経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年11月27日

【お米屋さんの経営課題】大阪で伸びているお米屋さんは飲食店・業務店にブレンド米を納めている

ブレンド米が売れるのは、大阪近辺だけ。
東京は、ブランド志向が強く、なかなかブレンド米は売れないと聞きます。
また、米の生産地でブレンド米というのはないです。

大阪は、昔からブレンド米を売ってきた地域のため、根付いています。年間通して、同じ米が常に入って来るわけではない。産地の米のできも毎年違う。だから、ブレンド米として安定したものを作るという風習があります。

ただし、これは納品先の方が、理解し納得されているからできることです。お米屋さんのことを信じ、食べておいしいと感じないと売れません。でも、そのことを何十年と行うことで信用が増し、口コミで広がって行きます。

「あそこの米、おいしいでぇ」と言われるようになります。

さて、これが大阪以外でも通用するか?よく相談があります。

ブレンド米については、地域特性もあると思います。一概に、同じようなことをして上手く行くとは思えません。

でも、米消費地なら、可能性はあります。
米屋の腕の見せ所は、やはりこのブレンド技術です。

特に、大手飲食チェーンが、独自でブレンド技術を高め、研究されています。
だから、今後ますますブレンド技術が大事になってきます。そういうノウハウを持っていないと飲食店・業務店から問い合わせや依頼が来ないでしょう。

ブレンド技術を持っている米屋になる。
これが、今の大きな課題になっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:32| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする