経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年03月12日

【中小の食品小売業がネットで集客アップさせる方法】テレビやマスコミで取り上げられた商品の入荷状況を案内する

チラシ広告の当たりが悪くなって来ているため、何とかその下がった分をネット広告で補えないかと考えておられる会社や店も多いと思います。

大手企業などでもLineを使った広告宣伝に力を入れ始めています。確かに、今の時流を考えたらLineが最先端のツールかもしれません。

しかし、このLine、誰がよく使っておられるでしょうか?
ズバリ!子供たちや若者が中心です。

そうすると、そういう人が興味のある情報でないと効果は期待できません。特に、広告宣伝に反応して買ってみようと思うのは大人です。そういう大人が興味を引き、買ってみたいと思うような商品情報を流せるかどうかです。

よく、ブログ・ツイッター・フェイスブック・Lineなどすべてのネットツールはやっていますが、反響が良くないとか、購買につながっていないという話を聞きます。反応が良くないのは、やはり商品情報の質だと思います。

若い人たちに向かって、野菜や肉が安いとか、漁港直送の魚なので鮮度が違うと言ってもピンと来ないでしょう。また、半額セールなどの案内を送ったとしても反応するかどうか疑問です。

彼女たちが一番知りたいのは、テレビやマスコミで取り上げられた商品の入荷状況です。それを案内するのが効果的です。

また、その商品が実際に変えたらネット上で盛り上がるでしょう。さらに、その投稿を見た人が店に来られ、ますますよく売れるようになります。

若者の特徴は、マスコミ情報に弱いということです。自店で扱っている商品を何でも流せば良いというわけには行きません。

だからネットなどから最新に売れ筋商品の情報を入手し、自店でそのような商品が扱っていないか、今後扱えないかどうかを検討してみて下さい。


ブームを追いかける。そういう情報をいち早く入手し、ネットで流す。
少々手間ですが、それくらいやらないと古いと感じられます。

地方都市であれば、「今、東京で売れている○○○が本日、○○個限定で入荷予定!」というような告知も面白いと思います。

自店が得意な情報ではなく、お客様が知りたい情報を流す。これが反響を上げるコツです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:テレビ マスコミ
posted by ノムリエ at 11:13| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする