経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年04月21日

【飲食業の組織づくり】副店長はなぜあるのぉ?

店長昇格基準がなく、状況に応じて店長を作られている場合が多いです。
それもやむなしです。

しかし、採用後、即店長にされないことをおすすめします。

どんなに力がある方でも一度、現スタッフと一緒に仕事をしていただき、
自社に合うかどうかお互いが判断するのが理想です。

あわてて、欠員補充の形でいきなり店長職を与えて、本人のためになりません。
飲食の仕事は、能力ではないです。社風に合うか、その店のやり方に合うかどうかを判断するためです。できが良いからと言って、ルールを変えられたり、レシピまで変えられると何をやっているのかわからなくなります。

だから、お互いが理解し合うための期間を、企業や店に応じて取られることをおすすめします。
短くて3週間、長くて3ヶ月くらいです。

優秀な方は即店長にはせずに、こういった場合、副店長からスタートしていただくのがベストです。慣れる期間が1ヶ月有り、その後半年から1年くらいは副店長で頑張っていただき、店長職にしてもOKだと判断した時初めて、店長に任命されるのが良いです。

また、お若い方で、優秀で誰がみてもこいつは店長させても間違いないなぁという方の場合もまず半年から1年くらいは副店長職が良いです。腕は良くても社会人としては半人前以下です。人をまとめたり、動かしたりは別です。
店長にしようかどうしようかと迷われている方も同じです。副店長からスタートされるべきです。
本人も自信がないのに、肩の荷が重く、力を発揮できない場合が往々にあります。

会社としても早く店長にしてあげたい、お給料もいっぱい持ってかえって欲しいというのはわかりますが、早くなり過ぎて本人を潰してしまわないことです。
おそらく、店長になってからよりもこの副店長時代が一番勉強になるはずです。
客観的に物事を判断できるからです。

でも一つ問題があります。
それは、副店長の多い企業です。
実は、これも問題なんです。候補者がたくさんいるのではなく、店長にさせれないので副店長職のままだというパターンです。

副店長の職は、できれば半年から1年で通過できるように指導されて下さい。

店長以上に意味のある副店長職。

この副店長職にどう意味を持たせるかで、組織は大きく変わってきます。

企業体質に合った組織づくりの中で、上手に副店長職を活かして下さい。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック