経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年03月31日

【立て直しが必要な会社の現実と課題】プロジェクト会議の進め方で会社の状態がわかる

会社の立て直しを行う際には、必ずプロジェクト会議を行います。社内における問題点・課題を上げ、アクションプランに落とし込み、解決して行きます。

通常、プロジェクトメンバーは有志の方に集まっていただくか、会社や社長に指名された方が参加です。それに参加希望者を募り、参加してもらいます。

ところが、窮状に陥っている会社ほど、プロジェクト会議参加の条件として手当を出して欲しいという意見が出てきます。時間外で行うのであれば、会社としても出すことを考えないといけませんが、勤務時間内であれば支給する必要はありません。

お金がもらえないのなら、参加しない、会議を開かないというのはちょっと寂しいです。

こういう状態があるため、業績は回復していません。自分たちで何とかしようという気持ちがないと会社は良くなりません。会社が指定した会議にだけ集まっていてはダメです。少しでも業績が悪い場合は、上長の方が声をかけて社員を集め対策を打つことが大事です。

労働時間内であるかどうかは関係ないです。普通の会社は、そのようなことは考えません。ピンチの時はみんなで集まって知恵を出し合います。

また、良い会社、伸びている会社でプロジェクト会議を立ち上げると、たくさんの方が参加を希望されます。さらに折角、先生が来られるのであればとプロジェクト会議と同じ日に勉強会や研修会をして欲しいという意見が出てきます。

プロジェクト会議などからでも学ぼうという姿勢が物凄いです。宿題・課題なども自分たちで探し、次回の会議までには改善の進捗状況を報告されます。

それとプロジェクト会議を行っていくと、だんだん参加者が少なくなって行きますが、良い会社は逆です。徐々に増えて行くのです。さらに時間も長くなり、開催日も増えます。

プロジェクト会議に対する不平不満などもないです。会社を良くすること、自分を成長させることで必死です。

これが現実です。プロジェクト会議をこれから行うというアナウンスをすると、会社の現状がわかってしまいます。でも立て直しはそこからです。みんなを引っ張って行き、会社を変えないといけません。だからこそ、プロジェクト会議、大事です。
posted by ノムリエ at 10:08| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする