経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2019年12月04日

【食事時間のコンプライアンス違反について】人とは違う時間に食事を取る

昼食時間は、12時〜13時と決まっているのに、その時間に食事を取る。外回りでもなく、内勤なのに、そういう食事の仕方をする人がいます。

理由は、普通の昼食時間に飲食店へ行くと混んでいるから、時間をズラして、空いた時間帯に行きたい。

あるいは、毎日、夜遅くまで残業するため、昼食はなるべく遅く取らないと、お腹が空く。

もっともな意見のようですが、これらすべてコンプライアンス違反です。決められた時間にみんなで食事をするのがルールです。

こういう人が一人でも出てくると、他の人も真似だし、自由な世界が生まれてしまいます。

また、食事時間のルーズさは、他のものへも影響します。だから、怖いです。

良い会社にするためには、まずは食事時間のルールを守ること。そこから、会社の立て直しが始まります。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019年11月27日

【ちょっと気になるコンプライアンス違反について】金品の受領や金品の請求

社内に金品の受領や金品の請求をしている人はいませんか?
うちにはそんな人はいないと思っていませんか?
定期的に社内調査をする必要があります。

取引先にそういうことを請求している人がいると会社はおかしくなっています。代々、先輩がそうしてきたので、私もやっても良いものだと思っていましたという人が出てくるとたいへんです。

ちょっとでもおかしいと感じたら、無記名のアンケート調査を行って下さい。それでもまだ不信感がある場合は、全従業員のヒアリング調査です。

おそらく、そこまでやらないと出て来ないかもしれません。

また、できるだけ物はもらわないこと。断って下さい。そこから不正につながって行くからです。

それと、就業規則の中の賞罰規定がどうなっているか確認して下さい。今は、罰則規定が100項目以上もある会社があります。それだけ厳しくなっているということです。

本業以外のところで問題を起こさない。これが一番大事なことです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019年07月24日

【ちょっと気になるコンプライアンス違反について】会社・社長・上司・仲間の悪口を外部の人に言わない

当たり前と言えば、当たり前なのですが、守れていない会社・組織があります。

平気で会社や社長を批判する?

これってコンプライアンス違反です。ガバナンスが効いていません。

このことを会議などでもう一度説明し、徹底化する必要があります。

普通の会社というのは、こういうことが起こっていない会社です。

少しでも緩んでいるところがあれば、見直して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019年06月15日

【意外と多いコンプライアンス違反】制服を家から来て来る。着替えずに帰りに店などに立ち寄る。

制服を着替えず、家から来て来る。例えば、車通勤の場合、多いようです。

でも、帰宅時に店に立ち寄る時も制服は着たまま。清潔感がなく、感じも悪いです。

それに、もしその制服を着たままで問題が起きたらたいへんなことになります。
(この話は、実際にクライアント先でありました。)

制服の着用の仕方、きっちりと就業規則などに明記して下さい。

罰則規定もあった方が良いかもしれません。

また、総務部の方は、定期的に調査を行って下さい。

評判を落とさない前に、早く行って下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【意外と多いコンプライアンス違反】社長不在の時に、私用でネットを使っている

私がいない時、本当に仕事をしているのかどうか不安。
そこで、ネットの使用状況をこっそり調査。

そうすると、びっくりする結果が・・・
なんと、社長がいない時は、スタッフが私用でネットを使っていました。

結局、その会社は、女性スタッフを全員入れ替え、再スタートを切られました。

社長は、自分が甘かったと反省。

この話、この会社だけではないです。どの会社でも起こっています。

ネットサーフィンで仕事をしているふりをして、実は私用で使っているかもしれません。

そのため、定期的に調査が必要です。

それと、就業規則のコンプライアンス違反にも入れて下さい。

ネットが普及すると、こんな問題が起きています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2018年12月22日

【コンプライアンス問題解決支援サポート】「コンプライアンスの遵守と行動基準の見直し」講義レポート&まとめ

1.コンプライアンスについて
(1)コンプライアンスとは?
コンプライアンスとは、法律や倫理などの要求に「従うこと」です。

 コンプライアンス(compliance)の語源は、動詞のコンプライ(comply)で「(何かに)応じる・従う・守る」を意味します。従ってコンプライアンスも「(何かに)応じること・従うこと・守ること」を意味します。日本語でこの語が用いられるのは、主にビジネスや経営の分野。その場合「企業が、法律や企業倫理を遵守(じゅんしゅ)すること」を意味します。

(2)ビジネスコンプライアンスとは?
 日本では「法令遵守」、最近だと「企業が法律や企業倫理を遵守すること」という意味で使われることが多いです。そのことを「ビジネスコンプライアンス」とも言います。

(3)企業がコンプライアンス強化を行う理由とは?
会社として気になるのは、イメージダウンにつながることです。内部で起きているルール違反、マナー違反は改善すれば済むことですが、イメージダウンにつながることはそうは行きません。
 一度でもそういうことが起これば、会社に対する評価・信頼感が下がります。個々の店だけではなく会社全体、グループ全体に対して悪い影響を及ぼします。

(4)コンプラインスに対する各企業の取り組み
コンプライアンスプログラムの導入。企業の中で、法令や倫理を遵守する仕組みを作る場合、その仕組みのことをコンプライアンスプログラムと呼ぶことがあります。多くの場合三つの分野で構成され「遵守のためのガイドラインの作成」「教育・啓蒙プログラムの実施」「問題発生時の対応マニュアルの作成」などが行われています。

(5)これから求められるコンプライアンス対策
コンプライアンスの遵守すべき範囲は、ここまでという明確なものはありませんので、各企業が、法令・社内規程・マニュアル・企業倫理・社会貢献などの範囲で自発的な取り組みとして行なわれます。ゆえに、各企業での取り組み方も千差万別で、『最低限のコンプライアンス』を追求する企業から、信用やブランド力を勝ち取るために積極的に取り組む企業など様々です。
 企業の信用やブランド力の向上には、法令に留まらず、企業理念や社会貢献までを範囲とし、これらを基礎に企業文化や社風を改善して行くことが必要となります。

(6)コンプライアンスと企業イメージ
 一度落ちたイメージは元には戻らない。自分だけで判断しない。自分だけ良ければ良い。誰も見ていなければ良いという発想をなくすことが大事です。
 近年、コンプライアンス違反やモラル違反についてお客様から直接、会社にクレームの電話があります。お客様は常に見ておられます。そういう意識を持つことが大切です。

例えば以下のようなことが起こっています。
1.就業時間後、ユニフォームを着たまま外出したり、買い物をする
2.店の周辺でたばこを吸っている
3.特売商品を従業員が一番先に買っている
4.駐車場の一番良い場所に従業員が停めている
5.家のゴミを持ってきて捨てている
6.汚れたユニフォーム・靴、乱れた髪の毛、汚れている手で仕事をしている
7.勤務している店の周辺に座って昼食を取っている
8.営業車が汚れている
9.お客様や外部の方に対しての言葉遣いが良くない(ため口でしゃべっている)
10.電話注文を受ける際の対応・言葉遣いが良くない
11.外で顔見知りのお客様と会ってもあいさつをしない

小さいことかもしれませんが、こういうことが現実に起こっています。お客様から注意を受けてから改善するのでは遅いです。どこかできっちりと教育する場を設けることが必要です。それも一度だけでなく、定期的に行った方が良いです。

2.社内外における規律遵守(就業規則以外のもの)
(1)各種規則・ルールづくりと見直し
 具体的には、ハウスルールや「絶対にやってはいけないこと(10項目)のような一般常識レベルのものから改善を図っています。
 また、良い会社は、各種マニュアルや仕事の流れ、注意事項などについて管理職の方が自発的に作っておられます。自分の会社は自分で守らないと、もしもの時に職を失うかもしれないという危機感から頑張っておられます。

(2)規則やルールを守ることができる職場づくり
 言いにくくてもみんなで注意すること。注意された方は素直に「ハイ」と返事をして直すこと。そういう社風が必要です。小さなこと、細かなことだから良いだろうと思っていると良からぬことが必ず起こります。管理職の方から襟を正して、業務遂行しないと会社はおかしな方向に行ってしまいます。

(3)行動規範作りとその遵守
 行動規範については細かい部分まで、やってはいけないことを列挙して確認・チェックすることが大事です。まず、このチェック表づくりからスタートです。
 さらにそのチェック表を元に管理職の方が指導教育を行う仕組みが必要です。
 気が付いた時に言葉だけで注意していたのでは、良くなりません。チェック表を用いてお互いがどこまでできているか納得の行くまで確認して下さい。

(4)クレーム対応の仕方とマニュアルづくり
 「お客様からのクレームノート」を作ることです。どんな小さなことでも良いのでは、クレームや要望・希望を受ければ、それを記入する癖を付けることです。
 また、この情報を全店舗で毎月集め、会報やレポートとして仕上げ、現場担当者だけでなく契約者様に提出されるのが望ましいです。
 各種マニュアル作りは今後の大きな課題だと思います。しかし、これがないと良い会社、良い仕組みはできません。いつかやろうではなく、いつまでにやるのか決めて進めるが良いです。

3.モラルの向上
(1)社会常識をもう一度見直そう!
・お客様の忘れ物に手を出さない
・店舗内にあるものは大事に使う
・望ましくない服装で出勤しない(草履・短パンなど・・・)
・綺麗な手で仕事をする
・綺麗な釣銭をお客様にお返しする
・お客様に呼ばれたら「ハイ」の返事で走って行く
・名札は必ず着用すること

(2)言葉遣い・あいさつ・服装から直そう!
言葉遣い → ため口で話さない。綺麗は敬語・丁寧語で話す
あいさつ → どこででも気持ちの良いあいさつをする
服装 → 綺麗にユニフォームを着る・正しい位置に名札を付ける

(3)躾・マナー教育指導の徹底化
 管理職の方が細かい部分まで指導教育することが必要です。この指導教育を怠ると、必ず問題が発生して来ますので注意して下さい。

(4)モラル向上のための規律やマニュアルの作成
 今後の御社の大きな課題です。表にまとめるという作業が必要になってきます。

4.現場で起こっている事例紹介
(1)あいさつ(社外で知り合いの方と会った時のあいさつ)
(2)服装(私服まで注意すること)
(3)お客様の忘れ物(ルールを作ること)
(4)会社のものの使い方(机の中、備品の在庫、PC等の清掃など)
(5)休みや休憩時間の取り方(決められて時間・場所で取る)
(6)メーカーなどからいただいたサンプルや試供品の取り扱い方(手を付けない)
(7)お客様からのいただきものの処理の仕方(会社の指示を必ず聞くこと)
(8)休憩所・事務所の使い方(いつも綺麗な状態を維持すること)
(9)従業員駐車場の使い方(正しい使い方をすること)
(10)その他、実際に現場で起こっていること(勝手な判断はしないこと)

5.外部から見た企業イメージ
(1)企業イメージと企業評価(コンプライアンスとガバナンスが最も大事)
(2)企業イメージ向上策(接客サービスマニュアルの作成)
(3)従業員が守らなければならないこと・やらなければならないこと(このことも箇条書きでも良いので、従業員の方に示すことが大事です)
(4)お客様アンケートの実施の検討(御社の場合のお客様とは契約者のことです)

6.行動規範について
(1)自分のものと会社のものを区別する(番号を付け、シールを貼る)
(2)勤務中にやってはいけないこと(法を犯すことだけでなく、モラル違反になるようなことを行わない)
(3)業務終了後のあり方(すぐ帰ること)
(4)プライベートでの企業人としてのあり方(名刺の携行・綺麗な身だしなみ・あいさつ)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2018年04月09日

【マナー違反について】トイレ休憩と言いながらタバコを吸う

社内は完全禁煙。喫煙所は、あるが少し遠い。
だから、トイレ休憩と言いながらトイレでタバコを吸う。
ところが、感知器が鳴る場合もあり、危険です。

厳しい会社では、出勤停止にされるところもあります。タバコの不始末は、いろんなものに波及して行きます。

ちょっとしたマナー違反が、大きな失敗・クレームにつながります。

どんなことがあってもマナー違反は起こさない。
朝礼・ミーティング等で、しっかりと指導養育を行って下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2018年03月05日

【喫煙におけるコンプライアンス違反】喫煙場所におけるルール違反

喫煙場所は、きっちりと守られていますか?

例えば、店舗の外や倉庫の前など、お客様が見える場所で喫煙されていませんか?

実は、このことを会社や本部へお客様から注意の電話があります。

2人以上の人が、おしゃべりをしながら煙草を吸っている。あまり良い光景ではないです。

喫煙場所を守る。
大事なマナールールです。
再度、確認して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2018年03月04日

【食事におけるコンプライアンス違反】決められた場所で食事を取らない

具体的に言いますと、自分の車の中で食事をされます。昼休憩は、自由に使っても良いと考えられ、一人車で食事をし、自分の時間を楽しまれます。

休憩が終わると、職場に戻られますが、これでは他の従業員の方とコミュニケーションが取れません。

食事の場も大事です。みんなと話をするために食事はあります。それを理解してもらわないと困ります。

特に、派遣社員など正社員の方と溶け込むのが難しく、孤立されている場合がありますが、声をかけてあげて下さい。

食事の状況を見れば、会社の状況がわかるという方もおられます。

みんなで楽しく食事をする。食事は決められた場所で取る。
それが、会社で大切なルールです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2018年02月17日

【社長・役員のコンプライアンス違反】中小企業は、会社が破滅します

大手企業は、人材が豊富なため、後釜はたくさんいます。ところが、中小企業は、そうはいきません。特に、社長の代わりはいないでしょう。

だから、絶対にコンプライアンス違反を犯してはいけません。ガバナンスを利かすと言っても起きたものは、取り返しがつきません。

社長・役員が退任したら、すべて解決するということはないです。

常に、崖っぷちであることを認識する。
社員や従業員を守るためにも、自分を厳しく律して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2018年02月09日

【会社がおかしくなる兆候】部長のところで問題が止まっている

社長のところまで、問題が上がってきていますか?

部長に問題の有無を聞くと、「ありません」と返事があると安心していませんか?

実は、部長のところで止まっている可能性があります。社長の耳に入るとたいへんだと勝手に解釈し、積極的に問題解決しません。

いつしか、どんな悪いことが起こっても部長にだけ言っておけば良い。上手に処理してくれるという甘い意識を持った社員がたくさん生まれます。

これが、会社がおかしくなる兆候です。

部長から、社内の本当の実情を問いただして下さい。嘘がないようにして下さい。

隠そうとすると、さらに問題は大きくなります。

部長教育、もう一度徹底して下さい。

そうしないと、信じていた人が良からぬことを起すかもしれません。

是非、注意して下さい。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2018年01月02日

【人材育成におけるコンプライアンス違反】人に仕事を教えない

人が育たない理由は?
それは、仕事を教えていないからです。

まずは、社長が自分の仕事を教えること。これをしないと、人は育ちません。社長が仕事を教えて、そういう文化や環境を作ることです。

次は、中間管理職です。この人たちが、人に仕事を教えているかどうか、そこにかかっています。

人に仕事を教えましょう!
これを理念する。方針にする。
いかがでしょう。

伸びる会社は、人に仕事を教えて、育てるのが上手です。

意識して行って下さい。

皆が教え合う組織。これに勝るものはないです。

人材育成は、教えることから始まります。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年12月31日

【仕事始めのコンプライアンス違反】体調を壊して仕事始めに出てこない 〜管理職の評価制度〜

自由に羽を伸ばして欲しいです。
ただし、羽目を外さないこと。

仕事始めに、体調を崩して出社しない。ぼーっとして1日何もできなかったとうことのないように。

管理職の方は特に、体調を整えて出社すること。休み明けは、元気であること。これが、管理職の条件です。

また、このことを評価されていると意識して欲しいです。

良い会社は、長期休暇の最後の日は、自主的に集まり、ミーティングを行っておられます。

さて、来年はどうでしょうか?

意識の高い集団づくりを必ず行って下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年12月29日

【最も困ったコンプライアンス違反】会社や社長に問題を上げず、揉み消す、人気NO1部長

あの時、何もなかったかのように処理して下さったという人気No1の部長、あるいは管理職の人、社内にいませんか?

何かはき違えています。会社や社長には報告せず、全部自分のところで処理。それが、良いことだと思っています。

しかし、これが積み重なるとたいへんなことになります。そのことを理解していません。

最悪の場合、部長は退職し、問題だけが残ると対応が難しくなります。

部長や管理職に対するコンプライアンス教育、これも徹底して行うべきです。

どの会社もコンプライアンス違反は、内包しています。表に出てきていないだけです。

新年度を迎える前に、もう一度調査を行い、整理すべきです。

業績以上に、コンプライアンス違反が起きていない会社にする。これが、大きな課題になっています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年12月27日

【休みの取り方のコンプライアンス違反】仕事始めに出て来ず、冬休みを長く取る

休みを取るのは自由。しかし、仕事初めに出て来ず、冬休みを長く取る方がおられます。

会社に書類を出せば、OK?
会社や上長の了解なしに、休みを取るのは良くないです。また、他の社員に対して示しがつきません。

どうしても休まないといけない理由がある場合は良いですが、遊びたいために休みを長く取るというのは、良くないです。

だから、どういう休み方が良くないのか、それを説明することも大事です。わかっているだろうではなく、細かく注意して下さい。

休みの取り方が自由になり過ぎると、会社はおかしくなります。

遊び優先?
そうならないように気を付けて下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年12月26日

【コンプライアンス違反の対処法】一番稼いでいる社員が不正を行ったら、どういう対処をされますか?

最も稼いでいる社員なので、処分したり、解雇はしない。会社を守るためには、これが一番良い?売上が下がるのが怖いから、口頭での注意だけに済ませる会社が、実際には多いです。

しかし、それで良いでしょうか?不正が1つ発覚すると、次から次へと出てきます。その方が、怖くないですか?

これだけだろうな!と念を押しても、出て来るのが普通です。また、一人だけでなくいくつも出てきます。

えっ!こんなことが起こっていたんだということがわかります。

会社や社長は愕然とされますが、正しい対処をしないと、また同じことが起こります。

不正が発覚したら、社内を大掃除。一時的な売上ダウンは覚悟して、行うこと。

決して、甘い対処にならないように気を付けて下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:不正

2017年12月25日

【会社が信用を失うコンプライアンス違反】厳しいノルマを達成させるため、架空計上を行っている

厳しいノルマを達成するように社員に指導すると、最後には、架空計上をする社員が出てきます。

架空計上をしている本人は、他の人もやっているものだと考えているふしがあります。

これが、蔓延してしまうと、会社は危険です。

数字を追いかけ過ぎると、会社はおかしくなります。

目標数値の設定は良いですが、頑張っても無理な予算を付けないこと。

無理な予算は、部やチームで架空計上で数字を作ろうという動きにつながります。

これらを防ぐには、売上計上を一つずつチェックする担当役員を設けること。

未収・売掛金、増えていませんか?

架空計上のツケは、必ず回ってきます。

年内最後の大仕事。架空計上がないかどうか、チェックして下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:ノルマ 架空計上

【コンプライアンス違反への対応で会社は変わる】ひげ禁止と言っているのに、役員・重役がひげを生やしていたらどうしますか?

人気を得るために、厳しい指導はしない。厳しい処置はしない。
役員が友達同士なので、言わない。

さらに、なぜかその役員、社員に人気
人気の高い理由は、その人に相談すると、すべて、揉み消す。守ってくれる。
だから、ひげもOK?

自由にやりたい放題になってしまいます。会社は、どうしても悪い方に流れて行きます。
役員がひげを生やし出すと、社員も同じように生やし出します。

社長が、会議中に壇上で、役員にひげを切って来い!と一言いえば良い話。
それでも剃らないのなら、辞めてもらった方が良いです。

言うことを聞かない役員ほど、退職勧奨です。

何か勘違いしている役員はいませんか?
秩序を守るためにも、こういう役員を作らないように注意して下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【コンプライアンス違反者への対応】大掃除の日は、必ず休む人

仕事はできるが、大掃除の日は、必ず休む人がいます。仕事ができるので、許しますか?

ところが、このような人は、信用されません。仕事だけできれば良い人だと思われ、リーダー失格です。また、こういうことをする人の部下も同じ考えを持つようになり、秩序が乱れて行きます。

大掃除には、積極的に参加し、リーダーシップを発揮して欲しいです。

大掃除の動きで評価しても良いと思います。当日、いつも服装で来るのではなく、どこどういう感じで掃除するのか、あらかじめ打ち合わせを、掃除するための準備をすることが大切です。

雑巾なども事前に準備しておかないと、当日、ホームセンターなどに買いに行くことになってしまいます。

従業員が清掃する風景が見られなくなったという意見がたくさんあがっています。それは、清掃をすべて外部委託しているからです。清掃は、教育現場です。清掃を通して、人を育てて下さい。

大掃除のアナウンス、早めに行って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年12月09日

【個人面談とアンケート調査の必要性】社内がゴタゴタしている原因は何か?

問題がたくさん起こっている。
クレームも増えている。
こんな会社ではなかったのに・・・と悩まれています。

でも、原因を明らかにしないと、対策が打てません。現在起こっている問題をすべて洗い出す。そのために、個人面談とアンケート調査を行います。

出てきた問題点・課題はどうするのか、一つずつ詰めて行きます。また、管理職の方にも会議に参加していただき、一緒に改善を図ります。実は、この会議が一番の指導教育になります。

会議に参加してみて初めて、自分会社でどんなことが起こっているかがわかります。実感が湧かないと意味がないです。

皆で知恵とアイデアを出し合い、業績を上げて行く。
そこで、愛社精神も生まれて行きます。

社内がゴタゴタしている時は、個人面談とアンケート調査をご検討ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++