経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年03月23日

本を出すと仕事の依頼は来るのか?

士業・経営コンサルタントにとって、出版は一つの目標です。

昔は、知名度が上がり、そこそこ仕事になっていたと聞きます。
でも最近では、昔ほどの反響率はないそうです。

ミリオンセラーの数も減っています。
書籍販売数も減っています。

テレビで取り上げられたり、雑誌取材を受けたからといって
即成果につながるかどうかはわかりません。
お客様は様々な情報の中から判断されます。

あるいは、書籍以外の媒体が増えていることも理由の一つだと思います。

出版すると知名度が上がり、仕事の依頼が増えるという好循環になれば良いですが・・・

やはり出版は、知名度を上げるための一手段と考えた方が良さそうです。
過去の業績をまとめた集大成的なものと位置付け、次の戦略が必要な気がします。

それと、書籍は過去のノウハウの集大成です。
どうしても情報の鮮度から考えると古くなります。
普遍的なノウハウや考えをまとめたものなら良いですが、そこから仕事に結び付けたいとお考えなら違う方法も検討されてはと思います。

仕事の依頼の受け方が多様化している気がします。
徐々にメルマガやブログに移行して行きそうな気配がします。

特に、ブログは生き物、最新情報を流すことができます。

私も出版してみたいという夢はありますが、
仕事の依頼が増える、仕事の幅が広がる方法を優先的に考えていくと、
ブログ型ホームページに行きつきました。

しかし、この作業、地道で時間がかかります。
それと公開度も関係しそうです。

本を書く、本を出すくらいの力を持っている方なら、
ビジネスブログを書かれて、そこから問い合わせや受注できる仕組みを取られてはと思います。

最近わかりましたのは、仕事を取りたいという目的のものであるなら、
「問い合わせ」の窓口を目立つ位置に配置することです。

隠したり、最後の最後にならないと出てこないのは良くないです。

最低1年間継続してブログを書くことと、出版とでは果たしてどちらが仕事になりますでしょうか?

私は、しばらくブログにかけてみたいと思います。

出版したという自己満足よりも仕事につながったという成果を大事にしたいと思います。
でも出版もしたいです。出版は夢の実現のため。

出版は、自分の過去の成果や考えをまとめたもの。
ブログは、最新情報の公開と考えてきたいです。

いずれにせよ、時代の応じて情報発信の仕方を変えていかないとよくないということだと思います。

武内コンサルティングの料金表はこちらから
↓↓↓↓↓
料金表


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ


ラベル:出版 依頼 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック