経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年12月05日

決起大会の意味

年始や新事業年度のスタートに決起大会をされる企業様があります。

従業員自らが、自分の会社の方向性と目標を作り実現させるためにこの決起大会を催されます。

しかし、 ほとんどが、オーナーの自己満足で終わっているところが多いです。
方針その他いろいろなことを伝えたいと思っていてもなかなか聞いてもらえていないです。幹部といわれる店長ですら、同じ状況です。

実際は、一人でも多くの従業員の前で発表するのがうれしくてたまらないのです。だから、決起大会をやってもその後、業績に影響は全くないです。
ちょっと儲かれば、税金対策だと言って、決起大会や宴会をして、自己満足しているところが多いです。

例えば決起大会が、従業員から見ると、
食事会・レクレーション自体が目的になっているところが多いです。
これでは意味がありません。

★決起大会・研修会の意味を理解させる
(1)結果ではなく、努力に対して 感謝状を渡す
(2)誰かが、社長に代わって会社の考え方などを従業員に伝える
(3)必ず、礼を言わせる

★生きた決起大会にするには?
(1)前準備をしっかりと行う
(2)特に幹部が決起大会の意味をあらかじめ従業員に伝える
(3)幹部が、自分たちでできることを確かる

今以上に店や企業を成長させるための方向性を確認する場です。
意識を高める場です。
共通認識を持った従業員が幸せになるために、自分たちが改革していく場です。

幹部の方がしっかりと従業員に教育ができていないと、集まっただけで終わります。離職者も多い会社になってしまいます。

今のような不景気や調子の悪い企業様ほど、
従業員が集まって方向性を確認しあう場を設けることが大事です。

モノやお金ではなく、従業員のやる気を引き出したときに、成果が出ると言われます。

是非、そのような決起大会を開いて下さい。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
この記事へのコメント
決起大会、社内飲み会、忘年会・・・
自己満足に終わらないよう、みんなにとって意義のあるものにしていきたいです。でも、結構難しい。
Posted by 橋本隆夫 at 2007年12月05日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック