経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2008年01月06日

企業に求められる人

頭が良いだけ、成績が良いだけでは難しいようです。

ただ、面接をする側も誰を取ってよいのかわかりません。
基準は、学校の成績でしょうか?

成績や数値を重視される企業もあるかもしれませんが、入社希望の人は生身の人間です。面接時の応答や筆記試験だけでは図り知ることができません。

実際には、入社後の努力で差が付くような気がします。
学業の成績以上に、入社してからの我武者羅さや情熱、努力の方が大事なようです。どれだけ会社に合わせられるか?
まずは、会社のやり方をいち早くマスターする。

その中でも、地頭(じあたま)を活かす、強くする。

当たり前のことを当たり前に終わらさせずに、ちょっとした一工夫や機転が利くかどうかで違ってきます。

よくコンサルタント系の会社では、
一つのペットボトルを渡されて、100通りの使い方を考えなさい
というような問題が出されます。

情熱や努力に加えてこの応用力のある方を企業は欲しがっています。

経営コンサルタントも同じで、私もあるお客様から言われました。
「武内さん、これからは、フォークボールの打てる経営コンサルタント
でないとだめだよ」と・・・

おっしゃっている意味は、
世の中の動きが激しく、先行き不透明なため
どんな環境の変化にも対応できる力が必要だということだと思います。

ITが普及したからといってコピペばかりしていては、学生と同じです。
「らしさ」をどこで発揮するか?
それを企業は見ようとしています。
そういう人を欲しがっています。

そのためには、広い視野と常に考えて行動する力が必要になってきます。
考える力。
すぐに身に付くものではないかもしれませんが、癖付けをまずすることです。

当たり前の仕事ほど、やる人によって差が付くと言われます。

求められる人、欲しいと思わせる人になって下さい。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック