経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年11月24日

3割引 マーケティングの原則

30%以上の違いがあると、長さでも量目でも人は違ったと感じるそうです。

この30%が大事です。
1割や2割の違いではそんなに変化したとは感じないのに、
心理学的に3割違えば、違っていると感じるそうです。

商売に置き換えてみると、
1割引・2割引では余り効果がなく、
3割引になった途端、効果が違ってきます。

目玉商品を作られるときは参考しにして下さい。
必ず、上代や定価の30%以上値引いて下さい。

また大盛りメニューを作るときも
30%以上、量目を増やさないと、大盛りになった、得したと感じません。

最近、韓国のウォンが上がっているそうです。
数年前までは、韓国へ行けば、0を一つ取れば日本円なると思っていました。
今は1:10 → 1:7.8
約22%ウォンが上がっています。
どんどん日本への観光客の方が増えているとか???
おそらくもう少し、30%高くなれば、凄い反響が出る予感がします。

ちなみに余談ですが、今秋に日光に行ったときもビックリ!
ほとんどの観光客の方が外国人旅行者でした。
奈良市も力を入れて外国人観光客を受け入れるとか???


30%の差が、マーケティングでは大事なようです。
それ以上差を付けても同じ結果なら、臨界点で勝負した方が得です。
差を付けるなら 3割の差 これが決め手のようです。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック