経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年10月28日

【米屋さんのイベント企画案】高級炊飯器の食べ比べ 〜どの米が一番かよりもどの炊飯器が一番かの方が気になる〜

米や産地による違い。
一口食べてわかるでしょうか?米は食べ続けないとわかりません。1週間くらい毎日食べると好みの米かどうかわかってきます。

それと最もブランドチェンジしづらい商品だと言われています。一度気に入った商品が見つかると、それを食べ続けます。新しいものが出て来ても少し試す程度。すぐにいつも食べているものに戻る傾向があります。

最近は新品種、特Aを取った米が大人気ですが、小さな米穀店では仕入れることが難しいというのが実情です。

何とかイベントを組んで盛り上げたい。売上につなげたいという米穀店様も多いと思います。

一つのヒントはお客様の心理を読むということです。米にこだわっている方は、炊飯器やお米の炊き方にもこだわっておられます。それと、いつかは高級炊飯器を使ってみたいという夢があります。

そこで、高級炊飯器の食べ比べというのはどうでしょうか?
数種類は高級炊飯器が欲しいです。大手が出している機種を一台ずつ並べ、食べ比べを行うのです。新品の高級炊飯器を買わなくても中古品で十分です。

各メーカーの違いをしっかりと伝え、米の販売にも結び付ける。
ただし、この炊飯器を店頭で実際に販売したいです。炊飯器は大手家電店で販売されていますが、なんとか米穀店でも販売できないものでしょうか?

あるいは逆転の発想で、大手家電量販店へお米を持ち込みイベントを開催するということは難しいでしょうか?

実は、新品種以上にお客様は高級炊飯器を狙っておられます。

だから、何か仕掛けることはできないか、考えてみて下さい。
百貨店の米売場などでもお米しか販売されていませんが、高級炊飯器も並べて同時に販売されると売上が上がると思うのですが・・・

でも大事なのは、切り口を変えて考えること。
小さなヒントが、きっかけになる場合もあります。

高級炊飯器を販売に活かす!
これもお米屋さんの課題のような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラベル:高級炊飯器
posted by ノムリエ at 13:18| 米専門店向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする