経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年05月21日

【食べ物商売はおいしいものづくり】たった一人の口コミが繁盛店になる

昨日、最近できた豚まん専門店へ行きました。
私の前のお客様が、「ここがおいしいと聞いたのできました」とおっしゃっておられます。

この豚まん専門店さん、全く販促は打っておられません。一人はカウンターで商品提供とレジ会計、あと二人の方が製造されています。

店は、お世辞にでも綺麗とは言えないです。まるで食品工場のような感じ。でも、味は超特急品。

味に自信があったので出店されたのでしょう。

食べ物商売は、お客様においしいと言っていただくこと。
それが、町中に広まって行きます。

たった一人の口コミ、それが繁盛店を作ります。
おいしいものづくり、やはりそれが原点です。
posted by ノムリエ at 07:00| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食品スーパーの簡単な集客アップ方法】ポテチチップスの入荷状況をSNSで伝える

最近、食品スーパーへ行くと、ポテトチップスがあったり、なかったり。

好きな方は、必ずゲットしたいと思っているはず。そこで、ポテトチップスが入荷したら、SNSに投稿する。

あるいは、朝一番や夕方などにポテトチップスの陳列・品揃え状況を流す。

今後、さらに欠品が起こる可能性が高いです。

ポテトチップスの情報で集客アップ。
これも一つの方法です。
posted by ノムリエ at 06:00| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店コンサルタントの時代変化】SNSで集客アップの提案ができること

店づくりやメニュー開発などで売上を上げる。それが、通常の飲食店コンサルタントの手法でした。

販促についても新聞折り込みチラシやフリーペーパーを活用していました。

ところが、経費をかけずに集客アップ、売上アップできるツールが出てきました。それは、SNSです。特に、個人店で繁盛している店は、上手に活用されています。

今、求められている飲食店コンサルティングは、このSNSの提案ができることです。

例えば、極端かもしれませんが、今のメニューを変えずに、SNSを活用することで売上を上げる。店の方は何もしなくてもSNS支援サポートで売上を上げるということが可能になっています。

もう、SNSの話ができないコンサルタントは、依頼が来なくなるかもしれません。

SNSに精通したコンサルタントに依頼することをおすすめします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:54| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

【個人の焼肉店の売上・集客アップ策】何か一つのメニューを徹底的に安くする

全メニューを安くすると、利益が出ません。
だから、一つのメニューだけ徹底的に安くします。

例えば、カルビ500円など、インパクトのあるメニューが良いです。
ごはん100円では効果がないです。

その安いメニューのPOPを店頭に貼って下さい。そうすると、お客様が入店しやすくなります。

繁盛店ほど、このようなやり方をよくされています。

ちょっとしたことで売上は変わってきます。
是非、検討してみて下さい。
posted by ノムリエ at 08:44| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FC加盟店の赤字店舗の立て直し】オープンしてずっと赤字?

赤字なので相談がありますが、FC店の場合、コンサルタントに相談する前に本部に相談すべきです。

それに、オープンしてずっと赤字ということは、根本的に何か良くないことがあるはずです。その問題を解消しないと、立て直しは難しいでしょう。

それと、FC店の場合は、商品の見直しができません。だから、余計に難しいです。

オープンして3カ月で判断する。当然、撤退も視野に入れて検討する必要があります。

計画通りに行かないというのは、よくあることです。でも、早急に立て直しを図ること。少しでも遅くなると立て直しが厳しくなるからです。

調査診断を行い、店をどうするのか、それを考える時間を作って下さい。
posted by ノムリエ at 05:39| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

【経営相談より】オープンして3年経つが、黒字になったことがない

オープンして3年経つが、黒字になったことがない。
それも原因は、店長にあるとおっしゃいます。

そういう場合は、優秀な店長を探して来ること。時には、スカウトすることも大事です。

店は店長で決まります。優秀な店長を雇用しないと、売上は上がりません。

オーナーの仕事は、店長探しです。常に、良い店長候補を探して下さい。

オーナーがイライラしても店長の能力が追い付いていないのであれば、決断が必要です。

また、開業する時は、店探しよりも店長探しです。店長が見つかった時、出店です。

うちのような店なら、誰でもできるのではと、安易に考えないこと。

3年というのは、ちょっと長過ぎます。
3カ月で判断して下さい。
posted by ノムリエ at 16:57| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【個人のパスタ専門店が苦戦】立て直す方法はないか?

最近、近くにパスタ専門店ができました。カウンターだけの小さいお店です。外から見ると、立ち飲み居酒屋のような感じ。それと、内装にお金をかけておられません。

パスタ専門店は、内装は大事です。雰囲気がないと、入店してくれません。また、カウンターで一人でパスタを食べるでしょうか?ラーメン店とは違い、一人パスタというのはきついです。

それと、店頭に三角看板は設置されていますが、どんなパスタがウリなのか、それを明確にする必要があります。

もうパスタ専門店では弱いです。例えば、カルボナーラ専門店のように、押しているメニューがわかること。

麺もどういう麺なのか、店頭で告知する必要があります。

後は、SNSで拡散すること。
これがないと、今の時代、繁盛しません。

パスタだけで売上を上げる。
非常に難しい課題です。

でも売りたい人気のメニューを作る。
そこからのような気がします。
posted by ノムリエ at 13:55| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店・弁当惣菜店のメニュー戦略】肉メニューをいつも提案しています

いろんなメニューがある。しかし、売上は低迷している。
そういう時は、ズバリ!肉メニューの提案をしています。

世の中には、肉メニュー1本で勝負されて、繁盛している店もあります。

やはり、肉メニューはわかりやすく、写真をSNSにアップしたくなります。

だから、苦戦している時は、何か一つ、これっ!という肉メニューを開発すること。

SNSで拡散されると、売上はどんどん上がって行きます。

常に、発想は肉メニューです。
よろしくお願いします。
posted by ノムリエ at 13:44| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の経営課題】沖縄流〆にステーキ

私も実際には食べたことがないのですが、沖縄では〆にステーキを食べるそうです。
でも、店側にとっては凄く良いことです。一気に客単価が上がります。

この風習が、他の地域でも広がれば、マーケットは大きくなります。しかし、〆にステーキというのは重いような気がします。

さて、この〆ステーキ、やっても当たるかどうか?
売れなくてもメニューの書いておくという方法はあると思います。ロスになるわけでもなく、面白いかもしれません。

一人二人と注文が入ると、やがて他のお客様も注文し出します。また、SNSなどに投稿されると広がって行きます。

こういう客単価の上がるメニュー提案、一考の余地有りです。


posted by ノムリエ at 07:04| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の最高の褒め言葉】「また来ます」遠くからお越しの方はず・・・

「また来ます」と言っていただけるのが、一番うれしいです。おそらく、満足されたのでまた来たいと思われたのでしょう。

そういうお客様をたくさん作って下さい。リピーターを作ることが大事です。メニューだけでなく、接客でもリピートしたくなる店にして下さい。

こういう方が一人でもいると、少しずつ広がって行きます。

たまたま立ち寄った店が、良かった。
そこから、店は軌道に乗ります。

「また来ます」という言葉、最高の褒め言葉です。
そこを意識して下さい。
posted by ノムリエ at 05:16| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

【小さな飲食店の経営課題】ソフトドリンクは店頭の自販機の商品を持ち込みOK

飲料関係の在庫、結構多いです。それとスペースを取ります。また、あまり出ない商品を在庫として持っておくのはあまり良くないです。

そのため、店頭に飲料の自販機を設置し、ソフトドリンクが飲みたい方は、自販機で購入していただき、持ち込みOKにします。

そうすると、ソフトドリンクの在庫を持たなくて済みます。さらに、営業時間外に自販機で飲料を購入される方もいるでしょう。

狭い店内、何とか考えないとスペースが足りません。
飲料の場合、冷蔵庫に入れておくか、氷が必要になります。
そのことを考えると、自販機の設置、良いかもしれません。
posted by ノムリエ at 07:58| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の経営課題】お客様が5つ星の店を作る

3つ星の店?
それも一つの目標かもしれませんが、もっと大事なことがあります。それは、お客様が5つ星の店を作ることです。

お客様の質が高くなると、店は繁盛し、ローコストの店になります。例えば、店は綺麗に使っていただくので、掃除の時間が短くなります。お客様同士もお互いに気遣い、譲り合うようになります。

お客様の質、上がっていますか?
理想とするお客様が来られていますか?

おいしい料理を作るだけでなく、お客様の質を上げる。
このことも考えてみて下さい。

店はお客様で決まります。
posted by ノムリエ at 05:48| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

【月商数千万円の繁盛店の現状】メニューはかなりレベルが上がっているが、売上は少しずつ下がっている

昔、月商数千万円売っていた店、メニューはかなりレベルが上がっているが、売上は少しずつ下がっています。

自店でこれだけ努力しても下がっているという現状があります。おそらく、ピークの時の数字に戻すのは難しいでしょう。

店舗数も多くなり、さらにいろんな店・業態と競合しています。

だから、整えることが大事です。利益を出し続ける状態を作る。
無理に数字を追いかけてもおかしくなるだけです。

それでもメニューのレベルはどんどん上げて行かなくてはなりません。
本当に難しい時代になりました。

しかし、チャンスはまだまだあります。新業態を開発し、売上を伸ばす。
それができる企業が伸びるような気がします。
posted by ノムリエ at 07:15| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

【テイクアウトで大事なこと】待ち時間を正確に伝える

昨日、人気の唐揚げテイクアウト専門店に行ってきました。注文すると、6分間お待ちくださいと言われました。

テイクアウトの場合、何分かかるのか心配です。特に日本人は、時間にシビアです。それに大阪の人は、時間に厳しいです。どれくらいかかりますかと必ず聞かれます。

この待ち時間を正確に伝えるというのは大事なことです。お客様を待たせて、ほったらかし。これではリピートなしです。

ちょっとしたことなのですが、お客様に安心して待っていただく。そういう姿勢がファンを作ります。

何でも売れたら良いでは良くないです。
待ち時間をお伝えする。
難しいことではないです。
是非、実行して下さい。
posted by ノムリエ at 05:35| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

【お米屋さんに炊飯コンサルタントをおすすめする理由】飲食店・業務店からの信用度が違います。

玄米・白米を見極めるのはプロ中のプロ。精米の腕も業界トップクラス。
しかし、この部分は、飲食店様から見るとわからない部分です。飲食店様では、炊きあがったごはんがおいしいかどうかを気にされます。

だから、その炊飯に視点をおいて、アドバイス・提案ができるというのが最高の戦略です。

ただし、いろんな基礎データが必要です。現状のお付き合い先のデータ集めを行い、そこから自分流に研究をしてアドバイスできるようにする。

飲食店様もおいしい米を持ってきてくれるだけでなく、炊飯のアドバイスをしてくれる人を探しておられます。

自信を持って、名刺に炊飯コンサルタントと入れましょう。
ホームページやSNSにも入れましょう。

それがお米屋さんの次の課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:51| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ラーメン店の募集広告と福利厚生】ラーメン食べ歩き手当完備

ネットを見ていると、凄い内容の募集広告を見つけました。
なんと、「ラーメン食べ歩き手当完備」とあります。

積極的にラーメン食べ歩きをして、勉強して欲しい。自店の改善に活かして欲しいという意図がうかがえます。

また、ラーメン店で仕事をされる方は、元々ラーメンが大好きです。休みの日など、シフトの空いている時は、必ずラーメンの食べ歩きをされます。

だから、この福利厚生、面白い企画だと思います。
また、普通のラーメン店にはない募集内容なので、インパクトがあります。

「食べ歩き手当完備」
これから、少しずつ実施される店が出てきそうな気がします。

ただし、レポート提出を行って下さい。
経費として落とすためにも調査報告書があれば、大丈夫です。
本人の意識向上のためにも注意して下さい。
posted by ノムリエ at 09:24| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲食店の新たな売上アップコンサルティング】SNSを活用します!

昔は、新聞折り込みチラシやDMはがきで売上を上げていました。ところが、今はネットがかなり普及し、販促の打ち方も変わってきています。

ネットで検索したり、あるいはSNSの情報をもとに来店されます。スマホが生活の中心。スマホがないと生きていけないという人がいるくらいです。

だから、このスマホで見てもらえるような戦略が大事です。具体的には、SNSに自店のメニューを載せる。店内企画やきまぐれ企画を載せる。それを継続できるかどうかです。

また、ネット上の友達を増やすことも大切です。これを増やして行かないと反響が上がりません。

飲食店オーナーがスマホをやっているというのは違和感があるかもしれませんが、暇な時こそスマホで集客を図る。そういうことも考えてみて下さい。

また、ブログを書いて、ハッシュタグを付け投稿する。ブログは、ツイッターと連携させておく。これも効果があります。

飲食店がメニュー開発ではなくSNSで売上を上げる。
ちょっと変わった現象が起きています。
しかし、これからはSNSを活用したところが伸びます。
是非、実践されて下さい。
posted by ノムリエ at 05:53| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

【店長ローテーションの考え方】一番売上の高い店に一番優秀な店長を配属する

5月の連休が終わると一休み?
そうは言っておれません。メニューの見直しや販促企画の改善を行い、夏に備える必要があります。

また、この時期、店長をローテーションされる会社もあります。さて、このローテーション、どのような意図で行っていますでしょうか?

単に、同じ店にいるのは良くないからと言って、店を回すだけ。これでは、会社として売上が上がらないでしょう。

今、どこも非常に厳しいです。数字を稼いでくれていた店まで売上が下がっています。会社を改革する、店の売上を上げるためには、一番売上の高い店に一番優秀な店長を配属すること。

逆は良くないです。苦戦している、売上が物凄く下がっている店に一番優秀な店長を配属する方法です。売上が下がっている店を立て直すのはたいへんです。

こういう時期だからこそ、ドル箱店を作ることが大事です。
それに売上の高い店に優秀な店長を配属すると、やる気も変わってきます。それに、その店で人材を育成することができます。

店長ローテーションも意味のあるものにしましょう!
posted by ノムリエ at 13:52| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【仕出し料理店・繁盛の法則】お寿司がおいしい

お客様は仕出し料理がおいしいかどうかよりも寿司を評価する傾向があります。

寿司は、食品スーパーや回転すしなどでよく売れています。しかし、仕出し料理店の寿司とうのは、立ち寿司のレベルを期待されています。町で一番おいしいくらいでないと高評価されません。

また、寿司はいろんな用途で注文が入ります。だから、寿司がおいしいと評判になると、売上は上がります。

仕出し料理は注文してくれるが、寿司は注文してくれないというのは要注意です。

だから、立て直しを図る際にもこの寿司の見直し・改善から始めます。

寿司がおいしい仕出し料理店を目指す。
これも大きな経営課題です。
posted by ノムリエ at 05:21| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

【従来からある個人の焼肉店の経営課題】肉バルや進化系の焼肉店ではなく、従来の焼肉店で売上は伸びますか?

肉バルや進化系の焼肉店が増えています。マスコミにもよく取り上げられています。

自店は、徐々に売上が下がっている。このような店と同じようなことをしないと、伸びないのではと不安に思っておられます。

しかし、実際には、それは難しいと思います。全く異なる商売をするくらい違うからです。また、安易に真似ても上手く行かないでしょう。

そうすると、今までやってきたことをさらに磨き込みをかけ、繁盛されることが大事です。今まで続いてきたとうことは、何らかの特徴があり贔屓にしてもらってきたということです。

得意なものは何ですか?
自信のあるものは何ですか?
やってみたいものは何ですか・

そこに、店の将来があります。あとは、宣伝に力を入れること。個人店は、ほとんど宣伝していません。だから、地元のお客様でも知らないことが多いです。

集客を上げるための方法を考える。
そのための経営支援サポートを行っています。

今後の方向性について悩まれているかは、お気軽に問い合わせ下さい。
どういう形で営業して行くのが良いか、アドバイス・提案させていただきます。
posted by ノムリエ at 05:20| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする