経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年04月23日

【ちょっと気になる売店改革】土産物のとして作られた商品のにおいがしない売場づくり 〜いつまで箱菓子を追いかけますか?〜

売店へ行くと土産物が販売されています。ブランド力のある商品であればすぐに手に取って購入されますが、それ以外の商品は買われなくなっています。

もう、昔のように箱菓子を数十個買って、近所に配るという方はいないです。それと商品的に魅力がなく、お客様も飽きてこられています。

さらにネット通販などが普及し、重たい荷物になる土産物をわざわざ買われなくなっています。

サービスエリアや道の駅なども強化を図り盛況です。だんだん、売店が弱くなっているという現状があります。

例えば、日本酒など常温で棚に並んでいます。お酒が好きな方は、保存・保管方法までチェックされます。大切なお酒を冷蔵庫に入れていないと売れません。

雑貨類なども売上を落としています。一度、売場を大整理する必要があるかもしれません。

それと、現地でしか買えない、その店でしか買えないもの扱うことです。
出来立て、作りたても魅力いっぱいです。

菓子類だけでなく、農産物のミニ直売なども面白いと思います。よくホテル・旅館のロビーなどで、朝市をされていますが、よく売れています。

欠品したもの発注するだけ、陳列も業者の方がやってくれて簡単で楽。担当者を一人付けておけばある程度売れていた売店が今大苦戦中です。

根本的に、未来へ向けての売店改革が必要な気がします。
○○の売店へは是非行ってみたいとお客様が言ってくれるような店にする。
それが大きな課題です。
ラベル:売店改革
posted by ノムリエ at 08:21| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする