経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年12月28日

叱ることができる人、叱ることのできる企業体質

「威嚇して脅す」「怖いからいうことを聞く」というのは、当然良くないです。また、脅して言うことを聞かすのも良くないですが、逆に叱れない人の方が多いのも事実です。
例、会議中に、ガムを噛んでいたり
  携帯メールを送っていたり
  会社へ来る途中に、食べ物を食べたり、飲んだり
 
注意したり、しかったりできますか?特に、若い人は注意されるとすねます。
あるいは、自分よりも目上の人に注意しても良いような環境はありますか?

叱ることができる企業体質を作ることが大事です。

勇気を持って叱って下さい。

よく幹部・店長勉強会で、質問があります。
「武内さん。私、叱ることができないんです。苦手なんです。
どうすれば良いですか?」
と・・・

基本的に、叱れないと上に立てないと思います。
勇気を出して、間違っていることは間違っている。
やってはいけないことは、やってはいけない。
きっちとスタッフを教育できないと、店はグチャグチャになります。

特に、自分より目上の方に対して、きっちりと注意が出来るかどうかです。
ただし、年配の方への配慮や気づかいも忘れないようにして下さい。

それができると、
この店長に任せても良いのかなぁ?と思います。

良い店長は、数字を作るだけでなく、
スタッフとの人間関係を上手に作っておられます。

叱ると嫌われるとか、人気がなくなるではなく、
叱って育てていかなくてはなります。

どのお店・企業も人づくりが一番大事だからです。

怒鳴ったり、罵倒したり、物を投げたりではなく、
きっちりとした叱り方をして下さい。

怒るではなく、叱るです。

教育はおそらく叱ることかスタートするような気がします。

武内コンサルティングおすすめの経営に関する本

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック