経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年12月02日

ワインの値段を方程式で予測する

ワインの値段を方程式で予測する???

昨日、「その数字が戦略を決める」という本を読んでいると出ていました。
将来どのくらい熟成し、美味しいワインになるかを数値で表し予測しようというものです。

降雨量や平均気温などで、ズバリその年のワインの出来が予測できるらしいです。

ワイン評論家の方からは批判的な意見が出ているそうですが、
面白い評価方法だと思います。

感性に頼って、飲んでみないとわからない。
それもわかるような気がします。

ところがワイナリーで収穫されて樽に入れられた 
たった4ケ月後のワインを飲んで将来性を語る方が
もっと凄いかも???

でも一つの方法としてワインの値段を方程式で出すって面白いと思います。

しかし、この数値の中には、景気動向やインフレ率などは入っていません。
ワインや他のお酒の需給関係も入っていないようです。
単純に、平均気温と降雨量での予測みたいです。

いろんな諸条件を入れて数値分析を行い、仮説を立てることはできると思います。

ワイン愛好家としては、楽しみ方が増えて興味深いです。
日本語版で、このことに関する出版を待ち望んでいます。
ホームページは、以下のようにあるようですが、英語です。
トホホ・・・

「その数字が戦略を決める」文藝春秋
イアン・エアーズ[著] 山形浩生[訳]

ワインの値段を方程式で予測する男
オーリー・アッシェンフェルター氏
http://www.liquidassaet.com

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック