経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年02月04日

なぜワインショップで魚沼こしひかりが売れるのか?

今日も下記商品案内のメールがきました。

■新米平成19年度産 新潟県魚沼・特A地区十日町産コシヒカリ
  太田さんのJAS認定無農薬有機オーガニック・アイガモ米

いつも即完売らしいです。

ワインショップの方は、書き方が上手です。
商品そのものではなく、その裏側にあるストーリーを語られています。

商品知識そのものは、お米屋さんの方が断然詳しいと思います。

商品は語りません。置いてるだけでは売れません。
POPというものがありますが、情報量が少ないです。

「語る」ということができるメールマガジンは、この手の商品には向いているのだと思います。

お客様に読んでいただくメールマガジン。
興味をそそるもの。
ついつい見てしまうもの。
そのような内容が必要です。

キャッチコピーもそうです。
以前、「お米のロマネコンティ」とうメールマガジンが来ました。
これもワインショップからです。

米業界では、一つの商品を定番化する。リピートしていただくと利益が出る構造です。常に、毎月買っていただきたいと思っておられます。

しかし、このワインショップからの案内のお米は、数量がほんの少しです。
年間予約でもありません。

ただ、本当に数量が限定で希少なお米をいかがですか?
という感じで案内されています。

すべてを定番化、リピートさせる必要はないと思います。

売り切り商品も今後考えていかなくては・・・

売り切った後、翌月が心配なら、
定期的にこの数量限定のこだわり米を出すことです。

しかし、毎月出すと効果は薄れてくると思います。
年に数回、イベント感覚で目先を変える意味で楽しく実施されるのが良いのではないでしょうか。

それと店に暖簾がつくと何でも売れます。
信用のあるお店、お世話になっているお店からの案内は価値が高いです。
美味しいワインを販売されているからこそ、お米が売れるのでしょう。

それとミソは、ワインを飲まれる方は相対的に、食通の方が多いです。
その方へ案内をかけていますので反響率も高いのだと思います。

だからこちらのワインショップでは、食通の方が喜びそうな食材の案内をかければ何でも売れるのでは・・・

おそらく、かなり良い顧客を持っておられるのでしょう。

最終的には、良いお客様を持つことが、一番大事。
それに数回購入いただいている常連のお客様へのメール配信。
これが決め手です。

年3回以上購入していただいている方。
今現在、通算10回以上購入されている方。

何名いますか?

単にメルマガを配信しているだけでは、反響率はありません。
購買履歴のある方へメールマガジンを配信しているからこそ高い反響率が望めます。

メールアドレスを集める段階から、購買履歴に準じたメールアドレスの分析へと進んでいます。

メールアドレスの購買履歴の分析は、もうお済みですか?
ネット上では、このことが成否を大きく左右します。

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック