経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年03月16日

出版社からの原稿依頼で思うこと 〜旬の情報はネットから〜

昔は、業界紙や新聞・雑誌に載るとちょっと有名になりました。
しかし、今はそのようなことはないです。(経営コンサルタント業界の話です。)

実直で、様々な経験をしていて安心感がある方に依頼が増えています。
口コミで広がって行く場合もありますが、私の場合はブログです。毎日、書いているブログを見て電話をかけてこられます。

「○○年○月○日の記事を読んで、お電話させていただきました」とおっしゃいます。

私もそうですが、何か調べよう、勉強しようと思えば、まずネットで検索します。そこから情報を得ようとします。

新聞や雑誌では、情報スピードが遅いです。今の情報、旬の情報をみなさん探されています。
だからブログは非常に大切です。

セミナーなども人気が下がっています。以前のように会場がいっぱいになるということはないです。理由は、情報を得る方法が変わってきているからです。これだけSNSが発達すると、そちらへ流れます。

コンサルタント業もこの流れに乗って行かないと厳しいです。
だから、出版社からの原稿依頼、「?(クエスチョン)」が付きます。
古いやり方、古いビジネスモデルだからです。

自分のことを知ってもらうためには、ブログは最適です。
どんどんファンが増えて行きます。

今、ブログは9,000ページ弱。1万ページが第一目標です。
毎日、頑張って書く!
それに勝る広告宣伝はないと考えています。

原稿依頼が来ると、いつも心配になります。
情報を得る方法が変わっています。何をするか、何を活用するか、それが大事なような気がします。
ラベル:出版社
posted by ノムリエ at 00:00| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする