経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2018年02月20日

【食品スーパーの新競争勃発】ドーナツ戦争が起こっている

ドーナツと言えば、ドーナツ専門店。一時、大ブームになりました。
近年では、コンビエンスストアがドーナツを導入し、集客アップにつながりました。

さて、今度は、なんと食品スーパーがドーナツを強化し出しました。バイキング形式の店もあります。

また、冷蔵のフレンチクルーラーが大人気!
ご存知でしたか?

たまたまレジで会計していると、レジ担当者の方が、「これ売れているんですよ。おいしいと他のお客様もおっしゃっています」と教えてくれました。

今後、チラシの良い場所にも登場してくるかもしれません。

商品もかなりレベルが高いです。専門店の域を超えています。

食品スーパーへ行かれたら、是非、ドーナツの売場をチェックしてみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:ドーナツ
posted by ノムリエ at 08:43| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

【酒専門店・酒ディスカウンターの行方】酒屋が米メインの店に業態変換

酒類の売上減少を補うため、米に力を入れ出し、成功されている酒屋が増えています。米屋も白取りでは限界がある。利益は取れないだろうと思っていましたが、高性能の小型精米機が出てきたため、精米は誰でも簡単にできるようになりました。

さらに、このような酒販店が、今度はお米ギフトを狙っています。

ますます、米の売上を伸ばされそうです。

いつしか、酒類と米の売上が逆転するかもしれません。

これは、都会だけの話ではなく、米産地や地方都市でも玄米・白米の販売は難しくてもお米ギフトなら可能なはずです。

酒販店の未来、可能性がありそうです。

安く売る業態から、より専門性の高い業態へ、進化発展するかもしれません。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:酒屋 米屋
posted by ノムリエ at 08:21| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小売店のあり方】年中無休で10年間頑張って、定休日をいただく

たいへんだったと思います。まず軌道に乗せるだけでもたいへん。さらに利益が出るまではかなり苦労されたと思います。

10年後、少し余裕ができる。また、子育てや介護などで、仕事以外の時間が必要となる。
そこで年中無休から週1回の定休日を設ける。良いことだと思います。

ただし、定休日をいただく代わりに、何かすること。SNSで情報を発信したり、イベント企画を打ったりとお客様が喜ぶことを何か考えて下さい。

でも、普通は10年間辛抱できません。これが大きな差になります。

利益が出るまで頑張る。経営者に休みはない。
そう思って、頑張って来られたのでしょう。
まだまだ、伸ばされそうな気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:年中無休 定休日
posted by ノムリエ at 05:59| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

【なぜ、私のお米ギフトの記事にお米屋さん以外の方が見に来ているのか?】お米ギフトの異業種参入を検討されている

お米屋さんは、数多くの方が、私のブログ記事を見に来られています。ありがとうございます。感謝しております。

さて、このお米ギフト記事に、お米屋さんではない方が、見に来られています。

実は、性能の良い小型精米機が出たため玄米の調達さえうまく行けば、ビジネスが成立します。

例えば、和洋菓子店など、パッケージやデザインは元々ノウハウをお持ちです。商品開発力もあります。だから、玄米の調達ができれば、可能です。

また、2018年6月でアメリカにおいて、トランス脂肪酸禁止の情報も流れています。もしものことに備えて、新規事業を考えている方も多いと思います。

また、米の調達も精米機メーカーが紹介してくれることもあります。

この玄米仕入れが大きなハードルでしたが、異業種の方でもできるようになっています。

お米ギフトの予想ですが、お米屋さんだけでなく、すべての方にチャンスがありそうです。

お米ギフトについて聞いてみたい、相談してみたいという方は、お気軽に問い合わせ下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:お米ギフト
posted by ノムリエ at 09:55| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

【お米屋さん革命セミナーのテキストについて】米屋ではないのですが、テキスをいただくことはできますか?ネット上で公開しているテキストは自由にお使いください

「こんなテキスト初めて見た。項目数が290項目もあるなんて・・・それに項目ごとに分かれているので、できているかどうかチェックしやすい」そういう声をいただきました。どんな内容だったのか、後から振り返ってわからないということがないように、今回のテキストを作りました。

アバウトな話はありません。できているかどうか、やれるかどうかの判断基準となるテキストです。

是非、このテキストをご覧になられたい方は、是非、チェックしてみて下さい。


平成20年1月28日(日)お米屋さん革命セミナー テキスト 
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
T.経営
1.お米屋さんの愚痴と活性化策〜昔は良かったのに・・・いいえ、今の方が面白いです〜
2.【お米屋さんの使命】次の若手を育てる
3.【お米屋さんの事業承継問題と対策】親がやっていた商売をそのまま受け継ぐだけでなく、何か新しいことにチャレンジすること
4.【世代交代したお米屋さんの経営課題】親の代の取引先、人脈を受け継ぐだけでなく、自分で新たに取引先を開拓したり、人脈を作る
5.【代替わりしたお米屋さんの経営課題】先代の時よりも店は格段に良くなったが、売上は半分になっている?
6.お米の引き出し、どれだけ持っていますか?
7.お米屋さんの息子さんを引き受ける
8.お米屋さんは地域ごとに商売の仕方・売り方が違う
9.安い米を調達したところが勝ち!?
10.俺の教えたことだけ覚えて、やれば良いという時代ではない
11.何か変わったことをして注目を浴びること
12.何をすれば良いかを言わずにバトンタッチ
13.机に座って経営のことを考える時間を作る
14.県内の人とは付き合わない。県外の人と付き合う。
15.参加するのが恥ずかしい?発表の番に来たらどうしよう?
16.師匠と仲間づくり
17.どこまで計数・数字の勉強をすれば良いですか?
18.親の時代の売上を超えた後継者の経営手法
19.親以外の師匠を見つけること
20.親子二代で男性だけで経営?
21.人と同じは嫌!
22.数十年前と経営スタイルが変わっていない!
23.精米は任せる。経営者の仕事をする。
24.川上ではなく、川下のことを考える
25.他県のお米屋さんを褒める
26.誰とお付き合いするかで変わる
27.店舗視察のための飛び込み電話
28.売れていないものを整理する
29.米おやじにならないこと
30.米のプロから食のプロへ 〜トランス脂肪酸についてどういう見解をお持ちですか?
31.米屋としての生き筋、見えていますか?
32.米屋の仕事、楽しくやっていますか?
33.米屋はもうあかん?そんなことはないです。今が一番面白い!
34.補助金・助成金をもらおう! 
35.名刺にメールアドレスがない。SNSもやっていない。
36.野心がない
37.食用米の酒 〜お酒の勉強をしないと飲食店様には通じない〜
38.お米屋さんの経営課題:「○○料理研究家」になる

U.資格
39.お米マイスターの資格、活用できていますか?
40.資格を取っただけでは売上は上がらない。ブランディングが必要!
41.お米に関する資格の温度差 〜大阪は認知されています〜.
42.お米マイスターの資格利用の温度差 〜飲食店様からの希望・要望〜
43.大阪以外でオリジナルブレンドに活路を見出す米屋が出てきた

V.ブランディング
44.なぜ、お米屋さんがブランディングが大事なのか? 〜テレビ取材が来る戦略〜
45.資格に頼らない本物のブランディング
46.ブランディングできるかどうかの診断
47.なぜマスコミはお米の品種を取り上げ、お米屋さんを取り上げないのか?
48.ブランディングの5つの条件
49.マスコミに取り上げられる米屋になる
50.マスコミに出る・取材を受ける 例、変わった店づくり、変わった商品
51.資格に頼らないブランディング
52.売上を上げるために必要なのは資格ではなくブランディング
53.武勇伝ないですか? 〜あなたがお米のアドバイス・提案をして売上が伸びた飲食店様のことを語る〜
54.本物と思われるための努力 〜ジャケットを着て下さい〜

W.視察
55.産地視察は行っていますか?
56.息子さんに産地視察へ行く機会を作ってあげる
57.綺麗な店の訪問からブレンド技術を持った店への訪問
58.私がお米屋さんの店舗視察に同行する理由

X.診断
59.何か新しいアドバイス・提案が欲しい
60.武内先生に診てもらうと変わりますか?売上は上がりますか?
61.一度店を見て欲しいとおっしゃいますが、店を見るだけではなく、経営全体のことを見直した方が良いです
62.安くしたら売れる店かどうかの判断
63.新しい視点のアドバイス・提案をします!
64.お米屋さんのコンサルタントは何年くらいされているのですか?

Y.業務
65.「うちの店は、キリンラガービール」→「うちの店は、○○米穀店のお米マイスターのお米」
66.「お米の原価を下げたいとお考えの方へ、相談に乗ります」というホームページなどの記載について
67.「地域名 オープニングスタッフ募集 飲食店」で検索して営業先を見つける
68.【お米屋さんからの質問】お米の使用量が多い飲食店はどこですか?
69.【お米屋さんの本物の炊飯コンサルタント】炊飯器治せますか?部品交換できますか?
70.飲食店でも強いタイプの店を持つ
71.少しでも大きなところと付き合いできる力を付ける
72.炊き方が悪いのか、炊飯器が壊れているのか、見分けることができる
73.納品している飲食店様でお客様からごはんがおいしいのでどこのお米を使っているか聞かれる
74.「試食米は3回まで、料金はいただきます」というネット上での記載について
75.店のタイプ別・料理別に合う米の提案
76.おいしいごはん屋さんづくりのサポート支援
77.おたくの米を入れて欲しいんですが、うちのまわりの店におたくの米をいれないで下さい
78.オリジナルブレンドの勉強・研究をどうやって行うか?
79.お試し米、ありますか?
80.お付き合い先の飲食店様・業務店様の提供されているごはんのグラム数、ご存知ですか? 〜ごはんコンサルタントになろう!〜
81.お付き合い先の飲食店様の売上アップが、お米屋さんの売上アップにつながる 〜ランチ強化をすすめる〜
82.お米屋さんに必要なのは、資格ではなく、ブレンド技術
83.お米屋さんの企画に乗ってくれる飲食店様を見つける 〜お米やごはんの提案で売上を上げる〜
84.お米屋さんの手作り小冊子・チラシをブログへ
85.ごはんがおいしいとお客様が増えるという法則を飲食店様に伝える
86.ごはんがおいしくない理由や失敗対策をSNSに投稿する
87.ごはんの匂いがする米屋 〜米・ごはんの研究をしているのがわかる〜
88.どうすれば、繁盛店とお付き合いできるか?
89.どんなお米が得意なお米屋さんですか?
90.なぜ、ブレンド技術が大切なのか?
91.なぜ、肉好きのお客様をつかむ・増やすのが良いか?
92.パエリアに向いているお米、何をおすすめされますか?
93.ブレンド米で伸ばしている!
94.ブレンド米の研究と売り方・暖簾・信用度
95.ブレンド米の作り方
96.ラーメン店の攻め方・営業のかけ方
97.安いお米を仕入れるルートを作る・確保する
98.飲食店・業務店に信頼されるお米屋さんになる
99.飲食店・業務店の新規契約のプレゼント、何をされますか? 〜飲食店様・業務店様向けおいしいごはんが炊ける炊飯マニュアルの進呈〜.
100.飲食店のタイプ別にごはんの提案ができる
101.飲食店様・業務店様向けお米、価格だけで売っていませんか?
102.飲食店様・業務店様向けのオリジナル炊飯マニュルを作る 〜炊飯コンサルタントへの道〜
103.飲食店様が使用されているお米やごはんを褒めること
104.飲食店様が使用される炊飯1回分の米を梱包して納品とよりおいしいお米
105.価格別に米を納品するのではなく、飲食店の業態・料理に合わせて米を納品する
106.業務を攻めるヒント 〜弁当・おにぎりは、ひとめぼれ・はえぬきが多いが、それを超える米の提案〜
107.業務店で新規取引の方への特典は何かありますか?
108.原価を下げるためのブレンドではなく、食味を上げるためのブレンド
109.最高の酢飯を提案できる
110.自店を応援してくれるパートナーいますか?
111.寿司屋さんでも好みのタイプのお米が違う。古米神話がまだある?
112.食べ歩きから始めて下さい。どんなお米、ごはんを提供しているか?
113.食べ歩きを行い、飲食店のオーナー・店主と友達になる
114.新規営業開拓の時代変化
115.新規開拓の訪問営業を仕掛ける前に武器を作る
116.親しい飲食店様を作ること
117.炊飯・お米に関する相談は、当店と取引がない方でもOKです
118.炊飯に関する相談があるかどうか?
119.精米するのではなく、おいしい米を作る
120.大阪で伸びているお米屋さんは飲食店・業務店にブレンド米を納めている
121.肉料理に合うお米の提案 〜やわらかめでふっくらと炊ける米〜
122.米マニアを集める企画 〜チャンピオン牛に匹敵する米はないか?〜
123.お米マイスターのオリジナル看板・POPづくり
124.理想の飲食店様・業務店様とお付き合いする方法
125.料理別に合うお米の提案 〜料理の研究が必要〜

Z.炊飯
126.【お米屋さんが炊飯コンサルタントへの道】炊飯チェックシート
127.【お米屋さんに炊飯コンサルタントをおすすめする理由】安さに負けないため
128.【お米屋さんに炊飯コンサルタントをおすすめする理由】飲食店・業務店からの信用度が違います
129.【お米屋さんのグループ・会合の立て直し】食事抜きで炊飯コンサルタントになるための情報交換をする
130.【お米屋さんのグループコンサルティング】共同仕入れ・共同販促から共同SNS活用・炊飯コンサルタントへ
131.【お米屋さんの未来図】炊飯ノウハウを持っているお米屋さんが強い
132.お米屋さんの匂いを消し、炊飯コンサルタントの匂いを出す
133.原価を下げるための相談に乗るのではなく、食味を上げるための相談に乗る

[.ネット
134.ホームページは作ったが、売れないのでそのままになっている
135.【お米屋さんのネット課題】ホームページに料理の写真がない!
136.【お米屋さんのホームページで気になること】イメージが悪くなることは書かない
137.【お米屋さんのホームページの課題】もち米・餅のページ
138.【お米屋さんのホームページを強くする方法】リンク集を作って下さい
139.【お米屋さんのホームページ課題】企画や遊びがない!
140.【お米屋さんのホームページ課題】女性的でスマートなホームページを作る
141.【お米屋さんの各種会合で気になること】ネットの勉強会されていますか?
142.【お米屋さんの経営課題】「新着情報」が止まっている。年数回しか記事がアップされていない。
143.【お米屋さんの経営課題】ホームページ上の業務店のページが弱い! 〜何をしてくれる米屋か?〜
144.今からでも間に合いますか?売上を上げる方法はありますか?ズバリ!女性目線で店・ネットを作り直して下さい!
145.【産地・お米屋さんの経営課題】お互いリンクを貼っていない
146.お米の味に関する記載が少ない 〜ホームページ調査より〜
147.ごはんメニューのレシピ公開
148.なぜ、お米屋さんはネットから撤退する店が多いのか?
149.お米屋さんルートの情報と株式会社武内コンサルティングの情報ルートは違う
150.ネットで一般家庭用の米で売れている商品を教えてください 〜経営相談より〜
151.ネットを本格的に始めませんか?
152.ネット上で腕があるように見せることはできるが、本当の腕を見せることができるかどうか?
153.ブログ型ホームページを持ちませんか?
154.ホームページのトップページはお米に関する各種資格のマークよりもブレンド技術があることを証明する
155.ホームページのリニューアルの必要性とブログ型ホームページのリンク
156.ホームページリニューアルされる店が多いが押さえるポイントは?
157.飲食店・業務店のお付き合い先をホームページのヘッダー・フッターに記載する
158.楽天やヤフーなどのポータルサイトに加盟せずに、お米のギフトを売る方法
159.業務店を攻めるためのネットの使い方はないですか?
160.業務店向けのホームページづくり
161.高級なお米を売る方法 〜ネット上でブランディング〜
162.高級米の作り方・売り方
163.産地と共同のポータルサイトづくり
164.世の中で有名なお米屋さんから勉強するだけでなく、ネット業界で有名なお米屋さんからも勉強する
165.息子さんにネットの勉強をするように言って下さい
166.店の歴史・ポリシーを語る
167.武内先生のブログで私の店を紹介していただくことはできますか?バナーを貼っていただくことはできますか?
168.米以外の趣味や経歴などを詳しく書く
169.米屋業界に性別は関係なし 〜女性経営者の台頭〜
170.問い合わせがある米屋になるために必要なもの
171.ホームページでは一般家庭用よりもお米ギフトが重要
172.【お米屋さんがネット上で一発逆転する方法】ごはんレシピを投稿する

\.お米ギフト
173.「お米ギフトという難問が解けた」
174.【お米ギフトの行方】お米ギフトのライバル店はお米屋さんではなく、ギフトショップかも?
175.武内先生がブログに書かれていたように、お米ギフトを売るならリニューアルが必要だというのはわかりますが、全面リニューアルは無理です。何か良い方法はないですか?
176.【お米屋さんのお米ギフトの売り方】お米ギフトは用途で攻める
177.【お米屋さんのお米ギフト戦略】プチギフトを強化する
178.【お米屋さんのホームページでやってはいけないこと】お米ギフトと一般家庭用の米を同時に載せるとお米ギフト価格で売れなくなる
179.【お米屋さんのホームページのリニューアル】メインは、お米ギフトにする
180.【お米屋さんのホームページの使い方】ネットはお米ギフト専門店にする
181.【お米屋さんの経営課題】お米ギフトの価格の付け方
182.【地域密着したお米屋さんの経営課題】お米ギフトのブームをみんなで作ろう!〜私も協力いたします!〜
183.高級米の売り方のヒント
184.1s当たり1,000円を超える最高級の幻の米を扱うかどうか?
185.お年玉米・お年賀米
186.お米ギフトの進化
187.お米ギフトの売り方 〜内祝いギフトに絞って売る〜
188.お米ギフトは売れますか?
189.お米ギフトをどうやって高く売るか?
190.お米ギフトを売るにはホームページが必要!
191.お米ギフトを売る時、なぜ、楽天やヤフーが便利なのか?
192.お米のギフトはブランディングしないと売れない!
193.お米のプチギフトの販売
194.クレジット決済ができることと期間限定の値引き販売
195.どうやってお米のギフトを売るか?
196.なぜ、お米ギフトがネットで売れないのか?
197.プチギフトが売れてるってご存知ですか?
198.ブレンド米のギフトは可能か? 
199.ホームページの見直し 〜お米ギフト専門ショップから内祝いギフト専門ショップへ〜
200.自分のためのご褒美ギフトの開発
201.法人向けギフトを売るための外営業
202.裏ギフト 〜どこにも売っていない商品づくり〜

].SNS
203.【お米屋さんの簡単なブランディングの方法】超繁盛焼肉店のオーナーと写真を撮り、SNSにアップする
204.なぜ、お米屋さんがSNSをする際、奥様の協力が大事なのか?
205.【お米屋さんの立て直し】どういう方向性で行くのか?SNSは使えるか?
206.【お米屋さん向けの新しい勉強会】奥様・お嬢様が集まってSNSの勉強をしよう!
207.SNSでお米屋さん選び!
208.SNSでごはん好きの方と友達になる
209.SNSで飲食店様の炊飯やお米に関する相談・対応事例を語る
210.アフィリエイトをやってみませんか?
211.インスタで米を売る 〜新しいお米のブームを創ろう!〜
212.お米屋さんのSNSの活用の仕方
213.ごはんブロガー・お米ブロガーになる!
214.なぜ、ブログにアクセスが少ないのか?
215.なぜ、ブログをおすすめするのか?
216.ブログが止まっている!
217.ブログでアフィリエイトしましょう!店頭在庫0で商品をネットで販売
218.ブログをやること、ブログの使い方が違う
219.他の人のブログ読んでいますか?SNSで情報収集していますか?
220.米屋の昼ご飯をインスタにアップする


Ⅺ.企画
221.【これから伸びるお米屋さん】料理教室を開催しているお米屋さん・お米のソムリエ
222.1月・2月は何をされますか?予定や計画はありますか?
223.お付き合い先の飲食店様の金券・クーポン券を店頭に置くか店主が配る
224.お米屋さんが肉祭り!
225.何か、コラボ企画やっていますか?
226.商品開発とチャネル開発
227.食育と売上アップ 〜料理教室はできませんか?〜
228.新しいジャンルの商品にチャレンジする
229.精米ができるから、商品企画ができるへ
230.土鍋ご飯教室
231.当たる新米セールの企画について 〜お付き合い先の繁盛焼肉店様の金券をプレゼント〜
232.年間販促スケジュールづくり
233.スマホにアマゾンポイントプレゼント・スタバコーヒー1杯プレゼント

Ⅻ.店売り
234.玄米・白米以外の商品の整理
235.【お米屋さんが趣味で集めると面白いもの】可愛いコーナー作りませんか? 〜奥様の素敵でセンスの良い趣味を活かそう〜
236.【お米屋さんにおすすめしている商品開発】お米屋さんが作った特製焼肉弁当
237.【お米屋さんの経営課題】お客様に少量のお米を野菜室で保管する癖を付けてもらう
238.【お米屋さんの経営課題】どんぶり専門店はできないか?
239.【お米屋さんの経営課題】夏向けのお米・夏においしいお米
240.あなたのお店のPOPをピカッと輝かせます
241.あなたの好みのイケメン米は何ですか?
242.あなたの店に新米基準はありますか?
243.おいしい味噌・おいしいレトルトの味噌汁を提案できる
244.お茶が飲めるスペースを作る
245.お米屋さんでしか買えないこだわりの逸品を売ろう!
246.ジャゲ買いしたくなるような米袋の開発
247.スタンプカードの使い方とスタンプカードに合った商品の扱い
248.ブレンド米の売り方
249.家庭でのオリジナルブレンド米の作り方を公開する 
250.玄米食についてどうお考えですか?
251.カレー・炊き込みご飯に合う米の提案
252.店主が好きなご当地カレー置いていますか?
253.店頭精米にすると、容量・客単価が下がる
254.店頭精米の時代変化
255.店頭精米専門店をおすすめしない理由
256.無洗米の販売戦略について
257.無名の米でも地元の米を売る
258.量販店・食品スーパー米銘柄でない銘柄のブランディング

259.なぜ、味の濃いお米を売るのが良いか?

XV.米以外
260.白米・玄米以外にPRしたい商品はないですか?
261.おにぎりの販売はどうか?
262.おにぎりを販売したい。おにぎり専門店をやってみたい
263.おにぎり販売の目的は何ですか?
264.お米以外のPR素材、何かありますか?
265.お米屋さんがフラワーアレンジメント教室開催
266.お米屋さんの副業は何が良いか?
267.加工食品、作れますか?
268.玄米・白米・雑穀などの米関連商品以外の商品探し
269.野菜の販売はどうか?
270.料理の勉強をする

XW.勉強
271.【お米屋さんのグループ・会がうまく行かない理由】いろんなタイプのお米屋さんが参加されている
272.【お米屋さんのグループ勉強会の課題】新しいテーマで話し合いをする
273.あなたがおすすめするごはんのおとも10個言えますか?商品名・メーカー名もです
274.お昼は外で食べる
275.お米屋さんは焼肉好きが良い理由
276.グルメになろう!
277.なぜ、土曜日の夜遅くの勉強会がなくなったのか?
278.自分で新たなグループを作る
279.食やグルメに強いお米屋さん
280.土日の昼間に勉強会開催
281.日曜日の使い方 〜新しいアイデア、提案します。コンサルティングを受けてみませんか?〜
282.お米屋さんは何が好きかで決まる
283.【お米屋さんのブランディング】イベント・催事に参加すること
284.【生産者の方が大阪へ高級米の営業をかけても難しい理由】お米屋さんは飲食店用・業務店用の安い米を欲しがっている
285.農家の方とのお付き合いの仕方

XX.セミナー
286.【お米屋さんからの声】異業種の方の話は面白い
287.【お米屋さんからの電話相談より】武内先生のお米屋さん向けセミナー・勉強会はないですか?
288.【お米屋さんのグループ・会合の取りまとめ役は外部の第三者が良い理由】利害関係がなく、第三者の目でアドバイス・提案ができるため
289.【お米屋さん向けコンサルティングの内容】得意なのは、ブランディング戦略と販売戦略です.docx
290.本音を言わない甘くて緩

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 13:52| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

【地酒の販売方法】酒米にこだわった品揃え

雄町に愛山。これが、私の好みです。地酒が好きな方は、酒販店や居酒屋へ行った場合、酒米で選ばれる方がおられます。

ちょっとマニアックですが、5%の方に支持される店づくりを考えるならば、大事です。

いろんなお酒があるというのでは、弱いです。最近は、生原酒が流行っていますが、そこに酒米もこだわってみて下さい。

本当に酒好きの方が飲んでみたいお酒を揃える。
それも一つの方法です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:地酒 酒米
posted by ノムリエ at 05:16| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

【カレーの潮流と対応策】レトルトのカレールーに合うごはん?パックごはん?

カレーのルーとレトルトカレーの消費金額が変わったそうです。以外と、カレーを作るのは、面倒くさいです。野菜を切って、炊かないといけません。

また、レトルトカレーは、100円以下の安いレトルトカレーだけでなく、おいしいご当地カレーが出てきて、大盛り上がりです。観光地の売店でもレトルトカレーは、よく売れます。

そうすると、ごはんもレトルトカレーに合うお米が良いかもしれません。

あるいは、パックごはんが伸びるかもしれません。

レトルトカレーを中心に対応策を考える。
これも大きな課題になって来そうな気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 13:16| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カラーマーケティング】パッケージデザインの色を変える

例えば、食品スーパーの棚に並んでいたある商品。パッケージのカラーを寒色から暖色に変えただけで販売数が変わります。

食品は、基本的に暖色です。だから、店づくりも暖色がよく映えるようにした方が良いです。

さらに、ホームページも食品の場合、暖色が目立つ構成の方が、おいしく見えます。

色で売上が変わる。
本当の話です。

名刺の色合いなども考えてみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:51| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

【恵方巻の販売戦略】予約数で販売数を読むこと

2月2日・3日と2日間、恵方巻を販売される食品スーパーがあります。長いところは3日間に設定しています。

恵方巻の販売、実は、店頭での販売よりも予約が大事です。予約がどれだけ入るか?予約が締め切り日までに売り切れるか?そこが鍵です。

だから、当日の販売には、あまり期待していないところもあります。店頭での販売数は、限定で、余分な在庫を持ちません。

年明け早々、ホームページやSNSで告知し、予約を受け付けるところもあります。

予約で売上を読む。
それが、最高の戦略です。

だから、当日販売で挽回するというのは、厳しいと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 11:40| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

【グルメスーパーのお米の売り方】完全店頭精米でこだわりの米を売る

小型店頭精米機の性能が格段に上がっています。この小型店頭精米機を数台設置して、こだわりの米を売る。

接客担当者もお米の資格を持っているプロが接客を行う。店頭精米は、数分かかりますので、米の話をしながら待っていただく。

さらにごはんのお供なども近くに陳列していると売れるでしょう。

白米売りから、店頭精米での販売へ。

意外と、米専門店以外の方が、販売数量を伸ばされています。
この勢い、脅威です。

白米を大量に積み上げて売る時代は終わり、こだわりのお米を5種類程度に絞って販売。

玄米も最高の状態のものを探して来て販売。だから、非定番です。売り切ったら終わりです。

グルメスーパーだからこそ、チャンスがありそうな気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:店頭精米
posted by ノムリエ at 12:33| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

【酒専門店・酒ディスカウンターが米販売を積極的に考える理由】酒類に比べて粗利が高い

例えば、酒ディスカウンターの場合、平均粗利率は9〜12%。米は、店頭精米の場合、30%以上取ることが可能です。

酒販店が、この粗利数値を知ると、やってみようかなぁと思われます。

商売は、粗利率で決まるという方もおられます。少しでも粗利率の高い商品を扱いたいです。

どこよりも安く売るという方法もありますが、限界があります。そのため、安さだけを追求した店は、潰れて行きます。

今なら、まだ可能性はあります。米販売を行いっている方が少ないからです。

米で店を立て直す。そんな時代が来ています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:35| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【酒専門店・酒ディスカンターの経営課題】酒類売上が減って行く中で、何で補うか?

どこも酒類の売上が下がり続け、歯止めがかかっていません。これから、V字回復というのもないと思います。おそらく、今後も下がって行くでしょう。

そのため、売上が下がった分を何かで補わないといけません。

例えば、居酒屋などの飲食店の開業。酒類のネット通販の参入。これらの戦略がよく取られていましたが、飲食業もアルコール売上が下がり大苦戦中です。ネット通販もワインなどは在庫ばかり増えて、資金繰りがたいへんです。

さて、そういう中でお米が注目されています。お米は、精米機を持って米を精米しないといけない。また、特殊な技術が必要。スペースもかなり広くないとできないと思っておられる方が多いです。

ところが、今は性能が高い、小型精米機(5馬力)が出てきて、大型精米機よりも精米した米の品質が高い場合があります。

スペースも3〜5坪くらいでできます。

それに魅力的なのは、米は不良在庫というのがありません。売り切ったら再度仕入れるだけです。リスクが小さいです。

お米の店頭精米販売、考えてみられませんでしょうか?


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:27| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【酒販店・酒ディスカウンターの経営戦略・生き残り策】小型店頭精米機で搗き立てのお米を販売

米と言うと、白米を米専門店か、米卸から仕入れて販売するのが普通でした。ところが、酒専門店・酒ディスカウンターが小型精米機を店内に置き、お米を販売する店が徐々に増えています。

店内に3〜5坪くらいのスペースでミニ精米工場のようなものを作られて、そこで精米されています。これも一つの方法です。

酒類販売の未来、あまり明るくないです。違う商売を考えて方が良いという人がいるくらいです。

そこで、登場したのがお米です。お米を精米するというのは、難しそうで、手が出ないと思っておられる方が多いですが、実は小型精米機の性能が格段に上がり、おいしい玄米さえ仕入れれば、できます。

小型店頭精米機で米販売にチャレンジ。

食品―パーなどで販売されているお米よりも価格が高く、利益が取れる商品です。

是非一度、検討されてみて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:11| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

【業態変更の時代変化】ディスカウンターから専門店へ

昔は、酒販店が安売りを始め、ディスカウンターへと業態変更しました。ところが、食品スーパーや量販店、コンビニエンスストアなどが酒類の扱いを始め、酒ディスカウンターよりも安く販売するところも出てきました。

そのため、全国的に酒ディスカウンターが苦戦し、廃業されるところが増えました。

最近は、逆にディスカウンターが専門店に業態変更しようとされる店が出てきました。売上を追いかけるのではなく、生き残っていける店づくり。

安さには限界があります。大手には安さでは勝てません。

超専門店の時代。それが、やってきたような気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 10:10| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

【小売業の経営戦略】製販一体の商品開発の中に米は入っていない

例えば、冷凍食品など、農作物の栽培から工場加工まですべて行ってPB商品にされます。

魚介類は、漁港から直送。精肉は、牧場経営からです。

ところが、米だけは、田んぼから米を育てて、精米工場を持ち白米にして販売するということはされません。

元々粗利率が低く、食味を安定化させることが難しい商品です。また、玄米価格も上下変動するため本当に難しいです。

そのため、ほとんどが米卸や農協からの仕入れです。

産地指定で、直送しようと思っても1年間食味を安定化させることは厳しいでしょう。

そうすると、小規模の米屋でもチャンス有りです。

それに、細かな対応やオリジナルブレンド米など、やり方次第で差が付きます。

米の製販一体、どこが仕掛けてくるのか?様子を見たいと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:製販一体
posted by ノムリエ at 10:34| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

【小規模店の経営課題】商品探しのために動く

商品探しを行っていますか?
コンサルティング提案の一つに、仕入れ先開拓というのがあります。仕入れ先を増やさないと売上は上がらないからです。

特に、地方都市で商売をされている場合、自分では動かず、FAXやメールでの情報をチェック・確認するだけです。これでは、徐々に商売が小さくなって行きます。

自分の足で商品を見つけてくること。そうすると、商品だけでなく、情報も得ることができます。また、商品を見る目も養われます。

年を取ると、動かなくなります。それが、一番怖いです。
長年、仕入れのために動いたことがない方もおられます。どういうふうに、動けば良いのかわからないようです。

1月2月は、店が暇になります。そういう時こそ、時間を作って、問屋回りをして下さい。

動かなくなった時、売上は下がって行きますので、注意して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:小規模店
posted by ノムリエ at 05:26| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

【食品スーパーの販売課題】寒ブリ入荷がない

年末もなかったです。初売りには、あるのではと期待しましたが、どこも販売していません。(大阪の庶民の食品スーパーの話です)

あるのは、養殖のブリです。こちらは、扱いやすいし、価格も安いです。

テレビでは、寒ブリを見ますが、店には置いていない。高級魚になってしまったのでしょうか?

カニも見ません。テレビと実際の売場には大きな差があります。また、その差が大きくなっています。

話題に上っている商品ほど、扱って欲しいです。
そうしないと、いつも同じ商品、同じ売場になってしまいます。

リスクを冒さない。そんな感じがします。

寒ブリ、もう食べれないのでしょうか?


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:寒ブリ
posted by ノムリエ at 05:17| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

【ある大阪の食品スーパーのお正月の風景】焼きそばの麺が売れている

1月3日に、食品スーパーへ行くと、焼きそばの麺があと2個。2日が初売りだったので、売れたのでしょう。

しかし、大阪以外の方から見ると、不思議な光景かもしれません。焼きそばの麺を正月から何に使うか?

焼きそばかモダン焼に使います。
正月から、お好み焼き?

はい、お好み焼きです。家族や友人・知人が集まれば、お好み焼きパーティーです。安くておいしいので大人気。

お正月明け、粉もんで攻める。これも一つの方法です。

地ソースなども揃えて、正月バージョンのお好みやコーナーづくり。

おせち料理の食材以上に、大事かもしれません。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 08:44| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食品スーパーの販促戦略について】初売りは、前日にSNSに情報を流す

年末に、初売りの日程だけを告知。初売りにどんな企画、どんな商品が出るのか、わかりません。

お客様は、初売り期待されています。1月4日の初売りの店など、ちょうどお正月食材が切れるころなので、待っておられます。

1月4日の朝刊の新聞折り込みチラシでは遅いです。少なくとも前日にはお知らせしたいです。ホームページを更新したり、SNSに投稿し来店を呼びかけること。

どうもまだ流通業は、SNSの活用が弱いです。逆に、ラーメン店などは、毎日いろんなスープを作り、楽しんで集客されています。そういう店ほど、予定した営業時間よりもかなり早くスープが売り切れています。

今の時代は、チラシよりもスマホです。スマホでちょっとした情報を得て、買うかどうか決めます。

安いと評判の店でもSNSに最新の情報を流す。翌日の特売の情報を早く流す。
これが、今後の大きな課題のような気がします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:SNS 初売り
posted by ノムリエ at 05:25| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

【食品スーパーの年始の営業日】1月4日初売りが多い

働き方革命の影響でしょうか?
今年は、1月4日初売りの店が多いです。

某大手は、1月1日初売りです。ところが、1日に開いている店は、少なくなりました。

今後、人手不足の問題もあり、1月4日初売りが定着しそうな気がします。曜日の加減もありますが、ほぼこれが一つのルールのような感じです。

そうすると、チャンスは、コンビニエンスストアとファミレス、ファーストフード店です。1月1日〜3日に何か企画を打つ。

宅配サービスもチャンスです。この期間、売上が伸びるでしょう。

日本の食は、食品スーパーの動きで変わってきます。

どういう戦略を組むか、来年の対策を今から考える必要があります。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:食品スーパー
posted by ノムリエ at 08:49| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする