経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年11月03日

【コンプライアンス問題の解決法】お客様やクライアントの指摘で初めて問題に気付く

マスコミで報道されたり、同業他社の噂などを聞くと気になります。

しかし、社内調査を行ってもなかなか問題が出て来ません。会社に言うと、告げ口をしたみたいでわかっていても言いたくない、人間関係がぎくしゃくする、職場がおかしくなるという理由で言う人はいません。

匿名で会社に言えるとしたら、アンケート調査くらいですが、意見箱を設置しても通報する人はほとんどいないというのが現実です。

意見を吸収しやすいのは、お客様やクライアント先へのアンケート調査です。ストレートに何でも言ってくれます。書いてくれます。

例えば、アンケート用紙を同封してクライアント先へ送ると、書いてくれるだけでなく、様々な問題点の指摘や希望・要望をたくさん書かれます。時には、そこに書かれてあることの改善の今後が取引継続の条件のような場合も出て来ます。

だから、アンケート用紙を送るのは怖いです。アンケートを取るからには、善処することが大前提です。意見を聞く、情報を収集するだけでは収まらないです。実際にアンケートを行ったが故にたいへんなことになったとうことも起こっています。

さて、どうすればこのようなコンプライアンス問題をくい止めることができるかです。
そのためには、社員任せ、部下任せにしないこと。担当者が誰であっても継続して取引をしていただけるような環境を作ることです。

そのためには、定期的に上長の方がお取引先にごあいさつの電話を入れて下さい。自社の対応や担当者がどうなのかをそっと聞いてチェックして下さい。

中小企業の場合は、社長自らが取引先に電話を入れるというのも良いでしょう。かえって先方は、わざわざ社長が電話を入れてくれたと喜ばれます。

また、そういうことをしているということを社員にも見せて下さい。良い緊張感が生まれます。

コンプライアンス問題は、会社の姿勢が大事です。チェックしていますよということを暗に伝えるようにして下さい。

お客様やクライアントの指摘で初めて問題に気付くというのでは遅いです。
その前に、会社が対応し、解決すること。

売上を落としても会社は潰れませんが、世の中を騒がすようなコンプライアンス問題が起こると会社は潰れます。必ず、注意して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++