経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2017年03月15日

【経営の鉄則】目の届く範囲で経営する

広げ過ぎてしまった店。利益の出ている店もあるが、赤字の店もある。それに非効率であることを感じている。遠方にも店を出したため、管理ができていない。

そういう場合、目の届く範囲で経営を見直すということが大事です。店舗展開がスタートすると、店を出すことで必死になります。店の数が増えれば、効率化でき、生産性が上がると信じてしまいます。

ところが、現実的には、本部が大きくなり、間接費が多くかかるようになります。また、商品管理だけでなく、人の管理も甘くなり、会社はいつしかおかしくなって行きます。

店を数店閉めるというのは、つらいことかもしれませんが、いつか決断し再スタートを考えられても良いのではと思います。

店の数を自慢する時代ではないです。1店舗ごと、しっかりと売上を上げ、利益を出すこと。

名経営者の方は、同じことをおっしゃいます。
経営は、目の届く範囲で行う。
これが、商売の鉄則です。

店の整理、これも大きな経営課題です。
タグ:経営の鉄則
posted by ノムリエ at 09:49| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする