経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年04月25日

【コンプライアンス教育と現実に起こっていること】コンプライアンス調査を弊社に依頼される理由

都合の悪いことは隠す。
会社や上司に報告しない。
ところが、外部からの調査が入るとすべてを話してしまう。

会社は、外部の調査官から指摘されると困ります。
報告を受けていなので、何が起こっているのかわからないといった感じです。

そこでガバナンスが効いていないという評価を受けます。

社内外で起こっていること、すべて会社に報告すること。
それが、まず社会人・組織人としてのあり方です。

また、隠す、もみ消すという社風を作らないこと。
まず、現状何が起きているのか、すべて洗い出すことです。

個人面談などを行っていると、「実は・・・」と言って、会社に方向を上げていないことがどんどん出てきます。

本人もこれくらいは報告しなくても良いと思っていた案件もあります。でも個人で勝手に判断するのか怖いです。

会社もできる限り、すべてのことを把握できる体制を作らないといけません。会議やミーティングの進め方、諸規定やルールの見直しなど、報告義務のある書類の作成・提出など改善を図る必要があります。

それといつも言っていることなのですが、会社を守ろう!という意識がないと、組織は崩れます。そういう教育も行わないと、会社として成り立っていきません。

面談やアンケートを行うのは怖いと思われず、早めに膿を出しましょう!
改革はそこからです。

問題を抱えている会社ほど、外部に調査を依頼されないとなると、さらに悪循環になります。
前向きに検討されることをおすすめします。