経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年01月26日

お米をお米屋さんで買うのは終わり???

昨日、ある方からこんな言葉が出ました。

「お米をお米屋さんで買うのは終わり???の時代では?」

そうかもしれません。
私がホームページの作成をお手伝いさせていただいたお米屋さんのサイトに
なんと若い男性の方が注文されています。

時間のある時に、安くて美味しそうなお米、ネットで買っといて・・・
と奥様に言われたのでしょうか。

従来のお米屋さんに対するイメージは、
★店頭で販売されている商品
★購入者は主婦や女性が中心
★配達もしてくれる?

特に、男性から見ると縁遠い商品だったような気がします。
それにお米は配達してくれるのが普通で、スーパーなどで手軽に購入できるとは思ってもみない時代がありました。

しかし、新しい視点で見る必要があると思います。

☆商品の販売方法 → ネットの活用
☆購買する方   → パソコンを見る人
☆配達について  → 宅急便を利用する

では先ほどのお米屋さんに当てはめてみます。
なぜ、売れているかと言いますと、
「送料・代引き手数料無料」だからです

単にネットを活用した。
ホームページで販売し出した。
だけではないのです。


従来のお米屋さんは、業務店様を含め近隣の方への配達業務が主です。
なおかつ、行動範囲が限られてくるため、商圏エリアは自ずと限定されてきます。

しかし、送料・代引き手数料無料にすると、お客様は気軽に買えます。
特にお米の場合、ネットで購入し、ショッピングカートに行くと、
☆消費税
☆送料
☆代引き手数料
がかかり、それが結構な価格になります。
これだけで1000円近くになります。

そうすると、せっかく安くて良いものを見つけたと喜んでいたお客様が、
えっ〜!こんなにかかるのぉ〜
ということになり購入を諦められます。

だから、サイト上では常に税込価格を表示しています。
送料・代引き手数料も無料にしています。

でもそうするとお店側の負担が大きいのでは?
ということになります。
そうなんです。
店頭の価格とネット上の価格は基本的には同じに設定してあります。
だからお米屋さんの粗利が少なくなっています。

でもいいんです。

新規顧客が開拓できます。
お米以外の関連商品が売れます。
従来の配達業務が宅急便になります。配達しなくても良い日がくるかもしれません。お年をめされたオーナーが夜遅くまで配達されるのは危険です。
上手に企画運営すると、お米屋さんにとっては夢のようなことが起こるかもしれません。

商売は視点を変えることが大事です。
従来の固定概念から脱却して、新しいお米屋さんのスタイル作ってみませんか?

いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





ラベル:お米屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック