経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年04月02日

【企業戦略】安全が戦略上の優先課題

他のどの戦略よりも安全が最優先される時代になっているようです。

価格の優位性、技術レベル以上に、お客様は安全を第一基準とされるようになりました。

特に、食の業界では安くてうまいものをいかに提供するかの競争を行ってきましたが、それ以上に安全を優先しないといけません。
根本的に戦略の方向性を変えないといけない企業も出て来ています。

安くてうまいものをどうやって作るか?
それだけを追求してきた企業に突然、安全という文字が飛び込んできました。

現場だけで改善できる問題ではないです。
企業全体としての取り組みが当然必要です。
自社の利益以上に、お客様の安全を優先させる。

そうすると、根本的にすべてを見直さないといけません。
まず、お客様の安全が保障されないものは扱わない、提供しない。
社内でそれを審査・判断する仕組みを作る。
従業員に食の安全性に関する知識の習得の時間を取る。


安くておいしいだけではお客様は振り向きません。
安全性を徐々に浸透させていかないと、繁盛しません。
お客様の目は、厳しくなっています。

安全ということば、企業や店の取り組みの総称であって固有名詞ではないです。
客観的に見て安全であるということを理解していただかなければなりません。

企業の姿勢が問われる時代になったのでしょう。

やはり本物しか残らないと言われていたのが現実になったようです。

本物というと素晴らしいものを連想しがちですが、どうやらこの本物というのは安全という意味だったのかもしれません。

素晴らしい企業というのは、実は安全な会社だった!

商品も人も経営も安全であることが一番。
単純なことができているかどうか?
もう一度見直す時期にいているのかもしれません。

お客様に対しての安全はよくわかりますが、
経営上の安全性はいかがでしょうか?

無茶や無理はよくないです。
こちらも第三者から見て、安全だと思われる企業が望まれています。

企業で安全とは?
約束を守る会社です。

当たり前のことのようですが、このことが一番大事だとつくづく思います。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



ラベル:安全 企業戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック