経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年04月16日

【食品小売業のマーケティング戦略】販促を止めるとどうなるか?

最近、ちょっと気になっていることがあります。近くの大手スーパーが新聞折り込みチラシを数週間入れていません。

チラシの効果がなくなり、ネットなどの他のツールを活用し出したのであれば良いですが、そういうものを探しても出て来ません。

販促費を削減されたのでしょうか?
業績が悪くなるとキャッシュアウトするものを止める傾向があります。販促なども当たり前のように毎週打っていたものを止めて利益確保を優先されます。

ところが販促を止めると集客力は落ちます。それに新規客が増えないという悪循環に陥ります。

店も暗くなり、在庫を抑えるため商品数も少なくなり、徐々に店が劣化して行くとたいへんです。従業員のモチベーションまで落ちてしまいます。

販促費の見直しは良いと思いますが、止めるのは危険です。何らかの形で販促を打たないと競合店にお客様を奪われます。

特に、競合店がこの時とばかりに大きなチラシを入れ、攻勢をかけて来ると売上は大きく落ちる可能性があります。

確かに、客層が競合店に比べて若いのであれば、新聞折り込みチラシは再考の余地があると思います。新聞を取らない世帯が増えていますので、ネット販促なども考えられた方が良いでしょう。

ただし、ネットも今すぐやったからといって成果が出るわけではないです。チラシからネットに切り替えるとしても準備期間が必要ですし、告知も大事です。

昔はチラシを止めたところは良くないと言われましたが、今はそうでもないと思います。上手く、ネットに切り替えるという方法もあります。そういう成功例が出て来ること祈っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:販促
posted by ノムリエ at 05:28| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする