経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2016年01月16日

【食品スーパーのマーケティング戦略の今昔】駅弁VSオリジナル弁当・惣菜 〜あなたならどちらを選びますか?〜

ある食品スーパーの新聞折り込みチラシに載っていたのは、駅弁が約20種類とオリジナル弁当・惣菜が約10種類。同じ紙面に掲載されています。

お正月が過ぎると、駅弁フェアが開催されます。おせち料理や正月料理、正月用に買った冷蔵庫の余りものに飽きた時に出て来ます。

店としてはどちらを強化するか?

駅弁は基本的には値引きができません。買取が条件になっていると、ロスが怖いです。そのため、陳列量を抑え悪循環になっています。それと、もう何十年も駅弁フェアをやっており少し飽きられている感もあります。食品スーパーなどでは、百貨店と違い商品数も少なく、いつも同じ商品になっていることがよくあります。

一方、オリジナル弁当・惣菜の方が粗利が高く、売りやすく、管理しやすいです。もう一つ気になるのは価格です。駅弁は、1個1,000円前後です。食品スーパーの弁当で1,000円の商品というのはほとんどないです。500円以下が普通です。

さらに最近は、駅弁の内容によく似た弁当を開発されています。当然、弁当は出来立てです。何時間も経ったものではないです。

デザイン・パッケージ、ブランド、なつかしさで選ばれる方もおられるかもしれませんが、実直な方はお手頃な価格の商品を選びそうな気がします。

そうすると、食品スーパーとしてはどんどんオリジナル弁当の開発に力を入れ、自社ブランドになるくらいの商品を作り上げれば有利になります。

駅弁のブランド力に頼って売るというのは限界に来ているように思います。自社開発の商品に力を入れる。それが、次の時代を開きそうな気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:駅弁
posted by ノムリエ at 11:45| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする