経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年05月03日

【後継者・若手の方にやって欲しいこと】突撃取材で殻を破れ!

会社や店の中で仕事を覚えるだけでは成長しません。
自分から会ってみたい社長やオーナーを見つけて下さい。そして、電話を入れ、取材を申し込むのです。

会社の社長の話を聞くと、いっぱいヒントが隠れています。
コンサルタントも若い時は、自分から伸びている社長を探して取材を申し込んでお話を聞くことで勉強していきます。

「いきなりですか?」という方もおられますが、「いきなりです」。
この方の話を聞きたいとか、業界に精通している人に会いたいと思ったら、電話を入れます。

勇気がいるのではないですか?
怖くないですか?
すぐに断られるのではないですか?
という方もおられます。確かに、最初はそうかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。

それとなぜ免疫が取れるかと言いますと、コンサルタント会社の場合、セミナーや研修会のお誘いの電話を何千件とかけます。ほとんど、断られます。良い返事をいただけるのは稀なくらい。心が折れそうになることもありますが、それで鍛えられて行きます。

これをやってクリアしないと、今度は営業電話ができないのです。そこで壁に当たっている人を何人も見て来ました。

有名人でなくても地元で頑張っておられる社長やオーナーでも良いです。勇気を出して電話してみて下さい。

それとあまり気にされなくても良いと思います。「会ってお話をお聞きできませんか?」というと会ってくれます。ただし、理由は伝えて下さい。丁重にお願いをして下さい。社会人としてのマナーは守って下さい。

若い方ほど、この取材はやって欲しいです。電話を入れるだけでも力が付くからです。

私のところへも顧問先、クライアント先の幹部社員の方からは電話があります。でも若手の方からはないです。勉強会で一緒に話をいたり、食事をしたりしても難しいようです。
しかし、私のところへ電話できないのであれば、全く会ったことがない方に電話をするのは、数段難しいです。

是非、自分で壁を破って下さい。
良い意味で、平気でどこへでも電話ができるようになったら一人前です。
それが一流のビジネスマンになる第一歩です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:取材
posted by ノムリエ at 14:11| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする