経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年05月22日

【躾教育を重んじた経営】クライアント先やお客様から躾ができていますねぇと言われたことはありますか?

売上や業績だけを追いかけるのではなく、躾教育もしっかりと行うこと。躾教育ができていると、景気が悪くても大きく数字を落としません。

逆に、躾教育ができていない会社は、少しでも景気が悪くなると、大きく数字を落とします。

経営者の方は、そのことをよくご存じのため、躾教育に力を入れられます。

さて、具体的には何から始めるか?
まずは、言葉遣いです。ため口で話さない。必ず、敬語・丁寧語を使うこと。
できていない社員を見たら、注意して下さい。できていないのに、本人が気づくまで待つというのは良くないです。

同様に、できていない部分を指導教育して行くことが大事です。そんなことをしたら人間関係がギクシャクするという方がおられるかもしれませんが、良い組織を作るためには必要なことです。

自分たちでできていると思ってもまだまだ。外部の方から見てできていること。お褒めの言葉をいただくくらいになって下さい。

中小企業ほど、躾教育が大切です。
怠らないようにして下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 14:56| 今一番大事なこと 躾教育を重視した経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【躾教育を見直す方法】朝礼前に毎日全員で清掃をする

普通にやっている会社もありますが、出勤すると自分のデスクに座り、清掃はしないという会社があります。清掃は、年一度の大掃除とあまりにも汚くなった時だけ。

また、一番大事なのは、応接室やお客様を案内するところ。まずは、そこから徹底的に掃除しないといけません。

デスクの周り汚くないですか?
机の上、拭いていますか?
パソコン綺麗ですか?

朝礼前の清掃、必ず行って下さい。
こういう会社は、業績が伸びています。

会社の決まりごとにして下さい。
まずは、そこからです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

タグ:躾教育 清掃
posted by ノムリエ at 13:49| 今一番大事なこと 躾教育を重視した経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

【役員の役割】次の事業の柱を探してくる

次の事業の柱を探していますか?
役員会議や経営幹部会議で、議論されていますか?

今の事業を継続するだけでは、いつか厳しい時がきます。そのためにも次の事業の柱になるようなものを探して下さい。それは、社員では無理です。役員の方が積極的に動くこと。

一番人脈を持っているはずです。古くからある業種・業界ほど、新しいものを見つけて来ることが課題です。

また、役員会議などでも大号令をかけて下さい。

伸ばすためには、新しい事業が必要です。
タグ:役員の役割
posted by ノムリエ at 13:36| 今一番大事なこと 躾教育を重視した経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

【社員の自由が会社を滅ぼす】自分のものと会社のものの見分けが付かなくなった時

本人にとっては小さなことかもしれませんが、それが会社を滅ぼす芽につながる場合があります。

別にこれぐらいは良いだろう。お咎めや注意もないだろうと思い、勝手な行動を取りだすと危険です。

例えば、会社に置いてある自転車を通勤に使ったり、駐車場を無断使用したり。
物を盗った訳ではないので、良いだろうでは困ります。

このことは会社の物を無断使用していることになります。大きい小さいの問題ではなく、会社としての規則が遵守されているかどうか、どれが大切です。

このような状態が続くと、いつしか自分のものと会社のものの見分けが付かなくなります。会社の物は自由に使って良いという誤った拡大解釈をするようになります。

自由を履き違えた社員は、皆さんの会社にはおられませんか?

もっと良くないのは、間違ったことをしている社員がいるのを知っていて、誰も注意しないことです。注意するとその方との人間関係が崩れるからと思い、何も言わない。

そういう対応の方が、もっと間違っています。
厳しさがなくなり、甘えが蔓延る状態では、業績は低迷間違いなしです。昔のように厳しく注意する鬼軍曹役の方がおられなくなりました。

一声、「何してんだ!会社のものを無断で使用するな!」と言って欲しいです。
本人が傷つかないように、裏でこそっと注意するだけでは、効き目がないのえは?気付いた人が、その場で注意する体質が欲しいです。

あるいは中小企業ならば、社長が気付いた時に、本人に即注意することです。社長の言うことを聞かないのであれば、どうなるか明白です。

規律がなくなって来ると本当に危険です。
上が厳しく言わない会社は、良い社風が生まれません。

どんな小さなことでも規則に沿って、厳しく注意して下さい。
会社を滅ぼすのは商品やサービスの低下以上に、社員の自由だということを再認識されてはと思います。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

2009年04月24日

【若手従業員養成のコツ】手帳で仕事をする

今の若い人たちの中に、手帳を持たない人が出てきています。

手帳に予算や数字を記入していないので、聞いてもすぐに出て来ません。
パソコンを開いたり、資料を開けたりと・・・

う〜ん。。。

まず仕事を始める前に手帳を用意しないと仕事になりません。
会社で共通のものを作った方がよろしいでしょうか?と質問がありますが、
そんなことしなくても良いと思います。
100円か200円くらいのスケジュールが入るもので大丈夫です。

自分でまず買わせることです。
そこにいろんなスケジュールを書き込んで初めて、社会人です。

パソコンに入力しているからと言ってもダメです。

できる方は、手帳の使い方が上手です。
手帳がないと仕事ができないくらいです。

どんな手帳を持つかよりもまず持って使うこと!

その指導が厳しくできているかどうかで営業成績も変わってきます。
やっているだろうではダメです。
厳しくチェックしないと・・・

手帳に書いているかどうかをチェックするんですか?
と言われますが、それが大事なんです。

手帳で仕事をさせることを教え込まないと、パソコンや紙ベースの資料を探しているようではまだまだ。

仕事の仕方そのものを教えてあげる必要があるように思います。

手帳が真っ黒になった時、営業成績も上がるのでしょう。

汚れた手帳になった時が一人前?

若手の方の教育は、手帳の使い方から指導させていただこうと思います。




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


タグ:若手 手帳 仕事

2009年01月17日

人の育て方・教え方の勉強会の依頼。。。

わかるような気がします。

出来る人は一人歩き。

そうでない新人さんとの差は空くばかり。
中堅社員はいない?

どう育てて行けば良いのか?

教え方を教える勉強会が必要なようです。

どう教えて良いのか手探りの状態なので、新人さんのレベルが上がらない。
本当に教え方一つで会社は変わってきます。先輩社員がどのような教え方をすれば良いのか?そのあたりをきっちりと整理してあげることが大切です。

口頭で指示を出しているだけでは教えていることにはなりません。あくまでも指示です。そこから教えるという段階へとステップアップしないといけません。

まず、教える時間を先輩社員が作ることです。
先輩社員の業務内容自体を変えないといけません。自分でやるという姿勢から、教えてやってもらうというスタンスへ変えることです。

教える、伝えることが上手になれば、自分自身が自然と育って行きます。

何を教えれば良いのか?
そう教えれば良いのか?
悩んでいる方もおられると思います。

昔と違って、自分のやっていることを見て盗め!とはいかないです。
教え方をルール化し、マニュアル化する必要がありそうです。

具体的に、時間の取り方や教え方、そのためのツールなど様々なものを用意する必要がありそうです。

この「教える」というテーマに時間と経費をかける企業様は、伸びそうな予感がします。的を得ているからです。

新人さんがたくさん入ってきても離職率が高いとハイコストです。定着率の高い企業、人の育つ企業ほどローコストです。そのためには、先輩社員の教育からスタートさせるのが理想的だと思います。

私的には、すごく楽しみな仕事です。
どんどん吸収していただき、次のステップへと進んでいただきたいです。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


タグ:教える

2008年08月14日

【一流への近道】良いものを持つ、身に付ける

貯金なんて40歳過ぎてからで十分!

意外と、第一印象が大事なようです。

人と会った瞬間、その時、あなたはもう評価・判断されているのです。

ピリッとしたシャツやおしゃれなスーツ。

アパレル関係に興味を持っておられる方なら、会った瞬間にその方の生活習慣までわかるそうです。どんな趣味を持たれているかもわかります。
当然、取引をしても良いどうか瞬時に判断されるそうです。

ほぼその直感が間違っていないそうです。

えっ!服装や髪形で判断されるなんておかしい!と思われるかもしれませんが、
自分の評価は自分でするものではなく、他人が客観的にするものです。

良い評価をいただけるよう心掛けた方が得です。
往々に自分と同じレベルの方とのお付き合いが多くなります。
似た者同士という奴です。

少しくらい背伸びして良いものを持つ癖を付けると、自然と自分の所得よりも上の方や役職が上の方とお付き合いできるようになります。

それをできるだけ若いうちから癖付けされると良いと思います。

私もいつも良いものを持ちなさいと言われてきました。

初対面の方に仕事の評価なんていただけないです。
1ヶ月、1年お付き合いさせていただいて初めて仕事の評価をいただけます。

だったら少しでも背伸びして良いものを持っていた方が得です。

「かっこいいスーツ着てますね。」
って言われたらワンポイント獲得!

それに良いものを持つようになると、なぜかプライドが持てるようになります。
レベルの高い仕事をしようと思うようになります。
良い人に出会えるようになります。

小さな背伸びが将来の大きな成果に結びつくと信じてやってみられては?
成功された方は皆さんそうおっしゃいます。

意識を高く持つことの癖付けなのかもしれません。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


タグ:一流

2008年08月11日

【現場の躾・マナー改善】トイレの掃除は誰がする?いつする?

トイレの清掃は、清掃の方に任すだけで良いのでしょうか?

清掃の方の清掃が甘いという意味ではありません。

お客様と従業員が共用で使うトイレなど、常に気付いた人が清掃するべきです。

自分が使った後のトイレットペーパーの角の折り込みや水回りを拭いたり、ちょっとした気づきの問題です。


清掃時間に清掃するのが清掃ではないはず・・・
清掃の方に任せるだけもおかしいです。
トイレチェックの時に清掃するだけもどうでしょうか?

使用した後に、出来る範囲内で少し綺麗にすることが大切です。

会社のものは使い放題、使いっぱなし。
それでは会社は良くなりません。

最低でも自分が使ったものは綺麗しようという姿勢が欲しいです。
あるいは上に立つ方が指導すべきです。

チェック表があるからそれに則ってやれば良いではダメです。
規則やルールは最低限守らなければならない基準にすぎません。

で・・・具体的には・・・
自分の家のトイレ掃除を自分でまずすることです。

会社のトイレだけ嫌々やっていませんか?
トイレ掃除をしたからと言って損にはなりません。

まずは、気の付いた方から順にやってみて下さい。
自然と社内の雰囲気が変わってくるはずです。

ただし、悪い方向にだけは流されないで下さい。
なぜあの人は、トイレ掃除をしているのぉ?
なんてことになるとたいへんです。

やるのが当たり前。
やりたくない人は自然と去って行くくらいの風土があっても良いのではと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


タグ:トイレ掃除

2008年02月05日

報奨金の額

よくご相談があります。

いくらにすれば良いのか?

個人評価と店舗評価で、支給されるのが良いかと思います。
ただしお金がからむことですので、いくつか注意点があります。

1.導入時期について
期初に発表、導入が一番理想的です。
どうしても期中で導入される場合は、
☆導入の主旨・目的をスタッフに説明する
☆報奨金のルールを明確にする
☆今回だけなのか、年間の予算の中で計画的に行うのかはっきりさせる

2.目的を明確にする
☆短期的な売上目標の達成
☆スタッフのモチベーションアップ
☆成果配分の評価給的な意味合いのもの

3.支給金額の範囲
いきなり最初の導入期から大きな金額を支給されますと、それが当たり前になり、支給金額が減った時に、モチベーションが下がる恐れがあります。
徐々に、段階的に金額の設定をされるのが一番です。
一度渡してしまうと、それが最低基準で、それ以上もらえるものだと勘違いされます。


あくまでも報奨金は、一時的なもの、臨時給的なものです。
これに力を入れすぎますと報奨金がなくなった時や減額になったとき、人は辞めていきます。

報奨金も従業員にとっては大事ですが、それ以上に会社とは何のためにあるのか、お客様に対して大事なことは何なのかをまず理解させることが大切です。

躾・マナーや社内道徳がしっかりしていない企業や店に報奨金制度を導入するのは危険です。

最終的には、教育がどこまでできているかで、運用の成否が決まるようです。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



タグ:報奨金

2008年01月21日

お金儲けの勉強しかしていない?

こんな職場や企業になってしまうと寂しいです。

いつしかお金だけではないということを教えてくれる、気づかせてくれる職場でありたいと経営者の方は思っておられると思います。

若気の至りで、20代は我武者羅に目の前の仕事をこなしています。
営業成績を上げるために・・・

いつしか役職も付いてきます。
数字の上げ方、稼ぎ方は一人前になっていきます。

でもふっと振り返ってみると、お金儲けに関することしか勉強していないのでは?やってこなかったのでは?
と思うことがあるのではないでしょうか?

これって一番悲しいことです。


私もよく言われます。

「お金の儲けの話以外のこと。売上げや数字以外のこと。について話ができるようになりなさい」と・・・・

人間的な成長ができる勉強をしないといけません。

口で言うのは簡単ですが、本に書いている訳でもなく、そんな講座もないと思います。
日々の精進しかないのかもしれません。


営業成績だけが人間の評価ではないと思います。
成績が上がるのは良いことですが、それ以上に人間的に成長しないと、いつか限界が来るような気がします。
モアアンドモアでは、必ず限界がきます。

お金儲け以外の勉強は、回りの方々やお客さまから勉強させていただいているような気がします。
調子が良い時ほど、回りの方が諫めてくれます。

顔が怖くなったり、目が尖がったり。。。

そんな時は、第三者から見るとわかるんだと思います


意識して勉強することが大事だと思います。
勉強する内容も年を重ねるごとに変化していくのだと思います。

人との出会い。
人間的に成長させてくれる方との出会い。
そのような方と人生の中で何人出会えるのでしょうか?

お金以上に、そのような方とたくさん出会いたい。

そんな職場・会社でありたいです。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ




タグ:出会い

2008年01月06日

自己投資は給料の10%!

社会人になったときに、教えてもらいました。

もらった給料の10%は自己投資に使いなさいと・・・

貯金するのもよいですが、若いうちは特に自己投資が大切だと教わりました。
何でも良いです。
未来の自分に対しての投資です。

☆本を読む。
☆食べ歩く。
☆店を視察する。
☆趣味に使う。
☆仕事に関係するものを自分のお金で買う。

将来、成功したいと思うなら自分に対する投資が大事です。
自分に対してお金をかけてあげて下さい。

大切なのは、何に使うかです。

社会人になりたての頃は、そんなにお金がありません。
学生時代のアルバイトの方がたくさんもらっていた方もいると思います。
だからこそ悩むと思います。何に使えば良いのか。

なけなしのお金を何に使うか悩むからこそ良いのかもしれません。

また、一流になりたいなら良いものを持ちなさいと言われました。
洋服や靴、ネクタイ、かばん、筆記用具 等々。
見栄をはる訳ではないですが、一流の方が使っているものを実際に身に付けてみないとわからないからだ思います。

10%の投資を怠らずに継続された方が、成長されるのかもしれません。

是非、お若い方は、自分への投資を毎月行って下さい。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

2008年01月01日

「壮にして学べば、老いて衰えず」 勉強癖のすすめ

とある寿司店へ訪問した時のこと、
「武内さん、モラロジーってご存知ですか?勉強されたことはありますか?」
と聞かれました。

何が何だかさっぱりわかりませんでした。
その寿司店のオーナーさんから「伝記 廣池千九郎」の本をいただきました。
早速、読み始め、モラロジー関係の本を数札取り寄せ、勉強してみました。

わかっていてもなかなか実践できないのが道徳。
いろいろ気づきの部分が多かったです。

こちらの寿司店のオーナーさんは、勉強家です。
お年を召されても勉強されています。
寿司店ですから、朝早くから仕入れや仕込みが始まります。
そうしているうちに、もうランチの時間がスタートです。そして14時までがランチタイム。
夕方は、17時からオープンですが、準備のために16時には厨房に入られます。

ということは、14時から16時までの2時間が休憩時間です。
食事をした後、どうするか?
普通の従業員の方は疲れもあり、食後、お休みを取ったり、寝られます。

しかし、こちらのオーナーは、この時間を大切にされ、モラロジー関係の書籍を順に読まれるのだそうです。
初めて、打ち合わせのために、実家兼事務所に上がらせていただいた時はビックリしました。書棚以外に大きなテーブルに本が山のように積まれています。
この本を毎日片っ端から読まれているとか・・・

また、別の焼肉店様の奥様は、閉店後家に帰って、毎日寝る前のほんの数十分を大事にされ、必ず読書をされるそうです。お子さんもおられるので、寝かしつけてから読まれるとか・・・

勉強癖のある人が人材。
普通の人は、50歳で半分の人が勉強しなくなる。
60歳を過ぎるとほとんどの方が勉強しなくなるそうです。
「壮にして学べば、老いて衰えず」です。

勉強癖は、若いうちに付けた方が良いと教えていただきました。


おすすめの一冊
「心がつくる人生」 財団法人モラロジー研究所
モラロジー:道徳の本質を体系化した新しい科学

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

2007年12月28日

叱ることができる人、叱ることのできる企業体質

「威嚇して脅す」「怖いからいうことを聞く」というのは、当然良くないです。また、脅して言うことを聞かすのも良くないですが、逆に叱れない人の方が多いのも事実です。
例、会議中に、ガムを噛んでいたり
  携帯メールを送っていたり
  会社へ来る途中に、食べ物を食べたり、飲んだり
 
注意したり、しかったりできますか?特に、若い人は注意されるとすねます。
あるいは、自分よりも目上の人に注意しても良いような環境はありますか?

叱ることができる企業体質を作ることが大事です。

勇気を持って叱って下さい。

よく幹部・店長勉強会で、質問があります。
「武内さん。私、叱ることができないんです。苦手なんです。
どうすれば良いですか?」
と・・・

基本的に、叱れないと上に立てないと思います。
勇気を出して、間違っていることは間違っている。
やってはいけないことは、やってはいけない。
きっちとスタッフを教育できないと、店はグチャグチャになります。

特に、自分より目上の方に対して、きっちりと注意が出来るかどうかです。
ただし、年配の方への配慮や気づかいも忘れないようにして下さい。

それができると、
この店長に任せても良いのかなぁ?と思います。

良い店長は、数字を作るだけでなく、
スタッフとの人間関係を上手に作っておられます。

叱ると嫌われるとか、人気がなくなるではなく、
叱って育てていかなくてはなります。

どのお店・企業も人づくりが一番大事だからです。

怒鳴ったり、罵倒したり、物を投げたりではなく、
きっちりとした叱り方をして下さい。

怒るではなく、叱るです。

教育はおそらく叱ることかスタートするような気がします。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

2007年12月17日

躾教育を学ぶ

自分の出したゴミは自分で処理する。

新幹線に乗った時は?
当然、自分が出したゴミを処理する。
乗る前の状態と同じ状態にする。

ビジネスホテルに泊まった時は?
ふとんやタオルなど使用前と同じ状態で出る。
清掃の方の手間が少しでもかからないように。

こんな礼儀・マナーを教えていただけるのが大会社に勤める大きな意義だと思います。

どうようにあなたは、
どういう部下指導をされていますか?


「仕事の失敗は俺が責任を取る、頭を下げるから・・・」

「しかし、マナーや礼儀に関することは絶対に許さない!」

これが現・船井総研代表取締役社長の小山政彦氏に教わったことです。

簡単なようなことでなかなか言えないと思います。
仕事のカバー、フォローは能力のある方ができます。
礼儀マナーで失敗したことは、謝ることができません。

船井総研さんとお付き合いされて勉強できるのはこの点だと思います。
若いコンサルタントさんが死ぬ気で頑張っておられます。

躾教育が自然と出来る会社にするためには、
トップが方針を明確にすることです。
仕事や業務内容以上に、躾に対してどう考えているか、
従業員の前で話をすることです。

売上や業績以上に、躾教育ができている企業には勝てないとよく言われます。
時流の変化や業界動向の変化があっても躾教育ができている会社は、大きく数字を落とすことはないそうです。

学べる機会をたくさん与え、教える風土を創られてはいかがでしょうか?

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

2007年12月05日

決起大会の意味

年始や新事業年度のスタートに決起大会をされる企業様があります。

従業員自らが、自分の会社の方向性と目標を作り実現させるためにこの決起大会を催されます。

しかし、 ほとんどが、オーナーの自己満足で終わっているところが多いです。
方針その他いろいろなことを伝えたいと思っていてもなかなか聞いてもらえていないです。幹部といわれる店長ですら、同じ状況です。

実際は、一人でも多くの従業員の前で発表するのがうれしくてたまらないのです。だから、決起大会をやってもその後、業績に影響は全くないです。
ちょっと儲かれば、税金対策だと言って、決起大会や宴会をして、自己満足しているところが多いです。

例えば決起大会が、従業員から見ると、
食事会・レクレーション自体が目的になっているところが多いです。
これでは意味がありません。

★決起大会・研修会の意味を理解させる
(1)結果ではなく、努力に対して 感謝状を渡す
(2)誰かが、社長に代わって会社の考え方などを従業員に伝える
(3)必ず、礼を言わせる

★生きた決起大会にするには?
(1)前準備をしっかりと行う
(2)特に幹部が決起大会の意味をあらかじめ従業員に伝える
(3)幹部が、自分たちでできることを確かる

今以上に店や企業を成長させるための方向性を確認する場です。
意識を高める場です。
共通認識を持った従業員が幸せになるために、自分たちが改革していく場です。

幹部の方がしっかりと従業員に教育ができていないと、集まっただけで終わります。離職者も多い会社になってしまいます。

今のような不景気や調子の悪い企業様ほど、
従業員が集まって方向性を確認しあう場を設けることが大事です。

モノやお金ではなく、従業員のやる気を引き出したときに、成果が出ると言われます。

是非、そのような決起大会を開いて下さい。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

2007年11月30日

【こぼれ話】成功する人とは?

ビジネスホテルでの行動で決まるそうです。

私が船井総研に入社して最初に教えていただいたことです。

船井幸雄氏いわく、
「使ったものは元に戻しなさい。
 ビジネスホテルでもふとんなど使用前の状態に戻しなさい」と・・・

昔、ビジネスホテルの清掃員の方に教えていただいたそうです。
清掃員の方は、各部屋を清掃して回りますが、使用後の部屋を見れば
その方が今成功されてすばらしい御仁か今後成功される方であると
わかるそうです。

成功して一流になる方は、使用された部屋を見ればわかると・・・

成功される方は、使用前の状態にきっちりと直されているそうです。
誰が使っても良い状態に戻されるそうです。

例えば、
使ったふとん、元の状態に戻していますか?
浴槽や洗面台の周りの水滴ふいていますか?
便器も掃除していますか?

この話を聞いて感動しました。

でもさらに、ある時、株式会社イエローハットの創業者鍵山秀三郎さんの講演を聞いてまたビックリ・・・

タオルや歯ブラシ、ホテルで使用するものはあらかじめ持っていき、
ホテルが用意したものは使わないとか。。。。

今、いろんなホテルでエコ運動をされていますが、
ホテル側の運動以上に、個人の意識を高めることがそれ以上に
大事だと思います。

成功するためにやるのではなく、
成功されている方、世の中に認められている方は、自然となさっているのですね。綺麗ですね。

私もビジネスホテルやホテルなどの宿泊先では、気をつけてきました。

でもいろんな場面での気付き、ちょっとしたことができるかどうかだと思います。

心を磨きなさい と教えていただきました。

自然とできる人間になりたいと思います。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

2007年10月23日

自分の視野を広げよう! 〜なんで絵画なんだ!〜

若気の至りで、初めて社会人になった頃は、私も技術を見につけることに躍起になっていました。
人より早く習得しようとか、早く仕事ができるにようになろうとか、よくある話だと思います。

とあるとき、上司から「お前さん、一度絵画でも見に行って来い」と言われました。

私は目先の仕事が山ほどあり、そんな余裕など全くありません。なんでこんな忙しいときに「なんで絵画なんだ!」と一人怒っていたように思います。でも、そのときの私の表情はおそらく鬼のような形相で周りを寄せ付けないような雰囲気があったのかもしれません。余裕のない中で、期限までに仕事をしっかりと仕上げるのは大事なことかもしれませんが、そんな状況下で良い仕事ができるでしょうか?

自分で心の余裕を持ったり、懐の深い人間になるには、様々な経験が必要です。自分の幅を広げるために、ちょっとした休憩時間や休みの日に、気分転換も兼ねて心の余裕が持てる時間を積極的に作ることが大事だと思います。

気分転換に・・・
@本を読む
A美術館へ行く
B野球やサッカーを見に行く
C映画を見に行く
 
なんでもいいのです。いつもと違う時間帯に、いつもとは違う人と・・・

毎日仕事ばかりしている自分に後輩があこがれるでしょうか?
上手に時間を使い、ちょっと違った時間の使い方ができる人がプロの生き方ではないでしょうか?

本当に、見えないものが見えてくる瞬間ってあると思います。
現場では見えないものが、ほんのちょっとした息抜きで、違った見方、考え方ができるようになります。

そんな時に出会ったワイン。。。
視野が広がるだけでなく、人の和が広がりました。

若いときには見えなかったものが、少しずつ見えてきているような気がします。


特に飲食業に従事されている方やキッチンの方は、是非、美術館・博物館へ足を運んで下さい。
本物の器や絵を見ると、センスが磨かれます。
いつも同じ場所で仕事をしていても良いアイデアやセンスは磨かれません。

良いものや本物を見ていると盛り付けや提供方法などいろんなアイデアが浮かんできます。

家と店の往復だけの人生なんてつまらないと思います。
お金だけためるのもつまらないと思います。

自分を磨いて下さい。
心を磨いて下さい。

たまには「心の洗濯」が必要なんだ!ということを上司は私に伝えたかったんだということが最近やっとわかってきました。

美術館めぐり・・・私の新たな趣味の一つになっています。


経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

紹介予定派遣 | 旅工房航空券予約 | 資格

2007年10月22日

企業の評価は、売上や利益ではなく、お客様の評価がすべてです。

良心には3つあると思います
☆企業   が良いと思って判断したもの
☆店・店長 が良いと思って判断したもの
☆お客様  が良いと思って判断したもの

お客様の良心で判断される時代です
お客様の心が基準!

企業が良いと思ってもダメ!

エンドユーザーが認めないと・・・

企業も親御さんが、あの企業に勤めさせたいと思うような企業でないと

かつては大会社になるほど躾教育がしっかりしているからと
女の子は、競って大きな会社に親は入れようと苦心したものです。

しかし、今不祥事が起きているのはぜ〜んぶ、大会社です。
一番企業に近づけば近づくほど一流企業だというイメージが消費者側にはありました。

今は企業の大小ではなく、心の時代に入った気がします。
トップ自らが指針を示して、現場で実践することです。

誰も見ていないから大丈夫?
って訳はありません。消費者は見ています。遠くから客観的に・・・
自分で自分を自己評価してもしようがないです。

企業の評価は、売上や利益ではなく、お客様の評価がすべてです。

だから、良心を失ったとき、企業は、会社は???どうなるでしょうか?

良心を大切にする生き方が望まれています。


経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

紹介予定派遣 | 旅工房航空券予約 | 資格

躾について

最近、私のブログに「躾」での検索が多いです。
セミナー講演後のアンケートで、「躾」の話が良かったと書いていただいてます。

躾や道徳心は時流なのかも・・・
不祥事が多い世の中なので、より一掃大事になってきている気がします。

躾や道徳心を店に定着させるには?
このことについて皆さん悩まれているのだと思います。

一朝一夕では実現するのが難しいかもしれませんが、
一つ言えることは、できているお店ほど、「叱る」ことができる店長さんや幹部の方がおられます。

ダメなものはダメ!と規律がしっかりとしていて、
毅然とした態度で、注意できること

ということは、躾マナー教育は、店長の質次第ということになります。

では、店長は誰が教育するのかというと、
その店長の持って生まれた素材と家庭環境、
それに勤めている会社の社長や幹部の方の教育になります。

その教育方法はというと、
おそらく社長の横について1から勉強された方が多いのではと思います。

だから現場でも横について一人ずつ教えることです。

能力や技術以上に大事なのが、躾マナーです。
商品以上に、すばらしい対応や躾が出来ている状況を見ると、なんかうれしく思えるのは私だけでしょうか。そんなとき綺麗と感じます。
日本人の価値基準が、商品から人へ移行しているのかもしれません。


経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

紹介予定派遣 | 旅工房航空券予約 | 資格

経営者の悩み 躾・マナー・道徳を根付かせる

昨日は、とあるセミナーを開催させていただきました。そこに、モラロジーをなさっている方がご参加いただき、セミナー終了後お話をさせていただきました。

セミナー講演の中で、お店の冷蔵庫に私物、いわゆる自分が買ってきた飲み物を入れないで下さいとお伝えさせていただきました。

みなさん、はっとされていました。どのお店もやってるんです。。。

お店の冷蔵庫は、お客様の食材を保管するためにあります。スタッフの便利がよくなるために購入したのではありません。

店内のマナーを向上させないと、良い店にはなりません。

いくら商品に自信があっても限界があると思います。

まずは、お店で「絶対やってはいけない10項目」を作って下さい。なぜかといいますと、やってほしいことは山ほどあり、書ききれません。

スタッフの服装やユニフォーム、車、髪型などなど・・・基本的なところは教え込むことが大事なような気がします。

「靴を揃える」「ゴミを拾う」ことから始められてはいかがですか?
自分の子供を教育するより難しいかもしれません。しかし、これが飲食店様における長期戦略なのかもしれません。


経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

紹介予定派遣 | 旅工房航空券予約 | 資格