経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年02月08日

専門店の壁を超える業態開発

なんとなく落ち着ける。
びびらずに頼める。

レトロな昭和の雰囲気の焼肉店。

昭和大衆ホルモンさん。

いい感じです。

繁盛している理由はこれだけではないようです。
普通の焼肉店と同じか、それ以上のメニュー構成です。
焼き物と一品料理だけというのではなく、サイドメニューもしっかりとあります。テールスープも白濁していてうまいです。

雰囲気だけ、店づくりだけでは、お客様に飽きられてしまいます。

ホルモンは最低40種類。
希少部位のメニューも有り。
焼肉通に人気の生モノ有り。
石焼きビビンパやスープ類の充実。

普通の焼肉店以上の充実ぶりです。

店舗コストを抑え、コンセプト勝負で効率経営で利益を出すやり方には必ず限界がきます。今の業態・専門店を超えるメニュー構成を実現できるかどうかが大きな鍵だと思います。

特に、このメニューや商品に手を抜かないことです。
今一番お客様の足が遠のくのは、メニューの単調さ、簡素さです。
効率的に回そうとするため、必要最小限のメニューで運営しようとします。
従来の専門店の壁を越えていかないと、勝ち目はないです。

いよいよ本格的なローコスト型店舗が登場してきた感じです。
焼肉業界でこのような店舗が出てくると、焼肉専門店さんはうかうかしてられません。今までのように、専門店の味や商品に追い付いていない場合は距離がありましたが、今回はなかなか強敵では?

専門店を超えるためには、
利益を出すためのローコスト経営だけではダメです。
専門店が真似できないような素材とメニュー構成を創り上げるべきです。

商品やメニューでは、まだまだうちには勝てないと専門店は思っているはずです。その壁をはるかに超えるメニュー構成を行いながら、店はコストを下げ、コンセプトを明確にする。

不況期の飲食業界にあって、面白いヒントが浮かんできました。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



ラベル:焼肉店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック