経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年11月30日

店の都合よりもお客様の都合を優先して考える

数年前、あるところで私のお付き合い先の酒販店様が増床移転オープンされました。類に違わず、オープン前日から泊り込みで一睡もせずにオープン当日を迎えました。

当然のことながら、オープン目玉商品の一つに「卵1パック−100円 お一人様2パックまで」がありました。通常ならば、「先着何名様限定」として卵のパック数を限定するはずです。ところがこの酒販店のオーナーは、「目玉は絶対切らすな!来られたお客様に全員に当たるようにしろ!もし、卵が切れたら、次回同じ価格で販売する旨の卵券を配るように」と従業員に支持しているのです。
 
私は唖然としてしまいました。結局オープン初日は1600人強の方がレジを通過しました。ということは、ほぼ全員の方が卵を買っておられますので、3200パック近く販売したことになります。

オーナーいわく、「定番商品は切らしてもまた入荷次第来店していただけるが、
オープンや新聞折込チラシの際の目玉商品は切らしてしまうと、切れた後にご来店いただいたお客様はもう来ない」というのです。

考え方はいろいろあると思いますが、オープンの目玉商品や特売商品があの店ならば、その日都合の良い時間に行けば、いつでもチラシの価格で販売してくれるとなれば、お客様に対する信用が違ってきます。

「店の都合よりのお客様の都合を優先して考える」どうもこれが繁盛店づくりの秘訣のようです

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。




posted by ノムリエ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | こころの接客術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック