経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2020年01月23日

【流通業の今後について】アメリカ西海岸の流通業視察がなくなった

昔は、流通業と言えば、アメリカ西海岸から学ぶものだという固定概念がありました。流通業に携わっている方は、みな視察に行きました。

ところが、今はこのような視察、ほとんど見なくなりました。

アメリカから学ぶことがない?参考にならない?

アメリカへ行っても流通業ではなく、IT企業の視察です。

今学ぶとしたら、日本で好調な流通業の会社でしょう。その方が、わかりやすく、参考になります。

また、アメリカから来たものは、寿命が短いです。長く繁盛し続けるというのが難しいです。

もうアメリカへ行くよりも、日本で好調な会社を探した方が良いです。

アメリカ視察は、経営者や担当者の方の息抜きには良いですが、それ以上のことが期待できなくなっています。

それと、視察に行かなくても伸びている会社のテレビ番組がやっています。片っ端からそういうものを録画し、勉強するという方法もあります。

時代は変わったのです。

時代に合った勉強の仕方が大切です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:31| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

【コンビニに変えるというビジネスモデル】小さな小売店がコンビニに業態変更で大成功というのは昔の話になった

コンビニの創成期の時に、小さな小売店からコンビニに業態変更された方は、大成功されました。まさか、こんなに売れるとは思ってもみなかった。年商1億円超が現実になりました。

ところが、今はコンビニが増えるのではなく、減る時代。従業員を集めるだけでも難しくなっています。

また、売上が徐々に下がっている。だから、次のビジネスを考える人まで出てきています。

今後、ますます小売業・流通業は厳しくなって行くでしょう。

何十年も伸び続けるということはないです。

さて、次のビジネスは見つかっていますか?

でも、コンビニに勝るビジネスは、そう簡単にはないです。

しかし、それを探さないと未来が見えてきません。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:コンビニ
posted by ノムリエ at 10:14| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

【大阪の食品スーパーの売れ筋商品について】サバ寿司が売れている

チラシにサバ寿司を掲載すると、朝一番から売り切れ状態。時には、店内で行列ができるくらいです。

お寿司は、何の調理をしなくも良いため、人気です。特に、サバ寿司は、高齢の方の大好物です。

そのため、サバ寿司を定番化している店もあるくらいです。

それに、サバ寿司は、専門店で買うと高いです。1パック500円以下でおいしいサバ寿司があると、ついて手が出ます。

サバ寿司をどうやって売って行くか、そこが鍵です。

まだまだ、サバ寿司に注目です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:サバ寿司
posted by ノムリエ at 06:07| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食品スーパーの総菜売場について】売れる商品から作る

端から順番に丁寧に作る。良いように見えますが、お客様はチラシに載っている商品が欲しいです。そのため、店員にいつできるのか聞き、売場で待たれます。

10時に販売開始予定と書いてあるのに、これではお客様に失礼です。

総菜売場は、売れる商品から作るのが鉄則。今日は、何が売れるのか予測しないといけません。また、リーダーは、それを見極めて指示をだすこと。

また、10時から販売予定なら、10時前には売場に商品が並んでおかないといけません。

自分の都合で仕事をするのではなく、お客様のニーズに合わせて仕事をする。

ちょっとしたことで売上は変わります。

どこを見て仕事をするのか、教えてあげて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:40| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

【食品スーパーの新チラシ戦略】弁当・寿司がメインの新聞折込チラシ

ついに、弁当・寿司がメインになっています。生鮮三品やグロッサリーの特売ではないです。

惣菜以上に、弁当・寿司が売れているからでしょう。

1個500円弁当。弁当専門店の弁当よりもやや高めですが、内容がしっかりとしていて、量が多く、ごはんもおいしい。

昔は、駅弁祭りが流行っていましたが、今はオリジナルのこだわり弁当。

これから、ますます伸びそうな気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 09:25| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

【食品スーパーの新酒売場について】アルパカ専用の陳列棚

ついに、アルパカ専用の陳列棚が設置されています。400円台でこの味わいは、なかなかないです。どの食品スーパーもメインで扱っています。

アルパカの種類も多く、今度は専用棚で展開です。

これだけ認知度が高く、販売数も多いなら、こういう売り方、良いと思います。

500円以下のワインは、アルパカで決まり!そんな感じがします。

もう、別に高いワインを飲まなくても良い?

酒売場が現実を語っています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:アルパカ
posted by ノムリエ at 13:39| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【道の駅を超える店づくり】道の駅よりも鮮度が良くて、おいしいと言えるか?

道の駅が、おおむね好調なようです。鮮度が良くて、おいしいというイメージが付いています。

例えば、巻き寿司など、大行列ができる道の駅があるくらいです。

そのため、わざわざ遠くの道の駅で野菜などを購入される方もおられます。

米も米屋さんよりもよく売れています。

また、レストランも人気で、良い食材を使っていておいしいと思われています。

この一番好調な道の駅を超えることができるかどうかです。

いろんな意味で研究し、良いところを学び、工夫する必要があります。

道の駅、静かに脅威になっています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:道の駅
posted by ノムリエ at 08:12| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

【ドラッグストアの集客アップ作戦について】人気の地酒・希少酒を販売する

よく、食品スーパーでは、人気の地酒・希少酒を扱い、客数・売上アップにつなげています。地酒専門店よりは少し高めの価格設定ですが、人気が高いため、すぐに売り切れです。

ところが、この販売方法、ドラッグストアでもされています。そのため、こういう商品があることを知ったお客様は、リピーターになっています。

ビール類やチューハイ類を扱っているのはわかっていましたが、地酒を扱って売上を上げているとは、誰も気づいていないかもしれません。

ますます、ドラッグストアは強くなって行くような気がします。

酒専門店もドラッグストアの調査に行くべきです。

意外なところに強敵がいる感じです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 08:32| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

【大阪の食品スーパーのハレの日の商品戦略について】希少部位のステーキ肉

ハレの日は、やはりステーキが一番よく売れます。ハレの日になると、精肉売場ではなく、ステーキ売場に早変わり。店もその方が、客単価が上がります。

ところが、大阪では、単なるステーキ肉では、お客様が満足されません。売れている店は、希少部位のステーキ肉を展開されます。

ミスジ・ハネシタ・シャトーブリアンなど、もう高級焼肉店のような感じ。

肉には、お金を使う。これが、大阪の人の気質です。

だから、肉が強い店でないと繁盛しません。

徐々に贅沢になり、エスカレートしています。

さて、どこまで行くのでしょうか?


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:03| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

【食品スーパーの販売戦略の変化について】風習・文化の匂いがするものは、手を出さない。扱わない。

今日は、七草がゆを食べる日です。

ところが、食品スーパーごとに対応が異なります。七草セットを置いている店と全く置いていない店があります。

七草セットは便利なようで、眺めるだけで、購入しない。そういうお客様が増えています。

七草かゆは、家庭で作らなくなっています。その分、節約したり、他の商品を買われます。

だから、風習・文化の匂いがするものは、手を出さない。扱わないという食品スーパーが徐々に増えています。

それに、七草セット、余ったら廃棄です。惣菜等に使えません。

廃棄の可能性が高いものは、店舗の利益から考えると扱わない方が良いのかもしれません。

風習や文化は、テレビを見るだけで良い。賢い消費者は、絶対に無駄なお金を使わなくなっています。

そのことを理解して、戦略を立てた方が良さそうです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by ノムリエ at 12:53| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

【食品スーパー繁盛の法則について】チラシ掲載商品以外に面白い商品が必ずある

新聞折込チラシが入ると、お得な商品がいっぱいある。ところが、いつも同じような商品が安くなっているだけ。紙面の問題もあると思いますが、お客様の期待を超えないといけません。

だから、チラシ掲載商品以外に面白い商品が必ずある。そういう商品をどれだけ、準備できるかにかかっています。

へぇ〜こんな商品があるんだ。一度買ってみようと思うような商品があるかどうか?

チラシを超える期待感大の商品。

そういう商品に注目です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:56| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

【主婦目線の新しい傾向について】正月商品は、買わないか、安く済ませる

正月商品が、無駄なものになっています。今までは、買うのが当たり前になっていましたが、冷静に考えてみると、出費が大きい。他のものを買った方が良いといった感じ。

お飾りや鏡餅、絶対にやらないといけない?

また、1個980円の正月用のかまぼこ、高過ぎます。

そのため、正月から値引き販売です。あるいは、廃棄です。

もう、正月用の商品を山積みする、正月価格の商品を陳列する時代ではなくなっています。

店側も早く気付かないと、どんどん正月の売上が下がって行きます。

すべてが日常化、自分のご褒美のためにしかお金を使わなくなっています。

だから、今までのハレの日をすべて見直すべきです。

時代は変わった!それが、食品スーパーの現状からよくわかります。

変わらないと経営は危険です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 04:59| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

【食品スーパーの攻める経営について】令和2年1月2日(木)と4日(土)の2回、新聞折込チラシを入れる

1月は、正月過ぎると、売れなくなります。だから、早めに売上を取っておくこと。

そのため、年始に2回、新聞折込チラシを入れられている食品スーパーがあります。

毎週定期的に入れるだけでなく、正月は2回入れて、攻める。この戦略の方が良いと思います。

正月1週目が勝負です。

この差、前半戦の売上を大きく変えそうです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:28| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ある食品スーパーの定点観測より】日本酒の縮小

ある食品スーパーへ行くと、日本酒が縮小されています。棚1本です。

思い切って縮小されています。その代わり、冷蔵庫を増やし、ビール類や缶チューハイ類を増やしておられます。

こだわった日本酒や焼酎は、回転率が悪く、貢献度が低いからでしょう。

でも、ここまで縮小すると、コンビニエンスストアと変わらないくらいのアイテム数です。

しかし、経営的に見ると、この判断が良いかもしれません。普通の品揃えでは、利益は出ません。

何を増やすか以上に、何をカットするか、それが大事です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:03| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食品スーパーの定点観測より】正月用の商品を置かない

ある食品スーパーの初売りに行ってみると、値引きされた正月用の商品がありません。売り切れたのではなく、最初から扱っていなかったのでしょう。

ロスのことを考えるとこの方が賢明かもしれません。

毎年、正月用の商品は大量に残ります。値引きシールを貼っても売れ残ります。そのため、調整しますが、それでも残ります。

また、お鏡餅など、正月を迎えると陳列することすらできない商品もあります。

正月用の商品を置かない方が、利益率が良い。そんなことが実際、起こっています。

正月用の商品をどうするか?もう、決断の時期が来ているような気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:正月用の商品
posted by ノムリエ at 04:57| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

【食品スーパーのビール類の売り方の変化】6缶パックではなく、3缶288円(税別)

今までは、6缶が人気商品でした。スペースも取るため、ケース販売は積極にされませんでした。

ところが、ある食品スーパーへ買い物&調査に行くと、なんと冷蔵庫にバラ売りされているビール類が3缶88円(税別)とショーカード・POPに書かれています。

6缶パックではなく、3缶のバラ売り。この方が、好きな商品を選べます。特に、缶チューハイ類を買われるお客様は、いろいろ買えます。

購入容量が、少なっています。それが時代の流れです。

対応を考えて行かないと売上が下がるかもしれません。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 14:24| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

【食品スーパーの定点観測より】正月はファミリーパックのお寿司を食べる日?

令和2年1月2日(木)、ある食品スーパーへ定点観測へ行くと、ファミリーパックのお寿司がよく売れています。

それもいつもより高い、3,980円のパック商品。3パックまとめて購入されている方もおられます。

また、寿司売場が一番充実しています。

もう、食品スーパーではなく、寿司店のようです。

寿司は、食べやすく、片付けもいらず、主婦の方に大人気。

魚介類を買って、家で調理することを考えれば、絶対に寿司の方が良いです。

それに、お客様や親族が来られるなら、便利な商品です。

正月は、寿司を売る。これが新たな商品戦略・販売戦略です。

寿司負けしない。これが、合言葉になりそうです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:寿司
posted by ノムリエ at 12:08| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

【小さな書店・本屋の売場づくりからのヒント】好きなジャンル・作家の本を揃える

本の陳列の仕方は、あいうえお順?
それでは、面白くないです。

店主・店長の好きなジャンルや作家を集めてコーナー化する。

あるいは、小さな書店では、文庫本などすべての本を陳列することができません。だから、好きな作家を厳選して、それだけを陳列する。

そうすると、この本屋や陳列されている本が好きな方だけが来店されます。それに、好きな本がいつも並んでいるので、何度も来店したくなります。

徹底的に、自分が好きな本を追求する。

小さな本屋さんなので、このことが非常に大事です。

何でも普通に並んでいる店には興味はないです。

本好きの方に本を売る。

この姿勢、有りのような気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 06:00| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【万引きが多い理由】レジにしか従業員がいない営業スタイル

最近一番問題になっているのは、書店・本屋です。

ほとんどの店が、レジ一人対応。
在庫の補充等で、バックヤードに行けば、売場は店の人は0になってしまいます。

また、死角が多い売場です。だから、万引きを防ぐのは非常に難しいです。

ミラーなどを設置してもあまり効果がないかもしれません。

二人体制なら・・・

しかし、人件費の問題で、それはできない。

どの業種・業界でも、レジ一人体制は、同様のことが起こっていると思った方が良いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:万引き
posted by ノムリエ at 05:00| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

【売れている商品について】今、売れている商品は、冷凍よりも冷蔵・生

冷凍は便利だからと言って、冷凍食品がよく売れています。しかし、徐々にお客様は、冷蔵商品や生で手作りの方がもっとおいしいということを知り出しています。

例えば、餃子と言えば、冷凍食品の代名詞でしたが、ネット通販では冷蔵の餃子の方がよく売れています。

販売する側も、よりおいしいものをお届けるためには、冷蔵の方が良いという結果に至ったからでしょう。

これから商品開発をするなら、冷蔵か生。それをPRした方が良いです。

当店は、冷凍食品を一切使用していませんとうたうのも良いでしょう。

これが、時代の変化であり、流れです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 12:36| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする