経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2015年03月06日

【ちょっと気になる危険な営業】自社の営業マンの営業電話の内容、ご存知ですか?

やはり景気や業界動向が悪いと営業電話が多くなります。ところが、その営業電話が気になります。かけて来られるご本人は、普通と思っているようですが、びっくりする時があります。

・オリジナル過ぎる電話
・営業マン一個人の判断では難しいと思われる内容
仕事を取りたい、仕事にしたいため電話をされて来られるのだとは思いますが、会社や社長の了解を取っているのかどうか、指示があってかけているのかどうかです。

おそらく、どの会社も営業電話は営業担当の方に任せていると思います。内容等はチェックされていないでしょう。ところが、焦り過ぎて、行き過ぎた内容になったり、会社が決めていないことを話してしまっていてはたいへんです。

だから、営業会議などで内容などを詰めておくべきです。時には、上司の方が電話の横で内容を確認されるのが良いです。

一番怖いのは、結果や成果だけ会社や社長に上がって来ることです。電話では取り引きが上手く行っても、後からクレームになる場合がありますので注意して下さい。

それともう一つは、プライベートでかかって来る営業電話です。多いのは、リサイクルショップ、リフォーム店、通販会社などです。きっちりできているところは良いのですが、ため口・友達口調で話される場合があります。

お客様の印象を悪くすると会社の暖簾に傷が付きます。こちらも上司の方が指導教育を行うべきです。

言って良いこと、言ってはいけないこと、これももう一度再確認されてはいかがでしょうか?電話一本で会社のイメージは変わってきます。

社長が後から報告を受けて、こんな電話の仕方をしていたのかと愕然とすることがないように、会社としての方針や考え方も伝えられた方が良いと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社武内コンサルティング 代表取締役 武内幸夫
〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804
Tel&Fax:06-6782-0313
E-mail:aaatake1@jeans.ocn.ne.jp
HP&ブログ:http://takeuchiconsulting.seesaa.net/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラベル:営業電話
posted by ノムリエ at 05:32| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする