経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年05月22日

【企業戦略の行方】拡大路線の限界

起業するとそのまま突っ走っている方が多いようです。
常に会社を大きくし続けないと、維持できないようになっています。

しかし、この拡大路線がどこまで続くのか?

拡大しないと生き残れない、従業員を食べさせていけないと思われている経営者の方も多いと思います。

会社は大きくするためにだけあるのか最近ふと疑問に思う時があります。

拡大すると誰が喜ぶのか?

おそらく規模が大きくなれば社会的認知が上がり、仕事の単価も必然的に上がって行き好循環すると思われているからだとも思います。

しかし、単純に拡大することが目的で良いのでしょうか?

特に、最近の景気の悪さを見ていますと、何かを変えていかないと次の時代に勝ち残っていかないのではと思います。後数年は今の状態が続くか、まだ悪くなりそうな予感さえします。

会社の規模や売上規模が大きくなるにつれて利益率や利益額が上がれば良いですが、逆に規模が大きくなるにつれて利益の出ない体質になっているのは良くない傾向です

昔は規模を拡大すると利益が往々に出ていたものです。だから余計に規模拡大へと突っ走ったのだと思います。
でも今はそうではないです。規模拡大するのであればビジネスモデルを変化させていかないと利益が出ないような気がします。

今の時代、規模がある程度大きいと安全だとは言えません。逆に規模が大きいゆえに負担が大きく崩れやすくなっています。

拡大すること以外の社会的使命を見つけ、それを遂行することが大事な時代に入ったような気がします。

拡大は結果であり、目的ではないはずです。
また、拡大を続けないと生き残れない、というのも何か違うような気がします。

拡大の中身が問われているような気がします。
意味のある拡大、あるいは拡大を目的とせず力相応に使命を果たすが大切です。

拡大を目的とした企業は必ず歪みがきます。
成長とは拡大することでもないと思います。

あまりにも拡大に気を取られ過ぎていませんでしょうか?

企業経営の大きな岐路にあるような気がします。
再考する時期に来たのだと思います。



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集



いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック