経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年12月08日

競争と非競争

どんな組織、評価を目指されますか?

良い意味での競争をさせて、成果を上げさせるのか?
それとも競争は、積極的に社内ではさせないのか?
評価制度にも連動してくると思います。

例えば、競争100%の社会では、
自分の目標は自己申告し、成果の上がった分だけ配分を行う。
社内外に対して競争を積極的に促す。
競争に勝つことが目的で、競争することで成長を促す。
組織に帰属する人たちも競争が自分を育ててくれていると思う。


非競争(競争0)
競争を促すことはしない、一定の給与を支払うだけ。
戦略や方向性は幹部が行い、従業員にそういった部分での負荷をかけない。
より安定化した会社を目指す。

さて、あなたの会社・店はどの位置にありますか?

日本では、強引に競争社会へ持って行こうとしても和が大切なので、
100%成果配分方式というのは難しいような気がします。

数字以外の部分をどの程度評価するのか?
難しい課題ではあると思いますが、競争を促す以上に非競争の部分の
あり方や組織作りをどうするのか?

思うような成果が上がっていないときは、成果を期待しがちですが、
長期的な戦略を考えるならば、非競争の部分をどう構築していくかが鍵です。

競争(非競争)が0〜100の間のどの位置にあなたの組織はありますか?

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック