経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年04月18日

【企業経営のコツ】管理部門や本部強化が大事になる時期

営業に力を入れて業績を伸ばし続けることが一番大事ですが、ある時期になると管理部門や本部に力を入れなければならなくなります。

経営ですから当然の話なのですが、伸ばすと整える、伸ばすと整えるの繰り返しです。

出店に力を入れる年と、内部体制を固める年があると思います。
特に経営者の方は、おおむね出店や攻めの経営がお得意な方が多いですが、内部体制を固めたり、守りの経営を堅実に行うのがやや苦手な方が多いようです。

景気の状態や業界動向を判断しながら、必ず内部体制を充実させるための時間が必要です。

しかし、経理や会計業務などはすでに行っている訳ですから、内部体制というのは、現場や営業前面でやることと本部でやる業務を明確に分けることです。
現場や営業に負荷がかからないように、バックアップする体制を整えることです。

内部固めは経営者の方は、必要だと直感と経験でわかっておられますが、いざ着手するとなると具体的に何をやるべきなのか、戸惑われる場合があるようです。

企業経営は、氷山と同じで、水面から上に出ている氷の部分、つまり営業に関してはほんの一部で、水面から下の氷部分の方が大きいものです。水面から上の氷が大きければ大きいほど、水面から下の氷は大きくなります。
営業が大きくなればなるほど、管理や内部体制等をしっかりと固めないといけないということです。ということは、組織が大きくなればなるほど、内部固めの比重が大きくなるということです。

ある程度営業が順調に数字を上げるようになると、その数字はほぼどなたが担当されても良いようになっているはずです。しかし、内部に目を向けると課題や問題が山積みされています。

まずは、
☆営業にやらせない仕事は何か?
☆営業がやりたくない仕事は何か?

★今後本部として必要な部門は何か?
★営業をバックアップするために強くする部門は何か?

☆仕入や物流の見直し
☆採用に関する見直し
☆販促関係の見直し
☆IRなどの情報発信の見直し などなど・・・

そのためには、新しい組織づくりが必要です。
新年度に向けて、新しい組織をまず作られることをおすすめします。
そこで大事なのが、会議体系です。実は組織作りは会議体系づくりです。
縦型の会議に加えて、横型の会議も加えていかないといけません。
組織に合った形での縦横の会議が必ず必要となってきます。

うまくいっている組織ほどこの横型の会議を上手に運営されています。
違った部門の方が一つのテーマを解決する会議です。

でも一番たいへんでやりがいのあるのが、この新しい新組織の内部固めの役割を任された方です。どこの会社もそうですが、営業の第一線でご活躍されていたバリバリの超優秀な方をこの部分の責任者にされます。そうすると営業成績が落ちるように見えますが、それ以上に内部固めが大事で、営業のことをわかっているやつでないとこの仕事は無理なんだと経営者の方がお考えだからだと思います。

でもこのような方は人生のチャンスをもらったようでうらやましいです。
営業の勉強なんていつでもできます。内部固めや管理部門の仕事はやりたくてもできるものではありません。大きな人生のチャンス、上手に活かして下さい。

最近、この本部づくりや内部固めのお話をよく聞きます。景気が不安定で、先行き不安なため、会社を強くする時期だと、経営者の方は判断されているような気がします。時流的に見て、今年は整える年なのでしょうか?

あなたの会社の内部固めは、いつやられますか?

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



ラベル:本部 内部 管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック