経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年08月04日

【お米屋さんの立て直し】どういう方向性で行くのか?SNSは使えるか?

店をリニューアルし、綺麗になったが以前とあまり変わっていない。店頭精米も導入したが、期待したほどの成果になっていない。飲食店・業務店も徐々に減ってきている。

そうするとこかで、立て直しが必要になってきます。

売上の大半が、飲食店様・業務店様なのに、これといった対策を打っていない店が多いです。お伺い営業をして新規を取るというのは、かなり難しくなっています。そこで、大事になってくるのが、ネット上でのブランディングです。

炊飯に関することネット上に投稿を繰り返し、どこよりも炊飯に強い米屋だということを印象付けます。これをしないとネット上から飲食店様・業務店様から問い合わせは来ないでしょう。

特に、資格を前面に出した告知の仕方では弱いです。飲食店様は、お米選びだけでなく炊飯に関するアドバイスが欲しいと思っておられます。だから、腕利きの米屋さんを探されています。

また、店頭で扱っている商品についてもSNSでつぶやくことが大切です。例えば、あなたの店の店名をグーグル・ヤフーなどで「インスタグラム ○○店」と入れてみて下さい。何件の画像がアップされていますか?それが、あなたのお店の力です。

SNSを意識して店づくり・商品づくりをするというのが重要になっています。単に、店頭精米をしているというだけでは厳しいです。これも、今後どういう商品を扱って行くのか検討の余地有りです。

お米屋さんの場合、店づくりや店頭のチェックだけでは、実際、立て直しは難しいです。
飲食店向け・業務店向けの米をどうやって増やすかです。そのためには、炊飯コンサルタントになること。あの米屋は、炊飯に強いと言われるようになるとブランディング完成です。

昔は、店づくりや店頭での販促企画が売上アップ策の主でしたが、今はほんの一部です。それ以外の手を打っていかないと売上は上がりません。

店の方向性も含めて考え直す必要があります。
具体的に、経営支援サポートを希望される方は、お気軽に問い合わせ下さい。今の時代に合った、最新の活性化方法をアドバイス・提案させていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
posted by ノムリエ at 05:54| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする