経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年05月12日

【祭りの社会的使命】なぜ祭りはあるのぉ?お子さんに説明できますか?

お祭りにパワーがない?

昨日は、東大阪ふれあいまつり。
あいにくのお天気で午前中はやや低調?
午後は天気が回復して好調。。。

出店の数も毎年少なくっているような。。。

祭りのテーマとあり方を問われているような気がします。

ただみんなでやっているだけでは、尻すぼみするのでは?

各行政で経費削減のため縮小されるところも出てくると思います。

何のためにやるのかテーマや目的が明確でないと運営者の方もたいへんだと思います。

それとマーケティング的には、市内の方だけでなく、市外や県外の方まで来たくなるようなイベントにしないと、大きな成果にはつながらないと思います。特に地方都市の活性化の場合、地元のイベントでありながら、外部からお客様をどう呼ぶのかが大きな鍵です。

祭りも育てることが大事だと思います。
運営する側も参加する側も楽しく、ウキウキわくわくするような企画と内容。
やはり成果を期待するのであれば、企画会社などに依頼するのも一計だと思います。小さな枠の中で、小さくまとまったイベントでは、限界があるのでは?

でもこれから祭りのようなイベント大切になってくると思います。
人とのふれあいを通じて何かを得る。大事だと思います。
後は、どう残していくか?残す意味が明確にないと、誰も納得しないと思います。

毎年やっているから、これからもやるんだ!
では少々、時代錯誤のような気もします。

なぜ、祭りやイベントが大事なのか、小さなお子さんに説明ができるくらい明文化したいものです。

地方都市は、どこもあえいでいます。
祭りの火は、消さないで欲しいです。人というものが一番勉強できる場です。

意義あるものへと発展させるために、もういちど土台から組み直されてはいかがでしょうか。

次の時代へと残すもの。伝えていかなければならないもの。
必ずあると思います。

祭りの使命が今問われているような気がします。
なぜ、今、祭りなのか?

祭りの必要性に補助線を引いて下さい!
誰もが納得して参加したくなるイベントを作って下さい。

祭りは人の心を育む、一番の道具かもしれません。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



ラベル:まつり 祭り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック