経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年12月23日

【飲食店のメニュー開発の注意点】斬新な新メニューを出すと原価率が上がる 〜食材は必ず3種類以上のメニューで使用すること〜

「儲からないものを作ってしまった」
そういうことってないですか?

何か集客目玉になるものがないかと思い、斬新なメニューを開発されます。ところがある程度効果があっても新たな問題が発生します。それは、原価率のアップです。

斬新なメニューを作るために新たに食材を仕入れたり、高級食材や今まで使用していたものよりも高いものを使用するため原価が上がります。

また、この斬新なメニューがよく売れ、定番化すれば良いですが、斬新なメニューほど飽きられやすいです。そのため、売れなくなると在庫が残って行きます。

最初は集客アップや注目度アップを考えて作ったものが時間が絶つごとに逆効果になることがあります。

だから、新たな食材を使ってメニュー開発を行う時は、3種類以上のメニューで使用することが前提条件になります。実際にそこまでチェック・管理するのは難しいですが、それくらいの計画を持っておこないと原価率は上がって行きます。

ある経営者の方は、売れるものだけを作るのではなく、儲からないものを作らないことも大事だとおっしゃっておられました。

納得です。
売れているが儲かっていないものないですか?

商品開発は、注意して行って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:メニュー開発
posted by ノムリエ at 05:53| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする