経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年01月10日

ワインの掛け値

昨日、私の古いお付き合い先の焼肉店様からお電話がありました。
赤20ケースに、白15ケース欲しいとのこと。
売価は980円から5000円までで品揃えされたいとのこと。
それでどこか良いワインショップを紹介して、見積もって欲しいという依頼が飛び込んできました。

こんな不景気にワインが出ているなんてうらやましいかぎりです。

売価は確認しましたが、
仕入れ値はいくらくらいをお考えですか?
とお聞きしますと、
「売価の半値よりやや下にして欲しい」というご希望です。

理由は、
この地域では、仕入れ値の3倍で販売していたのでは売れないからだそうです。

値付けを考え直すことも大事だと思います。

平均原価率35%では、教科書どおりのお店になってしまい、お客様から見て楽しい店になっていないと思います。

飲酒の問題でアルコール類が出ないのであれば、安く提供することも考えないといけません。

特に個人店の場合は、原価以上に毎日の売上が大事です。
支払い日が来るまでに在庫を回す。

ワインの場合は、仕入れてもなかなか売れません。
在庫になります。1年間回転しないものもあるのではないでしょうか?
それなら初めから、安く提供して回収する方がベターです。
それにワインが安いと評判になるかもしれません。

やっぱり店で提供するワインの価格はボトルで980円や1980円が妥当だと思います。それ以上だと、お店の雰囲気や格がないと出づらくなります。

仕入れ値に対して、○倍で売価を決めるのも一つの方法ですが、
お客様から見て、いくらなら買ってもよいと思う価格があるはずです。

お客様の立場に立って、価格を見直されてはいかがでしょうか?

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
posted by ノムリエ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新】 現場報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック