経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年07月22日

【ホテル・旅館の立て直し】ブライダルの営業利益を出すにはどうすれば良いですか?

まず、きっちりと原価計算を行うことです。この数字が出ていないと把握できません。
それと原価計算だけではダメです。人件費も加味して下さい。ブライダル専属の方だけでなく、調理場やフロントの方、社長や役員の方までブライダルの仕事をした時間と金額を出してみて下さい。

そうすると、原価を出した時には利益が出ていても人件費を加えると赤字という場合があります。なかなかブライダルで利益を出すのが難しいということがわかります。

さて、今度は利益を出すための対策ですが、ミスをしないこと。ミスが発生すると利益が出なくなります。ブライダルで大きいのは、このミスです。最初から最後まで完璧に終わらせることができるかどうかです。

例えば、クレームが発生し、社長や役員の方までお客様のところへ誤りに行くと、その分コストがかかることになるからです。

一つ一つの仕事を慎重に行い、ミスやロスが発生しないようにすることが大切です。

それともう一つは、各プランごとに想定原価を出してみて下さい。その段階で利益が出ていないとすると、実際原価は膨らむ傾向が強いので利益は出ないでしょう。プラン設計の段階から原価計算を行い、利益の出るプランづくり行うべきです。

それとプランを販売する時には、何でも良いです。オプションを加えて売る努力をすること。それが利益を生む源泉になります。

また、計算上の数字だけでなく、請求書を早く発行し、回収を早めて下さい。そのことをブライダル担当者の方は理解しておいて下さい。

後は、会社全体としてのブライダルの位置づけと戦略を明確にすること。
次に、ブライダル部門での戦略と方針をはっきりとさせること。
目標数値を作り、達成できるよう努力すること。

ただ単にクレームなく終了させる。お客様に喜んでいただくだけでなく、常に利益が出ているかどうかも意識して下さい。

そのためにも毎月必ずブライダル会議を開いて下さい。その場には社長や他部門の方も参加すること。会社全体の重要な会議として位置づけ、行うことが大事です。

厳しいチェック体制を敷き、どこまで管理できるかにかかっています。是非、利益の出るブライダル部門を作って下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:ブライダル
posted by ノムリエ at 05:35| ホテル・旅館業・民宿活性化のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする