経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年10月18日

【コンプライアンス違反の現状】外部の人との打ち合わせ時間が長い。また、勝手に契約をしてくる。

外部の人との打ち合わせ時間が長い。
これは、社内ルールを設けて下さい。1社あたり、どれくらいの時間を取るのか?
特別な事情がない限り、通常は10分以内です。

また、勝手に契約する方がいます。契約は、相見積もりを取って、検討してからです。

こういうルールがあいまいになっていると無駄が多くなります。

それと、知り合いだからと言って便宜を図っていると、会社はおかしくなります。

綺麗な仕事をする。

このことも教育する必要があります。

外部の方との関係は、会社は見えませんので、注意して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年10月02日

【コンプライアンスコンサルティング&講演内容の一例】

【コンプライアンスコンサルティング&講演内容の一例】
1.コンプライアンスについて
(1)コンプライアンスとは?
(2)ビジネスコンプライアンスとは?
(3)企業がコンプライアンス強化を行う理由とは?
(4)コンプラインスに対する各企業の取り組み
(5)これから求められるコンプライアンス対策
(6)コンプライアンスと企業イメージ

2.社内外における規律遵守
(1)各種規則・ルールづくりと見直し
(2)規則やルールを守ることができる職場づくり
(3)行動規範作りとその遵守
(4)クレーム対応の仕方とマニュアルづくり
(5)就業規則の見直し

3.モラルの向上
(1)社会常識をもう一度見直そう!
(2)言葉遣い・あいさつ・服装から直そう!
(3)躾・マナー教育指導の徹底化
(4)モラル向上のための規律やマニュアルの作成

4.現場で起こっている事例紹介
(1)あいさつ
(2)服装
(3)お客様の忘れ物
(4)会社のものの使い方
(5)休みや休憩時間の取り方
(6)メーカーなどからいただいたサンプルや試供品の取り扱い方
(7)お客様からのいただきものの処理の仕方
(8)休憩所・事務所の使い方
(9)従業員駐車場の使い方
(10)その他、実際に現場で起こっていること

5.外部から見た企業イメージ
(1)企業イメージと企業評価
(2)企業イメージ向上策
(3)従業員が守らなければならないこと・やらなければならないこと
(4)お客様アンケートの実施の検討

6.行動規範について
(1)自分のものと会社のものを区別する
(2)勤務中にやってはいけないこと
(3)業務終了後のあり方
(4)プライベートでの企業人としてのあり方

7.コンプライアンス問題を解決する人事考課表の活用
(1)躾・マナー改善チェックシートの作成・教育
(2)人事考課表の作成・チェック・指導の仕組みづくり
(3)人事考課表を給与に反映させる仕組みづくり

8.会社方針の明確化
(1)どういう社員(従業員)であって欲しいか?
(2)どういう会社にしたいか?
(3)どういう仕事をして欲しいか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【コンプライアンス・モラル向上コンサルティング】なぜ個人面談から始めるのか?

アンケートだけでは、本音は出ません。悪いことが起こっている会社ほど、何も出てきません。

だから、個人面談を行い、一人ずつ今何が起こっているのかを聞いて行きます。

そうすると、会社には、言えないこと、言っていないことが少しずつ出てきます。

それをどうやって解決して行くか、それがコンプライアンス・モラル向上コンサルティングです。

まずは、問題の洗い出し。それをやらないと、未来が見えてきません。

是非、外部調査の個人面談、検討されてみて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年09月24日

【コンプライアンス違反が起こる会社の特徴】愛社精神がない

愛社精神がないと、コンプライアンス違反が起こります。自分の腕と能力だけが好き。
そういう人を作らないことも会社の使命です。

会社や店のために・・・という心を持った従業員の育成。これが大きな課題です。

ところが、会社や店の前にもう一つ大事なことがあります。それは、社長やオーナーが好きかどうか?

社長やオーナーが好きでないと、会社や店に興味を持ちません。

社長の周りにはいつも従業員でいっぱい。
従業員に好かれる社長になって下さい。

レクレーションや福利厚生なども充実させ、少しでも愛社精神が生まれる会社にする。
愛社精神がある社風づくり。
これも経営目標に上げて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年09月05日

【コンプライアンス違反と再教育】業績1位のセールスマン。ただし、生活は派手。

営業成績が良く、年収も1,000万円を超えると、生活が派手になり、すべてが自由になってきます。

この自由というのは、勝手な行動をするという意味です。

年収が上がれば上がるほど、自分に厳しく、手本となる人間にならないといけません。

一度、派手な生活が始まると止まらなくなります。事件・事故が起こらない限り、際限がなくなってしまいます。

だから、会社もお金を渡すだけでなく、再教育が必要です。派手な方は、どこかで問題を起こすからです。

単に、営業成績の評価だけでお金を渡すとこいうことが起こります。数字だけを追いかける会社にしないこと。それが大事です。

人としてのあるべき姿を教えることができる会社が素晴らしい会社です。売上や利益が高い会社ではないです。

人生を狂わせないように、会社も注意して指導教育すべきです。

それが現実に起こっている課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年08月08日

【現実に起こっているコンプライアンス違反】社内で小遣い稼ぎをしている人がいる

自社のサービスを無断で利用している。形のないものの場合、やろうと思えばできます。

お客様と契約書を結ばす、自分のポケットへ入れる。これを誰かがし出すと、同じようなことをする人が増え、会社はおかしくなります。

理性、規律、社会常識、社内ルールがなくなると、会社はどうなるか?
少しでもおかしな行動をする人がいると、厳しく指導すること。

もし就業規則や罰則規定などに違反していれば、処罰も考えないといけません。

小遣い稼ぎをするのではなく、会社に貢献すること。会社のあるべき姿をもう一度、教える必要があります。

変な噂が外部から出だすと、大きな問題に発展します。その前に、必ず手を打って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年07月10日

【営業成績を追いかけるコンプライアンス違反】出世を目指す居所不明の営業マン

どこへ行ったのかわからない。いつもいない。
しかし、営業成績はダントツにトップ。

ところが、最後には・・・良からぬことが必ず起こります。
営業成績が良ければ、それで良い?
営業成績が良い人を自由にさせていませんか?見逃していませんか?

営業成績が良い人ほど、襟を正すべきです。会社もそういう教育を行わないといけません。

たった一人の不祥事で、会社がおかしくなることもあります。

だからこそ、人事考課表が必要なのです。
数字以外の部分でも評価する。あるいは、そちらの方が比重を高くしている会社もあります。

出世や報奨金だけを狙う。
そういう社員が出てこないように注意して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年07月01日

【店におけるコンプライアンス違反】7月・8月は一番忙しい時期なのに、普通の動きになっている

従業員の方の頭の中に、7月・8月は忙しいという意識はないです。だから、いつもと同じように仕事をされます。

ところが、7月に入ると、急にお客様が増え、あたふたされます。当然、クレームも発生します。

だから、朝礼などで、7月・8月は特別に忙しいということを教えて下さい。

店内を走り回る。
大きな声を出す。
それくらいしないと、失敗が多くなります。

7月・8月の忙しさを知っているのは、社長・オーナーだけ。
これでは、店の売上は上がりません。

是非、再教育を行って下さい。

++++++++++++++++++
米猿百十
〒460-0026
愛知県名古屋市中区伊勢山2−7−5
TEL 052−265−5565
FAX 052−322−3485
営業時間 平日10:00〜18:00 土曜 10:00〜17:00
玄米だんごの販売時間 10:00〜17:00
定休日:日曜日・祝日
++++++++++++++++++


2017年06月21日

【営業成績に関するコンプライアンス違反】営業成績を上げるため社内常識・社内ルールを破る

営業成績を上げるために、何でもする。他の仲間の迷惑がかかってもやる。
それ以上に困るのは、他の人のお付き合い先・営業先を取る。

こういう人が一人でも出てきたら、同じような人がどんどん出てきます。

そうすうと、当然、会社はおかしくなります。営業成績を上げるためだけに会社にいる。高い給料や報奨金をもらうために仕事をする。

営業成績だけで評価することの弊害はここにあります。

営業成績以上に大事なもの。人としてのあるべき姿。
それを教えることが会社の役目です。

数字だけを追いかける、何でもありの社風になっていませんか?
売上は少々下がっても、理想の会社にする必要があります。

社内常識・社内ルールが普通に守れている会社にする。
それが一番大切です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年06月19日

【予算と架空計上というコンプライアンス違反】予算を厳しく管理すると、架空計上が起こる

あんな大きな会社が・・・
あんなに評判の良い会社が・・・
人を指導する立場の会社が・・・

ところが、現実的には架空計上が起こっています。まさかという会社でもあります。

調べると、やはり予算管理にあるようです。どうしても予算をやらないといけない。会社に良い報告をしないといけないと思い、やってしまいます。

ところが、本人は、他の人も普通にやっているのではと思っている場合があります。こういう考えを持った人を絶対に作らないで下さい。

また、架空計上は1件発覚すると、次から次へと出てきます。
えっ!こんなにあったのぉとびっくりするくらいです。

もし発覚したら、どういう対応をするか、明確にすること。特に、注意して欲しいのは、稼ぎ頭の不正です。これを見逃すと、会社は良くなりません。ガタガタになります。

紙切れ1枚でやろうと思えばできること。しかし、それに手を染めると一生台無しです。

再教育を行い、不正が出ないようにする。
それと、予算に対する考え方も変えた方が良いかもしれません。
無理して数字を作る。どこかで歪が出てきます。

予算と不正の関係、根深いです。
どういう方針で経営して行くのか、トップが明示し、働きやすい環境づくりが大切です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:予算 架空計上

2017年06月11日

【実際に起きているコンプライアンス違反】報告しない。隠す。

会社や社長、上司は気づいていないかもしれません。社員は、すべて隠さずに報告しているものだと思っておられます。

しかし、突然、大きなクレームが起きます。その時、調べてみると、報告されていなかったことがいくつも出てきます。

こういうことが、起こらないように気を付けないといけません。また、従業員任せにしないこと。こっちから聞いて、確認しないと、すべてを報告するということはないです。

特に、都合の悪いことは報告しません。隠します。それが積もると、どこかで良からぬことが発生します。

それとよくあるのが、上司の方が怖いので、言えないという場合です。そうすると、間違いや失敗した時、報告しなくなります。だから、上司の方のあり方も大事です。怖い顔をして、いつも怒っている。そういう人には、報告は上がりません。

隠ぺい体質。
これを絶対に作らないこと。

そのためには、社長の声掛け運動から始めて下さい。
中小企業は、それが一番大事です。

社内を歩き回り、社員の行動をチェックする。
また、社長が来るのを楽しみにされているくらいになって下さい。

社風改善は、社長からです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年06月10日

【部下指導におけるコンプライアンス違反】社長の言う通りしない。自分のやり方を部下にさせる。

そんなことが起こっている?と思うかもしれませんが、社長の考えている通りにやらない。自分のやり方を部下に指導しているという場合があります。

部下も困惑。本当に困ってしまいます。
どちらの言うことをやれば良いのか・・・

しかし、社長の言う通りにやらない人は、要注意です。これが常態化すると、組織を維持できなくなります。

それと、必ずこういう人がいると、クレームが発生します。しかし、会社の指示通りやらなくて、クレームが発生した場合、対処に困ります。

そういう人が出てこないように、しっかりと日々教育を行って下さい。

店舗の場合なども時折抜き打ちチェックをしたり、従業員の方の個人面談を行い、状況を把握して下さい。

うちの会社では、そんなことは起こっていないと思わないこと。
どの会社でも起こっている、やっかいな問題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年06月07日

【服装に関するコンプラアイス違反】私服は何でも大丈夫という解釈していませんか?

私服は、会社や店とは関係ない。だから、何を着ても自由。

ところが、ある飲食店様でお客様から、従業員が派手な服装をしているとオーナーに連絡が入ります。

休みの日は良いですが、出勤中の服装、大事です。例えば、Tシャツに短パンで出社。ユニフォームに着替えるからという理由ですが、ある程度しっかりとした恥ずかしくない服装で出社するように指導教育した方が良いです。

服装が乱れると、いろんなものが乱れてきます。

良い会社ほど、服装はきっちりしています。
クールビズだと言って、自由になり過ぎると、評価が下がります。

特に、私服の時こそ、要注意。
逆に、評価が上がるような服装をする。

それが、身近な経営課題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年05月31日

【現実に起こっているコンプライアンス違反】雑用しない人

雑用を全くしない人、いませんか?

通常業務はやっても雑用だけはしない。逃げる。
そうすると、周りから信用されなくなります。

できる人ほど、率先して雑用をし、周りが仕事がしやすいように組み立てられます。

役職が上がっても、管理職になってもこのことは大事です。

そのことを社長も会社も見て下さい。
カッコ良い仕事だけするという社員が出てこないように注意して下さい。

2017年05月30日

【従業員教育におけるコンプライアンス違反】社長のことを知らない

社長は、何歳ですか?
出身はどこですか?
趣味は何ですか?
車は何を乗っていますか?
社長の好きな言葉は何ですか?
社長の好きな色は何ですか?
社長の好きな食べ物は何ですか?

こういうことを聞いても答えが返ってこない場合があります。また、社長に関心のない人もいます。

社長に興味がないということは、会社に対しても興味がないということです。

これでは、業績は上がりません。まず、社長のことを教えて下さい。そうしないと、外部の方に対しても正確な情報が伝わりません。

社長の次は、会社のことです。
創業した年。
従業員数。
役職名。
営業の人数。事務スタッフの人数。
事業の内容。
会社の住所。
電話番号。
FAX番号。

えっ!こんなところから教えるのですか?という声が聞こえてきそうですが、一度確認してみて下さい。

意外と出てこないです。

知らない人が悪いのではなく、教えていなかった社長・会社が悪いのです。
是非もう一度、チェック・確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年05月27日

【絶対にやってはいけないコンプライアンス違反】お客様を怒らせる、喧嘩して帰って来る

ブログに書くまでもないですが、お客様を怒らせる、喧嘩して帰って来てはいけません。

会社や上司の方は、なぜお客様を怒らせたのか?喧嘩になったのか?それを聞いて確認して下さい。

当然、先方にはお詫びに行かなくてはなりません。先方の言い分も必ずすべて聞いてきて下さい。

さて、次は社内における会議・ミーティングです。お客様を怒らせる、喧嘩して帰って来ないように厳重注意です。また、お客様を怒らせないための対処法や考え方・行動の仕方なども具体的に指導教育を行って下さい。

さらに、できれば賞罰規定・コンプライアンス規定を設け、こういうことが起こった場合の会社としての対処策も考えておいて下さい。

規定がないと、今回だけは・・・と言ってそのままになります。
やはり、会社に規則は必要です。

規則で縛りたくはないですが、この手の相談、結構多くなっています。
是非、注意して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年05月23日

【店舗運営におけるコンプライアンス違反】店長がお気に入りのスタッフを自分と同じ勤務時間にシフトを入れる

シフトは、店長の自由にしていると、良からぬことが起きます。自分のお気に入りのスタッフを自分と同じ勤務時間にシフトを入れられます。

それエスカレートすると、営業時間後の大きな問題に発展します。

なぜ、こんなことを言うかといいますと、実は数多くクライアント先で起こってきたからです。

だから、店長も長く3年でローテーションです。女性問題などが起きないように、会社も配慮して下さい。

無事ゴールインというのは良いですが、問題発生は要注意。

それと、夫婦で同じ店舗に勤務しないこと。
例えば、人時生産性が評価項目に入っているため、奥さんに無休勤務でシフトに入らせるというようなことが起こるからです。もし、事故でも起きたらたいへんです。

こういう細かいところまで見るのが、労務管理です。社長一人の目では、行き届かないです。是非、人に関する情報が本部に上がるようにして下さい。
あるいは、定期的に面談・面接を行って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年05月21日

【会社経営で大事なこと】営業成績がトップの人、コンプライアンス違反していませんか?自由になり過ぎていませんか?

社長以外で営業成績がトップの人の管理、しっかりとできていますか?

営業成績がトップになると、いろいろ自由にしだします。ほっておくと歯止めがかからなくなり、他の社員にも悪い影響が出ます。

本当は、営業成績が良くなればなるほど、真摯な態度を取るべきです。会社のこと、周りのことを考えて行動するように気を付ける。それが大事です。

人として認められるようにならないと、役員の道はないです。部長職止まりです。

また、営業成績だけで役員に昇格ということはしないです。これをすると、会社はおかしくなりますので要注意です。

営業成績が良い人には、それなりの教育が必要です。
特に、社長を超える営業成績の人、必ずおかしなことにならないように指導されて下さい。

2017年05月15日

【社長のコンプライアンス違反】社長が社員にきつく指導すると、社員は家に帰って奥さんに当たる

これ、本当の話です。よく出てきます。
社長が、毎日厳しく社員に言い続けると、社員はストレスが溜まり、奥さんに当たるようになるそうです。

そうなると、家庭円満ではなくなります。夫婦仲は悪くなり、家庭は崩壊寸前。

だから、社長!気を付けて下さい。
社員を幸せにする。社員の家族を幸せにするのが、社長の役割です。

社長のきつい言葉がどういうことを起こしているか、知って下さい。

売上以上に心配なことです。
是非、注意して下さい。

それと、このことは全従業員の個人面談で出てきます。
だから、外部の方に個人面談をしていただくことも考えて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年05月12日

【コンプライアンス違反者の発見法】目を合わさない、あいさつをしない

よく、企業再生案件の場合、企業訪問するとコンプライアンス違反を犯しているかどうかはすぐにわかります。

目を合わさない、あいさつをしない人です。

それと、会社が経営コンサルタントの方が来るとアナウンスすると、退職希望者が出てきます。だから、上手に経営コンサルタントを活用して下さい。

個人面談を行うと、徐々にどういうことが実際に起こっているのかわかってきます。時には、忠告される方もいます。

会社で良からぬことが起こっていませんか?
大きな問題に発展する前に、解決することが大事です。

ちょっとでもおかしいと感じたら、コンプライアンス調査を行うことをおすすめします。