経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年05月28日

【業績アップのヒント】平日の売上アップを考える

どのお店も今、平日が大苦戦中だそうです。

特に飲食店様の場合など凄い状況になっているそうです。
平日は閑散としたもので、土日の売上の10分の1以下らしいです。

最近ふと思ったのですが、私のお付き合い先の焼肉店様が月曜日が休みです。
それでいつも一緒に食事に行かせてもらうのですが、近隣の有名な焼肉店様はすべてどうように休みのことが多いのです。

同業他社様と休業日同じでしょうか?

往々にして皆さん同じところが多いです。
仕事柄、私の訪問日が皆さんに休業日となります。
仕事が終わった後、どこかに食事に行こうかと思った瞬間、同業者のお店はすべて休みだということがよくあります。

逆の発想をすると、同業者の方と休みを合わせない。競合店と休みを合わせないことも一つの手だと思います。休業日の設定で売上が変わるかもしれません。
繁盛されているお店ほど、業界通例の休業日ではない日に設定すると数字が上がりそうです。

再度、休業日を見直すのも良いかもしれません。


それと、苦戦しているならば、第二お客様である従業員のご家族の方をご招待されてはいかがでしょうか。新規顧客はなかなか取れません。常連のお客様へも何度も案内かけるのも失礼だと思うと手がなくなってしまいます。

暇な時間帯、暇な日には、気軽に従業員の方のご家族やお友達を呼んであげて下さい。折角、店を開けているのですから、何かしら動いていないともったいないです。

従業員のご家族やご親戚、お友達の方へ
平日、お越しいただくと○○%引かせていただきます
といったふうに案内をかけておけば良いと思います。
ただし割引率は10%や20%ではなく、もっと強烈でインパクトのあるものが良いのではないでしょうか。

少しでも目先を変えて対処していかないと、平日はほとんど来店客が0に近く、土日だけで商売をやっている状況になるかもしれません。

一つ一つの営業方法を見直す時期に来ているのではないでしょうか。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集



いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:平日 業績
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック