経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2007年10月30日

儲かっている会社の特徴! 棚卸しをしっかりとやっている

棚卸ししっかりとやっていますか?

飲食店様の場合、基準数値よりも大きくズレている場合、ペナルティを課しているお店もあります。また、大きくズレている場合は、やり直しをしたり、あるいは、月に3回しているお店もあります。
こんな不況期ですから、それだけ棚卸しが大事だということです。

原価率1%の改善は、売上3%アップにつながります。

利は元にありです。

現場の方の意識を高めて下さい。
原材料や食材、在庫を大切に扱い、ロスが少ないことが大事です。

それに、年に1度は、備品類の棚卸しも実施しましょう!
壊したものは自己申告し、破損帳に記帳するようにすれば、破損の数は自然に減っていきます。


また、棚卸しが近づいているから、仕入れを抑えよう???
というのは、避けて下さい。

こんな不況期に一番売れるのは、月末の給料日25日〜月初の5日までです。
月末は命一杯売る体制を作ることです。


ということは、棚卸しの期日を変えることが必要になってきます。
大手小売業などでは、20日に行ったり、外部の方へ棚卸し業務を委託されているところもあります。

理由は、「売り」が大事だからです。


在庫の管理、これで利益は大きく変わってきます。
まずは、ロスの少ない体制作りが大切です。

棚卸しの大事さを具体的に説明するために、
入荷から検品、納品書のチェック、支払いまでの流れや
理想の在庫数量や在庫管理の仕方を現場の方に伝えて下さい。


最後に、棚卸しや在庫管理がしっかりされている会社や店は、
倉庫やバックヤード綺麗です。整理整頓されています。
なぜか従業員の方のユニフォームや車まで綺麗です。

是非、実践されて下さい。

経営コンサルタントは武内コンサルティングを
いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングサイト←クリックで応援宜しくお願い致します。

紹介予定派遣 | 旅工房航空券予約 | 資格
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック