアドバイスや協力を得て、徐々にブログでできることがわかってきました。私の目指しているものが形として出来上がってきました。

ピングの設定や相互リンク、ブログ村への登録、アマゾンのアフィリエイトへの参加、他社商品の販売など、毎日毎日進化している気がします。

ブログはいったんテンプレートが出来上がると、あとは記入だけと思っていましたが、次から次へと課題が出てきます。
プロの方から見るとまだ全然だとか・・・

日々勉強しています。

昨日うれしい知らせがありました。

昨年末作成させていただいたブログ型のホームページで商品が1つ売れました。
やっぱり作成してアクセスがあるまで1ヶ月かかるんですね。

普通のホームページではこんなに早く成果は出なかったと思います
それに画像が出来上がった瞬間に勉強しなかったと思います。

日々勉強できて、それが実感できて、成果が上がるって楽しいです。
やりがいがあります。

四十の手習いではないですが、いくつになっても学ぶ姿勢が大事だと思います。
でも、ただ学ぶだけではつまらなく、飽きてしまうと思います。
成果が出ながら学べるものが理想のような気がします。

それに自分ひとりで勉強しても限度があると思います。
良い師や仲間に助けていただかないと、よいものができません。
成果を出すには、良い先生に教えてもらうことです。

学ばなくなった時に成長が止まると言われます。
新しいものにチャレンジする姿勢や気持ちを大切に、学び続けたいと思います。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

posted by ノムリエ at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

販促に大事なのは、お客様の購買履歴!

何が売れたか?以上に
誰が何を買ったか?の情報が欲しいです。

売上ベースでABC分析は出ていると思います。
何がどれだけ売れたかと情報です。

これを販促につなげようと思うと、
売れているものを中心に企画を組みます。

しかし、これではお客様の顔が見えていない状態で販促を打つことになります。
このやり方だと、お店の売りたいもの中心の販促になり、どうしても効果が薄くなります。

今の時代、大事なのはお客様別に販促を打つことです。
顧客別マーケティング、客層別マーケティングが大事です。
闇雲に販促を打っても反響率は下がる一方です。

店側で顧客履歴が取れる状態が理想です。
例えば小売業の場合、POSデータで売上管理をされていますが、チラシなどのマス販促以外に、DMやメール、あるいは電話などでそのお客様の好みの商品の案内をかけるのが理想です。
そのためには、データ収集のためのシステムや投資が必要です。

最近流行の携帯メール販促もそうですが、情報を月数回配信できる便利な仕組みが出来上がっています。既成のもので優れたものがたくさん出ています。料金も格安になっています。
しかし、メール会員様全員に同じ情報が流れているのでは、成果があがりにくいと思います。この場合も同様に会員様の購買履歴が欲しいです。
ということは、この携帯とPOSが連動していないと携帯メールも意味がないかもしれません。単なる値引き情報のメールでしか使えないからです。

実際、各企業様へお伺いしていますとこのパターンが多いです。
携帯メールのアドレスがこちら側で操作できないのです。
携帯メール配信ソフト会社の管理下にあるため、それを加工したり、分けたりすることができません。

理想は、こちらのやりたいことをあらかじめ伝えられて、それに見合うソフトを使用することです。
無理であれば、プロの方に頼んで作ってもらうしかないです。でも今は結構安くなっていますし、フリー(無料)のソフトを使えば、意外と低料金でできます。

今現場を回って欲しくて欲しくてたまらないのが、携帯メールアドレスです。
さらにこれをお客様雄購買履歴で分けたいです。
どうしても無理ならば、お客様に登録時にアンケート形式で、5つくらいの商品分類の中からお好みのジャンルを選んでいただき登録することです。
これだけでも絞込みが行えていますので、反響率は高くなるはずです。

サービス業においても同様のことが起こってきています。
いつご利用されたかの履歴が欲しいのです。ノートやパソコンで管理されていると思いますが、それを実際の販促に活用することです。

無駄な情報はお客様の飽き飽きしています。
お客様の欲しい情報を鮮度良く伝える仕掛けが大切です。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

posted by ノムリエ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

すべてをネットで解決しようとするのは危険!

昨日、あるサービス業の仕事の依頼が来ました。

早速、打ち合わせ。。。

お話を伺っているとどうも通常のイメージの店舗とは違うようです。
若い女性の方がお客様に多いと思っていたのですが、主婦層の方が多いとか。

目的は、当然売上アップです。

価格を上げないのであれば、客数を増やしかないです。
この客数アップですが、客層に合わせて対策を打つ必要があります。
若い方が多いのであれば、当然パソコンや携帯が効果的です。
しかし、パソコン・携帯世代でないなら、無理をしてネットを使わなくても良いのでは???

一番簡単なのは、ポスティングです。
簡易チラシをポストへ投函する方法です。

新聞折込チラシも良いのですが、新聞を取らない方もおられますし、折込されている枚数も多く見ていただける確率が低いです。
あるいは、駅や店頭でハンドビラも考えましたが、来店客の客層と合っていないのであれば効果は薄いかもしれません。
特に主婦層を対象とした商売の場合、駅に主婦は行かない。駅は、男性のサラリーマンの方か学生さんが多いと思います。

それと最近、よくやっている方法は、
自店のチラシや金券、クーポン券を客層の似通った異業種へ持ち込む方法です。

例えば、焼肉店がオープンする時は、近くの携帯ショップを回り、金券やクーポン券を置いてもらうよう交渉します。逆に、その携帯ショップの案内も焼肉店で置かせてもらいます。
相互でお客様を紹介しあう形です。

むやみやたらに、チラシを撒いたり、フリーペーパーに掲載するなど、経費がかかり、費用対効果が悪くなっているようでしたら、自店の金券・クーポン券を持って客層が似通う異業種の店舗へ営業に行かれるのも一つの方法です。

また、常連のお客様に金券・クーポン券をお渡しし、配っていただくのです。
常連のお客様の口コミで新規客がおこしになられる確率が高いようでしたら、
常連のお客様に営業マンになっていただくのです。

どれもベタな方法ですが、大きな経費もかからず、効果はそこそこ期待できます。

ネットを活用する場合は、ネット向きの客層とネットでないと効果が期待できないと思われるときです。

ただ、ネット活用で最近、必要だと感じているのは、
人材募集のためのホームページづくりです。
しっかりとした内容を告知しておかないと信頼性がないです。
若い人を取りたいとお考えなら必ず必要です。事業内容や募集要項以外に、
トップの方の考えや取り組み、方針などをしっかりと書くことです。
それとたくさんの従業員の方の顔写真とコメント掲載することです。人材募集のホームページの主役は従業員です。彼ら、彼女たちに語ってもらうのが一番です。

すべてがネットではなく・・・
客層別に対策を打った中で、ネットが有効だと思われた場合のみ、
ネットで対処すべきです。

ネットは万能ではなく、対策案の一つ。一部です。
今回の案件では、常に冷静に判断することが大事だとつくづく感じました。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

posted by ノムリエ at 16:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

町おこしの定番 名物単品づくりへの挑戦!

昨日は、鳴門で珍しいものをいただきました。

阿波バーガー。。。

パンに、
わかめ、トマト、きゅうり、阿波鶏、鳴門金時。

凄い組み合わせ。
でもまだまだ改良の余地があるような気がしました。

どの町も町おこしで躍起になっています。
佐世保バーガーのように人気商品を作ろうとされているようです。
徳島県には、「徳島バーガー」がすでにあります。
鳴門は、阿波バーガーで挑戦のようです。

町おこしには、名物単品は欠かせません。
特に、食べ物は必須です。
特にスイーツ系の名物づくりが一番効果があります。

産直商品も良いのですが、やはり女性にはスイーツが一番。
観光よりも温泉よりも食欲の方が、大人気。
どこも同じようです。

こじつけてでも名物単品を食で作る。

食の場合、観光地を訪れた後からネットや通販で購入が可能です。
リピーターを作りやすいです。

食になじみのない地域ほど作られることをおすすめします。

ラーメンは、全国でご当地ラーメンが流行っていますが、
ほぼ全国であるのでは???

次は、ご当地バーガーで町おこしの時代かも?

奇をてらわず。シンプルに。
でもおいしい。

後はストーリーをどうやって作るかです。
商品づくりで大事なのは、商品そのものよりも謂れやストーリーを
どうやって作るかです。

日本人は、歴史・文化に弱いです。
なぜ、○○バーガーなのか?

居酒屋さんでも薀蓄が好きな方多いです。
薀蓄を語りたくてしようがない方がたくさんおられます。

食べながら歴史や文化が学べる。
その地域を食べてお腹一杯になるくらいの感じで、語ることです。

商品に物語が付けば売れると言われます。
あなたのお店の単品ごとに物語、ストーリーはありますか?
名物商品ほど作るべきです。

語ってください。語れば語るほど一人歩きして売れるようになります。

地域の食材を集めただけでは弱いです。
物語性のある商品づくりを目指して下さい。


武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
posted by ノムリエ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ワインの掛け値

昨日、私の古いお付き合い先の焼肉店様からお電話がありました。
赤20ケースに、白15ケース欲しいとのこと。
売価は980円から5000円までで品揃えされたいとのこと。
それでどこか良いワインショップを紹介して、見積もって欲しいという依頼が飛び込んできました。

こんな不景気にワインが出ているなんてうらやましいかぎりです。

売価は確認しましたが、
仕入れ値はいくらくらいをお考えですか?
とお聞きしますと、
「売価の半値よりやや下にして欲しい」というご希望です。

理由は、
この地域では、仕入れ値の3倍で販売していたのでは売れないからだそうです。

値付けを考え直すことも大事だと思います。

平均原価率35%では、教科書どおりのお店になってしまい、お客様から見て楽しい店になっていないと思います。

飲酒の問題でアルコール類が出ないのであれば、安く提供することも考えないといけません。

特に個人店の場合は、原価以上に毎日の売上が大事です。
支払い日が来るまでに在庫を回す。

ワインの場合は、仕入れてもなかなか売れません。
在庫になります。1年間回転しないものもあるのではないでしょうか?
それなら初めから、安く提供して回収する方がベターです。
それにワインが安いと評判になるかもしれません。

やっぱり店で提供するワインの価格はボトルで980円や1980円が妥当だと思います。それ以上だと、お店の雰囲気や格がないと出づらくなります。

仕入れ値に対して、○倍で売価を決めるのも一つの方法ですが、
お客様から見て、いくらなら買ってもよいと思う価格があるはずです。

お客様の立場に立って、価格を見直されてはいかがでしょうか?

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
posted by ノムリエ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ネット上で顧客を集める方法

以前は大手ショッピングモールで
プレゼント企画や懸賞 から
メールアドレスを集めて、その方へメールを送り
売上アップにつなげる手法が多かったと思います。

ところがこのプレゼントや懸賞企画の反響率が下がり、
次への購買にもなかなかつながらなくなっているようです。

自社商品をお試しいただく機会をお考えになられてはいかがでしょうか。
★試供品
★お試し企画
★サンプル企画

特に業務用商品などは、サンプルをお送りして、使っていただかないと意味がないです。

例えば前日もお米屋さんで、業務用向けのお米を安くネットで販売されたいというご依頼がございました。

ただ単に、ネットじょうにホームページなどで公開しているだけでは、
おそらく何の効果もないと思います。

そこで、ホームページのトップページに、
「業務様へ
美味しくて安いお米をお探しの方、
業務用米のサンプル ご請求下さい。
送料は弊社が負担させていただきますので、一度お使いいただき、感想などいただけましたら幸いです。」

送料負担、サンプル1kg をお送りする企画です。

ネット上の画像やコメントだけでは、わからない商品は、
サンプル企画でご利用いただくことが大事です。

BtoB のマーケティングをお考えの方は、
是非、サンプル企画を打って下さい。

ネット上で顧客を集める第一歩になると思います。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
posted by ノムリエ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ラップは何回使いますか?

女将さんのいる店とそうでない店では、大きく違います。

飲食店の厨房で使用するラップは、
「必ず、3回以上は使いなさい!」
と女将さんから注意されるはずです。

昨日もとある飲食店様へご訪問していましたが、
実は、勉強会で経費の多いものありますか?
とお聞きしましたら・・・

「うちの店は、他の店に比べてラップの使用金額が多いと、業者の方に言われる」という答えをいただきました。

詳しくお聞きすると、
ラップは1回切りで捨てられているそうです。

飲食店では、最低3回は使うようにしましょう!
使う意識付けを従業員に植え付けて下さい。

逆に、良くないのが、店のものだからいくら使っても大丈夫という雰囲気です。

自分のものは大切にする。
店のものは大切にしない風潮がみられます。

ラップ一つの使い方でも躾ができているかいないかで決まります。

女将さんがいなくても
店を預かっている方、店長、調理長が女将さんの役目を果たして下さい。

経費削減は小さな心がけからです。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
posted by ノムリエ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

新聞折込チラシが2日しか効かない?

昨日、お付き合い企業の酒販店様におうかがいしていました。
10月の売上は、ネット販売は好調で、過去最高の数字でした。

一方、新聞折込チラシは、あまりよくなかったそうです。

チラシ期間は、木曜日スタートの4日間です。
通常の酒販店・食品スーパーの手法です。
今までだと目玉商品を目的に開店前から並ぶのが普通でした。

しかし、木曜日・金曜日の2日間は成果が出ますが、
後の2日が悪いようです。

最近、食品スーパーでも2日間限定の折込チラシが多くなっています。
理由は、チラシの効果が4日間続かないからではと思います。

チラシの効果は、3〜4日というのが通例でしたが、徐々に効果は薄くなり、2日しか効かなくなっているのかも???

チラシ自体の効果もかなり悪いです。
私がコンサルタントになった18年前は、反響率は3%ありました。
配布枚数に対して3%です。だから、チラシを巻くと期間中の売上が読めました。

では、今はというと、反響率は0.1〜0.5%です。
内容によるとは思いますが、かなり悪いです。

チラシだけの販促活動から、他の販促媒体を検討する時期に来ていると思います。チラシに頼りすぎるのは危険です。

ただし、新聞折込チラシと同じような反響率が他にあまりないのも事実です。

即効性があり、売上が読めるチラシは重宝されていました。
今、当るチラシは何かと考えると、
★市場内最低価格の超目玉商品があること
が一番です。

では、高単価商品や提案商品はどうやって売っていくかと言いますと、
ブログを上手に活用して提案するのがベストです。

ブログやホームページは、すぐには効果はありませんが、毎日コツコツと記入しますと、効果が出てきます。

簡単なのは、ブログのアドレスを書いたものを、レジで手渡しすることです。
そうするとコンテンツさえ良ければ、自然と広まってきます。

チラシも打たないと新規客は取れいという方は、曜日限定の店内販促を決まった日程で告知をして下さい。
例えば、「日曜市」とか・・・
その特売日は、徹底的に安くしたものを出して下さい。
定着すれば、チラシがいらなくなります。

世の中の変化の中で、どう対応していくか?
「今まで当ったものは、今は当らない」というくらいの発想が必要かもしれません。
柔軟で素早い対応が求められています。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
posted by ノムリエ at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする